電動ガン動画

2018年06月28日

分解レビュー G&G MBR308



こんばんは、Tacです。
今日はG&G TR16 MBR308の分解レビューを行います。

このモデルは、G&Gの最新電子トリガー「ETU G2」を搭載したハイスペックモデル。
メインスイッチがタクトスイッチとなっているためトリガーフィーリングが良く、連射してもトリガーロックが起こりません。
MOS-FET機能を搭載しているためスイッチ焼けの心配も無く、バースト機能、専用マガジンで弾を撃ち切ると自動で作動停止するボルトストップ機能も搭載しております。
ボルトストップ後は、ガスブローバックや次世代M4同様にボルトキャッチを押すことで再び射撃可能となります。

外装には軽量なKeyModハンドガードを装備。
全長870.5mmと大型ながら、適度な重量感と重量バランスでサバイバルゲームでの使い勝手にも特化しています。




それでは分解していきます。
まずはピンポンチを使ってレシーバー前方のロックピンを抜きましょう。
このモデルはダミーボルト及びボルトロック機能がメカボックス側に付いています。

MBR308は7.62mm弾仕様のAR系をコンセプトとしているため、マガジンが大型化されています。
チャンバー、ノズル、メカボックスを5.56mm弾仕様のMBR556と共通化させるため、アウターバレルの根本が少し伸びています。




チャンバー&パッキンはMBR556、ARP9、ARP556、Raider2.0と共通のG&G新型チャンバー。

インナーバレルは400mmです。




ETU G2システムの基盤はMBR556と共通ですが、ダミーボルトのサイズが大きいためボルトロックのシステムが異なります。



モーターがG&Gハイスペックモデルでは定番の25Kイフリートモーター。
力強いトルク特性で耐熱性が高く、連射サイクルとのバランスも取れたモーターです。




グリップを外したら、ボルトキャッチ、マガジンキャッチ、セレクター、メカボックスを固定している2本のピンを抜きます。
メカボックスを前から持ち上げるイメージで取り出します。




こちらがMBR308のメカボックスです。
後端のストッパーは向きがあり、誤った取り付け方だと最後にアッパーレシーバーを組むことができません。

アンビセレクターギアにはポイントが打ってあるので、組み上げる際には写真のとおりに合わせましょう。
反対側も同じようにアンビセレクターギアを合わせます。



アンビセレクターギアのうち、セレクターと繋がるギアは特に固定されていません。
左右連結ギアはピンで固定されているので、細いピンポンチで叩きます。





次はボルトロックパーツの取り外しです。
このパーツはMBR308からの専用パーツとなり、MBR556にはありません。

画像二枚目のように、スプリングがボルトロックパーツを貫通しています。
ネジを2本外し、これらを全て取り外します。



MBR308はメカボックス上部のネジがダミーボルトに隠れています。
ダミーボルトを外しても良いのですが、このようにスライドさせると切り欠きと合うのでダミーボルトを外さなくて済みます。




MBR308のメカボックス内部です。
G2専用ノズル、シリンダーヘッド、スイッチユニットが搭載されております。

G&G製電動ガンは耐久性の高いセクターギアとスパーギアを搭載しており、このモデルのような上位機種には業界トップクラス*の強度を誇るメタルティースピストンも搭載されております。(*樹脂ピストンに金属歯の組み合わせのピストン中。当社調べ)





セクターギアは3枚カット、超高耐久メタルティースピストン、G2ベベルギアの仕様です。

G2メカボックス用ベベルギアですが、こちらはピニオンギアとセットでの使用を想定されているようです。
完全専用品というわけではなく、共通規格のベベルギアとピニオンギアも使用可能です。
もちろん、相性がありますので、社外品に交換する際は注意が必要です。

内装、外装共に品質の高いG&G MBR308!
大型マガジンを使用しているので、M4系と違うのは一目瞭然です。
フィールドで周りとは違う個性を出してみてはいかがでしょうか?


沖縄本店、アキバ店(東京)でも好評販売中ですので店頭でその迫力あるスタイリングを是非御覧ください!

またアキバ店では都内最大級のG&G製品展示・取扱を行っておりますので、その他にも様々な機種をご覧いただけます!

以上、G&G TR16 MBR308の分解レビューでした。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G TR16 MBR 308

2018年05月31日

G&G最新作! MBR 308 WH/SR レビュー!

こんばんは! ライです:D

本日は大人気エアソフトブランド、G&Gアーマメントの最新モデルをご紹介!



G&G TR16 MBR 308SR
G&G TR16 MBR 308WH


エアソフト界では珍しい、7.62×51mm弾(.308”)仕様の民間AR系カスタムライフルが満を持して登場!

一般に7.62mm系の電動ガンといえば、HK417系が有名で重量感もあることから、迫力の見た目とのトレードオフで悩まれていた方も多いのではないでしょうか。

最新のメカボックスとトレンドをしっかりと抑えた完成度の高い外装を備えた、こちらの商品をじっくりと見ていきましょう!






G&GではオリジナルモデルとしてMBR 308シリーズでは2種類をラインナップ。

MBR308 WH(Wildhog)/SRのラインナップとなっており、違いはこのハンドガード先端部の形状、及びハイダー形状。

いずれも14mm逆ネジ仕様となっており、各種対応ハイダーやサプレッサーと取り替えることができます。

側面などにハイダー固定用のイモネジがありますので、舐めないように注意してくださいね!

気になるスペックは、両者共に全長870.5mm、重量3060gとなっており見た目の割にはかなり軽量です!






308 SRは大型のポートを備えたマズルブレーキを装備、ハンドガード先端はワイヤーカッターのように抉れたデザイン。

フロントサイトがハイダーの真上に来るデザインがおしゃれですね。






WH(Wildhog)はその名が示すとおり、豚鼻のような大型の迫力あるフラッシュハイダーが装備されており、こちらは迫力ある発射音が期待できそうです!

先端部以外の仕様は同一ですので、ここからはMBR308 SRをベースにレビューを続けていきます。







別売りのショートスコープを載せると、こんなにおしゃれになりますよ!

このスコープはイルミネーションレティクルの明るさも適度で、レティクルの外周は発光しないためレンズ内での反射が少なく、かなり見やすいと感じます。

1.2-4xと丁度いい倍率も嬉しいですね。






チャージングハンドルを引くとポートカバーが開き、そのまま引き切るとダミーボルトが後退し、ボルトキャッチが掛かります。

この状態でHOP調整が楽に行なえ、ロータリー式のチャンバーも相まって操作性はかなり良好。







ボルトキャッチ、マガジンキャッチは左右両面から操作可能で、ボルトキャッチは操作感も軽く良くできています。

メタルレシーバー両面のマーキングはG&Gオリジナルのもので、レーザープリントでキレイに入っていますね。

G2Hのマーキングが示す通り、TR16シリーズは最新型のG2メカボックスを装備しています!

G2メカボックスでは進化したETU(電子トリガーユニット)との連動により、優れたセミオートレスポンス、3点バースト/5点バーストの制御が可能。

またベベルギアの形状が従来型と変更になり、箱出しでのギアノイズや負荷が減少しているとのこと。

そして目玉となる機能は残弾検知によるボルトストップ機能で、ノーマルマガジン使用時に残弾が0になると動作を停止!

弾の入ったマガジンを挿入し、実銃のようにボルトキャッチを押すと再び操作可能となります。(連マグではマグチェンジのみ)

その他、マガジンを抜いた状態では射撃ができないギミックもあり、かなり先進的なモデルです。






標準装備されるのは40連ノーマルマガジン、フォロワーが飛び出すので破損に注意が必要ですが、最終弾まで確実に撃ち切れる嬉しい設計。

シースルーマガジンはてっきりRK74系のシールタイプ……かと思いきや、嬉しいリアルなダミーカート仕様!

これは5.56mm仕様も出してくれると嬉しいですね~

ノーマルマガジンも豊富に在庫していますので、セミオートでバシバシ使っちゃってください!






個人的に最もお気に入りなのはこのセレクター、民間系ARで多用される45°セレクターを採用したAR系は電動ガン初じゃないでしょうか?

クリック感もしっかりとしており、操作スピードは一般的な90°セレクターと比べ格段に向上しています。

地味に見える部分ですが、かなりトレンドを取り入れたこだわりの設計であることが垣間見えますね。

またトリガーはセミオートの速射に最適なストレートトリガーとなり、細身のデザインでトリガープルも軽くETUとの相性はバッチリです。

モーターは高いトルクと安定したサイクルを両立した、イフリート 25Kモーターを装備し、7.4Vリポバッテリーで14-15r/s前後の軽快な動作を実現。

箱出し状態ではG&G純正の11.1Vリポバッテリーも保証対象となりますが、純正品以外は原則メーカー保証対象となりませんのでご注意ください!

調整モデルは耐久性と性能のバランスを考慮し、一律7.4Vリポバッテリー仕様に最適化しますので11.1Vでは保証対象外となります。







前後サイトはKAC 600mタイプのフリップアップ式、G&Gではすっかりお馴染みのモデルで比較的出来も良いアイテム。

トップレールは20mmとなり各種光学機器が搭載できます。







薄身の金属製KeyModハンドガードは非常に軽量、剛性感も高く拡張性にも富む特徴を持つ現代ARのトレンドです。

画像では見づらいですがガスブロックとガスチューブも装着されており、架空銃ながらリアリティにも十分配慮されています!

軽量化をかなり追求しており、ハンドガード上面の20mmレールにまで肉抜きが施されているのは驚きですね。






レシーバー後部とバッファーチューブの間にはスリングスイベルを装備し、各種スリングをそのまま装着することが可能です。






ストックは安定して構えられるよう広めのチークパッドが装着され、バッテリー収納部分を兼ねた広めの造りとなっています。

位置調整の際にはレバーを握り込むとパキッとロックが外れ、位置を決めたら再度ロックすることで強固にストックポジションを固定できます。






CR123バッテリーを収納できるスペースを備えており、耐久ゲームで光学機器の電池が切れた! なんて時にも役立ちます。






バットプレートを開けるとストック内のスペースにアクセスでき、中にはヒューズとETU基盤が収納されています。

バッテリーを収納する場合は主に左右のスペースにセパレートバッテリーを収納するか、短めのスティックタイプリポバッテリーを側面に入れ、残りのスペースにETUを収納します。

無理にやると切断の原因になりますので、配線は優しく扱ってくださいね!



迫力のフォルムながらも、意外と扱いやすいレングスと軽量さで実用性の高いAR!

カービンレングスからちょっと背伸びして、スタイリッシュな7.62mmARを使ってみませんか?

以上TR16 MBR 308シリーズのご紹介でした。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G TR16 MBR 308

2018年05月15日

G&G TR16 MBR 308シリーズ 予約受付中!

こんばんは! ライです:D

本日より当店でも、G&Gの最新モデルの予約受付を開始致しました!





【予約】G&G TR16 MBR 308SR




【予約】TR16 MBR 308WH

最新のG2メカボックス×電子トリガーシステム「ETU」を装備しており、スイッチ保護効果はもちろんのこと、3点バースト切替、残弾0で自動停止するボルトストップ機能(ノマグのみ)など多数の機能を装備したハイエンドモデル!

民間カスタムの7.62mm仕様AR系をイメージしたデザインとなっており、大柄なマガジンに合わせたダイナミックなフォルムが目を引きますね。






メタルレシーバーには綺麗にレーザーマーキングが施されており、マガジンキャッチやセレクターはアンビ仕様で利き手を選びません。

ボルトキャッチはノーマルマガジンと併用することでライブとなり、残弾0になると射撃を自動停止。

マガジンを交換してボルトキャッチを操作すると再び射撃可能となります。

またETUにもバッテリープロテクション機能がありますので、安心してリポバッテリーが使用可能。

トリガーはセミオートに特化したストレートタイプ、セレクターは流行りの45°タイプ! 電動ガンでは初めてかな?

なおメーカーではハイパワーな11.1Vリポバッテリー対応となっていますが、メーカー純正バッテリーでないと保証を受けられない場合がありますのでご注意ください!

当店の調整モデルでは全て低負荷な7.4Vリポバッテリーに合わせて最適化しており、7.4Vでも十分にETUのフィーリングをお楽しみ頂けるよう仕上げております。

11.1Vでは回転数や負荷の掛かり方が全く異なり破損しますので、調整モデルでは7.4Vリポバッテリーをご使用くださいね!






グリップはG27タイプのフィンガーチャンネル付、握りやすいのですが内部的にはちょっと癖のあるグリップです(笑)

内蔵モーターは恐らくイフリートモーター(25,000rpm)、トルクとサイクルを両立しており7.4Vでも結構イケてるモーターです。







前後サイトはKACタイプ、リアサイトは600mタイプ。ハンドガードはKeyMod対応となっており高い拡張性と軽量さを併せ持っています。

画像はSRタイプのハンドガードで、WHはワイルドホッグ系のフロントフェイスとなります。






専用設計のマガジンは40連のノマグ、370連の多弾マガジンをラインナップ。

連マグはボルトストップ機能はありませんのでご注意ください~

【予約】G&G G2Hマガジン 40R (Tinted) MBR 308用
【予約】G&G G2Hマガジン 370R (BK) MBR 308用

40連はシースルーとなっていますが、連マグ(画像がまだありません^^;)はおそらく、RK74系マガジン同様にダミーカートシール無しのスモークBKなどになると予想されます。

初回本数には限りがありますので、ご予約はお早めに!

5月下旬に入荷予定となりますのでお見逃しなく~  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G TR16 MBR 308

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 128人
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
FET (9)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (7)
HK416 (18)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (8)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (12)
LCT AK (52)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (11)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (17)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (34)
映画 (11)
あそび (127)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ