電動ガン動画

2017年01月09日

G&G M14 EBR Short 外装編

こんばんは、Diです!

本日はG&Gより発売されております人気機種のご紹介となります!

G&G M14 EBR Short


SAGE M14 EBRをモチーフにした電動ガンとなり、エアガン界でも高い人気を誇る機種となります!

G&G製ということで台湾製品の加工精度の高さを実感できる機種のひとつでもあります!
そんなG&G M14 EBR Shortを本日も外装中心のご紹介とさせていただきます!


フロントサイトとハイダーは一体型となり、ハイダーの交換などは出来ないかと思われます。
材質はダイキャストとなりますが、造りはとても良好です。
モチーフは実銃でいうM1A SOCOM16に装着されている物でしょう。


アウターバレルも金属製で高い剛性を誇ります。
ガスシリンダー部分も別パーツとなっております!
結構、エアガンは駆動に関係のない部分を一体成型で造ってしまったりしますが、こういうとこもしっかり造るメーカーさん大好きです。




バレルを覆うハンドガードは殆どがレイルとなっており、高い拡張性を誇ります。
バッテリーはハンドガード内に収納されますが、収納の為に左右のネジを6本外す手間がかかります。


シャーシの加工精度も良好で、エアガンのEBRではトップクラスの出来だと思います。
同様に外装の評判の良いG&P製とも比較してみたいとこであります。
フロントまで一体型のシャーシは剛性も高く、ゲームでの使用も全く問題ないと思います。


SAGEの刻印も再現されており、好印象です。


トリガーアッセンブリはスチール製となっており、個人的に好きな部分です(笑)
トリガー前にセーフティレバーがあり、写真はセーフティ解除状態となります。


グリップはピストルグリップになっており、樹脂製。
グリップにモーター収納型ではないので、薄めでリアリティも兼ね備えております。
ただグリップにはG&G刻印が入ってますので、個人的に残念なポイントです…


セレクターは押し込んで回転させるとフル、セミの切り替えが可能です。
写真の状態はフルオート状態となり、Aの表記が確認できると思います。



ダミーボルトは後退時にロックが手動で行えますが、フルストロークじゃないのは悲しい…
ただ、こういった機能がある電動ガンはHOP調整などがし易く、ユーザーにもありがたい機能だと思います!
因みにダミーボルトはエキストラクターも別パーツで再現されており、こちらも高ポイント!!


ボルトリリースは反対側のレバー操作で行います。


リアサイト前方にはスコープマウントなどがセットできる小さなレイルが設けてあります。
レイルはイモネジで固定されており、不要な場合は取り外すことも可能です。


リアサイトはライブで上下左右調整可能です。
ダイヤルを引っ張って回す、といった方法になります。


レシーバー後部には刻印が彫られておりますが、製造メーカー名はしっかりとG&Gとなっております!(笑)
所々、刻印が薄くなっている箇所がありソレが逆にリアルと感じてしまう箇所でもありますね!


ストックは伸縮式ですが、操作しやすいとは言い難いですね。
ただ実物もそういう仕様なので仕方のないことです!
こちらもかなりしっかりしております!!



グリップの後ろ上あたりにストックのリリースレバーがあります。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、G&G製EBRは長く作られております。
なので、リリースレバーが少しグリップから離れてしまい操作し辛い感じです。


※実銃参考画像
赤〇の部分ですが、G&G製EBRはモーター収納スペースの兼ねており、ストックのレバーを収納出来なかったために後ろに延長したんだと思われます。
しかし他社エアガンEBR(ASP Mk14 Mod.0など)は、そこらへんうまく再現しながらモーターを収納しておりますので、高級部類のG&G製EBR頑張ってくれたら嬉しいですね!


話をストックに戻して…。
ストックはパッドの高さ調整が可能で、レバーを上にリリースして赤〇の箇所のストッパーをピンポンチなどで押しながら高さ調整をするといった感じになります。
ストックエンドはしっかりとしたラバー素材のパッドになります。
ストックエンドの大きさは実銃や他社エアガンEBRに比べ小振りですね…



マガジンはG&Gオリジナルとなっており、マルイ系M14などとも互換性はありません。
ただ本体同様にマガジンの質感も大変良い物となっておりますので、これでいいかなという感じでもあります!
バリエーションとしては、G&G M14専用 80連 ノーマルマガジンG&G M14専用 470連 多弾数マガジンをご用意しております!!
因みに付属は多段マガジンとなっております!

という感じの外装レビューになります!

全体的に質感や剛性などは素晴らしく、EBRエアガンの決定版の候補であることは間違いないでしょう!
個人的にはグリップからストックに掛けての再現度が気になりましたが…
そこらへん気にならない方には間違いなくお勧め出来るモデルです!!
内部も当店にて調整モデルをご購入頂ければゲームでもバリバリ使用が可能になります!!

以上、G&G M14 EBR Short 外装編でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(3)M14

2016年03月18日

即納電動ガン追加のお知らせ

こんばんは、Diです

本日は即納電動ガン追加のお知らせです!

【調整済/即納】CYMA M1A SOCOM16


久々にCYMA製M14シリーズの登場です!
その中でも人気のM1Aをモチーフにしたモデル!
銃身は短く、ストックは樹脂製となります!


↑実銃画像

本商品は、もちろんフルメタルとなっておりますので、満足頂けるはず!
しかもストックはオリジナルカラーでレンジャーグリーン系となります!
こちらは一丁限定商品なので早い者勝ち!!


短く切り詰められた銃身で、ゲームでも使いやすいモデルです。


スリングスイベルもついてま~す



ストックは樹脂製なので、エアガンも木製ストックよりも細身となります
グリップを握ると違いがすごくわかりますよ!
またこちらは一般市場には無いオリジナルカラーストックなので、
当店でも再販は御座いません~!


ダミーボルトはライブ可動で、フルストローク!
ボルトキャッチもライブなので、こうやって最後退状態でロック可能!


レイルもついているので、Aimpoint系のサイトとか似合うんじゃないでしょうか。
このモデルは個人的にも欲しいモデルでもあります^^

【調整済/即納】CYMA M14 realwood(Ultimate)


こちらは同じくCYMA製でリアルウッドモデルとなります!
幅広い年代の装備をカバーできる!?エアガンでもあります


銃身は長めでまさにライフル!といった銃がM14ですかね?




合板のストックは樹脂ストックに比べ太めですが強度確保のため仕方のないことだと思います。
中華製M14では良い部類になると思いますが、色合いが明るめなのでご自身でニスなど塗り直すのもいいかもしれませんね!


こちらもボルトのギミックが御座います!
こちらも現状、一品限りとなりますのでお早めに!!

今回は倉庫から引っ張り出されてきた在庫をHP上にアップ致しましたが…
まだまだ倉庫には眠った在庫がありますので、今後も要チェックですよっ

以上、即納電動ガン追加のお知らせでした!  


Posted by kuro&staff  at 19:55Comments(0)M14

2014年11月30日

【お待たせしました!】Mk14 Mod0間もなく入荷!

こんばんは!店長のkuroです!

7月末にプロトタイプが届いて以来、まだかまだかと首をなが~くして待ちわびておりましたが・・・・
とうとう香港問屋に到着しました!!
このEBR、Mk~の名のとおり、海軍仕様のM14 EBRです!










この商品最大の特徴は、米国SAGE international社の正式ライセンス取得モデル!!



丸みを帯びたフォントが特徴的な刻印を再現!

この商品、海外メーカーASP(エアソフトパイオニア)の製品になります。

明日、明後日には出港の日程も決まりますので、近々サイトにてご予約開始したいと思います。
調整済みモデルの出荷は年末~年始にかけてになると思います。
まだ本決まりではありませんが、税抜き4万ぐらいからのスタートになります。
今回は30丁の入荷となります!

海軍に採用された仕様をリアルに再現している商品はコレだけ!
年末にお財布がホクホクのうちにゲットだぜ!  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14Mk14 Mod.0

2014年07月31日

【速報!】ASP Mk14 Mod.0

こんばんは!店長のkuroです!

昨日に引き続き、速報シリーズ!
本日は、間もなく発売される、ASP Mk14 Mod.0のご紹介!
Mk~の名のとおり、海軍仕様のM14 EBRです!



こちらもプロトタイプ世界限定5丁のレアアイテムです。
SA58プロトタイプ同様、世界各国の主要取引ショップに配布された一つ。

弊社はそんなに大きなショップでは御座いませんが、JGのエージェントの方と仲良くしており、また、届いた商品は必ず分解、整備するので、製品の不具合の発見、報告が早くてテクニカルレポートが細かいとメーカーより信頼されているそうで・・・たいへん光栄な事です。

ということで、5丁のうちの1丁を頂きました!
ということで、商品の外装をご紹介。



ストックは機械的なデザインが特徴的。スライド機能、チークパットの上下調節機能も再現されております。



内部メカボはマルイと共通製があります。
マガジンはマルイと汎用性があると思います。




フロントには左右にもレールが装備されており、拡張性も高いです。



上部のレール。
正直申しますと、G&Gと比較すると、レールはエッジが立っておらず、加工精度はちょっと低めかな?
まあ、EBRにしては安い部類の製品になると思いますので、そこは妥協しなくては。



ボルトストップもしっかりとかかり、親指のところのリリーズボタンを押すと、ながーいストロークのボルトがジャキーーン!と閉まるのでクセになりそうです。



トップの刻印。
良く見るとエアガンメーカー名が書かれており、ちょっとだけ残念。


でも、すっごーーい事が!
な、なんと!この商品も米国SAGE international社の正式ライセンス取得モデル!!




ほらほら!丸みを帯びたフォントが特徴的な刻印を再現!

ちなみにこれが実銃の刻印↓


この製品もSA58同様、アメリカのエアガンメーカーがSAGE社からライセンスを取得した商品となります。



実は、スタッフのTacが既に分解調整しましたが、CYMA製のEBRのように激しいギアノイズなどはなかったようです。
ただ、何故かインナーバレルが長いのに加速シリンダーが入っていたようなので、フルシリンダーに交換する必要はあったとか。

このASP Mk14 Mod.0、
販売予定価格は35000円ぐらい(あくまでも予定)
発売時期は9月ごろになりそうです!

まだ量産されていない状態ですので、いろいろ変更になるかもしれませんので、予めご了承下さい。

この商品も数日後にはアームズマガジンに発送し、レビューを書いて頂きますので、8月末のアームズにて記事で確認出来ると思います!お楽しみに!







  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14Mk14 Mod.0

2014年05月04日

CYMA M14 外装編

こんばんは、Diです!

本日はこっそり入荷していた商品の御案内です(笑)

CYMA M14 realwood(CM032C)


分解の様子については、
過去ブログに記事がありますのでそちらを参考下さい
CYMA M14 分解編①
CYMA M14 分解編②

さて今回入荷のCYMA製M14は、フルメタルリアルウッドです!
しかも合板仕様となり、ちょっと高級感が出ました!



ハイダーは、取り外し可能ですがフロントサイトと一体型となります


ストックは合板となり、綺麗な木目が特徴です
当店オススメのヴィンテージ加工とご一緒にすると、もっといい味が出せます!


因みにストック内部には、バッテリー収納可能。


HOPダイヤルは、マガジンハウジング内にあります。


セレクターは、現代の銃に比較し操作し辛いです
一度、グリップから手を離して操作する必要があるので、
素早い切り替えなどは難しいと思います。
ただ、この動作が好きという方もいるかもしれませんね!
実際にAKなどでも手を離さないと切り替えは通常出来ないですからね~


トリガーガード前方には、セーフティがあります。


ダミーボルトは、最後退時にロック可能です(ボルトキャッチを抑えながら)
特にHOP調整ダイヤルが内蔵されているというわけでもないので
あくまで雰囲気だけですが、うれしい仕掛けですね~


リアサイト、刻印などはありません
刻印は確かG&G製M14であれば掘られていたと記憶してます。

外装については以上となります!

正直、内部構造はメンテナンス製は良いといはいえないですが
こちらもAKと同様に木と鉄な感じのエアガンだと思います。
ガシガシ汚してフィールドで目立ったりするのもいいかもしれません!

個人的には、G&G製M14はある意味完成品だと思います。
自分色に染めたい方は、このCYMA製M14ってのはいかがでしょうか!

以上、CYMA M14 外装編でした

■当店は、こよみの通り、3日~6日の間休業となります。
ご理解のほど宜しくお願い致します。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(4)M14

2014年03月17日

CYMA M14 分解編②

こんばんは、Diです

本日は先日に引き続き、CYMA製M14分解編②です。
前回は本体からメカボを取り出す工程までの記事でした。

今回はメカボ分解を中心に行いたいと思います。


CYMA製M14ですが、メカボはVer7タイプで専用パーツなど豊富に使用されております。
社外のVer7互換のパーツでしたら使用可能だと思われます。

それでは、分解なんですが非常にネジとパーツが多いです。
分解前にネジやパーツの配置を覚えておくなりするのが良いと思います


まず、セレクター部分を取り外します。
赤マルのネジ二箇を外してください


セレクターを取り外すと、こういう感じです。


お次はメカボ反対側。
赤マルのネジ四箇所を外しましょう


バネが二箇所についてるのでそれも外します


カットオフレバー的なパーツの配置はこんな感じです
分かりやすいように赤青でマーキングしました
このパーツも取り外しますので、元に戻す際は同じ感じと組んでください。
因みに、この状態で初めてセレクターの連動パーツも取り外せます。


スイッチは、こんな感じです


またメカボ反対側です。
反対側は、トリガー連動パーツが付いております。
赤マルのネジを外します。


矢印のバネは、トリガーを戻すバネの役割となります。
バネを取って、トリガーを取り外します
赤マルのネジはセーフティを固定しているので、これも外します


セーフティの裏側には、
クリック感を出すためのバネとパーツがありますので紛失しないように注意が必要です


次は、メカボ上部のプレートをスライドさせて外します



赤マルのネジを取り外します


モーターも外せるので外します。
スイッチアッセンブリーとモーターは、はんだ付けされてます

これでやっとメカボが開けます・・・・汗


内蔵ギアの様子です
おなじみグリーンなグリス


軸受けは7mmのメタルです


スプリングガイドはベアリング付


ノズル長です


シリンダーヘッドです
シリンダーはフルシリンダー内蔵でした


タペットプレート


インナーバレルは約570mmです

という感じの内部構成でした。
組み立てる場合は、逆の順で行えば基本大丈夫だと思います。
タペットプレートのバネとかは、メカボ組んだ後に外側から入れたりするんですけど、
その写真を撮り忘れてしまいました・・・。

簡単ではありますが、これで分解記事は以上になります


  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14

2014年03月16日

CYMA M14 分解編①

こんばんは、Diです

本日はCYMA製M14の分解工程をブログにて紹介したいと思います。
かなり分解工程が写真を含めて紹介すると長くなるので、二回に分けて記事にしようと思います。




今回はメカボを本体から取り出す工程までを中心に紹介します。


先ず、トリガーアッセンブリーを取り外します。
トリガーガードを下に引っ張ると・・・・


こんな感じになりますので、そのまま取り外します。
引っ掛かって取れにくい場合もありますが、そこはなんとかなると思います


取り外した、トリガーアッセンブリはこんな感じです。


トリガーアッセンブリを外すと、ストックと銃身側で分割可能になります

ん!?


謎のネジと木屑が・・・・
※このネジは本体に不必要なネジでした


因みに、ハンドガード?がこの赤いマーキングしたパーツで固定されているので、
それも取り外しておきます(ストックと分離した後でもいいと思います)


ストックから取り出せたら、このシルバーのスプリングの付いたロッドを外しておきます。


ロッドを外したら、アウターバレルの取り外しにかかります。
赤マルの4本のネジを取り外します。



この赤マルのネジも外します。


すると、インナーバレルに付いているバネのテンションで、
前方にアウターバレルが飛び出すと思います。


アウターバレル一式はこの段階で取り外し可能です。
次にインナーバレルも取り出せます。
画像は、内蔵されているチャンバー画像です


インナーバレルは、約570mmでした




赤マルの三箇所のネジを外します


ネジを外すと、ハンドル部分などが取り外せます


次はボルトキャッチを外します。
確認し易いように赤くマーキングしております。


細いピンで固定されており、
更にバネでテンションを掛けている仕様です。
小さなパーツなので紛失しないように中止が必要です


ボルトキャッチを外すと、ネジが見えますので取り外します


これで画像のように分解可能です


このような金属プレートがありますので、紛失しないように


マガジン挿入口のネジを外し、あと一本ピンでメカボが固定されているのですが・・・・
すみません、写真を撮り忘れました。


これでやっとこさ、メカボのご登場となるわけです。

記事を書きながら思ったのですが、
非常に分かりづらいですね・・・・
もっと分かりやすい分解記事を書けるように頑張ります!!!!

さて・・・・
M14は、結構分解が大変な部類かと思われますので
初めての分解には向かないと思います・・・・。

次回は、メカボの分解編をお届けしようと思います。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)M14

2014年03月13日

G&G M14 EBR 外装レビュー



こんばんは Tacです。
今日ふと、M14 EBRを紹介する記事が無いことに気づいたので写真をパシャパシャしましたよ!face02

G&GのM14 EBRはLongとShortの2種類があります!
Longの方は今は売り切れてしまっているのでShortの方紹介になります。






まずはフロントから。
Shortバージョンの特徴的なフラッシュハイダーはLongバージョンに比べて短く、取り回しGOODです。











ハンドガードは拡張性に優れた4面レールを搭載。
バイポッドやフォアグリップ、ライトなど様々なオプションを取り付けることが出来ます。












フレームにはリアル刻印が入っています。












ボルトまわりです。
各部の精度が高く、飾りるにも最高です。













ホップアップ調整用に便利なボルトロック機能も搭載しています。










レシーバー左面にあるボルトキャッチを上に押し上げれば、ガシャン! とボルトロックが解除されますface03










ストックのポジション調整はレバーを下げながら行います。











チークピースの高さ調整も可能です。
まずはこのレバーを上に上げます。










そしてココにある突起をペンなどの先の細いツールで押しながらチークピースを引き上げます。











マガジンはG&Gオリジナルなので東京マルイ製M14のマガジンは使用不可です。
しかしオプションでG&G用マガジンも販売しているので心配は無用ですface02










カスタム参考例(スタッフUMA君の私物ですface02


後日、内部のレビューも行いたいと思います!!




■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  
タグ :M14EBR


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M14

2013年12月01日

AKビンテージ加工 番外編

こんばんは、Diです

本日は番外編でお届けしますAKビンテージ加工シリーズです

番外編と言うのも、今回はAKではなくコチラ・・・

CYMA M14 ヴィンテージカスタム

ベースとなるのは、CYMA製M14リアルウッドで御座います!

当初のM14はコチラ・・・↓



かなりオレンジなカラーでM14としては違和感が・・・?

そこでリアルウッドなM14もワトコオイルで塗装してしまえ!
という事でワトコオイルで仕上げてみました。










フェイクウッドでは再現出来ない木の深みを意識しました。
脳内設定で、「現役引退し米軍倉庫で眠るM14」です。

新品ですが、ストックなどにダメージを与え
グリップやストックなどは黒く汚れた感じを再現・・・したつもりです。

後日、内部調整など行い限定商品でサイトにアップ予定です

つづく・・・  
タグ :CYMAM14


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(8)M14ヴィンテージ加工

2013年01月30日

G&G M14の内部レビュー

こんばんは Tacです。
圧倒的な造りの良さと剛性の高さで人気のG&G製M14。
G&GのM14はマルイのVer.7メカボックスとは違うオリジナルメカボックス!
チャンバーもオリジナルです(#^.^#)




これがウッドストックVerもEBRも共通のG&Gオリジナルのメカボックスです。
Ver.7よりも分解がずっと楽になっています。







スイッチはメカボックス内部に配置されていますね!
ギアも全て共通なのでカスタムもしやすいかと(^^♪






でも一つ欠点が・・・
純正シリンダーはこのようにショートバレル用の加速シリンダーなので集弾性が悪いんです(~_~;)

なので当店の調整済みモデルはフルシリンダーに交換しております!

ノーマルよりも集弾性が向上しているのです!(#^.^#)


G&GのM14は使って良し、飾って良しの素敵な銃ですね〜
僕はWalnut Woodの方が欲しいです(笑)





■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  
タグ :M14


Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(2)M14

2013年01月14日

G&G M14 Walnut Wood

こんにちはっ!店長のkuroです。

本日は、G&G M14 Walnut Woodが入荷しておりますので、ご紹介致します。

G&G M14(GR14) Walnut Wood


この商品の特徴は、なんと言っても、ストックに、高級材:ウオールナット材を使用していることです!
たいへん綺麗な仕上がりで、深みのある色が特徴。



また、G&G製品の中でも最高級品である本商品は、本体部分も、妥協のない作りになっており、各パーツのエッジもしっかりと立っており、観賞用としても耐えうる、精巧な作りとなっております。



本体上部には、U.S.RIFLEと刻印が施されております。



リアルウッドが好きな方には、たまんないっすね!!




一緒に、
G&G M14専用 80連 ノーマルマガジン
G&G M14専用 470連 多弾数マガジン
も入荷致しましたので、以前に
G&G M14 EBR Long (GR14 H.B.A.)
ご購入されたお客様、是非是非チェックして下さいね!

■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 17:20Comments(3)M14

2012年10月25日

M14 EBR Long (GR14 H.B.A.)

こんばんは!店長のkuroです。

昨晩は、スタッフや、スタッフの彼女さん達も交えて、弊社の設立記念パーティーということで、酒をあびて来ましたface10

私とryo-zは38歳で最年長ですので、若いヤツラにペースを合わせると、次の日がこたえます・・・

今朝は目覚めが、すばらしい朝ではありませんでした(汗)


本日は、つい最近入荷した、G&G M14 EBR Long (GR14 H.B.A.)をご紹介!


■G&G M14 EBR Long (GR14 H.B.A.)


M14 EBR、G&Gの中でも最高級品のフラッグシップモデルですので、各部の作りがとても精巧に出来上がっております。




正直いうと、私はM14はあまり好きではなかったのですが、このEBRで趣味が変わってしまいそうです(笑)

ここまで機械的なデザインもなかなかないのではないでしょうか?

動作はG&G製なので、かなりスムーズで快調です。各パーツ、レールの1つ1つのエッジもしっかりと立っており、見ているだけでもニヤニヤしてしまいそうな逸品です。

ただ、メーカー公表重量:4.5kgとだいぶ重量もありますので、これはこれの戦い方を考えないといけないですね。

でも、お部屋に飾れば、なめ回すように見ながら、ニヤニヤと酒のつまみにはいいと思います(笑)

■商品の詳細・ご購入はコチラから
中華エアガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。
  

Posted by kuro&staff  at 21:20Comments(2)M14

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 116人

< 2017年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (16)
g36 (17)
SL-8 (13)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (10)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (42)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (2)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (2)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ