電動ガン動画

2019年03月09日

【アキバ店】ムック本に登場したアノ銃が即納カスタムガンで♪

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日は、ホビージャパンより先日出版されました
「エアガンカスタムブック チューニングメソッド2019」

の、内部カスタムの工程をご紹介する記事の中で登場した

「ARP9 Leopard」


が、
アキバ店のカスタム済み即納電動ガンとして入荷(?)しております!


インドア向けUltimateチューニングをベースに、
電子制御システムTITANを組込、
他、Lambda-One 6.01mm高精度ステンレスバレルとMAXXトリガーの組込、



外観はVFC Leopard 9インチRASとSPARK オフセットストックベース仕様!



オフセット化に併せて狙いやすいようにASG SCORPION EVO3用のローマウントアクリル集光アイアンサイトを取り付けております。

マガジンは120Rのノーマルタイプをチョイス♪

初速は0.2gBB使用時、適正HOPで85m/s前後となっております。
なお、内径がタイト過ぎるため、基本的には非バイオのBB弾をご利用いただき、
こまめなバレル清掃をお願いしたい所。

こまめなバレル清掃には…

そう、バレルクリーナーZがオススメです!

気になる価格ですが…
…気になる方は店頭にてスタッフまでお問い合わせください。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年03月08日

【アキバ店】CM16 LMG!!!!!!!!

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日は、いよいよいよいよ発売となる「G&G CM16 LMG」のご予約を開始しました!!!
\(^o^)/



※今回はBKのみの先行入荷予定となります。

■未カスタム格安モデルのご予約はコチラ
■カスタムでのご予約はコチラ

はい、このCM16 LMGは私が一昨年から登場を待ちに待ちに待ちに待った新製品!!
3月末頃の発売開始となります!!!

G&G版のシュライクマシンガンです!

シュライクマシンガン(Shrike 5.56)とは、
ARES DEFENSE社(現FIGHTLITE社)が開発したAR-15プラットフォームを軽機関銃にコンバートするアッパーレシーバーシステムです。
M249Minimiのように、ベルトリンク5.56mm弾帯による射撃と、通常のSTANAGマガジンによる射撃を行うことができ、連続射撃により加熱したバレルを容易に交換できます。





尚且、AR-15のロアーシステムをそのまま利用できるので、
M249Minimiと比べ重量が約半分程度となり、
米海兵隊が行ったIARトライアルにも参加した実績があります。

G&GがリリースするCM16 LMGのスタイルは、同社CM16SR系をベースとしつつ、
特徴的なアッパーレシーバーや左側にオフセットされたガスピストンをリアルに再現!


十二分以上のシュライクらしさを醸し出しています。


CM16 LMGは銃本体に加え、
全自動電動給弾方式の2500発装填可能な大容量BOXマガジンを標準搭載!
圧倒的な火力支援を可能にします!

また、国内製品としては初のトルク重視型「Basilisk」モーター採用により、
「機関銃」に求められる程よい発射サイクルと、
セミオート射撃時の抜群のレスポンスを両立しています。


男子たるもの一度は手にして頂きたいのが機関銃。
エアソフトガンの機関銃は価格や重量、信頼性の問題など、
多くの乗り越えなければならない課題を持っていました。

シュライクタイプのマシンガンとして、
現在市販されているのはKRYTAC LMGのみでしたが、
お値段も(全自動BOXマガジン及びベルトリンクダミーカート等が付属することを考えると)お手頃で、
電子制御トリガーETUを搭載し、
何より安心・信頼のG&G製電動ガンそしてエンジニアリングプラスチック製で軽量♪と、
アナタが導入を控えるべき理由が存在しません。

Basiliskモーターによって思いの外セミオートのレスポンスが良好で、
BOXマガジンの他にも通常の「電動スタンダードM4系マガジン」をそのまま利用できます!
ので、セミオートオンリーのゲームでも存分に活躍できますし、
何より大容量・大火力のBOXマガジンとG&G製という機械的信頼性を兼ね備えている為、
いざという時に戦友を支援しまくりです!!

自分の為に、仲間の為に。
1丁いかがでしょうか?
  


2019年02月28日

【アキバ店】ArcturusのAKシリーズに新機種が追加!

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日はArcturusシリーズのニューフェイス、AKの3機種をご紹介します。

Arcturus Krinkov Custom



全長としてはAKS-74Uと同等のショートモデルですが、
よく見るとトップカバーやリアサイトブロックなどがAKS-74Uと異なるのが判ります。
こちらは先に登場しているArcturus AK104 Customをそのまま更に短縮化したような外観になっています。
マガジンが5.45X39mm弾仕様なのでAK105SBRカスタムといった所でしょうか。

広い意味でガスルートを短縮化したAKを「クリンコフ」と呼称する場合があり、
便宜上クリンコフカスタムと命名しました。
(^_^;)



特徴的なのはフラッシュハイダーで、J MAC LAF14タイプのハイダーがついています。




フラッシュハイダーは「消炎器」なのですが、なんというかこう、ド派手なマズルフラッシュが楽しめそうですね。


ストックはMOE SLタイプになっており、中々の質感です。

マガジンですが先に出たAKシリーズと同様、スプリング式のノーマルタイプと、ゼンマイタイプの大容量タイプの2本が付属!
特に30・130発切替式の5.45mmマガジンはレアです!


Arcturus Krinkov Custom (Folding Type) AEG




先の「クリンコフカスタム」のフォールディングストックバージョン!


こんなイメージのやつですね!


ストックはスケルトン仕様で、Sig MCX用のフォールディングストックに似た形状となっております。


このように折り畳み可能です。



フラッシュハイダーは、LAF14タイプですね。


リアサイトブロックが異なり、ピカティニー・レール仕様となっております。


Arcturus AK74 CUSTOM AEG



AK74ベースのカスタムモデルです。
AK74に105用のカービンサイズバレルを組み込み、

TWS Gen-3 Hand Guard風のRAS、

ピカティニー・レール仕様のトップカバー、

MOE SLタイプのストックを組み合わせています。


スリムタイプのマグウェルも付属してますね!


こちらは実銃ですが、ちょうど恐らくこんな感じですね。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Arcturus

2019年02月22日

【アキバ店】週末はサイコロ回しませんか?

こんばんわ。アキバ店カラスです。

2月は様々な電動ガンの再販や新製品が登場しました!
アキバ店ではバックヤードが薄い為、一気に製品が来るこの時期、大変なことになっております。
(^-^;




さて、そんな新製品・再販商品目白押しの中!
アキバ店では例のアレ、サイコロキャンペーンを行いたいと思います!


今回もゾロ目のやつでいっちゃいます!

サービス対象はアキバ店で取り扱っている商品が対象になりますので、カスタム代等は含まれませんのでご注意ください。

お会計時、以下のゾロ目が出たらお得になります♪

■1x1
…対象商品のお会計50%オフ

■2x2
…対象商品のお会計30%オフ

■それ以外のゾロ目
…対象商品のお会計10%オフ


期間は2/23(土)~2/24(日)の二日間!

この機会に是非お越しください!

また、2/24(日)では千葉県のフィールドBB-JUNGLEさんにて、ご近所のシューティングカフェ&居酒屋の「TRIGGER HAPPY」さんが主催する周年イベント、
「トリハピサバゲ」

に、アキバ店も出張出店致します!
勿論実店舗も営業しておりますので、どちらも併せて宜しくお願いします!
\(^o^)/  


2019年02月21日

【アキバ店】HERA ARMS CQR電動ガン予約受付中♪

こんばんわ、カラスです。

本日は待望の新製品、HERA ARMS正規ライセンス、ICS x ASG製 CQR AEGのご予約のご案内です!




・カスタムご予約はコチラ!

・箱出し格安モデルご予約はコチラ!

去年のリリースからだいぶ時間がかかりましたが、いよいよ3月下旬頃の登場となります!!
CQRはHERA ARMS社が開発したAR-15プラットフォーム用のエルゴノミックデザインのライフルストック、ハンドガードのアクセサリーシステムです。





※上記4カットはHERA ARMS社公式サイトから実銃の写真を引用しています。

このカッコいいCQR、ICSとASGの共同プロジェクトにより見事電動ガン化!

ICS製の電動ガン本体に、HERA ARMS社が電動ガン用に再設計したCQRアクセサリーを装着!


勿論ICSなので、メカボックスは分割式です!

今回AIRSOFT97ではFET搭載版の入荷が予定されております。

FET搭載版はカスタムがしやすい為、チューナー向けのモデルとなっております。
カスタムご注文の際はICS製ですから元々の性能が期待できますので、
命中精度強化カスタム「GUNGNIR」か、
命中精度・レスポンス強化カスタム「ULTIMATE」がオススメです。

併せてメカボックスの加工が必要になりますが、G&G製ETUやGATE製TITAN等の電子制御システムの組込もオススメです♪  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年02月20日

【アキバ店】AIRSOFT97定例会お疲れ様でした!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

先日2/17(日)に千葉県のアウトドアフィールド「SPLASH」さんにて開催させていただきました、
「AIRSOFT97定例会」
ご参加・お支えいただいた皆様のおかげで盛況の中、第1回目を終えることができました。
本当にありがとうございました。
m(_ _)m



今回私含めアキバ店スタッフもゲームに混ざり一緒に対戦させていただきました。
なのでゲーム中の写真についてはSPLASHさんの方で撮影された写真を以下リンクからご確認頂きたいところですが、
休憩中の合間にご有志の方の愛銃を撮らせていただきましたのでご紹介したいと思います。

SPLASHさんのFacebookページはコチラ


こちら、黒光りする塗装が美しいと思いきや、今は貴重なVFCのクリンコフ!


Pちゃん!と思いきやG&GのPS90PINK
厳密にはP90LVという、レーザーサイトが本体に組み込まれた「本当の特殊部隊向け」P90をリアルに再現している希少モデル、のピンクバージョンとなります。
現状国内で出回っているものはレーザー機能はオミットされておりますが、グリップ部分のスイッチなどを活かし、LEDを組み込んでみたら面白そうですね。





KRYTAC TRIDENT 47 CRBをベースにUltimate + TITAN組込カスタム済!
私はこの日、この方と対峙した瞬間がありましたが、バッチリ倒されました。
(^_^;)



小林源文先生の描く「レイドオントーキョー」に登場する89式カービンとの事!
ゲンブンカービンと言われているようですね。
これはカッコいい!!



LCT製クリンコフをベースにUltimate + TITAN組込カスタム!
木製ハンドガードとMFTストックのコントラストが良いですね♪



SPLASHに通われている方々は、KRYTACユーザーが比較的多い印象でした。




「俺たちほぼ全員ARP9!」
仲間で機種を揃えて戦うと、気分が盛り上がりますよね♪



SPARK オフセットストックベースを装着!
スコープをローマウントで装着してもバッチリ覗く事ができます。





ARPと思いきや、FireHawkにARPシリーズでお馴染みのGOS-V5ストックとPistol Grip-V2を装着!



マシンガンナーの方もいらっしゃいました。
敵にいると厄介だが、味方にいると頼もしい、それが機関銃。
機関銃に関しては装弾数無制限とさせていただきました。
弾幕を張れて有利そうに見えなくもないですが、重量と大きさによって機動性が大きく悪化するため、
SPLASHさんのような森林・ブッシュフィールドでは必ずしも有利とは言えない装備です。
多くの機種ではまともに運用する為にチューニングなどにも手がかかりますし、運搬や維持も大変です。
が、仲間と連携して陽動・牽制を行う上では頼りになる存在です。



ARP556にオフセットストックベースを装着、T1ダットサイトをローマウントで装着しています。
フェイスマスクはインドアで着用するイメージもありますが、アウトドアでもアタッカーにはむしろ絶対必需なフェイスマスク。
至近距離でのとっさの撃ち合いになることもあり、顔をしっかり保護することで、撃たれた場合の怪我を防げますし、撃った相手に後味の悪い思いをさせる事もありません。
ハードなフェイスマスクを装着した際にも、オフセットストックベースがあれば構えやすくて大丈夫です!



ハーフギリースーツとSPARK Industries Brack Dragon KOMODOの組み合わせ!
アイアンサイトでの利用と相まって、オーラが違いますね!



KRYTACオーナーズミーティングでのゲームマスターも務める、SPLASHの名物スタッフ、案部さん!
我々が不慣れな中、楽しくゲームが回るように運営を行っていただきました。
本人自身も相当のサバゲーマーで、プレイからメンバーの指揮、ゲームそのものの運営もこなせる「サバゲーのプロ」なのです。


今回あえて「ショップ主催のイベント」ではなく、純粋にサバゲーそのものを楽しみたかった為、「定例会」とさせていただきました。
今後も定期的に開催していきたいと思いすので、宜しくおねがいします!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年02月16日

【アキバ店】PCC9入荷しました!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

先日新発売となりました「G&G PCC9」のご紹介です。



※カスタムはコチラ

大人気APR9のバリエーションとなりますが、
こちらは世界限定3000丁!
国内にも数百丁のみの流通となる希少モデルです。

ARP9の登場によって、
国内でも「Pistol-Caliber Carbine(略してPCC)」という呼称が定着した感がありますが、
この製品はそのままの名称ですね。

AR-15をベースとしたPCCはアメリカ実銃界では扱いやすさや弾丸やマガジンの入手性
(ハンドガンと共用できるものが多く、主に価格面で調達しやすい)
から近年人気のジャンルとなっています。
ピストル弾丸でもバレルを伸ばすと威力も上がりますしね。

さて、話をG&G製品に戻します。



ハイダーは同社WildHog13.5インチ等に付いているのと同様のメタルハイダーで、
同じくWildHogシリーズのRASと同じ引き抜き材?と思われる7インチのRASはM-LOK仕様で3スロットあります。



細かい部分なのですがアッパーレシーバーはARP9とは若干異なり、
RASの断面に合わせた専用の樹脂レシーバーとなりまうす。
限定モデルなのにわざわざ新規のアッパーを作るとは、
G&Gさん恐れ入ります…。


よく見るとRAS内部はガスチューブが通っています。
ARP9はガスチューブが無く、
「シンプルブローバック構造なんだな」
と思っていましたが、このPCC9はリュングマン的な作動機構を有しているとしましょう。
※電動ガン的には全く関係ない部分ですが。


アイアンサイトはKAC 600mタイプ マイクロフォールディングフロントサイトと、
同じく300mタイプ フォールディングリアサイトの組み合わせとなっております。

G&Gのアイアンサイトは非常にしっかりとした作りになっており、
ガタツキも少なくとても優秀です!
私は最近、アイアンサイト派なのですがG&Gのサイトはとても重宝しています。


ストックはLMT CRANEタイプ。


バットプレートは少々固く、女性では脱着に難儀する場合があります。
中には純正ヌンチャク及び3又のバッテリーを収納する際のガイドパーツが入っています。
ガイドパーツを入れた際、
ETUユニットの位置関係によってストックを最小ポジションにしづらくなる場合もありますので、
使うバッテリーや好みによって取り外して使うこともできます。

そして!G&Gと言えばの電子制御トリガーシステム、「ETU」なのですが、

このように新型になってました!!

黄色い樹脂カバーに収められ、
ヒューズと一緒に機能的にまとめられています。


基盤そのものもG2タイプのように、
従来品より半分くらいのサイズになっています。
今までヒューズを交換する際に熱収縮チューブをカットしないとできなかったり、
ヒューズ付け根の配線が千切れてしまったり、
そもそもヒューズがETU基盤から少し離れた所に付いていてちょっと邪魔だったりしていましたが、
このユニットでは色々改善されているじゃないですか!!!

機能面では3点バースト切替時やバッテリー残量切れの際、
ピーっと短くBEEP音が鳴るようになりました。
これでバースト設定もわかりやすくなりましたし、
残量切れの際も軽くピーと鳴って終わるので、
ゲーム中のバッテリー切れの際、
音が鳴り続けて位置がバレる事もありませんね。
(^_^;)

…因みに3点・5点バーストの切り替えはできなさそうです。

今回入荷分に関してはアキバ店にて若干数残っております。
3月頃にもう一度入荷するタイミングがございますので、
欲しい方は今のうちに確保してくださいね。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年02月11日

【アキバ店】G&G新製品情報とAIRSOFT97定例会について

こんばんわ!アキバ店カラスです。

先日は爆裂祭にて97ブースにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

まずは取り急ぎ、爆裂祭のG&Gブースにて、発売間近の新製品が展示されていましたのでご紹介したいと思います。

■G&G新製品紹介
・PCC9



https://airsoft97.com/nagoya/products/detail.php?product_id=5632
※カスタムはこちら
…こちらは絶賛ご予約受付中です♪
ARP9登場から、オーナーの中でもこんな感じにカスタマイズされた方は多いと思います。
皆が待ち望んだスタイルが限定版で登場!
発売まであと数日なので、楽しみですね~。

・CM16LMG


…これは私が一昨年から登場を待ち望んだG&G製のシュライクマシンガン!ガスピストンが横方向に配置されており結構凝った作りになっています♪
何より軽量で電子制御な上にG&G製ですから、最も高い実用性を備えたエアソフト機関銃ではないでしょうか?
モーターは国内では初登場のトルク強化型モーターを搭載し、セミオートレスポンスがとても良好でした。
(機関銃なのに(^_^;))
フルオートサイクルは機関銃として「ちょうどよい」感じになっており、同じ弾数でも時間辺り制圧力が高まります。


フィードカバーはこんな感じに開きます。


HOPは最近の製品では標準搭載となった新型のロータリー式HOPチャンバーです。


ダミーカートはBOXマガジン付け根部分を展開して脱着することができます。


マガジンは2500発装填可能で、電動自動給弾式です。
ちょうどBOXマガジン本体側、マグキャッチがかかる部分にスイッチが入っており、銃本体にマガジンを装填すると自動でゼンマイが巻き上がる仕組みです。BOXマガジンはCR123A電池を2つ使います。

機関銃タイプのエアガンは主に品質の観点から運用が大変でしたが、これなら安心ですね!一家に一丁は置いて頂きたい逸品です♪

近日発売になる予感!
というか、
「一昨年から待ってます!!!」
なので近日発売してくださいという願望ですw
私的には絶対手にしたい1丁です!

・・GTP9




…G&G製のガスブロハンドガン!
海外では既にベレッタやガバメントが発売されていますが、フルメタルのため日本にはリリースされませんでしたが、
G&G製GBBとして国内初登場となる、GTP9はオリジナルデザインのポリマーオートです。

9パラを想定したデザインとなっており、オリジナルだけにG&Gのデザインスタッフが理想のピストルとして設計しております。
特にグリップが薄く、とてもホールドしやすい印象でした♪

作動性や命中精度も期待できそうです♪
G&Gラバーズに間に合うと嬉しいですね。



各インターフェースはアンビで、スライドにはシャープなクーリングポートが走っています。



マズルは14ミリ逆ネジ仕様と思われ、プロテクターがついています。
ネジ部分がちょっと浅めですね(^_^;)

製品が届いたらバッチリレビューしたいと思います!

・AR-15 SBR8


…アメリカSeekins Precision社のカスタムAR、SBR8シリーズをG&GがEMG社から正規ライセンスを受け製造するモデル!

<実銃はコチラ>



独特のレシーバーやハンドガードが特徴で、18インチクラスのステンレス風カスタムアウターバレルを装着!ザ☆シューターARここにありという感じです!
内部的にはG2システムを採用しておりますので、残弾ゼロで射撃停止したり、3点/5点バーストの切り替えをしたりと機能面でも楽しめそうです。

こちらのリリースも楽しみですね。


■AIRSOFT97定例会について


この3連休は大寒波が押し寄せ、つらい天気でした。。
が、来週末は少し暖かくなりそうですね?

そして来週2/17(日)に、
AIRSOFT97アキバ店スタッフも参加・一緒に遊ぶ
「AIRSOFT97定例会」
が千葉県のSPLASHフィールドにて行われます!

皆様のご参加をお待ちしております♪
https://ssl.formman.com/form/pc/SpNiizechiEfFS7O/

そして、レギュレーションについてですがSPLASHさんの通常レギュレーションから若干変更を加えた形で行いたいと思います。

変更点は主に携行弾数についてです。
ざっくり申しますと
「ノマグ・マシンガン・ハンドガンは制限なし」
「ノマグそんなに持ってないよ!という方はゼンマイマガジン1本だけ携行可能」
という感じです。以下詳細をご確認ください。

■弾数制限
・ゼンマイ式多弾数マガジン利用時は1本まで
・ノマグ(スプリング給弾式ノーマルマガジン)は携行本数・弾数制限なし
・ノマグとゼンマイ式の併用は不可
・機関銃タイプは弾数制限なし
・ハンドガンは弾数制限なし
・機関銃・ハンドガン以外へのC-MAG、BOXマガジン、ファットマガジン等の大容量マガジンは使用不可
※一部例外アリ

■各制限の補足
例えば、ゼンマイ式多弾数マガジンは
「その銃に標準的に使われるマガジン形状で、ゼンマイ巻き上げ式の多弾数装填できるマガジン」
を指します。
なので、M4系であれば300~450連の、
AK系であれば500~600連の、
それぞれ一般的な形状のものを指します。

当店で大人気のGE製BIZONについて、1000発ゼンマイマガジンが標準で付いてきますが
「その銃に標準的に使われるマガジン形状」
なのでOKとします。

BOXマグ、箱マグ等の大容量タイプの定義ですが、
・極端に長くノーマルタイプスプリング給弾方式以外の機構のマガジン
(RPK用800連マガジンなど)
・FATマグ、MEGAマグなどの幅が広く大容量なマガジン
・C-MAGや箱型のマガジン
・その他スタッフが「ちょっとこれは…」と思ったマガジン

とします。

また、例外的に東京マルイ純正のMP5用、スコーピオン用の400連、370連ドラムマガジンは、そもそもの装弾数がそこまで高くないのでOKとします。
(これらはゼンマイ式多弾数マガジン扱いとなります)

逆にノーマルマガジン(スプリング給弾式)は構造的な問題で装弾数に限りがあるため、無制限とします。長くてもOKです。

機関銃タイプ及びハンドガンについては装弾数無制限とします。
BOXマガジンでもロングマガジンでも大丈夫です!

機関銃の定義ですが、RPK、M27IARは機関銃に含めます!是非ご活用ください。
KRYTAC LMG等のM4ベースのシュライクマシンガンも勿論機関銃です♪

なお、元々機関銃だったものを極端に短くしたものについてはスタッフ判断でNGとなる場合があります。

ハンドガンの定義ですが、ストック付きはハンドガンの定義から外します。
が、以下は例外的にOKです。
・M93Rに専用のフォールディングストック
・VP70に専用のストック
・バントラインとストック

カービンキットを組み込んだハンドガンはハンドガンの定義から外れます。

■例
「こんな場合は?」
という例を以下に記載します。

・M4とゼンマイマガジン1本として、ノマグは追加で持っても大丈夫?
…冒頭で記載してますがNGです。ゼンマイマガジンを1本使う場合は複数のマガジンを携行しないでください。

・M4とゼンマイマガジン1本を使う場合、ハンドガンの装弾数は?
…ハンドガンの装弾数はカウントに含めないので大丈夫ですが、ハンドガン用のマガジンからM4のマガジンに弾を移し替えるのはNGです。

・AKMに200連タイプのスプリング給弾式ロングマガジンを複数使うのは?
…ゼンマイ式のロングマガジンは大容量マガジン扱いとなりNGですが、ノーマルタイプであれば長かろうが短かろうがノマグ扱いとしますので、OKです。

・SR-47に800連タイプのゼンマイ式ロングマガジンを1本使うのは?
…上記大容量マガジン扱いとなりNGです。

・メインをRPK、サブをAKMとしマガジンを融通することは?
…機関銃クラスを使う場合、ハンドガン以外の銃を同時に携行するのはNGでお願いします。

・ストックがないM4ピストルやAKピストルはハンドガン扱いにしてくれますか?
…NGでお願いします。

・カービンキットを組み込んだハンドガンは?
…「拳銃」とは言い難くなる為NGとします。

その他のレギュレーションは通常のSPLASH定例会と同等としますので、以下リンクをよくご確認ください。
http://splash-bb.com/splashmain/walkonoutdoor.html

参加費については今回3500円とさせていただきますので宜しくおねがいします。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年02月10日

【アキバ店】PTS×VFCのプリコック機能搭載電子制御電動ガン

こんばんわー、アキバ店カラスです。

本日は巷で話題のVFC VIRGO STD DigitalFireControlシステムを搭載したコンプリート電動ガン、
「PTS VPSC VIRGO MK-1 DFCS AEG」
をご紹介します。



こちらは「VFC Virgo M4コンバージョンキット / DFCS STD」をベースにPTSがPDWスタイルの電動ガンとして組み上げた感じの製品です。



フロント周りはKAC SG552フラッシュハイダーとPTS CenturionArms C4 7インチRASをチョイス♪


レシーバーはAvalonスタイルを踏襲しています。



フロント・リアサイトはHK416タイプです。



QRSスライドストックは3段階調整が可能です。


ストックを畳むとかなり小型で、まさしくPDW!といった感じです。
このように見るとMP5A5の様なスタイルで、個人的には親しみが持てるデザインです。


さて、気になる電子制御機能についてです。
こちらはセミオート動作時は自動でプリコッキングがかかり、高い射撃レスポンスを体感できます。
フルオート動作時にはプリコッキングが解除されるので、ゲームで使い終わった後はフルオートで軽くドライブさせるとピストン後退を解除できます。

射撃モードは以下3種類。
モード1:セミ・フル
モード2:セミ・バースト
モード3:バースト・フル ※モード3ではプリコッキングが機能しません。

モード切り替えはセミオートポジションでトリガー長押しにて行います。


大まかな機能は以下動画で確認できます!



このDFDS(DigitalFireControlシステム)ですが、ギア位置検知及びトリガー射撃判定を光センサーにて行っております。



セクターギアは2箇所のセンサー、
トリガーは1箇所のセンサーを使って、それぞれ検知しています。

写真のとおりこのシステムにはカットオフレバーやトリガースイッチが存在しません。

TITANの様な高度・詳細な設定はする事ができませんが、トリガーに関してはセンサーを遮光するタイミングを物理的に調整する事で、発射タイミング的なレスポンスを変化させられそうです。

なお、このセンサーにグリス等の汚れが付着してしまうと動作が不安定になります。
セミオートがバーストしてしまったり、プリコッキング時のピストン後退位置が大幅に不安定になる際にはセンサーを清掃してみましょう。

そして、そのセンサーを掃除するときにはコレがオススメです!


バレルクリーナーZ!!!

バレル以外の清掃にもバッチリ使えます!
清掃後はフッ素コーティングができるので、汚れが付きづらくなります!

メカボックス内の洗浄にも、マガジン内の清掃にも使えます!  


2019年02月06日

【アキバ店】新入荷!これは楽しい!Bell Kar98k ライブカート式エアコッキング フェイクウッド

こんばんは!ゴートです!(/・ω・)/

第二次世界大戦で旧ドイツ軍が使用していたことでおなじみのKar98kがなんとライブカート式エアコッキングガンで登場しました!!
最近だと某バトルロワイヤルゲームでも出てきますよね。




■BELL Kar98k ライブカート式エアコッキング フェイクウッド

ボルトを引き、弾を装填、ボルトを戻して撃つ、ボルトを引いて排莢...実銃なら当たり前の動作ですが、エアガンでは装填排莢ができないものがほとんど...。ミリタリー好きサバゲーマーなら誰しもが憧れたと思います。



装弾数は5発、7.92x57mmモーゼル弾を再現したカートの先端に6mmBB弾を装填します。



実銃同様ボルトを後退させて上からガチャガチャ押し込んで入れ、ボルトを戻して撃つ...
そしてボルトをしっかり引くと勢いよくカートが飛んでいきます!


動作確認もかねてデモ動画を撮りました!


見れない方はこちらからどうぞ!

ライブカート式のエアガンは初めて触りましたが、これは気持ちいいですね!!

正直なところ価格が激安なのでWW2末期生産品ぐらいのを覚悟してましたが、何度か動作確認した限りでは安定して装填排莢ができました!ただ、ゆっくりボルトを引くと薬莢のリムを弾く力が足りずにエキストラクターから外れないのである程度勢いをつけて引くとスムーズに操作できます。



ボルトもワンタッチで外せ、ボルトの分解はイモネジ3つ外すだけで分解できますのでメンテナンスやカスタムもらくちんです!ちなみにスプリングは13mmですので同じ径のVSR用のスプリングと互換性がありそうです。

戻す際は外すときに引いたレバーを引いて、同時にトリガーも半引きすると入ります。

初速も0.2gで70m/s代が出ているので実用性もばっちりです。





ちなみにストックはフェイクウッドなので木の感触はありませんが、値段が信じられないほどお安くなっています!重量も木よりは軽い上に手入れもしなくていいのでこれはこれで利点があります。


BELL Kar98k 予備カートリッジ 5本


BELL Kar98k カートクリップ


BELL Kar98k用スリング レプリカ

別売りになりますが、予備カートやクリップやスリングも出てますので合わせていかがでしょうか?  


2019年01月28日

【アキバ店】VECTOR通常版・ツートンカラー版再入荷♪

こんばんわ、アキバ店カラスです。

ゲームやアニメで大活躍のKRISS VECTORの、本家本元電動ガン、KRYTAC KRISS VECTOR通常版及びツートンカラー版が再入荷しております!



KRYTAC KRISS VECTOR通常版BK



KRYTAC KRISS VECTOR通常版ツートンカラー
※カスタムはコチラ

ベクターは昨年限定版が登場しましたが、
「ベクターはやっぱり短い方がベクターかな」
とお思いの方もいらっしゃると思います。



レジーバー左面のメカニカルな造形がたまりませんね。
セレクターはグリップ部分のセーフティー/ファイヤー用と、
レシーバー部にセミ/バースト/フルオートの射撃モード用が
それぞれ分かれています。


ストックを畳むとこんなにコンパクト!
というか電動工具みたいな外観です。
それっぽい塗装にしてみても面白いかもしれませんね。


コッキングハンドルを操作するとイジェクションポートカバーが展開し、HOPダイヤルにアクセスできます。
他のKRYTAC製品と同様のナンバリングされたドラム式チャンバーです。

さて、箱出しでも命中精度が高く、スイッチングもしやすいベクターですが、
唯一の難点はモータースピードが控えめの為、
もう少しレスポンスを求めたい所です。

勿論、モーター交換を伴うカスタム(GaebulgやUltimate)を行って頂ければバッチリなのですが、
ミニSタイプのリポバッテリーを使うことである程度改善させることもできます。


そして、(お気づきの方もいらっしゃると思いますが)実はギリギリmini-Sタイプのリポバッテリーが入るのです。
(ホントギリギリですが)

配線やコネクターの引き回しがかなりカツカツになるので、コツが要ると言いますか、大手を振るってオススメできる方法ではないのですが、ご参考までにご案内します。


わかりにくい写真で恐縮ですが、写真左上方向がマズル側となります。
グリップ内部の配線は向かって右側から伸びています。
バッテリー収納時の配線の影響を緩和する為に、
バッテリーを収納する際は、配線が向かって左側を通るように気をつけます。
(これによって本体側の配線長を少し短縮化することができます)


そして次にミニSリポバッテリーを入れた状態です。
奥まで入れると、高さにして3センチ前後の空間的余裕が生まれます。


端子を接続して縦にすると入らず、横にしても入りません。

なので、ナナメに入れます!
本体側端子を写真で左側奥に、バッテリー側端子を右側手前側に持っていくような感じです。
バッテリー配線は空間に充分押し込む余裕があります。
このとき、特にバッテリー端子付け根の配線を傷めないように気をつけてください。

覚悟を決めたら蓋をしましょう。


こんな感じで最終的に収まります。
前後長が短くなる端子に交換したりすることで、より収納しやすくなると思います。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月26日

【アキバ店】M27IARはマガジン22本と一緒に携行するそうですね。

こんばんわ、アキバ店カラスです。

もうすぐVFCからHK416A5の電動が発売されますね♪

本日ご紹介するのはコチラも忘れないで頂きたい商品、VFC/Umarex M27IARです。


※カスタムはコチラ

M27IARはHK416-16.5"をベースとし、ヘビーバレル仕様、11インチに延長されたRAS、アメリカ軍規格の着剣装置等を備えます。


「主に市街地での小規模かつ不規則戦」
という現代の戦争形態の推移に伴い、従来の軽機関銃のいくつかをより軽量なInfantry Automatic Rifle(歩兵自動火器)に置き換える為に開発されたのがM27IARです。


M249 Minimiと比較してベルトリンク給弾による継続射撃能力に劣るものの、命中精度は良好のため「M27IAR(+ACOG)で正確に狙う1発はM249の3,4発に匹敵する」と言われ、M249から機種転換した射手からも好意的に捉えられています。

また最近ではM27IARを分隊支援火器としてではなく、主力小銃の置き換えとして配備する計画も進んでいます。


電動ガンM27IARの細部を見てみましょう。


正規ライセンスの刻印は説明の必要もないでしょう。
グリップはVariant1タイプのバトルグリップの、約17°の垂直に近いアングルが正しく再現されています。


セレクターは非アンビ仕様となっています。


チャージングハンドルはM27独特の大型のラッチが付いています。


ストックはHK416でもお馴染みのタイプ。クッション性が高いです。
バッテリーはヌンチャク型を収納可能です。



RASはこのモデルだけの11インチ仕様になっています。



「長年MINIMIを愛用してきたけど、たまには機種転換してみようかな?」
という方、
「HK416が欲しいけど416Dは人と被るからちょっと…」
という方、
M27IARがオススメです♪


なお、アメリカ海兵隊のM27オペレーターは660発の弾薬を携行するとのことで、マガジンに換算して何と22本も用意するそうです。
凄い本数ですが、ちょっと再現してみても面白いかもしれませんね。

ということで、このアイテムがオススメです!


G&G 30R Standard Magazine for GR16 (Gray)

…なんだ、マガジンやし、とお思いの方、仰る通りでございます。
(^_^;)


が、コチラ、あのG&Gが出しているリアカン仕様のノマグなのです!

そして…

BB弾フォロアーが付いているので、キレイにキッチリ30発撃ちきれる便利アイテムなのです♪

装弾数も本当にリアカンなのか、1発1発手で装填して確認してみましたが、30.4発位まで入る感じでした!
故にちゃんとリアカンですのでご安心ください。

今までリアカンマガジンを使っていた方、最後の4発が撃ちきれず、微妙な思いをされていたかもしれません。
「まぁ、実際のアメリカ軍では30発フルに装填するとジャムの確立が上がるから、27発位で装填をやめてると言うし、そんな感じか」
と割り切っていたかもしれませんが、このG&Gのリアカンマガジンなら気持ちよく運用できます!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月22日

【アキバ店】ちょっと古めが良い感じ♪

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日はちょっと古めが良い感じの、Mk18 Mod0のご紹介です。

■BELL製Mk18 Mod0


BELLは、知る人ぞ知るサードパーティー牛丼チェーン系のような、そんな感じのブランドで、
「中身はどうせ弄っちゃうから大丈夫だよ~」
という猛者の方・チャレンジャーな方向けと言えばご理解できるでしょうか。
(勿論、箱出しで全く使えないことは無いですが。)

こういった牛丼チェーン、たまに無性に食べたくなるんですよね。

与太話はさておき、細部を見てみましょう。



レシーバー右側にはCRANEの刻印がバッチリ入っています!
ダミーボルトカバーは付属していないので、この辺りは何か対策をしたい所。



レシーバー左側はM4刻印となっています。


アッパーは当然CQBRです。


リアサイトはLMTタイプが付属。


LMTタイプのCRANEストックとなります。
QDスリングスイベルアダプターが付いていますね。


RASハンドガード下部にはヒートシールドが付いています。

Mk18 Mod0はアメリカ海軍がデットストックとして大量に保有していたM16A1をベースに、CQBRアッパーと組み合わせることで近代化改修したモデルとなります。
が、M4ロアーをベースにしたバージョンも見受けられ、現在ではその仕様が一定では無いようです。
初期の頃はM4A1のアッパーからバレルを短縮化、それに応じてガスポート開口部を広げる等の加工を行いCQBRモジュールを製造していたようで(CQBR Type1)、
以後は新規もしくはオーバーホールから再製造されたCQBR Type2、3となっています。

Mk18 Mod0は主にアメリカ海軍艦船の海上船舶臨検(VBSS)チームを中心に利用されています。


■VFC Mk18 Mod0


※カスタムはコチラ

こちらが本命の、VFC製Mk18 Mod0です。





流石VFC、表面仕上げが美しい…。
レシーバー右側のCRANE刻印は勿論、左側は(写真では分かりづらいですが)M16A1刻印となっています。
細かい部分ですがテイクダウンピン周囲の造形もちゃんとM16A1仕様となっておりますので、
「これぞMk18 Mod0!」
という感じになっております。



10.3インチアウターとRISはとても高精度な作りになっています。



リアサイトはLMTタイプ、ストックもLMTタイプのCRANEとなっています。
BELLのと比較するとストックにQDスリングスイベルアダプターは付いていません。


Mk18 Mod0を始め、古今東西のM16、M4等のAR系ライフルがアキバ店に揃っておりますので、是非ご覧にお越しください。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Mk18

2019年01月19日

【アキバ店】コチラの限定品もいかがですか?

こんばんわ、アキバ店カラスです。

さて、先日はG&Gの世界限定生産モデル、PCC9をご紹介しました。

本日は、同じくG&Gの期間限定生産モデルのコチラをご紹介します。



CM16 SRS バトルシップグレーです。
・カスタムのご注文はコチラ
・箱買いはコチラ

電子制御トリガーETUを搭載しテンポの良いクリック感のあるトリガーフィーリングが特徴の、
エンジニアリングプラスチックを利用した軽量かつ堅牢なCM16 SR系の期間限定モデル、バトルシップグレーバージョンです。

登場は去年になりますが、生産期間が終了したため現在流通している在庫のみとなっております。

各部を見てみましょう。


ハンドガードはKAC URX4風のKeymodレイルで、肉薄なアルミ製なのでこれだけでも軽量化に寄与しています。
取り外す際は付け根部分の六角ネジ3本を外してください。
このRASはガスブロックが内面に干渉することでセンター出しを行っているので、もしガタつく場合などはガスブロックとRASの僅かな隙間に薄手のゴムシート的なものをセットすると、よりガッチリとハマります。

バレルナット部分は本来のURX系が凹状の部分を専用工具で回す形になるのに対し、
コチラのバレルナットは凸状の部分を(恐らくG&G工場にあるだろう)専用工具で回します。
が、一般的なバッファーチューブ(ストックパイプ)レンチを用いて回すことも可能ですので、
SR系はRASの交換難易度は低いと言えるでしょう。


レシーバーはKAC E3系のレシーバーっぽいインターフェースを意識した作りとなっています。
マグキャッチがアンビなのが嬉しいですね。
後付でアンビマグキャッチを組み込んだ場合、C-MAG等が干渉して使えない場合があるのですが、
この構造であれば余計な張り出しが無いため、そういった心配もありませんね。


レシーバー右側。
ボルトリリースボタンやセレクターは非アンビですね。


因みにKACとMAGPULの間の子のようなトリガーガードは(当然ですが)このように展開することもでき…

こんな風に握る事で、グリップアングルを垂直っぽくする事ができます。
ストックを短くし、コンパクトに構えた際に持ちやすくなりますので、
興味がある方はお試しください。

…但し、あまり強く握り込むと割れてしまうかもしれませんので気をつけてください。
(^_^;)


ストックはGOS-V3で当然ながらグレーカラー。
この配色のパーツは単品で市販されてませんので、そういった意味でもお買い得なのでは?
なお、ストックのフレーム部分はこのように展開でき、CR123Aなら2本収納可能です。
メントス等も入りそうなので、戦闘の合間に食べる事も可能ですね。


なお、グレーカラーのエアガンは最近チラホラ出回るようになってきました。
グレーと言ってもG&Gが何故「バトルシップ」というグレーを選択したかと言いますと、
それはズバリ「低視認性(Low Visibility)」の為だと思われます。

…海軍の戦いは計算と言われており、主砲を何十キロも先へ正確に飛ばす事が求められていました。
弾道計算には弾頭重量や初速、角度等は勿論のこと、空気抵抗や地球の回転までを考慮しなければなりません。

そして、正確に当てる為には「相手との距離」を正確に捉える事が絶対条件となります。
レーダーが発達する前は遠くの敵艦を光学的に「視認」し、三角測量の原理によって距離を測っていました。



戦艦大和は46センチ砲弾を約40キロ飛ばす事ができ、その観測の為に高い艦橋と大型の測距儀を備えていました。

しかし数十キロ先となるとはっきりとした艦影を視認するのは困難で、ほんの僅かな測定ズレでも着弾点が数百メートル以上離れてしまうのです。

そこで、相手から正確な距離を捉えにくくなるように、視認性を低下させる工夫が凝らされてきました。



そうした中で、現在軍艦に使われているグレー色は
「低視認性(Low Visibility)」に特化した色、
グレー中のグレーとも言える配色に進化していきました。

サバイバルゲームにおいても
「プレイヤーは上手く迷彩で隠れているものの」
「銃が目立つので発見できた」
というシーンが多いのではないのでしょうか?

元々グレーカラーは周囲の色を溶け込ませるという特徴があります。
このスペシャルバージョン「BattleShip Grey」なら森林でも市街地でも、インドアでも、周囲の環境に上手く溶け込むこと間違いなし!

もうじき無くなってしまいますので、ETU搭載電動ガンをご検討されている方は是非コチラをオススメしております!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月17日

【アキバ店】PCC9ご予約受付中!

こんばんわ。カラスです。


さて、2/15(金)と言えば…



G&G PCC9の発売日ですね!!!




RASは細身のM-LOKで7インチ。


LMTタイプクレーンストックなので、ベースのARP9と比較して物凄く使いやすくなっていますね♪

全世界で3000本の限定商品となり、国内では数百本出回るか…というところで、中々のレア銃となりそうです。
手に入れられる確立としては世界規模で見ると全人口の僅か0.000043%、
日本国民の中では0.00067%となっておりますので、一部の限られた人にしか手にすることが許されておりません(笑)

販売予定価格は税込み35710円で、沖縄本店及びアキバ店にてご予約受付中です!

中身に関してはARP9と同等の予定となっておりますので、ETUによる良好なトリガーレスポンスは勿論、使い勝手も良さそうです。

なお、カスタムに関してBASIC~ULTIMATEまで対応可能ですが、セミオート特化カスタム「Quick Concept」については「恐らく対応可能と思われるがエンジニアの調査待ち」となりますので、今の所ご了承ください。
(^_^;)  
タグ :PCC9ARP9PCC


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報G&G ARP 9

2019年01月13日

【アキバ店】ダブルバレルAR、DT4

こんばんわ、カラスです。

本日はClassic Army製DT4のご紹介です。





こちらは電動ガンで、2本のバレルから2発動時発射される、大変ステキすぎる銃なのです。
ベースとなる実銃も存在しますが、…こんなので撃たれたくないですね。

細かいスペック・仕様等ありますが、この銃に関してはそんな細かい部分はどうでもいいでしょう。


ダブルバレルは漢のロマンそのもの。

エアガンに求められる重要なスペック、それはカッコよさ!
ダブルバレルM4は、まさに究極のエアガンと言えます。


レシーバー右側は見慣れた感じと言えなくもないですが…


レシーバー左側にもこの通り、イジェクションポートがございます。


マガジンハウジングも勿論ダブルで、2本のマガジンをそれぞれ装填します。
チャンバーも2箇所見えますね。


アッパーを外し、ノズル側を見たところ。2本のノズルを1つのタペットプレートで動かしているようですね。
それにしてもワイドなタペットです。


一組のモーターとギアで、2つのシリンダーを駆動させています。
なのでメカボックスは上部が大きい独特の構造です。

内部は2本のピストンとスプリングがそれぞれ入っています。
が、ピストンは両側連動しているので、BB弾を片側だけ装填して射撃した場合、両側装填2発発射時と比較してピストン前進抵抗が減るため、片側単発射撃の方が初速が上がってしまうようです。


アッパーのレイルハンドガードを外したところ。
ガスト式機関砲のような素晴らしいビジュアルになります♪


この様にドラム式HOPチャンバーとバレルが2本入る構造です。
アウターバレルは一般的なAEGの規格ではなく、恐らく専用のアウターがレシーバー部分にねじ込まれているようになっておりますので、もし短くしたい方がいらっしゃったらそれなりに苦労すると思います。


ストックは大型で、バッテリーはMini-Sタイプでも余裕に収納可能です。


なお、こちらの製品のカスタムについては後日エンジニアの執筆する(であろう)記事をお待ちくださいませ。
(^_^;)  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(5)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月12日

【アキバ店】サバゲーやりませんか?

こんばんわ、アキバ店カラスです。

さて、アキバ店が絡むサバゲー情報を、本日は2件ほどご案内致します。

■その1、「アキバ店スタッフも戦うAIRSOFT97定例会」
…サバゲーやりたい!

という事で、定例会を行いたいと思います。



2/17(日)、場所は千葉県のパイオニア的サバゲーフィールド「SPLASH」にて、アウトドア定例会となります。

アキバ店スタッフも(全員ではないですが)参加しますので、皆様是非ご一緒にサバゲーをしませんか?
参加費は3500円の予定です。
お申込みはコチラ

SPLASHはブッシュを中心としたフィールドですが、適度にバリケや小屋があり、ちょっとした市街地エリアもあったりと、
バリエーション豊かなフィールドです。

そして、何よりも千葉都市モノレールでのアクセスが可能ですので、
車が無い方でも行くことが出来ます!

しかし、その場合駅から徒歩15分位かかりますので、軽めの装備をオススメします。
(^_^;)

基本的に定例会ゲームですが、詳細は随時アップしていきたいと思いますので、宜しくおねがいします!


■その2、「三原佐木島サバイバルゲーム大会」
…広島の、島で、サバゲーです!


こちらは5/11(土)に前夜祭、5/12(日)にゲーム大会という感じになっております。
詳細はコチラ。

どんなゲームになるのか、現段階では全く予測出来ませんが、多分凄いことになるのは間違いないでしょう!
そして、AIRSOFT97も出展予定??となっておりますので、こちらも併せて宜しくお願いいたします!  
タグ :サバゲー


2019年01月11日

【アキバ店】SLR風、TROY風?カスタムAK

こんばんわ!アキバ店カラスです。

本店工房のメカニカルな記事を待ち望んでいる小生でありますが、そちらは色々とバタバタしているようでして…、もう少々お待ち下さい。
(;´Д`)

というわけで本日はArcturus製のカスタムAKをご紹介したいと思います!

Arcturus AK-104カスタム


スチールレシーバーとアルミ製RASを備えたカスタムAKカービンです。




アッパーハンドガードはUltimAKタイプのレールタイプ、
ロアーはSLR風というか、TROY風というか、アルミ製のM-LOKハンドガードになっています。
ロアーのM-LOKは4スロットですが、AKの構造上一部利用できない位置もあります。



レシーバーは1.5mm厚の鋼板から作られており、重厚感があります。
左サイドにはスコープマウントベースを備え、右サイドのセレクターは人差し指がかけられるタクティカルタイプになっております。
…お気づきの方もいるかもしれませんが、こちらは同社AKB-15のAKレシーバーをベースにしたバリエーションモデルとなっています。


トリガー付け根部分を見ると、◯イ製PSG-1のような逆転防止ラッチ解除ボタンがあります。


ストック付け根にスリングベースがあります。
いかにもAR用のストックリングプレートから曲げ加工して作りましたという感じが良いアクセントになっています。


メカボックスはブローバック化にも対応できそうな形状となっています。
チャンバー前方にはガタツキ防止のブロックが入っており、マガジン相性による初速や給弾性のばらつきを抑制できる構造になっていますね。


内部としては先にご紹介したAKB-15と同様、マイクロスイッチによるカリッとした動作が楽しめます。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Arcturus

2019年01月04日

【アキバ店】Vショー記念、週末サイコロキャンペーン

こんばんわ。カラスです。

さて、明日から明後日まで、1/5(土)、1/6(日)は東京都立産業貿易センターでVショーが開催されますね♪

残念ながらAIRSOFT97は出展致しませんが、関東界隈で最大のミリタリーショー開催を記念して、アキバ店では例のアレ、サイコロキャンペーンを行いたいと思います!


今回はゾロ目のやつでいっちゃいます!

サービス対象はアキバ店で取り扱っている商品が対象になりますので、カスタム代等は含まれませんのでご注意ください。

お会計時、以下のゾロ目が出たらお得になります♪

■1x1
…対象商品のお会計50%オフ

■2x2
…対象商品のお会計30%オフ

■それ以外のゾロ目
…対象商品のお会計10%オフ




Vショーに合わせ、1/5、1/6の土日のみのキャンペーンとなります!
この機会に是非お越しください!




  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月03日

【アキバ店】AKB-15等のArcturus製電動ガン!

こんばんわ。カラスです。

先日ご紹介した「ARAK-21」のエアガンを製造するArcturusですが、その他も面白い製品が登場しております!

今回は、皆さんが最も気になるAKB-15と、もう一丁をご紹介したいと思います。
※内部については後日本店エンジニアのレポートをご期待下さい♪

■Arcturus AKB-15


スロベニアAREX社が製造するMOD-AKで、AKを少しレミントンACR(MASADA)風にしたような、独特の外観が特徴的です。
旧ユーゴスラビア連邦に所属していた事もあり、ロアレシーバー部分はツァスタバがベースとなっております。

使用弾薬は7.62x39mm弾で、AKMやツァスタバM70シリーズと共通です。
(初回入荷分がすぐに売れてしまったため、マガジンを装着した状態で写真を撮らなかった事を後悔しております。。)

Arcturus製の電動AKB-15はロアーはスチール、アッパーはアルミと実銃の質感さながらに作られております。


アッパーはフロントからリアまで一体型のアルミ製レシーバーとなっており、軽量でかつ光学機器の搭載性が飛躍的に向上しています。




ストックはレミントンACRタイプのものが装着され、伸縮・チークパッド高さ調整は勿論折りたたむ事も可能です。
但し、ACRのように畳んだ際の操作性までは煮詰められていないようですが。
(^_^;)



RAS部分は側面がM-LOK規格となっており、このようにフルサイズのAKM(実銃ではM70B3?)がそのまま包み込まれているような形となります。


レシーバー付け根部分に、メーカーの工夫が見られますね。
(^_^;)

インジェクションポートは独特で、ACR…というよりはMASADA的なデザインが斬新でかっこいいですね。

セレクターはタクティカルタイプとなっており、グリップしたまま右手人差し指で操作する事も可能ですがちょっと硬いです。


バッテリーはレシーバー内に収納し、その為にはレシーバーピンを2本引き抜きます。


紛らわしいのはリア側のピンで、写真のピンをスライドさせます。ロックがかかっており完全には外れません。


ピンを2本抜いた後、ロアレシーバーを少し前方にスライドさせると、
写真のようにロアーとアッパーの噛み合いが解除され、分離することが可能です。

■Arcturus PDW


AKの他、AR系の電動ガンもいくつかラインナップされていますが、その中からコンパクトARタイプをご紹介!


まず、PDWストックは6段階調整可能で、この手のクラスでは使い勝手が良いですね。


バッテリーはバッファーチューブ的なカバー内に収納します。
Arcturus製AR電動ガンは、リアルタイプのバッファーチューブが取り付けられている構造なので、
一般的なAR電動ガンよりもバッファーチューブ内の空間が大きく確保されます。
が、やはりPDW。バッテリーは900mA/hクラスの小型リポバッテリーを収納すると良いでしょう。


ハイダーはNOVESKEタイプで、RAS内部にインストールされています。
サプレッサー等と交換してみても良いかもしれませんね。


ハイダーを外す際、写真では左側のイモネジを緩めることをお忘れなく。


HOPはドラム式で、今回のロットではダイキャスト製のチャンバーが入っています。
ダミーボルトは後方でキャッチされ、ボルトリリースボタンを操作することでパシッと閉じることが出来ます。


Arcturus製電動ガンは2本のマガジンが付属し、ノーマルタイプと連射タイプの組み合わせとなります。
このPDWでは130/30R切替式のノーマルタイプと、300Rのフラッシュタイプ、どちらもP-MAGスタイルとなります。


Arcturus製電動ガンに共通しているのはメカボックス周りの設計が凝っていることで、以下の特徴があります。
・QDスプリング機構
…スプリング交換がしやすいチューナーに嬉しい構造。

・マイクロスイッチトリガー採用
…機械式ながらクリック感があり、カリッとした撃ち味が特徴です。

・強化ピストン搭載
…14枚・全金属歯の強化ピストンが搭載されています。
また、スプリングガイドもベアリング付きなど、予めある程度のカスタムパーツで構成されております。


特に強調したいのはトリガーフィーリングで、
セミオート等で一度トリガーを引いた後に再発射する際、
通常の電動ガンのようにゼロポジションまでトリガーを戻さなくとも、
少し戻すだけで次弾発射が可能です。
ETU等の電子制御トリガーに近いフィーリングとなり、
機械式ながら良好なレスポンス感を得ることができるのがポイントです♪

「電子式は信頼性の観点からあまり使いたくないけど、機械式でもレスポンスの良い電動ガンが欲しい!」
という方には有力な選択肢になるのではないでしょうか?

チューニングベースに良し、新規カスタムとしてご注文頂ければ、この特徴的な設計のもつポテンシャルを十二分に発揮できると思います。
その他にも魅力的なラインナップがありますので、後日またご紹介したいと思います!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Arcturus

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 136人
< 2019年03月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
FET (13)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (9)
HK416 (19)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (8)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (15)
LCT AK (56)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (14)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
KRYTAC (10)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (22)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (35)
映画 (11)
あそび (129)
NPO (2)
Mk18 (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ