電動ガン動画

2016年11月10日

TACTICAL AK RE-CUSTOM!!

こんばんは!お久しぶりの店長のkuroです!

最近はスタッフのみんなが素晴らしい記事を書いてくれるので、それに甘えてサボっておりました!笑

本日は、3年前に自分用としてカスタムしたGE TACTICAL AKを再カスタム(RE-CUSTOM)しましたので、その紹介です。

■GE Tactical AK DE

*この画像は完成した姿です。


3年前、AKといえば、一般的な?AKしかエアガンになっておらず、このようなモダナイズドされた近代的なAKはなかなか流通しておりませんでしたので、かなりの衝撃を受けた覚えがあります。
私はその頃は、その古くさい形状からAKは好きではなかったのですが、このTACTICAL AKには一目ぼれし、初めて所有したAKになります。


そのTACTICAL AKをさらに使いやすく、近代的にしようとこのような形状にカスタムしました。



こだわったポイントは、トップカバー上のVltorタイプのカスタムでよく見かける20mmトップレールと、本来はM4のマグウェル前に装着して使用するTactical MGRIP1タイプ マグウェルグリップ



トップレールにより光学機器がM4使用時と近い場所に配置でき、違和感なく使用できますし、MGRIP1タイプ マグウェルグリップは前に曲がった形状なので、マガジンチェンジの際に邪魔にまりません。


さて、まず初めにトップレールを背の低いParabellum Armamentタイプのものに交換します。といっても、今回は経費削減のため、APS AK74 トップカバーレールを使用します。




久しぶりにトップカバーを取り外してみました。配線はストックパイプ内に通しましたので、トップカバー内はスカスカです。



今回使用するトップカバーレールはリアサイトの基部を利用しますので、リアサイトは取り除きます。



そしてその部分にトップレールを取り付けようとするとすぐに問題発覚!
付属のネジが太すぎてネジが入りません!(だるま状にあいた穴の上の部分に貫通して使用します。)



穴をルーターを使って広げてもいいのですが、加工精度が悪いとレールが歪んでついてしまいますので、今回は固定するネジを他のものに変更する作戦にしました。(上が付属のネジ、下が変更するネジ)



ネジは同じピッチですが、首がないのでその分細く、装着が可能でした。
でも、手持ちのねじは長すぎるのでサンダーでカットします。
ネジをサンダーでカットする際はカット時にネジ山が潰れてしまうので、画像のようにあらかじめナットを入れておきます。
カット後にこのネジを回して取り除けば、その際にネジ山が修正されます。
覚えておくとなかなか便利なテクニックですよ!



トップカバーに穴をあけてネジで固定してあった古い20mmレールを外しました。
穴があいてカッコ悪いのですが、新しいレールを装着すれば見えなくなるのでドンマイです。



レールの取り付けも終わり、仮でトップカバーも取り付けました。
ピッタリですね!



次はレールとトップカバーを固定するためのネジ穴を開けます。
以前あけた場所とちょっとずれているみたいです。ルーターで穴拡張するためにマジックでマークをつけます。



さらに可動式にするには、工具で指示したトップカバーとトラニオンブロックが噛んでいる個所を削らなくてはなりませんので、しるしをつけます。



マジックで塗りつぶした部分が今回削り落とす部分です。



後はサンダーで豪快に削り落とします!
サンダーを使用する際は最低でも削る物を持つ手には皮手袋をしましょう!ゴーグルも忘れずに!




余談・・・
サンダーで削り作業していると、スタッフかっちゃんが通り過ぎたので、「これブログ記事にするから、削っているとこと映して~」とスマホを渡して撮ってもらいました。
後ほど削り作業か終わり画像を確認すると何故かかっちゃんのドアップまで映ってました。笑
せっかくなのでのせときますw





はい。ということで、穴あけと削り加工が終わりました。
商品ではなく自分用なので適当にやったので10分もかかりません。笑



ということで装着!



レールとカバーの固定は付属のネジは使用できないので、少し長いネジを用意し、裏はナットで固定しました。



せっかくなので、グリップもPTS US Palm AKバトルグリップ DEに交換しちゃいましょう!



最後はストックを俺的には一番ホットなMFT BMSタイプストックレプリカに交換して完成!


超最新パーツ!というわけではありませんが、3年前のカスタムよりは近代的になったかな?



ということで、加工も久しぶりにしたので、とても楽しかったです!
皆さんもDIYの参考にしてくださいね!

あと、私と同じようにトップレールカバーを取り付けてほしい方はお気軽にお問い合わせ下さい。


*お問い合わせはブログのコメントではなく、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)JG Tactical AK加工方法

2015年09月17日

Tactical AKに2トーン版が登場!

こんばんは! ライです。

本日は1丁限定商品のご紹介です!







【1丁限定】GE Tactical AK 2 tone Limited color ver.
人気商品のGE製Tactical AKに2トーンカラーバージョンが登場!
こちらは1丁限定のカラー構成で御座います(`・ω・´)
2トーンでもお値段は据え置きとなっておりますので、DEカラーでは面白みが……という方、いかがでしょうか!

トップカバーがBKとなっていることでDEノーマルカラーよりも引き締まった印象となっております(^^)v







マガジンはノーマルと同様にDEクリアータイプが付属します。
500連の大容量マガジンですのでバリバリ撃てますよ~







本製品はアンビタイプのコッキングレバーが特徴的!
左面からでもポートカバーを開けることが出来ますので、HOP調整がとてもラクチンでございます。

バッテリーはトップカバー内に収納する一般的な方式。
当店にて販売しております、1100mAh 7.4Vリポバッテリー(AKスティック)が入れやすくてお勧めです!

ストックはクレーンタイプストック! こちらは本体カラーに合わせ、純正のBKカラーからDEカラーへと変更しております。







銃口には14mm逆ネジが切られておりますので、お好みのサプレッサー等も簡単に取付が可能です(^O^)
フロントは上下共にUltiMAKタイプのレールシステムを搭載しておりますので、フォアグリップやライトといったオプションも乗せ放題!

上部レールにT-1ダットサイト等を搭載しますとかなりオシャレでございます(`・ω・´)

こちらは早い者勝ちの商品となっておりますので、気になった方はお早めにドウゾ!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)JG Tactical AK

2013年04月06日

超センスぅ~!

こんばんは!店長のkuroです。

本日は、お客様に納品した商品のご紹介!

常連のお客様が、来店し、TACTICAL AKをベースに、指定のパーツを取り付けて納品をご希望して頂きました。
言われるがまま組み上げてみると、

メチャメチャかっこいい!!

あまりにもカッコイイので、納品前に写真撮影しちゃいました(笑)









構成は、
JG Tactical AK BK ¥25900
SF Hell angel タイプ・フラッシュハイダー ¥2400
Extend Barrel ¥1150
TDタイプ レールカバー ¥1950
Vltor IModストック(レプリカ) ¥2980
AK用トップカスタムレール ¥2380
トップレール取り付け加工費 ¥2000
合計: ¥38760
でした。

アウターバレルを延長するだけで、雰囲気がグッと変わりますね!

これぞ、現代のAKだっ!って感じがムンムンします(笑)

また、Krebs社のカスタムに雰囲気も似ていて、グットな感じですね~。




AIRSOFT97 YOUTUBE 電動ガン動画レビュー開始!

もしよろしければ、弊社チャンネルにチャンネル登録して頂けると、私もスタッフもヤル気倍増しますので(笑)、よろしくお願いいたしまーーす!

電動ガン


■商品の詳細・ご購入はコチラから
電動ガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。  

Posted by kuro&staff  at 20:20Comments(6)JG Tactical AK

2013年02月19日

本場物 tactical AK

こんばんは!店長のkuroです。

JGのtactical AKを入手以来、時間があればカスタムしております。(笑)



カスタムの参考にしようと、実銃のtactical AKの画像を検索していると、MagpulのHALEYさんのモデルを見つけましたよ!



tactical AKといえば、DEカラーってイメージだったのですが、HALEYさんのはブラックだったんですね!

ということで、弊社に在庫のあるパーツを取り付けて再現して見ましたよ!






















ん?何か違うって???
細かいことを気にしてはいけませんよ!(^^;)



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 20:20Comments(6)JG Tactical AK

2013年02月02日

先人達は知っていた

こんばんは!店長のkuroです!





またまた、自分のTactical AKのネタです・・・スイマセン

自分のTactical AKに取り付けたJames wagwell & gripですが、M4のマガジンハウジングにギリギリまで近づけて装着し、使用するのが一般的です。



こうすることで、グリップに添うようにマガジンを挿入すると、素早くマグチェンジ出来ます。
もちろん、ハウジングより放して装着し、通常のフォアグリップの様に使用することも可能です。

私は、商品の画像を取るために、なんとなく自分のAKに取り付けて見たところ、なんって構えやすいんだ!と感動してしまい、そのままAFGから変更しました。

ちなみにホールドはこのようにします。



この構え方だと、フロントヘビーなコイツがスッと持ち上がるんです!
偶然から発見してしまったナイスなアイテムに酔いしれておりましたが、そんなのは欺瞞でした。

弊社に在庫のあるAKを見てみると・・・・・・
アレッ???




フォアグリップがJames wagwell & gripのような形状のAKばかり・・・・
これらAKの特徴は、ストックが折りたたみ式、または、大量生産型で、ストック部か軽量で
「フロントヘビー」
という共通項が!!!!

そう、私が発見したのではない。

先人達は知っていたのです!!

フロントヘビーなAKにはどのようなフォアグリップの形状が最適なのかを!!

奥が深いぜAK!!!!

それと、このTactical AK用の多弾マガジンが入荷しました。
このタイプのマガジンで多弾はほぼ流通していないと思いますので、是非チェックして下さいね!

■Tactical AK用500連マガジンBK



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(10)JG Tactical AK

2013年01月31日

AKの臨界点を探る!(Tactical AK カスタム)

こんばんは!店長のkuroです!
本日は、先月、久しぶりの強烈な物欲に負け、私物化してしまった、私のTactical AKをご紹介いたします!



AKの限界に挑んだ、渾身の力作!(自画自賛www)



「こんなのAKじゃない!」とAKファンに言われるたびに喜びを感じる今日この頃!(笑)

こんなことエアガンショップの店長として言っていいのか定かではありませんが、実は私、AKが嫌いでした。
なぜっかって・・・だって、映画では、AK持ってる人って死に役がほどんどじゃないですかぁ。

ほとんどの映画では、悪者(時にザコキャラ)が持っていて、主人公がそいつを撃つと、「うわーっ!」って言いながら、空にAKを撃ちながら倒れる・・・・

私にとって、AKってそんなイメージだったんです(汗)
でも、うちにAK戦士Diが加わり、AKのラインナップが増える中、このTactical AKとの出会いは、そんなイメージを一新しました!

初めてAKをカッコイイ!!って思ったんです。
そして久しぶりの私物化(笑)



AK初心者の私(がっつりM4派)には、AK本来の渋みを理解するには、まだなじみが少ないので、まずは、とことんM4の様に拡張性を高め、自分の構えやすいように、そして自分のカラーにあったかたちでカスタムしてみました!

本来なら、モノホンAK派の方々は、カスタムなどせず、アイアンサイトで戦うことが常識なようですが、近年、アメリカの方でもモダンAKはその地位を確固たるものにしているので、とことんモダンモダンに挑戦!

AK臨界点突破カスタムにしてみました!

このTactical AK、ごっついフロント周りのおかげで拡張性は非常に高いのですが、フロントヘビーぎみ。
最初AFGを装着していたのですが、重いフロントを支えるには少々力の入れにくい形状。

そこで、本来ならM4に装着するJames wagwell & grip(レプリカ) に変更。
このグリップ、最大の特徴が、前方向に傾斜した角度にあります。
そのおかげで、左手の3本の指で引っかけて持ち上げると、フロントがすっと持ち上がり、重心バランスが良くなった感じに改良されました。



実は、AMD-65のフォアグリップが非常に持ちやすかったので、その形に一番近いコイツに変更したんです(笑)

また、前回からは、ストックをSTR,グリップはSAWタイプのDEに変更。レイルパネルも変更し、ライトを装着しました。

いやーぁ、結構満足感のある銃に仕上がりました!!!

この銃のおかげで、すっかりAKの魅力に引き込まれた私は、ネットでAKの歴史を勉強するようになりました。
邪道なAKから入ってしまいましたが、47とかにも興味が湧いてきている今日この頃(笑)
暇な時にDiからAKのことをいろいろと教わっております。

ちなみにこの銃に装着してあるパーツはすべて当店で取り扱っておりますので、気になるパーツがあれば、是非サイトにお越し下さいね!



■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 20:20Comments(10)JG Tactical AK

2013年01月19日

JG Tactical AK 分解レビュー②

こんばんは!どうも、Diです

サバゲ(夜戦)帰宅後に記事を書いております・・・(笑)

本日は先日のJG Tactical AK 分解レビューの続きを紹介したいと思います。
前回までは外装レビューだけだったのですが、今回は内部分解まで紹介。

それではさっそく分解レビューにうつります!!
みなさん、それぞれ分解手順があると思うのですが、私はセレクターからはずします。



ソフトペンチなどで回して外します。
思いっきりやっちゃうと傷が付いてしまいますので御注意を(汗)



お次は、グリップを外します。
グリップ底はプラスネジで固定されてますので、外してグリップを抜きます。
そしてモーターホルダーを外すのですが、これを先に外すとフロント部分を分解せずにメカボを取り出すことが可能です。
メカボックスだけ外したい際には、とても効率的な分解方法だと思います!
メカボックスはモーターホルダーを外した後にメカボを上に抜くようにするとレシーバーから抜けます。




↑こんな感じでメカボが登場。

メカボックスを取り出したらメカボのネジを外しましょう!
Ver.3互換ですのであとは普通のAKメカボと同様ですね~



もちろん保証付きモデルの場合、ギアもメカボ内部は全て洗浄を行います。
でもこちらの内部はグリスべったりではないですね。
まだまだかわいいレベルだと思いました。
因みにシムは2枚のみしか入ってませんでした~



ノズル部分にOリングが入っており、これで初速が抑えられてます。
この状態での動作は内部メカによろしくないので、調整モデルは外してスプリング交換などで初速調整します。



↑こちらが内蔵のピストンです。



↑んで、これが元々入っている7mm軸受、プラです。
大体の個体の場合はこの軸受でギアがスムーズに回ってくれません(泣)
なので調整モデルの場合は、そういう個体はベアリングなどに交換してスムーズにします↓



洗浄後がコチラ↓



内部がとてもキレイになりました。
普通のVer.3メカボと変わりはないので、これでメカボックスの分解レビューは以上となります。

続いて、外装分解に移ります。
といってもほとんどメカボ取り出しの際にレシーバーはバラしたので、フロント分解の紹介です。



まず、この六角ネジを4本全て外して下さい。



次にこのレバーを上にくいっと上げます。
そうすると、フロント上部のレイルが上に外せるようになります。
すみません、取り外したレイル画像の撮影を忘れてしまいました・・・



次に、フロント下部のレイル取り外しです。
この六角ネジを外すと、レイルを前方(ハイダー側)に動かせるのでグイッと抜いてください。
レイルはレシーバー側でも固定されてるので、少し力を入れながら前方に抜くといいと思います。
これもレイル画像わすれました・・・



↑ 取り外し後の様子。
アウターバレルが丸見えです。



レイルを外したら、この2つのピンもピンポンチとハンマーで抜いてください!
ふたつともローレット加工がされているので、左側から叩くとうまく抜けると思います。
※個体によっては右側の場合もあるかもしれませんので、分解前に確認してください。



ピンを2つ抜いたならば、このイモネジも外します。
そしてアウターばれるを前方に引き抜きます。
すると・・・



アウターバレルが抜け、インナーバレルがニーハオ!



そしてチャンバーは、プラ製ですね。
こちらもホップ不具合などあれば調整する箇所でもあります。
インナーバレルの清掃も行います。



インナーバレルの長さは、およそ362mmです。

フロント部分の分解はこれで以上となります。
もとに戻す際は、逆手順で組み立てていけば問題ありません。

ストックの取り外しも先日述べた方法で外せます。
ストックパイプの基部は、下の画像のようになっております↓



溝があり、リア配線にも対応出来そうですね!!

と、分解レビューはここまでとなります。
長くなりましたが、この分解方法のAKはとても分解が簡単です!
外装にあまりネジも使用されておらず剛性面でも安心できると思います。
価格などから考えても、十分に優秀なエアガンだと思います。

モダンなAKに興味ある方、是非一丁どうでしょうか^ ^



  
タグ :JGTactical AK


Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(13)JG Tactical AK

2013年01月17日

JG Tactical AK 分解レビュー①

こんばんは!
はじめまして。スタッフのDiです。

本日は、先日に入荷しましたJG Tactical AKの分解レビューです!



最近、AKが勢いのあるJGですが、お買い求め安い価格帯で、性能も悪くはありませんので、AKを未だお持ちでない方にもオススメできますね!!

まずは外装から順にレビューしていきます↓



まず、なんとも特徴的なのがアンビチャーハン!!
MASADAのハンドルと一緒の形状ですね!!
もちろんエアソフトではダミーなのですが、タクティカルな雰囲気を醸し出しております。



↑右側レシーバー



フロント部分は、レイルがあり光学機器などマウント可能です。
ガタつきも無く、さすがはAKといった強固さを実感出来ます!!
ハイダーの形状はクリンコフタイプです。
ハイダーは14mm逆ネジなので、逆ネジ対応の社外ハイダーに交換も可能です。



グリップはSAWタイプのグリップです。
グリップが太いので個人的には握りやすいグリップの一つですね!!



ストックはブッシュマスタータイプのストックです。
各ストックに対応しておりますので、好みによって変更が可能になりました!!
取り外しもとても簡単で、ピンで指している部分を下に引っ張りながら、ストックを後部に引っ張ると抜けます。



そして、マガジンはPMAGタイプの多弾マグが付属!
今までのAKマガジンにはなかったスケルトンタイプなのでセクシーですね!


とま、、外装レビューはこれくらいにしておきます。
外装分解、内部分解工程はまた後日ブログにて紹介したいと思います!!  
タグ :JGTactical AK


Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(0)JG Tactical AK

2012年12月29日

AKデビューー!!

こんばんは!店長のkuroです。

久しぶりに強烈な物欲に負けてしまい、商品の1丁を私物化してしまいました(汗)
しかも、私にとっては、初のAK!



JG Tactical AK DEがベースで、
AFGグリップ(レプリカ)
NEW CTRストック(レプリカ)
XTMパネル(レプリカ)16枚セット
Shark タイプ・フラッシュハイダー
AK用トップカスタムレール
でカスタマイズしてみました!



AK用トップカスタムレールは、トップカバーに穴を開けて、ダイレクトに固定!
でもこれが、まったくぐらつきがなく、なかなか良好!

こんなモダン系AKなら、拡張性も高いし、M4から移行した私も大満足です!




前から弊社サイトをご利用の方は薄々気づいていると思いますが、弊社のサイトはAK系が極端に少なかったんです。
何故かというと、Tacを除くスタッフは、ほぼM4派だったので・・・(汗)

でも、AK戦士Di(ディー)が今月より新メンバーとして加わりましたので、徐々にAKラインナップが増えてきております!
私としては、モダンAK系統のラインナップを強化していきたいなぁ~と思っております。

で、初のAKもゲットしたことだし、来年は、PMC気取りの私服でサバゲーという楽しみ方を極めてみたいと思います!!!

おまけ:私のDEカラーコレクションwww


■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(8)JG Tactical AK

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 116人

< 2017年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリ
M4A1 (9)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (16)
g36 (17)
SL-8 (13)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (10)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (42)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (2)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (1)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ