電動ガン動画

2017年05月08日

UAR501新バージョン登場!

こんばんは!店長じゃなくなったKuroです!
みなさんはGWは楽しめましたでしょうか?
私は家族サービスと趣味のバイクいじりにあけくれた連休となりました。

さてタイトルの話に戻ります。
APS UAR501がバージョンアップしました!



一見すると何がバージョンアップしたんだ?
と思う人が多いと思います。

ということでもう一つ画像ヒント!

















まだわかりませんか?
これ以上引っ張るとイライラすると思うので答え合わせ!


サイドレールが取り外し可能なKeymodになりました!!

下部レールはそのままですが、サイドが金属製の取り外し可能な20mmレールになりました。
最近はKeymod専用パーツも増えてきているのでありがたいですね~


■APS UAR501 BK KeyMod



残念ながら今回はブラックのみバージョンアップです。
DEは現行のままですが、内部機構に変更はありませんので、性能はそのままで少々お安くなっております。


■APS UAR501 DE Gen.2


カラーで選ぶならこのDEもシブイですね~
ということで、少しだけマイナーチェンジしたUAR501の紹介でした!







  

Posted by kuro&staff  at 20:24Comments(0)UAR501

2017年03月04日

【1丁限定】APS UAR501 Gen2 サイレンサーカスタムⅡ!

はいさーい! 同僚のDiさんに触発されて、わたくしKATSUもUARをカスタムしちゃいました!

「【1丁限定】UAR501 Gen2 サイレンサーカスタムⅡ」


実は半年前にもAPS製UARで「サイレンサーカスタム」を制作したのですが、今回はその進化形! よりサイレンサーが外装内に収まるよう、外装に合わせてアウターバレルをカット! 前回のサイレンサーカスタムと、そのサイズ差は一目瞭然! さらに当店ultimate調整で、命中精度もサイクルもばっちり!
【前回】

【今回】


真横からの画像では、サイレンサー自体がほとんど見えないよう施工しています! 正面から見ると外装にサイレンサーがぴったりハマっているのがご確認いただけるかと思います。 ここにガタや隙間があるとうれしくないですからね!


樹脂製外装のアッパーを外すと、内部はこのようにアウターバレル先端にサイレンサーが取り付けられている様子が確認できます。 


もちろん、インナーバレルもサイレンサー取り付け位置で面イチにカットしておりますので、サイレンサーの消音効果を余すとこなく発揮できることでしょう! 


装備されているサイレンサーはちゃんと消音用にスポンジが入っており、見た目だけでなく機能も備わっております。


また、バッテリー収納スペースであるバットプレートを外すと・・・


メカボックスの周囲に消音効果を高めるためのスポンジを、内部の形状に合わせて設置しているのが確認できます。 前回よりも目の細かいスポンジを使用することで、さらなる消音性能を目指しております。 ちゃっかり装備された「ダーティワークス製 高性能SBD」もちらっと見えてますね。


もちろん使い勝手も元のUARの良さを引き継ぎ、サバゲーウェポンとして優秀な構造となっております!
やはり注目したいのはマガジンキャッチ! 実銃ではマガジン付近に配置されることで、使い勝手の悪い印象を持たれていますが、UARはトリガーガード上にマグキャッチが!

画像の赤丸がマグキャッチ、青丸がセレクターですね。 両方ともアンビになっており、マグキャッチはそのままトリガーフィンガーで操作できるのが優秀です! セレクタもグリップ真上にあり、使いやすいですが「セーフ⇒フル⇒セミ」と、AKのセレクターのように切り替わりますのでご注意を!


QDスリングスイベルも付属しますので、画像の位置のほかに、フロントのサイドレイルにもQDホールを介して取り付けることが可能です。


また、チャージングハンドルはボルトロック可能。 HOP調整の際にはうれしい機能ですね。ボルトロックはパッド上部付近のボタンを押し込むことで解除できます。


さらに左利きの方のためにチャージングハンドルも左右入替可能な構造。ボルト上部のチークパッド(?)カバーを外し、ハンドルの上部を押し込むと、ハンドル自体を差し抜けます。

チークカバーの左右を入替。

ハンドルも逆に差し込み、チークカバーを元にも出せば、この通り! チャージングハンドルの入れ替え完了です。


付属はショートと通常サイズのマガジン。純正ハイダーと、バレルと外装部分のバレルキャップパーツ(※アウターバレルをカットしているため、特に使用方法はありません)


バレルキャップは、外装とアウターバレルをつなぐパーツで、外装のこの部分にねじ込まれているものです。


アウターバレル先端は14mm逆ネジ仕様になっておりますので、UAR501の純正ハイダーも装着できますが・・・、サイレンサーに合わせた長さになっているため、余りかっこよくないかもしれません。


というわけ、久しぶりのサイレンサーカスタム! 1丁限定販売ですので、気になる方は早めにチェックしてくださいね!以上、スタッフKATSUでした。

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)UAR501

2017年03月02日

【一丁限定】APS UAR501 PDW

こんばんは、Diです!

本日は一丁限定商品のご案内!!

【一丁限定】APS UAR501 PDW


APSより発売されております、大人気機種UAR501のPDWバージョンです!!
といってもメーカーからの発売では無く、当店でカスタムを施した一丁限定品となります!


フロント部分は大幅にサイズダウンされており、更に使いやすいサイズだと思います!
ブルパップなので、実はバレル長もしっかりと確保されているんですね~!


アウターバレルもカットされておりますので、結構短くて取り回し良好です!
ハイダーは14㎜逆ネジであれば、交換可能となっております。


従来品は樹脂製トップレイルでしたが、アルミ製の一本ものに交換しております!
大きくトップレイル部分をカットする事でかなりスマートになりました!


コンパクトながらレイルもちゃんとありますので、オプションにも対応しております!


個人的にはブルパップには長いマガジンが似合うと思っているので、ロングマガジンつけてみました!
我ながらなかなかカッコいいと思います…(笑)

その他、内部や操作方法などは従来のUAR同様となっております!

そういえば、Diファクトリー魔導銃シリーズも3作目となりました!
【一丁限定】金弓 三六式自動歩槍
【1丁限定】七四式小銃 (調整済)
↑過去の商品は過去記事を参考にしてください(笑)


一丁限定なので、もしよろしければお買い求め下さい^^

以上、【一丁限定】APS UAR501 PDWのご紹介でした!!  


Posted by kuro&staff  at 08:05Comments(0)コンプリートカスタム珍商品UAR501魔導銃

2016年10月24日

サバゲーシーズン到来! これから始める方へオススメの海外製電動ガンとカスタムメニューをご紹介!

はいさーい! 10月も半ばを過ぎ、沖縄でも夏のような暑さが和らいでまいりました! ということは…本格的サバゲーシーズン到来であります!! 涼しく、夏場ほどではなくともガスガンも作動する秋は、正にサバゲーにはうってつけの季節と言えます! 

というわけでこれからサバゲーを始められる方にとって絶好の季節! ご友人に誘われたり、サバゲーデビューのために電動ガンをお探しの方も多いと思いますので、Airsoft97スタッフKATSUがオススメする使いやすいエアガンをご紹介していきたいと思います!


今回のオススメ機種を絞るにあたり、まず考えたのは持ち運びのしやすさ! 私もサバゲを始めてすぐの頃は、準備するものの多さにびっくりしたものです。 車で移動できる方は積んでしまえば何とかなりますが、電車移動など公共交通機関を利用して手軽に移動したい方には、やはり大きくて重い電動ガンの負担は大きいでしょう。 サバゲの荷物ってどんなものを用意してるか気になる方は、過去記事「サバゲに持っていきたいアイテム」をご参考ください!



もちろん好みの銃や欲しい銃がピンポイントである方は、自分が好きなものを買うのが一番です! 多少使い勝手が悪くても、愛着があればすぐに手放したりせず、長くエアガン趣味を楽しむことができますしね! 今回はどれを買っていいかわからないけど、サバゲ用にオススメを教えてほしい! というよくある質問に答えていく形で進めたいと思います! 

前置きが長くなりましたが、いきなりオススメの第1位から!
「APS M4 PDW BK J-custom」 


こちらは安定した品質でおなじみのAPS製電動ガン! 伸縮式ストックや握りやすいステッピンググリップ。そして20ミリレイル対応の光学機器やアタッチメントが乗せられるレイルハンドガード&トップレイル! 最初からレイルがついていない機種になると、まずは対応するレイルマウントから探すことになるため、結果として初期投資を抑えることができます! またレイルシステムを利用した外装カスタムでしたら、ほとんど専門的な技術や知識は必要ありませんから使い勝手も最高! 


そしてこのように少し大きめのリュック等にそのまま入る全長570ミリのコンパクトボディ! 

小さいだけでしたらMP5などのサブマシンガン系も捨てがたいのですが、やはり専用パーツやマガジンの手に入りやすさはまさに初心者にうってつけの入門編電動ガン!! 数ある海外製コンパクトM4の中でも比較的価格もお求め安く設定されていますので、初めての1丁にいかがでしょうか!

続いて第2位!
「APS UAR501 BK Gen.2」

やはり価格を抑えつつ、サバゲーでの使い勝手を考えると上位に食い込むAPS! その中でもサバイバルゲームでの使用を考えて作られたAPSオリジナルデザインの電動ガンになります! いわゆるブルパップスタイルというやつですね。 もちろん初心者へのオススメということで4面レイル仕様です!

電動ガンの作動部であるメカボックスやマガジンがグリップ後方に配置され、重量バランスが後ろ寄りになることで構えやすく撃ちやすいデザインとなっております。本体も外装のほとんどが樹脂パーツで構成され、軽量かつコンパクト! さらに同社のM4マガジンが共用できるという利便性が、今回ランキング入りした大きな理由でもあります。 またストックパッドを外すだけでバッテリーを収納できることや、容量の大きなミニバッテリーが使用できること。さらには最初から通常サイズとショートサイズ2本の多弾マガジンが同梱されていること(※生産ロットにより仕様変更される場合があります)もサバイバルゲームを始める上で大きな利点になりますね! 


そしてラストを飾る第3位は
「GE BIZON PP-19 Sportsline」

安い! 軽い! コンパクト! にさらに大容量の1000発多弾マガジン! と鬼に金棒どころか装甲車までつけちゃったような超有能電動ガン! ストックをたためば全長490ミリ! すさまじいコンパクトさにうっとり・・・。


ほかのおすすめポイントの陰に隠れがちですが、バッテリーの交換のしやすさはAKタイプならでは! 初めて電動ガンに触って、まず突き当たる第一関門がバッテリーの収納方法だと思いますので、目立たないですが重要なポイントです!

さらに容量1000発の多弾マガジンはBB弾の装填が超楽々!! ノーマルマガジンではBBローダーが必要だったりしますが・・・BIZONはマガジンのふたを開けて・・・

直接袋からドザー! っと流し込めばOKの簡単仕様! 他機種の多弾マガジンと違い、BB弾を入れる窓が大きいので袋から直接入れてもこぼれないのがいいですね!

このようにBB弾を入れたら、さっきと逆の手順でふたを閉め、ゼンマイを巻けば準備完了です。 セーフティエリアでBB弾バシャーなんて悲劇から解放されること間違いなし!


というわけでドババッとご紹介しました独断と偏見でオススメする海外製電動ガン! 今までは海外製ということで、なかなか初心者オススメ! と特集を組むことがむずかしかったわけですが、当店ではこのたび「Airsoft97 調整モデル電動ガン:延長保証パック」がカスタムメニューとして登場しております! 海外製電動ガンというとやはり初心者の方は手を出しにくいイメージを持たれるかと思いますが、この「Airsoft97 調整モデル電動ガン:延長保証パック」の登場により、万が一故障しても、往復送料のみで修理が受けられるという優れもの!! 海外メーカーしか出していないレアな電動ガンをお求めの方にも大変オススメとなっております!
さらにリポバッテリーで運用される方は絶対入れてほしい「高性能SBDバリカタ取り付け」カスタムメニューもご用意しておりますので、追加メニューでお悩みの方はぜひ入れてください! 調整スタッフ一押しです。


最初の電動ガンに海外製を選ぶのは、ネットや経験者さんたちのお話を聞くとなかなか難しいものです。 しかし! そこは海外製電動ガン調整専門店! 調整メニューでご購入いただければ、しっかり使える電動ガンをお届けいたします! これからサバゲを始めたい! シューティングで遊んでみたいとお考えの方はぜひ当店サイトをチェックしてみてくださいね! またネット通販では直接商品を手に取れませんので、当店のエアガン紹介動画などを見ていただくのもおすすめですよ! 以上、スタッフKATSUでした!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)UAR501BIZON/ビゾン

2016年10月09日

1丁限定シリーズにUAR501インナーサイレンサーカスタムが登場!!

はいさーい! 最近ブログを書く機会が少ないKATSUです! 余り担当しないのも寂しいので、今回! ブログ用に(?!)1丁限定カスタム作っちゃいました!!

「APS UAR501 DE Gen.2 インナーサイレンサーカスタム」



「UAR501」は言わずと知れたAPSのオリジナルブルパップライフルです! ブルパップならではのコンパクトでバランスの良い本体に容量の多いミニタイプバッテリーが使用可能。さらに同社のM4マガジンがそのまま使えるということで汎用性の高い正にサバゲー向きの電動ガンとなっております!


そんなゲームウェポンであるUARをさらにゲーム向きに仕上げるため、本体内部へサイレンサーを組み込んでみました! 一般的にはハンドガード内部へサイレンサーが入る形態をインナーサイレンサー(サプレッサー)と呼びますが、UARはブルパップですので本体内部から直接サイレンサーが入ってます!


サイレンサーを外すと、本体内部にバレル先端の14ミリ逆ネジが見えるようになってますね! UARのアウターバレルは同社M4のアウターバレルが流用できるので、UARのアウターバレルよりも短いものに交換することで可能になるカスタムです。

サイレンサーは「4.25inchショートサプレッサー 正逆ネジ両対応(14mm)」を使用。 奇跡のようにピッタリとフィットする本体内径とサイレンサーは、まるで最初から専用品として設計されたよう…。

上から覗くとサイレンサーのロゴがきれいに見えるよう位置調整済み!

内部は高精度で有名なCNC削り出しのProwinチャンバーと真鍮製バレルに交換し、命中精度もバッチリ! 当店オリジナルの「SPARK 高性能オリジナルモーター"INAZUMA"」も組み込み、当店Ultimate(アルティメット)調整として仕上げております!



メカボックスの入る本体側は折角のサイレンサーカスタムということで、さらに消音性を高めるため必要スポンジにて内張り加工。 内部機構を邪魔しないようにメカボックスがカバーできる最小限にて加工していますが、充分な消音性を発揮しています!


試射参考用に動画もとってみました! 狭い屋内な上、機材がかなり音を拾って実際よりも音が大きく聞こえてしまっていますが、かなり静かなカスタムになりました! 屋外やサバゲーフィールでは発射音が反響しませんので、遠距離なら相手に気づかれずスナイピングも可能かもしれません。


という訳で、ブルパップというUAR501本来の機動性という利点と、消音化というスナイピングに最適なカスタムを施した「UAR501インナーサイレンサーカスタム」にピッタリのアウターパーツを装着してみました!!



トップレイルには遠距離狙撃を考え大型でコストパフォーマンスに優れる「Bushnellタイプ 3-9×40 ライフルスコープセット」
をセット! 更に遭遇戦等の至近距離に対応するため「Dueck Defenseタイプ RTS バックアップサイト」も追加します! これでスコープを付けたままでも至近距離戦が!(※HOPがかかった状態だと10mでもそれてしまう可能性が高いので入念なサイト調整が必要です)

安定した狙撃を約束するバイポッドは「FAB Defense T-PODタイプ バイポッドフォアグリップ」を装着! 移動時はフォアグリップとして機動性も確保できる優れもの! そしてこのカラーと形状の一体感!! UAR501の特異なスタイルに見事にマッチしています(※自画自賛)


面構えも凶悪! 本体との一体感が素晴らしいサイレンサーに隙間はまったくありません。


というわけで、サバイバルゲームウェポンとして新たな側面を見せる「UAR501インナーサイレンサーカスタム」
普段はAKをはじめとするロマン系エアガンばかりご紹介してきましたので、新鮮で楽しいですね!どのエアガンを購入しようか迷っているそこのアナタ! オススメの1丁ですよ! 是非サイトをチェックしてみてください。以上、スタッフKATSUでした。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)UAR501

2015年04月24日

UARインナーバレル加工



こんばんは、Tacです。
先日、沖縄のお客様からのご依頼でUAR501 Gen.2にインナーバレルショート加工を行いました。
このモデルはフラッシュハイダーを外すと、インナーバレルがアウターバレルから突き出ており、社外のフラッシュハイダーの種類によってはインナーバレルは見えてしまう事があります。
その長いインナーバレルをアウターバレルと同じくらいのサイズまで切り詰めることでフラッシュハイダーの選択肢が広がります。(^^)v







このように、アウターバレル先端から出ているインナーバレルを約6cmカットします。
この銃はもともと長いインナーバレルが入っているので、カットしても極端に短くはならず、集弾性に影響はありません。






ショート加工前の状態にTALON BreacherBrakeハイダーを取り付けてみました。

これではインナーバレルが見えてしまって不格好ですね......。(^_^;)





ショート加工を行うとスッキリ解決!
インナーバレルが見えないので、どんなオプションを取り付けても違和感無くご使用出来ます。

こちらのインナーバレルショート加工¥1,080-でお受けしております!
UAR501をご購入の方はぜひ!!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(1)UAR501

2015年02月08日

風を読む

こんばんは!店長のkuroです。
先日、沖縄のパッチ屋さんsacomさんにご来店頂いた際に、スナイピングに対する熱~い思いを語って頂きました。

私は遠距離からのスナイピングに全く興味がなく、無知でしたので、その手法と理論にすごく感心しましたので、ご紹介。
(もし知っている事でしたら温かい目で見守って下さいね!笑)


スナイパーにとっては風を読むのは大変に重要な事です。
面ポップ、スリックパッキン、ルーズバレルを使用したカスタムを施した銃で、重量弾を使用すれば、少しの風ぐらいでしたら40m先の30cmx30cm(頭ぐらいの大きさ)でしたらある程度狙った通りに行くと思います。
ただ、これが50mぐらいになると、少しの風でも弾道は反れてしまいます。

この風を読むのがスナイパーのだいご味だとか!

たとえば、ターゲットを狙い、このように弾道が反れてしまう場合、(風は右から)


一般的な考えですと、風上に標準をずらして


発射すると命中します。


ただ、この方法ですと、ターゲットが思ったより遠くだと弾は左へ、
ターゲットが予想より近いと弾は右へ着弾してしまいます。

それを、ホップを利用して弾道修正する方法がこちら!


(画像はsacomさんに許可を頂いて拝借。)

ホップは上向きにかかりますので、左に銃を傾けると左に曲がって行きます。(無風の場合)
この現象を利用して左から風が吹く場合には左に傾けてしまえば、ホップの曲がりが修正されて真っすぐと飛んでいくことになります。


風の強さにより、傾きを修正すれば、弾は真っすぐに飛んでいきますので、距離による左右のずれが軽減されます。
なので、ゲーム前に試射し、予め傾け角度がどれぐらいか確認すれば、真っすぐに撃つ事が出来ます!
どうですか?スゴイっしょ!?

ただ、これで解決するわけではありません。風の強さは変化しますし、撃つ方向によっても異なってきます。
ただ、スナイパーの方はあまり自分の位置を変えないので、細長いフィールド(敵の位置もあまり左右に広がりがないフィールド)でしたら効果はあるでしょう。

・・・・と、ここまででしたら「なーんだ!知ってるよ!」って方もいるかもしれません。私は知りませんでしたが。汗
知らなかった方はsacomさんのブログも参考にして下さいね!

*ただし、この方法はホップの力を風に対抗する力として利用するので、飛距離は短くなります。
つまり、中学生の頃学んだ「エネルギー保存の法則」です。w

さて!ここからが、感心したポイント!
この傾け角度を、なんと、バイポットに記憶させとくというのです。

つまりこういう事です↓

バイポットの左右の足の長さを変えて傾けた状態でホールド。

もちろん、戦況は刻々と変化しますので、これで完璧なわけではありませんが、とっさに伏せて射撃するのにはある程度効果はあると思います。

その他にもゲーム中に風の強さでホップを変えていったりとか、スナイパーの方はいろいろと工夫されているようで感心しました。

そこで、ふと思ったのです。うちの取り扱っている商品で、撃ちながらホップをいじりやすい銃ってどれだろう・・・・
あ、ありました!アレが!

UAR501


この機種は左右からホップチャンバーにアクセスでき、しかもブルパップなので、チャンバーが手元に近いので左手でホップをいじりながら射撃出来ますね!



ということで、最後は商品の紹介でウマくまとめてみました!
(無理やり感がハンパない・・・・笑)  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)総合カテゴリーUAR501

2013年10月24日

UAR501 Gen2

こんばんは!店長のkuroです。

APSさんから届いた商品をチェックしていると・・・・
アレッ?なんか違う・・・ってものを発見しました。

■【創業祭セール】APS UAR501 BK Gen.2


何が違うかわかります???
それでは、違う箇所を拡大してみましょう!



上が旧世代、下が今回入荷した新世代(Gen2)です。
下の新しいUARはトップレールしたのポートに穴があいておりません。
そう!!UAR501が改修されました!!!

改修点1:バッテリー収納が、フロントからAKタイプを挿入だったのが、後部へミニバッテリー収納に変更になりました!!



これで、マニアックなAKタイプでなく、汎用性の高いミニバッテリーが使用出来ますね!!
下がGen2、上が旧タイプです。
ちなみに、トップレールしたのポートですが、閉じられてはおりますが、棒のようなもので押すと、パキッと折れて外すことが出来ます。
(元には戻せません。)

改修点2:チャンバーの足の長さが長くなり、給弾不良が少なくなりました!!



左がGen2、右が旧タイプです。
画像では分かりにくいのですが、Gen2では、給弾口の足が細く、長くなりました。
以前からこのUARは他社のマガジンを使用した際に、給弾不良が起こると報告がありましたので、商品説明の動画のなかで、そのような現象が起こるようでしたら、「ツメキリ」処理ををして下さいと呼びかけておりましたが、さすがAPSさん!早速動いてくれました!!

改修点3:ノズルの形状を見直し、大電圧バッテリーを使用してサイクルを上げた場合でも給弾するように改修しました!



これは画像ではわからないのでAPSさんから頂いた書類をそのまま添付。

この書類では、「11.1v lipoバッテリーを付けてもちゃんと給弾するように改修した」とのこと。
ふむふむ・・・・やるね!おぬし!!笑

さあ、ということで、弊社では、このモデルを「UAR501 BK Gen.2」と改名し、今までのモデルとは区別して販売したいと思います!
どんどん進化するAPSさんは目が離せませんね!



■商品の詳細・ご購入はコチラから
電動ガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(14)UAR501

2013年03月27日

元ネタ発見!

こんばんは!店長のkuroです!

1月の発売以来、ご好評頂いたているコイツですが・・・

■APS UAR501 BK



ひじょーーーに似ている銃を発見しました!


ポーランド軍に採用予定のMSBSという5.56弾頭使用のブルパップ式アサルトライフルです。
私はてっきりmagpulのpdrを意識して作っていると思いましたが、こちらの方が共通点が多いですね!



Diがこの画像を見つけたのですが、初めて見たとき、思わずニンマリしてしまいました!
で、この画像の下に映っている銃は、masadaに良く似ているなーーー!(笑)



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 20:20Comments(8)UAR501

2013年01月29日

APS UAR501分解レビュー③

こんばんは!Diです

先日に引き続き、APS UAR501分解レビューとなります。



前回まではメカボックスを取り出す工程まで説明しました。
早速、分解したいと思います!!
UAR501に搭載いされているメカボックスは、最新hybridメカボックスのVer.3です。



まず、右側面のこのパーツを外します。
この部品はセレクターに連動している大切なパーツでメカボックスでは数少ないオリジナルの部品です。
金属製なんで強度はありますが、破損させないように気をつけましょう!
取り外しは簡単、プラスネジを外すだけです~






あとはVer.3メカボックスと同様に分解していきます。
外装からは想像もつかないのですが、メカボックスはAK互換タイプです。



スプリングは、メカボックス分解前に取り外しましたのでこの時点でパーツがぶっ飛んだりするトラブルはありません!
驚いたのが、ブルパップなのでトリガーはフロント部分に付いているUARなんですが、メカボックスにもAKトリガーが組み込まれておりました(笑)
どうやらフロント部分のトリガーを連動させて、このメカボックスのトリガーを引いている様子です。



ギアを取り外し洗浄を行いました。
強化ギアが標準装備なので簡単にクラッシュすることは少ないかと思われます。
精度も悪くないので、とても価格の割には優秀なギアだと思います!
実際、シム調整などしてて他の大陸製と比べてギアの周りが違いますね~



続いて、ピストンです。
ハーフメタルティースピストンですね~!
ピストンヘッドは恐らくアルミ製になって、改良が伺えます!!



こちらはノズルです。
メタルで、長さはご覧の通り20.6mmございました。



パーツを取り除き洗浄を行ったメカボックスです。
軸受は8mmのメタルが組み込まれております!

とまあ、ほとんどVer3と分解は同様なので残りは割愛させて頂きます(笑)

あと、アウターバレルなどの分解方法も紹介したいと思います。



この見えているネジは全部外しちゃいましょう!



すると~、こんな感じでバレル周りが取り外せます。




続いてバレルナットの取り外しを行い、アウターバレルを抜きます
バレルナットはプラスチック製なのでグニャっとならないように力を入れ過ぎない様に注意!




アウターバレルを外すと、チャンバーとインナーバレルが取り外せます。
チャンバーはメタルチャンバーですね~!
どこかで見たことある形状のチャンバーです



押しゴムが入らない(いらない)タイプで、初めて観ました!
ちょっと面HOPな感じをイメージしたのでしょうか。
実射してみると、弾道は悪くなくホップも安定してました!

分解レビューは以上となります!
今回は撮り忘れが多くて紹介出来ない部分もありましたが・・・汗

しかし、分解して、実射までしましたが悪くないです!!
APSには珍しくノンブローバックなので消音性が期待できる商品です。
バランス的にもフロント部分が軽く、取り回しが凄く良い点などもありますね!!
あと、M4系マガジンが使用できるのも良い点と言えるのではないでしょうか。

また分解レビュー以外でも紹介などありましたら、ブログにて紹介したいと思います!!  
タグ :APSUAR501


Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(4)UAR501

2013年01月27日

APS UAR501分解レビュー②

こんばんは!どうも、Diです

本日は先日の新商品APS UAR501の分解レビュー第二弾!!
メカボ取り出しまでの工程を紹介したいと思います。

分解方法はとくに難しい点などはありません。
では早速紹介したいと思います。

まず3本のピンを抜きます~
もちろんピンの抜き差しには工具不要です。






↑3本のうち一番短いピンはフロント部分固定のピンになります。



ピンを抜いたら、ハイダーを取り外します。
イモネジで固定されてるので、ネジを外してからですね!

そうすると・・・



前にフロント部が動かせるようになり、抜けます。
内部でセレクター連動のアームがフロントパーツに引っかかっている場合がありますので、
何かに引っかかっている感じがした場合は、セレクター操作をしながら抜きとるといいでしょう。

フロント部分はこれくらいにして、リア部分を分解していきます!



先ず、こちらのレバーを取り外し。
ピンで記しているところを押しながら抜きとります。



レバーを取ると、その部分を覆っているカバーも外すことが出来ますので、外しちゃいましょう!



で、ストックパッドも外します。



ストックパッドを外すとストック後部からメカボを除くことが可能です。
因みにこの状態で、スプリングがメカボ後部から取り外し可能なので、今のうちに外しましょう。
そうすると後々のメカボ分解の際に、パーツがぶっ飛んだりすることがないと思いますので(笑)




そして、エジェクションポートからチャンバーとメカボを接続しているネジが見えますので、これも外します。
その後、ストック後部からメカボを引っ張ると・・・・



メカボックスの登場!!
となる訳です!!

ご覧の通り、Ver3タイプのメカボックスです。
ほとんどAKパーツで構成されていますね~
専用パーツとかじゃなくて助かりますね~!!

それでは、本日は外装分解レビューでした!
次回はいよいよ最終章:メカボックス分解工程をレビューしようと思います~!!


■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。  
タグ :APSUAR501


Posted by kuro&staff  at 18:20Comments(0)UAR501

2013年01月24日

APS UAR501カスタム!

こんばんは!店長のkuroです。

今話題の(?)APS UAR501をさっそくカスタマイズしてみましたよ!
・・・といっても、外装パーツでデコッただけですが(笑)

■APS UAR501 BK


UAR501はハイダーは金属製で14mm逆ネジタイプなので、一般的な規格のサイレンサー等が取り付け可能です。
取り付けたのは、US COLTタイプ・フルメタル・サイレンサーです。
現在売り切れ中ですが、月曜日には入荷致します。

そして私のお気に入りのパーツAFGも取り付けてみましたー!

ちょっと飛び出ていますが、ドンマイ!(笑)
AFG2なら、前に出てしまう部分が少なくなりますが、私はAFGが握りやすいので、こちらをチョイス。
サイレンサーでフロントのブリュームが増しておりますので、気になりません。





そして光学機器は、オープンドットサイトをチョイス!

いろんなドットサイトを扱ってきましたが、コレが一番実戦向けで扱いやすいと思っております。
オープンなので、視野が広く、狙いやすいです。
また、レティクルも4種類セレクトでき、レティクルカラーも赤と緑2種選択可能なので、合計で4x2=8種類のレティクルから好みを選択出来ます。
もちろん、輝度も調整も可能なので、夜戦のときは、赤ドットチョイスで最も暗くして使用すると、レティクルの明るさに負けてしまい、周りが見えなくなる事もなくなります。

UARはブルパップスタイルのため、構えるとメカボが入っている部分を体で包み込む形になりますので、周りに音が響きにくい構造となっておりますので、内部に消音材を詰め込み、静音カスタムにするには最高の機体ですね!


今回弊社が入手したのはサンプル品で、製品は問題がなければ、商品は明日香港より出発致します。

私の1丁は、中に消音材をつめて「隠密近接行動用」=忍者をコンセプトにいじっていきたいと思います!!

ということで、プロッターでカッティングシートを「忍」の文字にカットし、貼り付けたいと思います(笑)


*イメージ(笑)


弊社サイトにてご予約承り中です!
おそらく、国内最速の出荷となると思いますので、新しい物好きさんは是非!



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 17:30Comments(2)UAR501

2013年01月23日

新商品!! APS UAR501分解レビュー①

こんばんは、Diです。

本日はAPSからの新製品のご紹介です!!
新たに登場したブルパップ式ライフルUBR501!!

■【予約商品】[最新hybridメカボックス搭載]APS UAR501 BK


UARとは、Urban Assault Rifle の略で、APSがゲームウエポンとして開発したオリジナルの銃なのです!

それではまず軽く外装レビューからいきます!!



銃口部分です↑
APSオリジナルデザインハイダーで、アウターバレルには14mm逆ネジが切られており、各社14mm逆ネジ仕様のオプションの取り付けが可能となっております。



ハイダーの上部にはバッテリー収納スペースがあり、前方からバッテリーを挿入します。
AKバッテリーやストックインタイプの細長いタイプが収納可能です。





ストック部分です↑
ブルパップなので、メカボックスやマガジンは本体後部に位置しております。
ストックパットには髑髏マークが・・・



エジェクションポート内部には、ホップ調整用のつまみがあります。
画像では右側にエジェクションポートがありますが、左側にすることも可能です。
もちろん、左側からでもホップ調整は可能なのでご安心を!!
そこんとこ、APSさんはよく考えてくれていると思います!



マガジンも、オリジナルデザインの190連多弾マガジン。
初回ロット予約ぶんにはこのマガジンが2本セット予定です!!

因みに・・・




M4系マガジン互換なので、このようにM4マガジンを使用可能です!!!
個人的には純正マガジンより、PMAGなどがかっこいいと思うんです。




そして、こちらはマガジンリリースボタン↑
トリガー上部にはアンビタイプのボタンで、
マガジン前方にも一か所のボタンを搭載しております!!
トリガー付近のボタンはとても押しやすく、素早いマガジンチェンジが可能です!!

と、外装レビューは以上となります。
外装は、強化プラスチック製なので軽量で丈夫に作られております。
でもちゃんと要所(メカボ、チャンバー、インナー、アウターバレル)には金属部品を使用しているので強度はバツグン!!

また後日に、分解プレビューブログにてご紹介させて頂きたいと思います!!


弊社サイトにてご予約承り中です!
おそらく、国内最速の出荷となると思いますので、新しい物好きさんは是非!



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  
タグ :APSUAR501


Posted by kuro&staff  at 20:20Comments(6)UAR501

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 121人

< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (39)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (47)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ