電動ガン動画

2014年01月27日

APS Tactical PMC AK74 分解編

こんばんは、Diです

本日は先日ご紹介しました、
【新製品】APS Tactical PMC AK74 の分解編です!

外装については、先日の記事を参考下さい

本商品の特徴としては、
ブローバック機構搭載の新メカボックス!
ブローバック機構を除くメカボの中身は、今までの独自企画のパーツは殆ど無く、
社外インナーパーツに対応しております!

それでは、先ずガワからメカボを取り出す工程まで。


トップカバーを開けると、ダミーボルトとピストンに連動しているロッドがあります
このロッドでピストンの動きをダミーボルトへ伝えて擬似ブローバックさせる仕組みです


ダミーボルトには、ネジで固定されてますので取り外します
小さいネジなので無くさないように気をつけましょう!


次は、デッキロックとボルトに連携しているロッドも取り外します


デッキロック等外したらお次はチャンバーとメカボの連結ネジを外します


チャンバー前方には樹脂製ブロックがあります
本来は、メカボにチャンバーを密着させるためのブロックなのですが、
メカボとチャンバーがネジで連結しているので不要なパーツではありますね。
これも分解の為に取り外しておきましょう!


マガジン挿入口内部にはインナーマグウェル?的なプレートがあります
ネジで固定されているので、このプレートも取り外します。


お次は、セレクターレバーの取り外しです。
リアリティに欠けますが、分解し易いデザインだと思います。
ペンチ等で挟んでまわすと取り外せます。


セレクターを取り外したら、グリップを外しましょう。
グリップ底ネジ一本での固定なので簡単だと思います。


メカボ取り外しまであと少しです!
ストック内にも配線があるので、ストックパイプも外しましょう。
リベットではなく、ネジでレシーバーに固定されております。
ストック内には配線も通っているので、切らないように注意が必要です


ストックを取り外せたら、この状態でスプリングの交換が可能です。
スプリングだけ交換したい場合はストックだけ外せばいいのでかなりラクです!!
外し方は、スプリングガイドを回すだけ


あとはバネのテンションでメカボから飛び出します。


あとはメカボをレシーバーから抜き取るだけです。
コツはチャンバーを前方にずらしながら、メカボを上に抜き取る感じです
レシーバーに色々引っ掛かる箇所もありますが、
グラグラとメカボを動かしながら抜けばいいかと。
メカボを開ける場合、赤マルで印をしてあるネジを外しましょう。


メカボ上部にはプレートもはまっているので、
チャンバー側に抜き取ります。


メカボが開きました!
海外製AKにしては、メカボ分解まで長い工程でした・・・。
内部パーツは、Ver3構成で殆ど他社パーツの流用が可能です


APS製とは言え、内部パーツの洗浄は必要です
調整済みの場合はキレイに洗浄し再グリスアップの上で調整します。


洗浄後のギアです!
海外製にしては安定したギアの部類だと思います。


軸受けには、8mmベアリングタイプが使用されております。
同社のM4系はベアリング仕様じゃないのですが、これだけベアリング仕様です。



ノズル長は、スタンダードAKサイズです。
SHS製AKショートノズルとかで代用出来そうです


ピストンは半分メタル歯で、ヘッドはアルミヘッド仕様となります。
因みにピストンはブローバックシステムに対応した専用ピストンです。
他社ピストン使用の場合は、ピストンに加工を施す必要があります。


シリンダーはツルツルテカテカ仕様の加速シリンダー。


チャンバーはレシーバー後部からそのまま抜けます。
フロント分解せずにチャンバーの抜き出しも可能なので
かなり整備性に優れた構造だということが分かります!


インナーバレルは、HOP窓がいい感じです。
インナーバレル長は計測し忘れました・・・


バレル清掃も行います。
海外製は殆どの個体で、かなり汚れています。


APS製AKやUARシリーズはパッキンがオリジナル形状です
左がAPS製AKシリーズパッキン
右がAPS製M4シリーズパッキン
AK用のパッキンが口が短く、全体的にも短めのパッキンです。
なのでかなりパッキンを選びそうです・・・。
PDI製Wホールドパッキンは口が長めですので、組み込み不可でした。
全体の長さについては、汎用のパッキンをカットすれば組み込み可能となります。

分解については以上となります

あとは分解と逆の順で組み立てればうまくいくと思います。
総合的に見て、HOPパッキンなどは他社共通規格に改善して欲しいものの
メカボなどは他社規格に準じてきているので助かりますね!

以上、APS Tactical PMC AK74 分解編でした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(4)Tactical PMC AK74

2014年01月23日

APS Tactical PMC AK74

こんばんは、Diです!

本日はAPSから新発売のAKシリーズのご紹介です!
去年末にも同様の内容を告知させていただきましたが、
再度当ブログにてご紹介させていただきたいと思います。

APS Tactical PMC AK74


いままでのAPS製AKとは違い各所の剛性など向上されております!
ちょっとAPSは苦手という方も多いと思いますが、
改善されているのでAPS製品の中でもオススメできる商品のひとつです
内部はハイブリッドメカボックスVer3で、ブローバック搭載です。

それでは、外装について写真で紹介していきます



銃口付近はこのようになっております
タクティカルAKということでクリーニングロッドは付属しておりません

フロントサイトは上下調節のみで横調節はオミットされております
ここはちゃんと稼動するようにして欲しい箇所であります

またフロントサイトやガスバイパスは、ネジでアウターバレルに固定。
ピンで固定して欲しい箇所でありますが、ガタはありませんので使用には問題なさそうです

ハイダーはKAC風ハイダーが付属しております
別売りのAK74タイプの大型ハイダーに変更するのもかっこいいかもしれません



ハンドガードは旧Tdiタイプが付属しております
樹脂製(サイドレイルのみ金属製)なので軽量かつ剛性に優れております。
以前のAPS製AKのようなガタはありませんでした。

標準でAPSオリジナルグリップも付属しております
こちらは取り外しも可能なので様々なオプションに対応しております



特徴的なマグウェルを装備しており、マグチェンジの手助けになります
デザインはオリジナルで素材は金属製となっております。
こちらのパーツは単体での販売も行っております!⇒AK74 MAGwell



マガジンキャッチ部分はトリガーガード下部まで延長され、
グリップを握りながらの操作を可能としております。



グリップは樹脂製で、こちらもガタはなく握りやすいデザイン!
そのままでも使い易いのですが、SAWグリップなどに変更するとカッコイイですね!



セレクターも操作性を考慮されております。
AKでよくあるセレクターのプラプラした感じですが、
コチラはクリック感もしっかりあります。

セレクターポジションの刻印はプリントでアルファベットです



ストックはクレーンストックタイプが付属しております。
バッテリー収納も兼ねる万能ストックです
固定位置は6ポジションのチョイスが可能となっております!



レシーバーにはAPSのシリアルナンバーらしき刻印があります。
塗装はざらついた感じで、DBOYS製AKに近いです。
レシーバーにはサイドレイルなどはなくシンプルです
サイドにレイルをマウントできなければ光学機器は何処に!?
という感じだと思いますが、実は・・・




トップカバー上部にはレイルが付いております。
恐らく実銃用のParabellum Armament を模したタイプだと思います↓

※実物画像です

こちらのトップカバーの特徴は、開閉式となっており
リアサイトブロックにカバーが固定されております。
簡易型リアサイトも着いているので、光学機器なしでも使用も可能です!

このレイルカバーはパーツ販売もしております!!AK74 Top rail cover

という感じで、カスタムパーツてんこ盛りのAKです!!

お値段も比較的安価な方だと思いますので、
はじめてのAKなどにもオススメできる一本です!

内部分解などについては後日ブログにて紹介したいと思います。

  


Posted by kuro&staff  at 20:05Comments(4)Tactical PMC AK74

2013年12月26日

西育ちのAK

こんばんは!店長のkuroです。

本日は昨日新入荷となりました、

【新製品】APS Tactical PMC AK74

をご紹介いたします。



ご覧の通り、かなりカスタムされたAK74です。
以前もAPSさんから似たようなモデルが発売されておりましたが、この機種から搭載されている新パーツが多いので、先から舐めまわすように解説していきます。



まずはフロントから。
見ての通り、ハイダーはM4用が付いています。14mm逆ネジです。
また、バレルは極限まで切り詰められ、取り回し性を重視しています。



ハンドガードはTDIタイプ。
アンダーレールにはAFGチックなグリップアシストが付属。
もちろん取り外し可能です。



セレクター文字は英語!西育ちですので、細部までこだわっています。
セレクターレバーもtacticalタイプ。
操作しやすい突起がついています。

マガジンは74タイプの500連多弾です。

そして皆さまも一番気になる部品だと思いますが、金属製のMAGwellを装備!
M4もAKも持っている人は分かると思いますが、AKってマガジンハウジングがない構造なので、マガジン挿入時、目視しないと、なかなか入れにくいんですよね・・・・
それを大幅に改善したのがこのMAGwell!!
アバウトにマガジンを突っ込んでも、この形状が正しい場所へと導いてくれます。

ちなみにこのAK MAGwell、パーツとしても販売開始しております。




固定方法は、赤マルの4点でネジ止めとなっております。
なので、この部分がリベットになっている機体にはポン付けは不可です。




さて。お次はマガジンリリースレバー。
これも改良型に変更されており、慣れてくると人差指で操作が可能になります。
コンバットリロード(マガジンでマガジンをぶっ飛ばす方法)には向いていませんが、ほとんどの人がタクティカルリロードのはずですので、その速度向上に貢献するパーツとなっております。




お次はトップカバー。
こちらも開閉可能なカスタムレールを搭載。
欲しいです・・・というか、1個自分用でくすねました(笑)

トップカバーにレールが搭載されているので、サイドレールは不要。ということでついておりません。

ちなみに、カバーを開いた画像でちょこっと見えていますが、APSが得意とする、ブローバック機能も搭載しております。

こちらのAK Top rail coverもパーツとして販売しております。


リアサイトを取り外し、このように取り付けます。
ただし、どの機種に付けるにしても絶対に加工が必要になりますので、お気をつけ下さい。
(トップカバーの前部を削らないと、パカッと開きません。)





レールにもプリントが施され、カッチョエエです。
ちなみにこのレールはネジ2本で取り外し可能なので、レールだけ使用し、トップカバーは本体側についているのを利用するのもいいかもしれません。(私はその方向で加工予定です。)




グリップはフィンガーチャンネルのついたtacticalタイプ。



ストックパイプ基部にはスイベルホールがあり、スイベルを左右に付け替え可能です。



ストップパイプは基部から一体型の金属製となっております。



そして、なんと!!!!
お気づきでしょうか?
バッテリーをつなげるプラグが2つあります!!
後部につなげる場合は2pc lipo、トップにつなげる場合はAK lipoが推奨です。
2つ同時につなげると確実に壊れますので、やめましょう。(笑)

APSのAKは「尻下がり」という意見もありましたが、形状がだいぶ見直されたようです。





タフネスさをそのままに、現代風に扱いやすくアレンジされ、西の香りムンムンのAK!
惚れてまうやろーーー!!(古)



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(14)Tactical PMC AK74

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (43)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ