電動ガン動画

2016年02月28日

ASP Mk14 Mod.0 入荷!そして売り切れ!

こんばんは、Diです

本日は再入荷商品売切れのご案内です!
ってのは冗談で、予約段階で売り切れてしまった大人気商品のご案内。

ASP Mk14 mod.0



なんで、売り切れ商品の紹介なんかを!?って感じですが・・・
その理由は後ほど…


外装は相変わらずの重量感あふれる金属製!


ボルトロックも可能、リリース時の音は電動ガン最高クラスですよ!


ボルトリリース機能もあるので、もちろんボルトキャッチはライブ可動!






ストックも可動箇所が多く、実銃並のギミックを楽しむことが可能です

今回、ごく少数の入荷でしたが問い合わせの多い商品のひとつなので、
今後も継続的に入荷するかもしれないですね!!
このご時世に、低価格のEBRといったらこのASP製が一番じゃないですかね?

試験的に少数入荷したのは理由がありまして…
売り切れの商品のブログ記事にする理由とも関連があるのですが、
内部が仕様変更になっている!!??という可能性があったからです。

その結果とは…

それはまたの機会にご紹介しましょう!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Mk14 Mod.0

2014年12月24日

ASP Mk14 mod.0 分解編(製品版)

こんばんは、Diです

本日は新入荷商品のMk14分解編です!
とはいっても手順は普通のM14系の内部分解方法と似てますので
簡単に注意点だけご紹介したいと思います。


Ver7系ですが、他社とは違いオリジナル規格パーツが使用されていたりと、
若干仕様が異なりますので、注意が必要です!!


タペートプレートは、Ver7用とは形状が異なります。


Ver7用のシリンダーヘッドにノズルです


ノズルは、約22mmと通常のM14ノズルよりも長くなっております。


ギアはVer7専用ギアではなく、通常のスタンダード規格ギアの使用が可能です。


シリンダーもスタンダード規格で、Ver7規格ではありませんでした
サンプルでは加速ホールが大きいシリンダーでしたが、
製品版では改良されてバレル長にあったシリンダーに変更されております。


モーターホルダーもEBR用?です
内臓モーターはショートタイプが使用可能となっております。

という感じの内部となっております!

ギアやシリンダー、ピストンは入手しやすい汎用タイプです。

以上、ASP Mk14 mod.0 分解編でした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(14)Mk14 Mod.0

2014年12月01日

Mk14Mod.0予約開始!

こんばんは!店長のkuroデス。

■【予約商品】ASP Mk14Mod.0


おおよその入荷日が決まりましたので、サイトにて予約開始致します!!
今回はコンテナではなく、空輸での入荷なので、限定30丁となっております。

調整モデル出荷の時期ですが、現在約70丁待ちであることと、先に予約を承っておりますICS製品の入荷と時期がカブってしまいますので、1/10頃のお届けとなってしまいますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

ちなみに、メーカー名はASP(エアソフトパイオニア)となります。
似ているけどAPSではありませんので、お間違えの無いよう!笑
  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(8)Mk14 Mod.0

2014年11月30日

【お待たせしました!】Mk14 Mod0間もなく入荷!

こんばんは!店長のkuroです!

7月末にプロトタイプが届いて以来、まだかまだかと首をなが~くして待ちわびておりましたが・・・・
とうとう香港問屋に到着しました!!
このEBR、Mk~の名のとおり、海軍仕様のM14 EBRです!










この商品最大の特徴は、米国SAGE international社の正式ライセンス取得モデル!!



丸みを帯びたフォントが特徴的な刻印を再現!

この商品、海外メーカーASP(エアソフトパイオニア)の製品になります。

明日、明後日には出港の日程も決まりますので、近々サイトにてご予約開始したいと思います。
調整済みモデルの出荷は年末~年始にかけてになると思います。
まだ本決まりではありませんが、税抜き4万ぐらいからのスタートになります。
今回は30丁の入荷となります!

海軍に採用された仕様をリアルに再現している商品はコレだけ!
年末にお財布がホクホクのうちにゲットだぜ!  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14Mk14 Mod.0

2014年08月02日

ASP Mk14 Mod.0内部レビュー



こんばんは、Tacです。
本日はASPから発売予定のMk14 Mod.0の分解レビューを行います。

Mk14 Mod.0とは海軍仕様のM14 EBRとのこと。

さっそく分解してみます。






G&GのEBRとは異なり、ハンドガードは下部からネジ3本で固定されています。











コネクターはミニタイプ。
かなりのバッテリースペースが確保されているのでいろいろな種類のバッテリーを使用することができます。









トップレールは6本のネジで固定されているので全て外します。










ココのネジは左右に付いているので両方を外します。










トリガーガードを起こし、斜めに引き上げるようにしてレシーバーをストックから外します。









小さなネジを2本外し、コネクターを取り外します。
前後でネジの長さが違うので注意しましょう。









リコイルスプリングとスプリングガイドを取り外します。











オペレーティングロッドブラケットのイモねじを緩めて前方にスライドさせ、オペレーティングロッドとボルトを取り外します。










続いてアウターバレル基部のネジを外して、アウターバレルとインナーバレルを取り外します。








M14は専用チャンバーで、チャンバーパッキンも通常よりも短いものが使用されています。
社外チャンバーパッキンを使用する際は、銃口側を数ミリカットして使用します。









次にアッパーレシーバーを取り外します。
写真1枚目と2枚目のネジをそれぞれ外します。









マガジンハウジング部分のネジと、ピンを抜いてロアレシーバーからメカボックスを外します。









メカボックスはマルイ互換タイプです。








2本のネジを外し、セレクターを外します。










4本のネジを外し、左面のプレートを取ります。
プレートの下にスイッチやカットオフレバーがあるので配置を忘れないようにしましょう。








トリガースプリング、トリガー、セーフティーレバーを外します。









セーフティーレバーには小さなスプリング等入っているので無くさないように慎重に作業します。









モーターハウジングを外します。










逆転防止ラッチを解放してからメカボックスを開きます。
これから洗浄、シム調整、グリスアップ、スプリング交換等を行います。








最初から入っていたシリンダーがバレル長と合っていなかったので適切な物に交換しました。
ASPに報告しましたので、製品版は改良されているかもしれません。



Ver.7メカボックスは特殊で、タペットプレートのスプリングはメカボックスを閉めてから外から入れます。
このスプリングを入れるのを忘れないようにしましょう。 

あとは逆の手順で組み立てて終了です。
以上、ASP Mk14 Mod.0内部レビューでした。


  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(4)Mk14 Mod.0

2014年07月31日

【速報!】ASP Mk14 Mod.0

こんばんは!店長のkuroです!

昨日に引き続き、速報シリーズ!
本日は、間もなく発売される、ASP Mk14 Mod.0のご紹介!
Mk~の名のとおり、海軍仕様のM14 EBRです!



こちらもプロトタイプ世界限定5丁のレアアイテムです。
SA58プロトタイプ同様、世界各国の主要取引ショップに配布された一つ。

弊社はそんなに大きなショップでは御座いませんが、JGのエージェントの方と仲良くしており、また、届いた商品は必ず分解、整備するので、製品の不具合の発見、報告が早くてテクニカルレポートが細かいとメーカーより信頼されているそうで・・・たいへん光栄な事です。

ということで、5丁のうちの1丁を頂きました!
ということで、商品の外装をご紹介。



ストックは機械的なデザインが特徴的。スライド機能、チークパットの上下調節機能も再現されております。



内部メカボはマルイと共通製があります。
マガジンはマルイと汎用性があると思います。




フロントには左右にもレールが装備されており、拡張性も高いです。



上部のレール。
正直申しますと、G&Gと比較すると、レールはエッジが立っておらず、加工精度はちょっと低めかな?
まあ、EBRにしては安い部類の製品になると思いますので、そこは妥協しなくては。



ボルトストップもしっかりとかかり、親指のところのリリーズボタンを押すと、ながーいストロークのボルトがジャキーーン!と閉まるのでクセになりそうです。



トップの刻印。
良く見るとエアガンメーカー名が書かれており、ちょっとだけ残念。


でも、すっごーーい事が!
な、なんと!この商品も米国SAGE international社の正式ライセンス取得モデル!!




ほらほら!丸みを帯びたフォントが特徴的な刻印を再現!

ちなみにこれが実銃の刻印↓


この製品もSA58同様、アメリカのエアガンメーカーがSAGE社からライセンスを取得した商品となります。



実は、スタッフのTacが既に分解調整しましたが、CYMA製のEBRのように激しいギアノイズなどはなかったようです。
ただ、何故かインナーバレルが長いのに加速シリンダーが入っていたようなので、フルシリンダーに交換する必要はあったとか。

このASP Mk14 Mod.0、
販売予定価格は35000円ぐらい(あくまでも予定)
発売時期は9月ごろになりそうです!

まだ量産されていない状態ですので、いろいろ変更になるかもしれませんので、予めご了承下さい。

この商品も数日後にはアームズマガジンに発送し、レビューを書いて頂きますので、8月末のアームズにて記事で確認出来ると思います!お楽しみに!







  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14Mk14 Mod.0

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (44)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ