電動ガン動画

2016年05月23日

Hellbreaker 内部調整紹介

こんばんは、Tacです。
今日はEMG Hellbreaker M4の内部調整についてご紹介します。







当店でこれまでに販売したEMG Hellbreaker M4の9割以上は最上位のUltimateプラン。
命中精度と動作性を両方向上させたプランになります。

このHellbreakerにはACE1のチャンバーが相性がいい事が分かったので、GungnirプランやUltimateプランで積極的に使用しています。
バレル同軸式の無段階ホップアップダイヤルなので非常に繊細な調整が可能となっております。





続いて、メカボックス内部のパーツ交換のために、セレクタープレートを外します。
マグネットが埋め込まれた専用品となりますので、破損には注意しましょう。



Hellbreakerはベベルギアの軸受けのみベアリングが入っており、残りはメタル軸受けとなります。
このメタル軸受けはあまり強度が高くなく、ベアリングに交換したほうが動作性も向上します。






メカボックスを分解します。
グリスが多めに塗布されていますね。

命中精度を求める場合、Hellbreakerの純正ノズルはあまり良くないのでポイします。



箱出しの状態ではシリンダー内やピストンに大量のグリスが塗られており、シリンダー内にグリスが多いと発射されたエアーと一緒にインナーバレル内にグリスが飛んでしまい、命中精度に影響を及ぼします。

こまめにバレルクリーニングに行う方は良いのですが、使いっぱなしの方も多くいらっしゃるので、調整作業の際にはシリンダー内のグリス量に特に気を使います。
多すぎると飛んでしまいますし、少なすぎてグリスが切れたり乾いてしまうと圧縮不良を起こして初速が著しく低下してしまう恐れがあります。
全ての箇所に適切な量のグリスを塗布することが性能を引き出し、維持するポイントです。






セクターギアとスパーギアの軸受けをベアリングタイプに交換します。
軸受けのサイズは8mm。 瞬間接着剤を使って歪みの無いように接着します。
指で押しても簡単にハマらない場合は、軸受け圧入ツール等を使用してしっかりとはめ込みます。



ベアリング軸受けに交換し、適切にシム調整を行うと、とてもスムーズにギアが回ってくれます。
連射サイクルや燃費にも大きく貢献します。



今回はUltimateプランなので、先ほどポイした純正ノズルからアルミエアシールノズルに交換します。



また、当店で販売するHellbreakerには全ての調整プランでヒューズの取付サービスを行っています。
ガラス管に比べて圧倒的に省スペースなマイクロヒューズを取り付けているので、バッテリー収納時にも便利です。



HellbreakerのGaeBulg/Ultimateプランでぜひオススメしたい追加オプションが、「SPARK 高精度オリジナルピニオンギア組込」です。
EG1000に最初から付いているピニオンギアに比べて耐久性が非常に高いピニオンギアですので、こちらに交換することで長く使用できますよ。




調整作業が完了したら、組み上げて試射を行います。

Hellbreaker電子トリガーシステムは基本的にピストンが前進位置で止まるようになっているので、初速が安定しているのが特徴です。
HOPゼロで約91m/sと十分な数値です。



HOP適正で初速は約89m/s。
モーター交換とベアリング軸受けのお陰で、連射サイクルは秒間17発と気持ちの良いサイクルに仕上がりました。

HellbreakerはUltimateプランがオススメですよ!
以上、内部調整紹介でした!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)Hellbreaker

2016年03月12日

シャークマウス塗装!

こんばんは!店長のkuroです!

本日は、私の私物のHellBreakerのシャークマウスを塗装しましたのでご紹介!

参考にしたのはこの画像!



そして塗装に使用した材料はコチラ!
プラモ塗装でお馴染みのTAMIYAカラーです!

ちなみに材料費は1000円以下でした!
右はじに写っている液体マスキングで綺麗に塗り分けようと思ったのですが、結構立体的な造形なので、うまくマスクング出来ませんでした・・・
ということで、ガチで細い筆で塗っていきます!


一色め、ブラック塗装。

曲線用のマスキングテープで塗りたくない部分を隠しました。



二色めレッド

筆なのでかなり難しい!30分塗装したら集中し過ぎでグタッとなります。笑



三色め、白塗装で完成!

筆で手作業なので、あまり近くで見ると荒が目立ちますが、まあまあの出来栄えです!




本当はうまく出来るようならカスタムメニューに入れたかったのですが、お金を頂けるクオリティーでもない割には、時間と労力もかかるので、ショップとしては承れません・・・・
ということで、気になる方は御参考にチャレンジしてみて下さいね!











  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Hellbreaker

2016年02月26日

EMG Hellbreaker M4 分解レビュー!



こんばんは、Tacです。
今日は話題のEMG Hellbreaker M4 の分解レビューを行います!

ロアレシーバーに特徴的なシャークマウスがデザインされており、他のM4と見比べても違いは一目瞭然!
これまでにない個性を表現することが出来ます。(OvO)




箱を開けると、本体とマガジンが入っています。
また、本体の下にクリーニングロッドと写真には写っていませんが、米国の実銃メーカーsharps bros社の正規ライセンスカードも付属しております。
説明書などは付属しておりません。




それでは分解を始めます。
まずは通常のM4系統と同じようにフレームロックピンを抜いてテイクダウンします。

前後のロックピンは六角ネジで固定できるようになっており、脱落防止に貢献しています。





チャンバーは操作のし易いバレル同軸式で、テストした結果、Prowin等の社外チャンバーの組込も可能でした。

純正チャンバーは箱出しの状態ではHOPダイヤルが手では回せないほどキツイ個体がほとんどでした。
調整モデルではもちろん対策加工を行います。



インナーバレルは約400mmで真鍮製となっています。



ストックを取り外します。

ストックにはポジション調整用のレバーとは別で、取り外し用のレバーも付いているので脱着がとても簡単です。



コネクターはミニタイプで、ヒューズレス仕様となっております。

FETユニットにはカット回路が付いているので、仮にショートした場合にFETユニットが暴走するリスクが少ないのですが、バッテリーが死んでしまう事があるので当店の調整済みモデルでは全てヒューズを取り付けて納品しております。





ストックパイプは実銃に近い固定方法となっており、ストックパイプレンチを使ってリングを緩めてストックパイプ自体を回転させながらレシーバーから取り外します。




次にグリップとモーターを取り外します。
こちらは通常のM4系グリップと同じですので簡単です。

細身でラバーチックなグリップが握りやすく、操作感も良好です!






グリップを取り外したら、マガジンキャッチやボルトキャッチ等を外していきます。

大型のマガジンキャッチボタンは押しやすく、素早いマガジンチェンジが可能です。



このモデルにはボルトロック機能が付いており、HOP調整を楽に行うことができます。



トリガーピンには片側にローレットがありますので、叩く方向に注意しましょう。






メカボックスはARES社のEFCSメカボックスを搭載。
従来型のスイッチを使わず、磁石でカットオフを検知する電子トリガーユニットです。
これによりトリガーレスポンスが格段に向上しております。
また、FET搭載でスイッチ焼けのリスクはゼロ!
専用のコントロールユニットに接続すれば、3点バースト等の設定も可能なスグレモノですよ!




青い基盤を外すと、マイクロスイッチをトリガーで押す仕組みが分かります。
トリガーも流行りのストレートタイプで引きやすいです。




このメカボックスはメインスプリングQD機構が採用されており、フィールドレギュレーションに合わせて初速を変更しやすいのが嬉しいポイントですね。



メカボックス内部です。
ARES製ということで、比較的綺麗に仕上がっていますね。
セクターギアにはディレイヤーも付いています。




セクターディレイヤーに半分隠れていますが、セクターギアの穴の1つにカットオフ用の磁石が埋め込まれております。
セクターギアを社外品に変更してしまうとカットオフされなくなってしまうのでご注意下さい。




ピストンは大変強度の高いフルメタルティースタイプが標準で入っています。
シリンダーはフルサイズです。



同じメカボックスを搭載しているハニーバジャー等では全てメタル軸受けですが、Hellbreakerではベベルギアのみベアリング軸受けが採用されており、ギアの回転効率に貢献しています。



ノズルは21.28mm
相性等がありますので、全ての社外ノズルが使えるというわけではありません。




外装の品質も実射性能も良好なHellbreaker M4!
現在、店長が私物化したHellbreakerのシャークマウスに色を入れている最中です。
近日中にブログに上がると思いますのでお楽しみに!
(※画像は実銃のものです。)
  


Posted by kuro&staff  at 20:42Comments(0)Hellbreaker

2016年02月23日

EMG Hellbreaker custom

こんばんは!店長のkuroです。
本日もEMG Hellbreakerのご紹介!

最近、弊社のtwitter、facebookではhellbrekerの話題が多いのですが、その理由は・・・・・・
私自身が大変気に入っており、1丁自分用でゲットしたからであります!!笑

ということで、早速デコってみました!



それでは、使用したカスタムパーツを先端から順にご紹介!


肉抜きされた特徴的なアングルドフォアグリップ(AFG)は
K20 アングルドグリップ for KeyMod
Keymod専用のAFGで金属製で丈夫。しかも肉抜きで軽量化もバッチリです。

ボコボコした有機的なテクスチャのレールパネルは
RailScalesタイプ KeyModグリップパネルセット HC5
こちらの商品はグラスファイバーブロックをCNC削り出し加工という非常に凝った作りとなっております。
グラスファイバー製なのでしなやかでグリップ力が強く、しかも軽量です。
keymodは軽量化という観点で生まれたシステムですので、どんなに便利なパーツでも重量が増えてしまうのは長所を引き出しているとは言えません。



ストックはMFTストック。
こちらはまだエアガン用のレプリカがありませんので実銃用です。
来月ぐらいにはレプリカも上陸してくるかな~?
このMFTストックはパット部の角度が特殊で下に行くほど内側に反っています。
この角度が素早いサイティングを可能にします。
しかも必要最低限の形状ですのでこちらも軽量化に役立っています。

グリップは
電動M4/M16シリーズ用 MOEグリップ(レプリカ)にステッピング加工を施したカスタムタイプ。
絶対にスベリません!!
グリップはhellbrekerのノーマルもたいへんに優秀だったのですが、2toneカラーでカスタムする為に取り替えました。
(単純に見た目重視。使い勝手はノーマルもかなり優秀ですよ!)



マガジンは
APS U-Mag 300連多弾マガジンをチョイス。
ホントはP-MAGを取りつけたかったのですが、ごっついシャークマウス君がマガジンハウジング下部にグイッとせり出している為、装着不可でした・・・マガジンを削ると入ると思いますが・・・・(HK416もそんな感じですよね。)
APSのU-MAGは無加工で使用可能でした。

のちのちはHEXMAG↓を装備するつもりなので、こちらで我慢。


光学機器は
Trijiconタイプ SRS02 レッドドットサイトを載せいました。
素早いサイティングには視野が広いダットサイトが必須なので、かなり便利です!

最後にマガジンハウジングのシャークマウスは私のバイクのタンクと同じように塗装しようと考えております!



このhellbrekaerですが、架空銃ではなく、米国の実銃メーカーsharps bros社のライセンス商品となっており、正規ライセンスカードも付属しております!


でも、EMGってメーカーは何だ?と疑問に思う方も多いと思います。
たしかに、私自信も聞いた事のないメーカーでした。

でも、生産がどこのメーカーなのかわかったの安心して仕入れました。
というのも、このライセンスカードに記載されておりますが、生産はあの電子トリガーシステムEFCSを作りだしたARES社です!

なので、セミのキレも抜群ですし、素早いセミ連射も可能!しかも3点バーストへ切り替えも可能です!
*バーストの切り替えは別売のコントローラーが必要です。

EMG社が企画、ライセンス取得を行い、生産はARES社にOEM生産委託した商品になります。

なので、内部、外装に関してはノウハウのあるARES社製なので、海外製でもかなり上位の出来栄えだと思います。



外装は特徴的なため、好みが分かれるところだと思いますが、本場のアメリカではこのような凝った造形のカスタムが浸透してきておりますので、このようなスタイルの銃器も一足遅れてではありますが、日本でも浸透してくるのではないかな?
keymodも浸透にかなり時間がかかりましたが、結局多くのエアガンに実装されていますしね!



また、シャークマウスが特徴的すぎてスルーしてしまいそうですが、レシーバーとkeymodハンドガード接合部が専用構造になっており、首周りの強化にも貢献しております。
Keymodハンドガードは必要最低限の重量で、細身で握りやすく、実際に手にしてみると、銃口を下におろした状態からターゲットへのサイティング速度が速くなるのを実感出来ると思います。

全長は
10inchモデルで730mm(ストック収縮時)
15inchモデルで850mm(ストック収縮時)
と決してコンパクトではありませんが、重量は
10inchモデルで2,475g(マガジン含む)
15inchモデルで2,620g(マガジン含む)
と、フルメタルではありえないような軽量化に成功しております。

当店でもSPARK Industriesモデルで軽量のkeymodシステムを搭載したスピードシューター向けモデルを多く生産しておりますが、それにもひけを取らない仕上がりとなっております。



1.外装はフルメタルで堅牢ながらも軽量、レシーバー、ハンドガード部の接合も最高!
2.内部はEFCSシステム搭載でセミキレ抜群!しかも3点バーストも可能!
3.トドメはシャークマウスデザインでシャレも効いてる!

という3拍子揃っておりますので、私も1年ぶりに新しいメインウエポンとしてコイツをゲットしてしまいました~汗

「海兵隊装備」などの縛りのあるスタイルもカッコイイと思いますが、このような民間シューターの中で進化したカスタムも自由度が高く、これから徐々に受け入れられていくと思います!

性能面ではかなり優秀ですので、デザインは少々奇抜ですが、これが本国アメリカの最新のスタイルといっても過言ではありませんので、思い切ってゲットしても後悔はないと思いますよ!

当店では
1.格安モデルも保証付き
2.調整モデルでは3点バーストの設定無料

という特典をつけて販売しております。

私自信がだいぶ興奮しておりますので、ブログは「シャークマウス塗装編」、Youtubeでは「動画レビュー」など、暫くはhellbreker浸けの情報発信になると思いますので、(笑)しばらくお付き合い宜しくお願い致します!





  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Hellbreaker

2016年02月19日

EMG Hellbreaker入荷!

こんにちは!店長のKUROです。
新製品入荷のお知らせを致します。

■EMG Hellbreakerシリーズ
外装はフルメタル、細身のkeymodシステム、そして何と言っても、米国シューターに人気急上昇中のSharps Bros社正式ライセンスの超最新型レシーバーを搭載!
伝統的なミリタリーデザイン"シャークマウス"をマガジンハウジングにあしらった個性的なスタイル!







さらに中身はシャープなセミのキレと3点バースト設定可能なEFCS電子トリガーを搭載!
そうです!中身はあのメーカーのメカボックスを搭載したモデルとなっております!

■EMG Hellbreaker M4 10" BK【EFCS搭載】





■EMG Hellbreaker M4 10" FDE【EFCS搭載】





■EMG Hellbreaker M4 15" BK【EFCS搭載】




■EMG Hellbreaker M4 15" FDE【EFCS搭載】








このHellbreaker、以前【実銃カスタムの世界】というタイトルでブログで紹介したヤツですね!もうエアガン化されるとはかなり早いですね~。

*実銃のカスタム例



ハンドガードーは細身のKeymodで素早いサイティングも可能ですし、内部メカも電子トリガー搭載なので、スピードシューターのみならず、サバゲでセミを多用している方にも超オススメの商品となっております。しかもフルメタですしねっ!


また、当店では、BASICモデル以上をお買い上げの場合、3点バースト等の設定を無料で行います!

1.SAFE-SEMI-AUTO
2.SAFE-SEMI-3BURST
3.SAFE-3BURST-AUTO
4.SAFE-SEMI-SEMI

ご変更希望の方は注文ページ備考欄にてお申し付け下さい。
特にリクエストがない場合は【1.SAFE-SEMI-AUTO】で出荷させて頂きます。
*ご自身で発射方式の変更をする場合は専用コントローラー(別売)が必要です。

また、無調整のモデルでも当店独自の2カ月保証をお付け致しております!(調整済みは3カ月保証)


現在は4機種全て在庫ありますが、人気商品は先に在庫が無くなり、選択肢が少なくなってきてしまうと思います。
再入荷は難しい商品ですので、気になる方はお早めに!



  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Hellbreaker

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 124人
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (17)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (7)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (14)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ