電動ガン動画

2016年03月22日

G&G CM16 SRXL 12" Red Edition分解レビュー【動画】



こんばんは、Tacです。
今日はG&Gの新作、CM16 SRXL 12" Red Editionの分解レビューを行います。

Red Editionは、通常のSRXLの中身はそのままに、各所にレッドを纏った特別モデル!
フィールドで注目を集めること間違いなしですね!






それでは分解を始めます。

最初にレシーバー前方のロックピンを抜き、テイクダウンを行います。

インナーバレルはアルミ製で、長さは330mmです。






チャンバーからインナーバレルを外し、クリーニングを行います。
新品ですが、インナーバレル内には製造時の汚れ等が付着しているので、必ずクリーニングを行いましょう。






チャンバーパッキンは個体、調整プランによって変更します。
この個体はBasicプランですが、純正パッキンではBB弾のバラつきがあったので、社外品に交換しました。

チャンバーに挿入する際には、しっかりとセンターをとって固定します。
インナーバレルが傾いたまま取り付けると、ホップアップを掛けた時に傾いた方向に飛んで行ってしまいます。




ストックを外します。






ストックパイプからFETユニットを取り出し、信号線コネクターを外します。






ストックパイプ固定ネジを外し、配線の中継コネクターを外します。






続いて、2mmの六角を使い、グリップエンドを取り外します。

グリップ内の配線はこのように配置されているので、組み上げる際も同じ配置にして下さい。




CM16シリーズはスタンダードの18000モーターが入っています。




レシーバーとメカボックスを固定しているピンを抜きます。
丸で囲ったピンをこの面からピンポンチで叩きます。






ひっくり返して、トリガーピンとマガジンキャッチを外します。

マガジンキャッチは1.5mmの六角を使って外します。






G&Gのメカボックスは、ネジ切りが通常のメカボックスと表裏が逆で作られている場合が多いです。
丸で囲ったネジを全て外して、ひっくり返してからメカボックスを開きます。




シリンダーには綺麗なブルーアルマイト加工が施されています。






ピストンは純正では樹脂タイプが入っていますが、11.1vバッテリー使用時の耐久性を考え、当店ではメタルティースピストンに交換しております。




メカボックスに使うグリスは場所により使い分けます。

ピストンレールやシリンダー内等の樹脂やゴムパーツ:シリコングリス
ギア等の金属パーツ:モリブデングリス






ギアやシリンダーヘッドパイプにも筆を使い、ひとつひとつ丁寧にグリスアップしていきます。

その他にも、タペットレールや逆転防止ラッチ穴、トリガーの入る穴等、グリスアップの箇所は多岐にわたります。






シム調整や各所のグリスアップを行い、当店オリジナルの不等ピッチスプリングに交換して組み上げます。

室内30mレンジで弾道を確認し、X3500弾速計を使って弾速を計測します。
久々にTac動画も作りましたのでぜひご覧ください!



  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G SRシリーズ

2016年01月08日

G&G 電子トリガーモデルのバッテリー収納方法



こんばんは、Tacです。
お客様からお問い合わせを頂いたので、今日はG&Gの電子トリガー搭載モデルのストック内にLi-po11.1v 3pcバッテリーを収納する方法をご紹介します。
11.1vは一般的に使用されている7.4vよりも1セル多いため、収納には少しコツが必要になります。




まずはストックパイプ内に収納されているFETユニットを引っ張り出します。
強く引いてしまうと中継コネクターが外れるおそれがあるので慎重に行って下さい。






ストックパイプの横のスリットからFETユニットの配線を逃し、ストックパイプ内にバッテリーを挿入します。






ストックのサイドのスペースにFETユニットを押し込み、コネクターを接続します。
接続したコネクターはFETユニットを押し込んだ反対側に収納します。




そして、ヒューズをこのように配置すれば完了です。






この方法なら綺麗に収納でき、ストックの伸縮にも影響はありません!
お試しあれ!


  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G WILDHOGG&G SRシリーズ

2015年12月12日

G&G 電子トリガーモデル SRL 9”分解レビュー!




こんばんは、Tacです。
今日はG&Gから発売されている話題電子トリガー搭載のCM16 SRL9”の分解レビューを行います。
人気機種のWILDHOGやPredatorと異なる点は、フレームが樹脂製のスポーツラインモデルであるということ!
スポーツラインモデルと言っても、KeyModハンドガードやアウターバレル、ストックパイプなどは金属製なので、軋みやたわみはありません。
レシーバーが樹脂製であることなんか全く気にならないと思いますよ!

それでは分解レビューに移りマス。





まずはフロントにピンを抜いて、レシーバーを分割します。
ピンはロアレシーバーからは完全には抜けないようになっているので、脱落や紛失の心配がありません。






9インチモデルのインナーバレルは260mm。
チャンバーやパッキンは一応共通規格ですが、相性があるので中々難しいところです。




次はロアレシーバー側に移ります。
ストックパイプ内に収納されている、FET&3点バーストユニットを引っ張りだし、タイラップを切って外します。






基盤に接続されている信号線のコネクターを外す必要があるので、コネクター付近の熱収縮チューブを少しカットしてから外します。




信号線をストックパイプから引き抜き、メインの配線の中継コネクターを外します。






次にグリップを外します。
グリップエンドは六角ネジ。

モーター端子は、写真のように小さなマイナスドライバーを潜りこませて跳ね上げるように外すと、配線や端子を傷めること無くスムーズに作業出来ますよ。(*^^*)




スポーツラインモデルには、これまでと同じオリジナル18000モーターは入っています。






グリップが外れたら、あとはピンを2本とマガジンキャッチを外すだけでメカボックスを取り出すことが出来ます。

ここで注意していただきたいのがトリガーピン。
片側にローレット加工がされていて、よく見るとギザギザしているのがわかります。
このピンがギザギザしている方の反対側かた叩いて抜く必要があります。




発射の振動などでボルトキャッチのピンが抜けてくることが多いので対策を施します。
接着剤などを使うと分解不可になってしまうので、ネジロック剤を使うのが良いでしょう。




マガジンキャッチは六角ネジ固定式。
リアルタイプより分解組み立てが楽なので嬉しいです。(笑)






メカボックスはスタンダード規格のVer.2
一般的なメカボックスとはネジの向きが逆ですが、ひっくり返すだけなのですぐに慣れると思います。

メカボックスを開ける際には、スプリングガイドにピンポンチ等を挿して抑えながら開けると、スプリングが飛び出す心配がありません。
同時にシリンダーも抑えながら開けると良いでしょう。




メカボックス内部はスイッチ以外はこれまでのCM16シリーズと同じものとなっています。
G&Gはギアやピストンの耐久性が比較的高いので破損率が低くなっています。




CM16シリーズは軸受けが厚く、ベベル上はギアと干渉して跡がついていました。
このままだとピニオンギとベベルギアが噛みすぎてしまうので、これより薄い軸受けに変更します。




G&Gの電子トリガー搭載モデルのスイッチはこんなに小さなタクトスイッチ!
時代は進んでいますね!






念入りにシム調整を行い、グリスアップ。
ギアだけでなく、シャフトや軸受け、その他の可動部にも適切なグリスを使い分けて塗布します。
シリコングリスやモリブデングリス、リチウムグリス、セラミックグリスなどを単体で使ったり、混合したりと使い方は様々です。






このモデルのピストンにはシリコングリスを使用します。
ピストンの歯やレールに筆を使って丁寧に塗りこみます。

ピストンOリングとシリンダー内に少量のシリコングリスを塗り、シリンダー内にシリコンスプレーを少し吹いてからピストンを入れて往復させて馴染ませます。
気密の確認と、余分なグリスを拭き取ることで安定した射撃性能を実現します。




最後にメインスプリングの選定です。
当店では80m/s、90m/s、95m/sの三種類のオリジナルスプリングをそれぞれの機種や個体、カスタムプラン、お客様ご希望の初速微調整メニューなどに応じて使い分けています。

お客様からとくにご希望がなければ、初速は0.2g使用時で約90m/sに合わせて出荷しておりますが、最近は初速微調整が大人気でして、正直、初速を合わせるのに時間が掛かったりしています。(笑)




シム調整やグリスアップ、スプリング交換、プラン別パーツ交換などを行い、組み上げます。
それ以外にも、「この機種にはこれをやると良くなる!」などの様々な加工等のノウハウを注ぎ込みます。






メカボックスを閉じたら、ネジを締める前にノズルは正しく動くかメカボックスに隙間は無いかなどを確認します。

ネジは適切なトルクで締め付けましょう。
ネジがナメたり、折れたりすると厄介です。




組み上げたら、室内30mレンジで試射を行います。
当店ではプランごとに命中精度の基準を設けています。
基本的に純正パーツを使用するBasicプランでは30m先の30cm×30cmの枠に7割以上命中すること。
インナーバレルやチャンバー、ポップアップパッキン、ノズル、シリンダー周りなどの様々なパーツをその機種に最適な組み合わせで交換し、命中精度を追求するGungnirやUltimateプランでは同じ枠に9割以上命中することが出荷条件です。
チューナーによるチェックの後に、出荷担当の別のスタッフがチェックする二重の体制をとっており、僅かでも不良があれば調整やり直しとしてチューナーに戻ってきます。
万が一、調整モデルでご購入いただいた商品がお客様のもとに届いて不具合が発生した場合は、到着後3日以内であれば初期不良として扱い、往復送料と修理費用は当社負担で対応致しますので安心してご利用ください。
また、ご購入後3ヶ月以内の内部トラブルが発生した場合は、修理工賃と返送料に関しましては、当社負担でご対応させていただいております。
3ヶ月を過ぎて保証が切れた場合でも、保証切れ工賃は掛かってしまいますが、修理を承っております。

ひとつひとつ分解して調整するというショップですので、どうしても注文してからお手元に到着するまでお時間が掛かってしまいますが、出来るだけ早くお届け出来るようスタッフ一同頑張っておりますのでご理解をお願い致します。m(_ _)m

以上、G&G CM16 SRL 9”の分解レビューでした!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(6)G&G SRシリーズ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 123人
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (5)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (4)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (41)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ