電動ガン動画

2016年09月28日

ClassicArmy M249 MINIMI分解レビュー!



こんばんは、Tacです。
今日は、クラシックアーミー製 M249 PARAバージョンの分解レビューを行います。

クラシックアーミー製のMINIMIは現在あまり出回っておらず、当店の在庫も少数!
実際に手にするとA&K製との品質の違いに驚きます。
外装のスチールほとんどがスチール製で極めて剛性が高く、とても綺麗に仕上げられています。
レシーバーにはFN刻印が入っており、リアリティーは抜群です。





早速分解に取り掛かります。
このモデルはハンドガードはネジ固定のようですね。
アウターバレルはレバーで簡単にテイクダウン可能ですが、インナーバレルやチャンバー等にゴミが入ってしまうと命中精度に影響が出る事がありますので、当店のコンプリートカスタムの場合、バッテリーの脱着は出来るだけハンドガードを取り外してから行うことをオススメします。

バッテリーコネクターはミニコネクターで、ヒューズも付いています。






チャンバーはM249用。
インナーバレル&ホップアップパッキンは共通規格。
しかし、ホップアップの押しゴムを縦に組み込むタイプなので、Wホールドパッキンや電気くらげ等の2点支持系のパッキンはあまり向きません。

インナーバレル長はM4A1サイズの363mmです。



次にチャージングハンドルを外します。
チャージングハンドルのレール前方にあるネジを外します。





よく見るとチャージングハンドルのネジが一本無くなっていました。
海外製では新品箱出しの状態でネジが足りないなんてことはよくあるので、当店には数多くのネジを常備しております。
もちろん新しいネジを取り付け、脱落しないようにネジロック剤で固定しました。



チャージングハンドルのリターンスプリングのガイドも外しておきましょう。
A&Kとは異なり、CAは芋ネジ式。
芋ネジを緩めてガイドを抜きます。





あとはレシーバー左面のネジを2本外すだけでメカボックスを取り出すことができます。
ストック固定のピンも外しておくとメカボックスの取り出しを楽に行うことができます。



この様にメカボックス後方を持ち上げるようにして取り出しましょう。






コチラがCA M249のメカボックスです。
たいへん加工精度が高く、内部パーツはほとんど共通規格となっております。
白いテープはただの配線どめなので、粘着力が無くなったらマスキングテープ等で代用しましょう。



このメカボックスは下から全てのギアが見えるのが特徴。
シム調整時にとても助かります。
逆転防止ラッチにもここからアクセス出来ますので、先に解除しておきましょう。






メカボックス上部の突起を後方に倒すと、スプリングガイドのロックが解除され、スプリングとガイドを取り出すことができます。



スプリングを取り出したら、丸で囲ったメカボックスのネジを外します。
丸で囲っていない2本のネジはマイクロスイッチを固定しているネジなので、外す必要はありません。
このメカボックスのネジは1本だけ僅かに長かったと記憶していますので、どこからどのネジを外したか覚えておきましょう。





クラシックアーミー製M249のメカボックス内部です。
アルミシリンダーヘッドやギア等、比較的加工精度の高いパーツが使われています。

タペットプレートスプリングはネジ固定式となっております。



精密デジタルノギスで計測するとノズル長は20.67mmで、AKノズルと互換性がありました。
当店のコンプリートカスタムでは気密の高いアルミエアシールノズルに交換致します。



軸受けは電動ガン共通規格の8mmベアリング軸受けなので、万が一破損した場合でも入手性が高いのが嬉しいポイントですね!





純正の樹脂ピストンは箱出しの状態で歯が数枚摩耗していました。
LMGと言えばフルオートでバリバリ撃つものなので、耐久性は必要ですよね!
なので当店のコンプリートカスタムでは高耐久のメタルティースピストンに交換致します。

また、このモデルはマイクロスイッチ搭載モデルとなっておりますので、コンプリートカスタムではスイッチ焼けを大幅に軽減する「SBD バリカタ」を標準装備しております。
SBDバリカタを取り付けることでスイッチの寿命が飛躍的に伸び、電動ガンをより長く使用することが出来ます。

この商品の調整プランが「Gungnir(命中精度向上)」のみとなっており、モーターを交換した動作性向上「GaeBulg」や最上位の「Ultimate」が無い理由としては、クラシックアーミー純正のモーターでも連射サイクルが速く、トルクも申し分ないためモーター交換プランは設定しませんでした。



内装・外装共に品質が高く、コンプリートカスタムで動作や実射性能も抜群ですよ!
ハイレスポンスコード組込やFET組込等の追加オプションも承っておりますので、ご不明な点が御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
以上、ClassicArmy M249 MINIMI分解レビューでした!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)M249

2016年09月20日

Classic Army M249 PARA 販売開始!

こんばんは! ライです:D

本日は先日より販売を開始した、CA製M249のご紹介です!





Classic Army FN M249 MINIMI PARA


香港の老舗メーカー、Classic Armyより発売されているフルメタルのMINIMI。
中華MINIMIといえばA&KのM249シリーズが有名ですが、中華MINIMIはこっちが本家!
内外装共に加工精度良好で、コレクションにもお勧めの商品となっております!







PARAモデルは伸縮式のストックと20mmレールを搭載したトップカバー、ヒートガードによってずんぐりとしたマッシブなフォルムが特徴。
バレルも短く取回しが良いため、軽機関銃ながらもサバゲにはもってこいの絶妙なサイズなのです。

トップのキャリングハンドルは画像のように折畳可能ですので、エイムを邪魔することもありません。







ヒートガードは有るのと無いのとでは印象が大きく変わるパーツです(^o^)
ハンドガードはネジ留となっており、脱着はやや面倒ですががたつきなどはありません!
金属パーツによって塗装の質感も変えられており、好感度アップポイントです。
レギュレーターは可動しますがもちろんダミー。

バイポッドは画像のようにハンドガード内に収納でき、長さも調整可能な金属製。
マズルは14mm逆ネジ仕様ですので、エクステンションバレルで伸ばすことも可能です。
アウターバレルはA&K同様QDリリース機能搭載で、メンテナンス性はかなり高い構造です!







FNマーキングがレシーバーにホワイトにて施されており、満足度アップのポイントです!
セーフティなどの機構はA&Kと全く一緒のボタン式。もちろんフルオートオンリーです(笑)







20mmトップレールにはELCANなどがよく似合うのではないでしょうか!
付属マガジンは画像の300連STANAGとなります。



今回販売するMINIMIは4丁限定の商品となっており、全て調整モデルのみでの販売となります。

コンプリートカスタムにて販売となり、命中精度を追求したGungnirモデルでの販売です!
更に本モデルは通常のGungnirモデルに加え、各所のパーツを変更しゲームでの実用性、耐久性を向上させたものとなります。

コンプリートカスタム商品仕様:

・国産HOPパッキン
・アルミエアシールノズル
・SBDバリカタ標準装備
・メタルティースピストン標準装備
・純正モーター仕様(約15発/s)


純正モーターもハイスピード系のようで、標準で15発/sのサイクルが出ていますので十分かと思います( ´∀`)
更なるサイクルをご希望の方はハイレスポンスコード+Tコネクタでの施工がお勧めです!

また本品はマイクロスイッチ搭載機種なので、スイッチ保護の為にSBD標準装備となっております。
もちろんFETへの変更も可能ですので、是非ご検討下さいませ~!

ゲームでもバリバリに活用できるMINIMIは今だけ! 再入荷予定は一切未定ですので、気になった方はお早めに(`・ω・´)

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)M249

2015年08月21日

A&K MINIMI M249 Mk1 分解レビュー



こんばんは、Tacです。
数年ぶりにA&K M249が入荷したので分解レビューを行います!
今回入荷したのはMk.1タイプ。
ヒートガードが無く、アウターバレルが剥き出しの初期型モデルです。






まずはアウターバレルを取り外します。
レバーを押すだけで簡単に外すことが出来ます。




ここで中継コネクターを外します。








チャンバー&インナーバレルです。
通常、A&KのMINIMIは専用パッキンですが、このロットは共通規格のチャンバーパッキンが入っていました。
このパッキンでも給弾や実射に問題はありませんでした。
これが最新ロット仕様なのかな?








メカボックスの外側に付いているネジを外して、チャージングハンドルのスプリングとガイドを取り外します。

ストックロックピンを外し、レシーバー側面の六角ネジも外します。
そうすると、レシーバー後方からメカボックスを取り出すことが出来ます。






こちらがM249のメカボックス。
ズシリと重い鉄のブロックのようです。
メカボックス下部はオープンになっているので、シム調整時に分かりやすくなっています。






このメカボックスはスプリングを抜くことが出来ます。
メカボックス上部のレバーを起こしてロックを解除し、スプリングガイドごと抜きます。






モーターに繋がっている配線を外し、丸で囲った六角ネジを全て外します。
どこから外したネジか分かるように並べておくと、組み立ての際にスムーズに作業することが出来ます。




メカボックス内部です。
A&Kといえば大量のエイリアングリスがお馴染みですが、このロットは少量のクリアイエローのグリスが塗布されていました。




マイクロスイッチには「OMRON MADE IN JAPAN」の文字が。
はたしてコレは本物なんでしょうか・・・。(汗)




モーターはこのようにセットします。
灰色ボディー、黒エンドの一般的な机モーターではなく、黒×青のモーターでした。




ギアはA&K製ノーマルギア比の共通規格。
ハイスピードギアへの交換も可能です。




ピストンは肉抜きされた樹脂製。 このタイプのピストンは初めて見ました。
インナーバレルが510mmあるので、シリンダーはフルタイプ。
シリンダーヘッドは標準でメタルのものが入っていました。




洗浄、シム調整、グリスアップ、スプリング交換を行い、組み上げます。

以上、A&K M249 Mk.1の分解レビューでした!

現在、カスタムプランをお試し中ですので、もう暫くすると販売すると思いますので、宜しくお願い致します!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)M249

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 124人
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (5)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (41)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (6)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (11)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ