電動ガン動画

2018年07月27日

【新入荷】LCT PKP ペチェネグ 外装編

こんばんは、Diです

今回は台湾より新製品が到着致しましたので早速ご紹介です!!

LCT PKP ペチェネグ


エアソフトPKPでは後発となるLCTからフルスチールで登場!
かなりの重量感で、物欲を満たしてくれること間違いなしです!


※写真のダミーカート、ベルトリンクは付属致しません

外装はRaptor製PKPに比べて、比較的に良く造られております。
Raptor製は、おそらくA&K製PKMベースにつくられた外装だと思われますが、LCTは新規製造となり、PKMとの違いもよく再現されております!


主要パーツはスチールで構成されており、ハイダーなどは切削加工されたものになります。


バレルの基部は、ツールマークからもわかるとおり切削されたもの。


ガスレギュレーターは、可動パーツとなり、3段階の切り替えギミック付きとなります。


レシーバーはスチールプレスとなります。


チャージングハンドルは、スプリングテンションなどは掛かっておらず、手動で戻す必要があります。
レシーバーには、リベットやスポット溶接など多様されており、かなり出来の良さがうかがえます。


AK同様のタンジェントサイトは、左右上下調整が可能で、一応、1500mサイトとなります。


今回、LCTがモデルアップしたのは「6P41N」となるため、サイドマウントベース付き。
光学機器を搭載している状態でトップカバーを開閉する場合は、一度、マウントを横にオフセットする必要があります。
レバーでワンタッチでオフセット可能なので、面倒な作業ではありませんが、光学機器のゼロインとHOP調整には難儀しそうであります…


エジェクションポートは、開閉可能で、メカボックスを見ることが可能となります。


ストックは樹脂製となっております。
バットプレートは可動式となります。

簡単ではなりますが、外装紹介については以上となります。

ついでなので、RaptorとLCTの両社PKP外装比較を行ってみたいと思います。
↓金のチャンバーがLCT、銀のチャンバーがRaptorとなります↓



先ずはフロント比較。
御覧の通り、LCTが長く、Raptorは短いバレルとなっております。
LCTが実銃サイズに近い感じがしますが、実銃が手元にないのでわかりません…
一応、実銃は全長1200㎜とのことなので、LCTが近いということになると思われます。



ハイダーもどちらともうまく特徴を再現していると思います。
ここらへんは大きな違いとかは両社ないですかね。



セレクター表記は、両社とも異なる文字となります。
Raptor製は、ハンガリー語表記?となり、LCTはキリル文字表記での再現となります。
Raptorは、A&Kベースなのでセレクター表記は仕方ないかなという感じで、PKPとしてはLCTが再現度的にはいいんでしょうか…
ちなみに文字は違えど、書いてある意味は同じです。

両社比較は以上となります!
Raptor製PKPのレビュー記事は過去にありますので、どうぞこちらもご覧ください!
Raptor PKP Pecheneg 外装編

ゲームで使うなら、Raptor製PKP!置いて楽しむならLCT製!といった感じだと個人的には思います!
現在はどちらとも品切れですが、気になる方は次回入荷までお待ちください!!

以上、LCT PKP ペチェネグ 外装編でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)LCT PKP

2018年06月04日

遂に登場! LCT PKP 予約受付開始!

こんばんは! ライです:D

LMG好きにはたまらない、ロシアンなアイツの本命がいよいよやってきます!





【予約商品】LCT PKP ペチェネグ

販売予定価格(税込): 114,696円~

未入荷のため詳細は不明ですが、現在判明している情報は以下の通り。

===============

全長:1155mm
重量:10.22kg
材質:フルスチール
ボックスマガジン装弾数:5000発
バッテリー収納:ボックスマガジン内
メカボックス:水平型メカボックス(LCT M60VN準拠)


徹底的なリアリティーを実現するためレシーバーは重厚感溢れるスチールプレス成型で加工され、 個性的なヘビーバレルを始め、キャリングハンドル、スケルトンショルダーストック、三脚なども実銃に即して再現されています。

ベルトリンク式7.62×54R箱型マガジンを模したボックスマガジンにより圧倒的な火力を発揮させることができます。

===============





Raptor PKPでもそうでしたが、スチールプレスで製造されているだけあって重量感、質感ともに申し分ないようですね……!

このモデル、バトルフィールドなどのFPSゲームでお世話になったユーザーも多いのではないでしょうか。

LCT製だけあってお値段もかなりハイクオリティですが、200丁の初回限定生産分は既に完売となっており、これを逃すと手に入れるのは困難であることが予想されます!

二次ロットは年末頃との噂もありますが……遅れるんだろうな~^^;



なおPKPは先発のRaptor製も現時点で完売まで残り1-2本となっておりますので、お悩みの方はお早めにドウゾ!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)LCT PKP

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 130人
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
FET (9)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (8)
HK416 (18)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (13)
LCT AK (52)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (12)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (17)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (34)
映画 (11)
あそび (128)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ