電動ガン動画

2016年12月19日

EMG SAI SBR GRY M4 Jailbreak 外装編

こんばんは、Diです!

本日はEMG SAI SBR GRY M4 Jailbreakのご紹介!

EMG SAI SBR GRY M4 Jailbreak


実銃はSAI(セリエントアームズインターナショナル)の高級コンプリートガンとなり、実銃の名称はSAI GRY SBRとなります。
そして、今回EMGよりライセンス取得済みで発売されました!
EMGはアメリカの大手エアガンショップのEvikeのブランドで、製造は今回はG&Pが担当とのことです!
以前のHellbreakerARES製造となっておりましたが、今回は日本国内でも評判のイイG&Pということで期待が出来ます^^


なんといっても特徴的なのは、このフロント部分!
内部にはガスチューブの再現などは無く、アウターバレルも特に変わったとこは無く残念なポイントです。
ただレイルの加工精度は良好でガタつきも一切無く、とても好感が持てます!


実銃はこんなオシャレな角ばったバレルなようで、カッコいい…!!


この大型マズルデバイスは消炎効果などがあるようで、ハンドガードと接着した構造になります。
もちろんマズルフラッシュの無い、エアガンでは特に効果は無く見た目だけになります。


↑実銃の実射の様子などはYouTubeなどで確認することも可能です。


構造は、ハンドガードにねじ込んで、ハンドガードに設けられた回転止めのピンでロックするといった構造になります。
一応、マズルデバイスなので上下の位置が決まってますので取り付けの際にはご注意を!
ハイダー自体に切られている外周のネジは、ハイダーの取り付け用といったわけでは無いようですね。


赤〇の箇所を後退させるとハンドガードの脱着が可能です。


その他、ハンドガード下部に設けられたレバーをリリースする事で、ハンドガード自体のリリースも再現しているようです。


レシーバーはSAIのライセンス取得済みとういうこともあり、刻印なども再現されておりますね!
実銃は掘られた刻印なのに対し、EMGはプリント刻印となりマス…
因みに実銃は45°セレクターを採用しているようで、セーフとセミ位置の間の位置での単発射撃が可能なようです。
本エアガンは、通常のM4A1同様にセーフ、セミ、フルの仕様となっております。


右側面にもSAIのマーキングなど再現されており、フォアードアシストノブもカスタム品!
恐らくNorthtech Defenseのチタンアシストノブを再現していると思われます。
ダストカバーはGBB用と思われ、ダミーボルトカバーと干渉する為に閉じることは出来ません。
実銃同様に金色に輝くボルトの雰囲気をうまく再現出来ていると思われます!
実銃はチタンコーティングされたもので、ボルトもレシーバー同様に角ばったデザインとなります。
SAIのロゴにもありますが、どうやらSAIは角ばったデザインが好きみたいですね~


グリップはG&Pオリジナルのグリップが標準装備となります。
※Strike Industriesタイプレプリカでした
握った感じはMOEグリップに近いような気がします。
トリガーガードはロワレシーバー一体型となります!


ストックもG&Pオリジナルとなり、VLTORを模したストックとなります。


ストックにはVLTORならぬVICTORとあります(笑)


バッテリーはバッファーチューブ内への収納となります。


こちらはTコネクターが標準装備となっており、通常の電動ガンよりも通電効率の良い仕様となります。
使用の際にはTコネ仕様バッテリーが必要となりますのでご注意下さい!
バッテリー購入のお客様にはTコネクター取り付け【バッテリー側】というオプションメニューも御座います!


サイトは樹脂製のTROY風が付属しております!
本体に不釣り合いなほど安っぽいので他の質の良いサイトへの交換をおすすめします(笑)
チャージングハンドルは通常のM4などの仕様と同様になります。


マガジンもG&Pオリジナルといったところです。
こうしてみると本体以外の殆どはライセンス未取得ということもあり、オリジナルデザインのパーツで構成されております。

という感じの外装になります!

当店としても最高級クラスの電動ガンですので、なかなか初期投資は大きいかと思います!
しかしトータルの出来はとても良い物なので、是非とも一丁はコレクションに加えたいところであります!
こちらは前回同様に次回は入荷未定商品となりますので、買い逃しの無いようにお願い致します!!

以上、EMG SAI SBR GRY M4 Jailbreak 外装編でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)実銃とエアガンEMG SAI M4 Jailbreak

2016年11月04日

EMG SAI M4 Jailbreak分解レビュー!



こんばんは、Tacです。
今日は当店に限定4丁のみ入荷した「EMG SAI M4 Jailbreak long」の分解レビューを行います!
コチラの商品はすでに完売となっておりますが、ショートバージョン少数入荷予定です!
今回買い逃してしまった方は次回お早めにドウゾ!





分解に取り掛かります。
まずはフロントのロックピンを外して、テイクダウンを行います。

ロックピンはこの様に完全には抜けないようになっているので、整備性が良く、紛失防止にも役立ちます。



チャンバーは共通規格メタルチャンバー。
社外のカスタム品への交換が可能です。

インナーバレル長は380mmです。






続いてストックパイプを外します。
ストックパイプのエンドキャップを外すと、バッテリーコネクターが出てきます。
コネクターはたいへん通電効率の良いTコネクター仕様。
ヒューズは付いておりません。

このモデルはストックパイプの中からだけではなく、イモネジでロアレシーバーとも固定されています。
ストックパイプレンチを使ってリングを緩め、イモネジを外してからストックパイプを取り外します。



グリップエンドを外し、モーターを取り出します。
このJailbreakはG&Pが製作しているモデルとなりますので、M120モーターを搭載。モーター端子はネジでとめられています。
このネジを外す際は、モーターの中に落としてしまわないよう、細心の注意を払います。



G&PのM120モーターと言えばカスタムモーターとして有名ですね。
回転数は結構高めですが、トルクが弱いので若干使いにくかったりします。



このM120モーターを当店オリジナルのINAZUMAモーターに交換することで、セミオートレスポンスやフルオートの立ち上がり等が大幅に向上します。
また、M120モーターは回転数が高いので連射サイクルは秒間約20発以上出ますが、反面、日本仕様の弱いスプリングではセミオートのバースト等の不具合が起こることもありますので、INAZUMAモーターがオススメですよ!



ボルトキャッチはダミーなので、ロック機能はありません。
テイクダウン時にポロッと落ちてしまう事があるので注意しましょう。





ネジ式のマガジンキャッチと、2本のピンを外せばメカボックスを取り出すことが出来ます。





こちらがEMG SAI M4 Jailbreakのメカボックスです。
共通規格のVer.2メカボックスなので、様々なカスタムパーツが使用可能です



EMG SAI M4 Jailbreakのメカボックス内部です。
8mmベアリング軸受けやアルミエアシールノズル、高効率コード等が入ったハイグレードメカボックスとなっております。





ピストンは5メタルティースタイプです。

ギアはG&P製ノーマルギア比ですが、この時代にベベルギアのラッチ2枚仕様・・・。
箱出しで撃ってみると、逆転防止ラッチが上手く機能していないんじゃないかと思うほど、撃ち終わった後に逆転します。

なので、当店の調整プランUltimate、GaeBulg、Gungnirではベベルギアを4枚ラッチタイプに交換いたします。





シリンダーはフルタイプ。
内部にはテーパー加工が施されております。



G&P製のメカボックスはたいへん精度が高く、高品質8mmベアリング軸受けが標準装備なのもうれしいですね!



スプリングガイドは金属製。
スプリングのねじれを防止するリングが入っています。





タペットプレートは耳の形状が若干異なりますが、専用品というわけではありません。
ノズルは段無しのエアシールタイプで、長さは21.06mmと短めです。





今回はUltimate調整で、同時にご注文いただいたダーティワークスのPicoSSR3 MOS-FETを組み込みます。

PicoSSR3は世界最小の電動ガン用MOSFETで、サイズはBB弾4つ分に満たないほど小型です。

SBDとは異なり、電動ガンのメインスイッチを直接介することなく通電ON/OFFを切り替える為、接点でのスパークがほぼゼロにまで減少させるので、スイッチ焼けは一切起こりません!





通常、配線はスイッチの端子にプラス配線が一本ずつはんだ付けされていますが、PicoSSR3組み込み時には1つの端子に2本のプラス配線をまとめ、もう片方の端子に信号線をはんだ付けします。

モーター交換に伴い、モーター端子を通常の圧着端子に交換します。



マイナス配線にFET基盤、プラス配線にヒューズを割り込ませて完成です。
これでスイッチ焼けのリスクはゼロ!
焼けを気にせずバシバシセミオートが撃てちゃいます。

以上、EMG SAI M4 Jailbreak分解レビューでした。
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)EMG SAI M4 Jailbreak

2016年09月30日

EMG EMG SAI M4 Jailbreak 入荷決定!

こんばんは! ライです:D

本日はHOTな電動ガン入荷のお知らせです!





【限定予約商品】EMG SAI M4 Jailbreak


SAIカスタムの超絶COOLなヤツが入荷決定です(;゚∀゚)=3
正式ライセンスモデルでリアルマーキングのようですよ!







スマートなフォルムに特徴的なヘッドが目を引きます。
もちろんレシーバーはフルメタル!







レシーバーのマーキングはホワイトプリントのようです。
ハンドガードには彫り刻印が確認できますね!







マガジンは130連タイプが付属。







ライセンスカードが付属します。







特徴的なマズルデバイスを取り外すと、14mm逆ネジ仕様のマズルブレーキが登場。







画像ではTコネクタ仕様となっていますが、この辺りは仕様変更の可能性も御座います。


この商品、4丁限定で入荷が決定していますので気になった方はお早めに!
限定生産商品のようで、アジア圏内でも在庫の奪い合い状態のようです(*_*)

再入荷予定無し商品ですので、早い者勝ち~!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)EMG SAI M4 Jailbreak

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (39)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (46)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ