電動ガン動画

2016年07月24日

HoneyBadger CQB分解レビュー!



こんばんは、Tacです。
今日は、最近人気のHoneyBadger CQBの分解を行います。

全長約50cmとコンパクトなインチキウェポン!
音を拡散するKX3タイプラッシュハイダーを標準装備し、大きな炸裂音を楽しむことができますよ!




それでは分解に取り掛かります。
テイクダウン前に、ストックを取り外します。





フロントのロックピンを抜き、一枚目の位置までスライドさせます。
ダミーボルトキャッチがレシーバーに引っかかり、これ以上スライド出来ないので、樹脂のたわみを利用して写真二枚目のようにテイクダウンを行います。




インナーバレルは140mmと超ショートバレル!
そのため、当店では0.25gBB弾での性能保証となります。





HoneyBadger CQBのグリップはとても細身。
ネジを横から固定する方式なので、これまでのグリップより前後幅が短くなりました!



グリップ内部はモーターが入るスペースのみ!
幸い、HoneyBadger CQBはEFCSを搭載しているので、SBDを取り付ける必要はありません。






グリップ、モーターを外し、先にスプリングを抜いておきます。





ダミーのボルトキャッチは簡単に外れます。

トリガーピンは片側がローレット加工されているので、叩く方向に注意しましょう。





レシーバーからメカボックスを取り出します。
ハニーバジャーシリーズは全てピンクのシリンダーが入っています。
ノーマルのハニーバジャーはフルシリンダーが入っていますが、HoneyBadger CQBはインナーバレル長に合わせた加速シリンダーがはいっていました。





青いEFCSユニットの四隅のネジを外し、マイナスドライバー等を差し込んでそっと持ち上げて外します。
セクターギアのマグネットを検知する素子を折ってしまわないように、細心の注意を払いましょう。





メカボックスのネジを外します。
丸で囲ったネジのみ、ワッシャー無しです。

メカボックス内部は半透明のぬるぬるグリスまみれなので、しっかりと洗浄します。
基盤が付いている側にはパーツクリーナーは使用せず、グリスをウエスで拭き取ります。

軸受けが固定されていないので、軸受け穴を脱脂し、瞬間接着剤で軸受けをしっかりと固定します。
この時に軸受けが斜めに固定されてしまうと、適切なシム調整ができなくなってしまうので注意しましょう。



内部調整が終わったら、組み上げて試射を行います。
今回も、ARESと相性のよいACE1のチャンバーを組み込みました。
バレル同軸式のホップ調整ダイヤルはとても操作がし易いので、個人的に気に入ってます!



最近、当店のオリジナルステッカーを制作しました。
これからは調整モデルには全て貼っていく予定です。
貼る位置は特に決まっていないので、ご希望の場所があればメッセージ欄にお書き下さい。

以上、HoneyBadger CQBの分解レビューでした!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Honey Badger

2016年04月09日

【限定品】ARES AMOEBA HoneyBadger Custom

こんばんは、Diです!

本日はホットな限定品のご案内!

【限定品】ARES AMOEBA HoneyBadger Custom


大人気のARES製AMOEBAシリーズがベースとなったカスタムエアガンです!

内部は、ARESの電子制御(EFCS)搭載でキレの良いトリガーレスポンスを実現!
当店のアルティメットカスタムを施したモデルであれば、ゲームで大活躍も間違いなしです!

そんなARES製AMOEBAシリーズですが、
数量限定でハンドガードをNoveske NSRタイプへ交換したモデルを販売致します!


↑全体像はこんな感じです


ハンドガードは最新のKeyMod搭載のNSRで、とてつもなく軽量です
きちんと内部にはガスブロックやガスチューブも再現しております。
ハイダーは14mm逆ネジ仕様なので、お好みで交換も行えますね!

ARES製は正ねじ仕様が結構あるので、流通の多い逆ネジハイダーが使えないのがネックですね!
しかし、このモデルは逆ネジ仕様なのでそんなお悩みも解決です!


レシーバーは樹脂製なのですが、剛性は問題ありません。
ハンドガードもガッチリとガタ無しで取り付けられております!


ARESのダミーボルト、立体的で大好きなんですよね~
マガジンリリースもボタンが大型なので操作性バツグン!


ストックは二段階調整のPDWタイプ。
バッテリーは後部の蓋を外して内部収納です。

このカスタムAMOEBAが現在HPにて格安販売中!
在庫が無くなり次第、終了になりますのでお買い求めはお早めに!

以上、ARES AMOEBA HoneyBadger Customのご紹介でした!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Honey Badger

2015年12月24日

HoneyBadger short HG

こんにちは!店長のkuroです!
本日ご紹介するのはコチラ!

■ARES AMORBA AM-014 HoneyBadger short HG BK



ハニーバジャーショートハンドガードverです!
先に発売されております013(通常バージョン)と比較してみましょう。



ハンドガードは短いのですが、全長はコチラの014の方が長いです。
折りたたみ時、013は625mm、014は665mmですので、約4cm長いことになります。
その長さの違いはサイレンサーの長さにあります。
ただ、このサイレンサー、013も014も内部までインナーバレルが入っておりますので、消音効果がありません。



なので、バレルが長い方が良い方はこちらのショートハンドガードver(014)の方が良いと思います。



バッテリーはストック後部に収納します。
当店で販売のあるバッテリーではLCT SR-3M専用 LiPoバッテリー 7.4V 25Cが収納可能です。
一部PEQタイプが収納可能ですが、厚みのあるタイプは収納出来ません。


トリガーガードはレシーバート一体成型のKACタイプに似た形状です。



グリップはオリジナルデザイン。滑り止め加工が効いています。



マガジンはプルマグ機能つき!折りたたんで収納する事も出来ます。
(画像は引き揚げた状態)



レシーバー右側のマガジンリリースボタンは拡張されたカスタムタイプ。
指の短い方でも十分に届くところに延長されております。



あとは013と比較し、どちらが良いかというと、好みの問題かな?
スタッフのライはこちらの014の方が好みのようです。
内部も電子トリガーシステム搭載で優秀な機種だと思いますヨ!






  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Honey Badger

2015年08月30日

ARES Honey Badger分解レビュー



こんばんは、Tacです。
今日はARES Honey Badgerの分解レビューを行います。
このHoney BadgerはARESオリジナルの電子制御トリガー「EFCS」を搭載し、従来型とは別次元の非常にキレの良いトリガーレスポンスを可能にしています。
ショートストロークのハイサイクル電動ガンかと思うほどのキレの良さの秘密は、これまでのトリガーで押しこむタイプのスイッチではなくマイクロスイッチを採用しているのと、カットオフレバーを廃し、セクターギアに埋め込まれたマグネットを検知してセミオートを制御するシステムにあります。
マイクロスイッチ式なのでトリガーストロークも短く、セミオートを多用する方にはとてもオススメです。




このモデルはレシーバーがナイロンファイバー強化樹脂で作られています。
通常の分解方法のようにフロントのロックピンを外してスライドさせようとすると、ボルトキャッチがアッパーレシーバーのリブにあたってスライドさせることができないので、アッパーレシーバーを少し開くようにして取り外します。




チャンバーは操作のしやすいバレル同軸式HOPダイヤルを搭載したものになっています。
インナーバレル長は310mmです。




続いてストック部分を分解します。
ストックベースと呼んだほうが良いのでしょうか。 バッテリー収納スペースの中にある3mmの六角ネジを外します。
収納可能バッテリーはPEQタイプバッテリーです。






通常のM4シリーズのグリップに比べてかなり細身で握りやすいグリップ内には共通規格のモーターが収納されています。
配線は左右にレイアウトされています。






あとは通常のM4系と同じように、マガジンキャッチとメカボックスを固定している2本のピンを抜いてロアレシーバーからメカボックスを取り出します。








こちらがHoney Badgerのメカボックス。
電子制御トリガー「EFCS」を搭載しているので、通常のVer.2メカボックスには無い青い基板がついています。
丸で囲った4本の精密ネジを外して、小さなマイナスドライバーなどを使って青いプレートを慎重に持ち上げて取り外します。




これまでの電動ガンに使われていたマイクロスイッチよりもかなり小さなマイクロスイッチが基板に組み込まれています。
基板を傷つけてしまわないように慎重に作業しましょう。






メカボックス後部からスプリングとスプリングガイドを取り出し、メカボックスのネジをすべて外します。
メカボックス全体にグリスが付着してヌルヌルするのでパーツクリーナーを含ませたウエス等で軽く拭くと作業がしやすくなります。






メカボックス内部です。
セクターギアの一部にマグネットが埋め込まれているのがわかります。
ピストンは全金属歯のものが入っており、耐久性も確保されています。




セクターギアが回転して、マグネットがEFCSのチップの位置に来たらカットオフするシステムになっています。

Honey Badgerを手に入れて、別次元のトリガーレスポンスをぜひ体感してください!

以上、ARES Honey Badgerの分解レビューでした!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)Honey Badger

2015年07月23日

ARES Honey Badger (AMOEBA AM-013) 外装編

こんばんは、Diです!

本日は新入荷のARES製品のご紹介!!

ARES Honey Badger (AMOEBA AM-013)


ARESは新規取り扱い製品ばっかりの入荷で、御座います!

某ゲームにも登場しているようで(私は未プレイ)その独特な外観もあって
ハニーバジャーは全国的にヒット商品ではないでしょうか!!

実銃は、AACのHoney Badgerだと思われますが、
ARESのオリジナル要素も取り入れながらエアガン化されました!


※実銃写真

パッと見は、それっぽいんですけどよく見ると実銃と色々異なりますね!
ちなみに最新のHoney Badger は、KeyModだった気がします

それでは本日は外装レビューといった感じで、内部については後日紹介する予定です


まず最大の特徴はハンドガード内にすっぽり収まったサプレッサー!
エアガンでは関係ありませんが、実銃では300BLKだからこそ出来る仕様ですかね?
因みにARESオリジナルのハンドストップやレイルなどが取り付けられております。



基本的には樹脂製で構成されており、このレシーバーも樹脂製です
軋みなども無く、好感が持てますね!
マガジンリリースボタンなどは大型化されており、操作しやすいのもグッド!!
ちなみに刻印には5.56NATOとありましたが、実銃は300BLKなんじゃないのかな?


ダミーボルトは、なかなか造りこまれておりAEGでは一番リアルじゃないでしょうか?


グリップはオリジナルデザインで、個人的にとても握りやすい!と感じました
トリガーガードはレシーバーと一体型です



ストックは二段階調整で、エイムする場合は延ばしたほうが個人的に使いやすいですね


バッテリーは後部に収納で、ストック内に収まりますが…
スペース的にPEQ型とかがいいでしょうか。
当店販売のバッテリーだと、ミニサイズは無理でした。


サイトは樹脂製のTROYタイプが付属しております。

・・・といった外装になります!
実際に構えてみたりしましたけど、う~ん使いやすそう!
これは人気の秘密がわかったかもしれません。

外観もよく、ゲームでも使いやすい!

いいとこ取りな感じで羨ましいです!

実際のAAC Honey Badger射撃動画がYouTubeにもありましたので…




以上、ARES Honey Badger (AMOEBA AM-013) 外装編でした!  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Honey Badger

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (45)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ