電動ガン動画

2020年05月19日

【アキバ店】三周年記念イベントができなかったので急遽福袋になりました!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

思えばアキバ店もオープンから3年経ってしまっておりました!!
本来であれば周年セールをドドンと行いたかった所ですが、
このご時世ではそうもいかず…。

そもそも先月は緊急事態宣言を受け営業を制限していた状態でした。

でも、このまま何もやらないというのか…???

という事で、急遽ではありますが記念として福袋を開催中!!!

■福袋はコチラ


いくつかの種類がございますが、どれも必ず電動ガンが1丁以上は入っております!

ご注文はwebのみで、ゆうパック配送限定となります。

代引きや同時梱包や、もちろんレターパックでのご注文はキャンセル扱いとなりますのでご注意下さい。

なお、実際の出荷は6/1以降に順次執り行わせていただきます。
全てのお客様への出荷完了まで1週間程度かかる可能性もございますので、その辺りも含めましてご了承下さい。


さて、店舗営業も徐々に戻しつつあります。


少なくとも5月中はアキバ店は平日に関しまして15時~16時は昼休みのためお店を閉じる形となりますが、

水曜も営業しちゃいます!

今まで水曜は定休となっておりましたが、アキバ店ではようやく水曜も営業を行うことにしました!

土日に関しましては通常通りの営業時間となります。

なお、今暫くはご来店時にマスクの着用をお願いしておりますので、
ご迷惑をおかけしますが引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

最後に、こうしてアキバ店が続いてこれたのも皆様に支えられてこそです。
ご来店いただいた方やお世話になった方々に大変感謝いたしますと共に、
今後もより一層「エアソフト的な価値」をご提供できるように邁進していきたいと思います!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。  
タグ :福袋


Posted by kuro&staff  at 18:52Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2020年04月12日

【アキバ店通販】SPARK・APS製品予約受付開始!

こんばんは、ゴートです!

今まで細々とやっていたアキバ店限定通販大改革致しました!

取扱商品数がかなり増えました!今後も追加予定です!

また、トップページから新着商品を見れるようになっていますので、流行に敏感な方はぜひチェックなさってください!



沖縄本店通販では売り切れてしまっているSPARK IndustriesのKOMODO DRAGONシリーズ、アキバ店予約分が僅かにございますので、アキバ店通販でも予約を受け付けます

もちろんアキバ店店頭神戸店店頭でも予約を受け付けております!

※アキバ店通販ではカスタムを受け付けることができませんので、カスタムをご検討されている方はアキバ店のほうへメールでお問い合わせください。

【予約】SPARK Red Dragon Komodo 2020 CRS(電子トリガー SDU2.0搭載)


【予約】SPARK Ash Dragon Komodo 2020 CRS(電子トリガー SDU2.0搭載)


【予約】SPARK Red Dragon Komodo 2020 RS3(電子トリガー SDU2.0搭載)


【予約】SPARK Ash Dragon Komodo 2020 RS3 (電子トリガー SDU2.0搭載)


APSの製品も予約受付中です!

新入荷するNOVESKE N4 Gen4 のバズーカグリーン、いい色味ですよね。

【予約】APS NOVESKE N4 Gen4 10.5" SBR



【予約】APS NOVESKE N4 Gen4 7.94" SBR


【予約】APS Ghost Patrol ASK210


【予約】APS Ghost Patrol Compact ASK211


【予約】APS ステアーAUG A1 Shorty Military Green
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2020年04月11日

【アキバ店】G&G新製品 PRK9ご予約受付開始!

こんばんわ。G&G大好きアキバ店カラスです。

本日はG&Gの新製品、4/24(金)にとうとう出ますAK(RK74)のPCC版のご案内です!
※発売延期となりました。



■G&G PRK9



・PRK9のカスタムご注文はコチラ
・PRK9の箱出し製品のご注文はコチラ

■G&G PRK9 RTS



・PRK9 RTSのカスタムご注文はコチラ
・PRK9 RTSの箱出し製品のご注文はコチラ

■G&G PRK9L



※PRK9Lのカスタムご注文ページは準備中です
・PRK9Lの箱出し製品のご注文はコチラ

同社製RK74シリーズをARP9的なスタイルにカスタマイズした、
AK版PCC銃といったモデル!

特徴としては
・ETU搭載(Tコネ仕様)
・フルメタルレシーバー
・オリジナル18Kモーター仕様
・8mmベアリング軸受搭載
・新型ドラム式HOPチャンバー

という点が判明しております。
恐らくその他内部構成はRK74シリーズに準拠していると思われますが、詳しくは製品の入荷を以て確定させたいと思います。

また、これに併せてG&G純正のカスタムバッテリー、Tコネ仕様の11Vリポバッテリーも登場します。

■PRK9シリーズのバッテリー問題
Tコネ(T型コネクター)、またの名をディーンズタイプコネクターとも言いますが、コチラは弊社上位カスタム、TITANやPERUN OPT等でお馴染みの高効率端子です。
従来のETU基板はメーカーからの基準としてあまり高めの電流を流さないようにという所がありました。
内部セッティング状況やパーツ個体差によってはTコネにしてしまう事で端子部分のロスが改善され、システムに高い電流が流れる事で基板がだめになってしまう…、という事もございました。
ある意味通常端子がボトルネックになる事で基板が守られていたという感じでしょうか。

今回は純正でTコネ仕様になっているので、基板の対電流性が向上したのかな?と少し思いたくなる部分もありますが、
恐らくは中をいじらない前提で純正11VのTコネバッテリーを使う際、その動作に対する電気的な負荷が許容値なのと、高電圧による従来型のタミヤミニタイプ端子の発熱問題などを加味してこのような仕様になったのかな?と思います。

しかしながら11Vリポバッテリーはそもそも上級者向けの商品となり、AIRSOFT97の、少なくともアキバ店としては万人に掛け値無しでオススメできるか…?という問題もございます。

そこで、AIRSOFT97全ての店舗でPRKシリーズをご注文の際、Tコネから従来型のタミヤミニタイプへの変換コネクターケーブルをセットでお付けします♪
これで、従来のG&G純正7.4Vリポバッテリーを始め各種バッテリーもご利用できますね!

また、アキバ店でご注文の場合、
「Tコネバッテリーは使わない」
「変換ケーブルが煩わしい」
という方向けに、本体側のTコネ端子を無償で通常のタミヤミニタイプに加工・交換するサービスも行います。

従来型7.4VリポをTコネ仕様にしてご注文、という事も出来ますので、PRK9に於けるバッテリー問題でご不安の場合はどうぞAIRSOFT97をご利用ください。

■カスタムご注文についての注意事項
なお、カスタムでご注文の場合、箱出しよりも飛躍的に、そしてより効率的に動作するようになります。
純正の11Vバッテリーを使ってしまうと、物凄く回りすぎて故障の原因になります。カスタムの際は7.4Vバッテリーをご利用下さい。

どうしても97カスタムで11Vドライブをさせたい!という方は「G&G 電子トリガーモデル専用 11.1V対応プラン」を別途ご注文下さい。その際は現段階では「RKシリーズ」の項目をご選択下さい。

※G&G 電子トリガーモデル専用 11.1V対応プランは機種ごとに施工内容が変わります。現時点でPRKの仕様が完全には判らず、恐らくRK74シリーズと同等であろうという想定です。
万が一、実際に施工内容が変わる場合はその都度ご連絡させていただきます。

■その他、現時点で確認できるPRK9シリーズの魅力など


その1、チャンバーが新型でドラム式!

これは冒頭でもチラっと触れている所ですが、HOPチャンバーが圧倒的に新型!
従来の電動AKシリーズではHOP調整がレバー式で、調整が難しという問題を抱えていました。
しかし、このドラム式ならそんな悩みも一発解決!
ナンバーも振られているので、「今どの程度の強さなのか」というのも判っちゃいますね!
これ、他のAKにも付くのであれば、是非パーツ単品でも欲しい所♪

その2、脱着可能なロープロファイルリアサイト

アイアンマン必見の貴重なロープロファイル型のリアサイトです!
PRK9シリーズはフルレールのトップカバーとなっており、これに併せてピカティニー規格の脱着式リアサイトが付属します。
アイアンサイトパーツの殆どがM4に乗せることを想定された製品ばかりですが、
AKやその他用途でも使える、低いアイアンが欲しい!という方のニーズにもお答えします♪

個人的に欲を言うとこれに併せて脱着型のフロントサイトも作っていただきたい所ですね。

その3、ETU基板が恐らく新型?
その4、ETUスイッチ部はRK74と共通?

これらは図面からの推察ですが小型に見えるのと、基板側の信号端子の図形から、CM47やM14に搭載されている新型と同等である可能性が考えられます。
そして、メカボックス内に配置されるスイッチパーツは従来のRK74シリーズと同等のように見えます。
従って、PRK9もPERUN ETUアップグレードKITが使えそう!

と、色々勝手に期待というか妄想する次第です。


とまぁ、個人的には大変楽しみな新製品、G&G PRK9シリーズです!
4/24の発売に併せ実機が入荷しましたらより詳しくチェック・レビューしたいと思いますので、乞うご期待ください♪  


2020年01月03日

【アキバ店】2019年を振り返って・ランキング

こんばんわ!アキバ店カラスです。

年も開け2020年となりましたが、2019年について色々と振り返ってみようと思います。

<アキバ店好売上ランキング>
はい、毎年恒例の、アキバ店売上ランキング!
昨年も色々な新製品が出ましたが、アキバ店で特に人気だったものを順位付けでご紹介したいと思います!

■第10位:G&G SR15 E3 MOD2 Carbine M-LOK

待望のKAC正規ライセンス・リアルモデルG2システムガン!
秋に登場したKAC三姉妹の長女!

元々高性能だったG2システムが、KAC SRシリーズの登場により更に剛性が高まり、素晴らしい電動ガンへと進化した印象でした。
秋の登場でも堂々のランクインですので、人気の高さが伺えます。
同シリーズのSR-35、SR-30を含めるとかなりの売れ行きです!

■第9位:VFC VR16 SABER SD AEG (UrbanGray)

根強い人気のVFC VR16 SABER SD!

この上位グレード、Avalon版のSABER SDは当店の店長を代行していただいたりとお世話になっている大人気Youtuber、オキサバ・RIOさんもカスタムしたものをご利用されていますね♪

フルメタル製でありながらアルミの為軽量で、剛性が高く高性能!カスタムをした際の性能の伸びしろも高いです!
また、グレー系カラーがフィールドでも目立ちにくい為、コアなゲーマーを中心に高い支持を頂いております。

■第8位:Sacom Works モソニャソぬいぐるみ





AIRSOFT97とは沖縄の同志!
刺繍業界では有名な、元自衛官が営むSacom Worksお手製のオリジナルキャラ、モソニャソのぬいぐるみシリーズ!

何と電動ガン本体を差し置いてのランクイン!

去年は蓄光糸を用いた「ナイトビジョソ」や超大型サイズの「BIG MOSO」など新たな仲間が追加されました!

モソパッチも登場したりと、どんどんモソワールドが広がっております!
サバゲのお供に、デスクのお供に、そして人生のお供に!!

■第7位:Perun V2 Optical Rear Wired

昨年登場した、新たな電子制御ブランド「PERUN」の、V2メカボックス用モジュールです!
GATE TITANのようにセクターギアやトリガーを光センサーで読み取る方式の制御モジュールとなっており、
軽快かつ正確な射撃動作のコントロールは勿論、とてもフェザーなトリガーフィーリングを楽しめます♪

TITANのようにスマホでトリガー引き代等を細かく設定…、という事はできませんが、
「そこまでの機能は必要ないかな」
という方には十二分の性能を発揮してくれると思います!

かくいう私も個人的に購入し、過去にマイトリーさんの自販機くじでゲットしたBCM M4に組み込んでみました!
GATE TITAN程の高度な制御を行わない、という副次的メリットとして、
DSGやプラグインブラシレスモーター等の、「ちょっと規格外な内部パーツ」と組み合わせる事も可能でした!
※GATE TITANのような高度な制御方式の場合、ギア位置の他、モーターからのフィードバック等を総合的に読み取って制御を行うため、
直流モーターとは特性の異なるプラグインブラシレスモーター等には、そのままでは対応できなかったりします。(そもそもサポート外ですが)

但し、上記のセッティングはAIRSOFT97及びPERUN JAPANとしても公式にサポートしているものではございません。
あくまで人柱的チューニングジャンキーの方のみ覚悟の上お試し下さい(^_^;)

■第6位:LCT AK-12

今年の97的ヒット商品!!
LCTから待望のAK-12がモデルアップされました!

最新のFPSゲーム等でも露出が多く、ハンドガードからレシーバーまで一貫したフラットトップレール仕様なので、今までAK系で弱点だった光学オプションの搭載性が飛躍的に高まっております。

ロシア軍マニアからゲーマー、そして機能的なAKを求めている方など幅広い層からの指示を頂いております。

カスタムとしては、PERUN V3 OPTICALやGATE TITAN等を組み込んで高性能レスポンスガンにするもよし!
ハードリコイルカスタムを行ってロマンに振るのもよし!
と、懐が深いのも良いところ!

■第5位:G&G ARP9シリーズ




軽量コンパクト!そして高性能で使いやすく安価という、
「理想的な電動ガン」
として屈指の人気を誇るG&G ARP9!

今年はバリエーションとして低視認性カラーの「BattleShipGrey」モデル、
そして令和元年とコラボしたゴールドマッチモデル、「ARP9 GOLD」
も登場!


更にバリエ展開限定モデルとして「PCC9」も発売されましたね!

■第4位:G&G CM16 SRS Battleship Grey

同じく高性能・軽量ゲームウェポンとして人気の「G&G CM16SR系」の限定カラー「BattleShipGrey」!
サバゲー中ではプレイヤー本人は迷彩効果やブッシュ、遮蔽物を利用して上手く隠れているものの、

「黒い銃が目立って発見される」

というケースが意外と多いです。

逆に黒い銃からの敵プレイヤーを発見!!

というシチュエーションも多いのではないでしょうか。

G&Gの限定カラーでは鉄板となっている、「BattleShipGrey」は、戦艦やイージス艦、空母などの軍用艦で使われているグレーカラーです。
軍用艦のグレー色がなぜ特別なのかというと、その昔、まだレーダーが発達していなかった頃は何十キロ先の敵に対し、
主砲弾を当てる為に「三角測量」の要領で、光学的に距離を割り出して射撃をしていました。
が、水平線ギリギリの遠方となると僅かな目測の誤差によって大きく着弾位置が変わってしまいます。

逆に言うと、相手に誤認させる事で敵弾を回避しやすくなるとも言えます。

一般的にグレーカラーは周囲の色に溶け込み、目立たない色ですが、「軍用艦グレー」は、
その特性を最も際立たせた、グレー中のグレーカラーとなります。

周囲に溶け込み相手にシルエットや距離感を誤認させる、ステルス効果の高い色はアウトドアでもインドアでも真価を発揮します!

「どうせゲーム用に買うのでしたらこの色が良いですよ!」
という事でアキバ店ではバク売れでした!

残念ながらSRS BSGは売切れとなりましたが、今後も別モデルでの登場もあるかもしれません!

■第3位:SPARK オフセットストックベース 電動M4用



フェイスマスクを付けた際の構えにくさを改善する目的や、銃身とサイトラインのパララクスを低減させる目的で、AR系のバッファーチューブ(ストックパイプ)を下に「オフセット」させるパーツです。

実銃界でもMP5用のB&T製ヘルメットバイザーストックや、SIG MCXのストックオプションでも同様のバイザーストックとして、
オフセットさせる構造のものがございます。

昨今のエアソフト用としてもオフセットの需要は高く、各社様々なパーツがリリースされています。

SPARK オフセットストックベースは市販されている中でよくある、「パイプ一段分」よりも大きく下にオフセット!
ハードなフェイスマスクを付けても全く違和感なく構えられるようになる外、リア配線にも対応!
内部空間も広めに取っており、FETやヒューズは勿論、(配線の加工が必要ですが)G&GのETUを収納する事もできます!

また、特筆したいのは強度を考慮した設計となっており、既製品ではどうしても折れやすかった同パーツですが、
機械強度や応力を考慮した設計になっており、G&G CM系等の海外樹脂製本体と同等以上の強度を発揮します!

ハードなフェイスマスクでなくても、ローマウント系のダットサイトやアイアンサイトと組み合わせることで「ほぼパララクスフリー」の当てやすさを体感できます。
構えという概念から開放される特殊なパーツです。

■第2位:G&G ARP556


サバゲ銃の決定版!ARP556は鉄板の人気を誇っています!
特にARP9と比較しても、最初からイフリートモーターや真鍮バレル、超強化ピストンやショートストロークセクターギアなど、最初から豪華な構成になっております!
箱出しノーマルでも高い戦闘力を発揮する他、カスタムする際も「最初からカスタムモーターが入っている」ので、その費用を抑えることができるという副次的メリットもございます♪
サバゲ銃で迷ったら…、こいつです!

■第1位:Perun ETUアップグレードKIT


本体を差し置いての堂々一位はこちら!!!

G&G ETU搭載機種に「ポン替え」で組み込めるカスタム電子基板!

メカボックスを分解せずとも「プリコッキング」や「セミセミ」等の高度な機能を付与できる!

しかもコンパクトサイズでバッテリーも入れやすくなる!

G&G ETUユーザーであれば「入れない理由がほぼない」という便利なカスタムパーツです。
アキバ店で確認した所、じゃじゃ馬だった「G&G L85 ETU」に組み入れる事で、
7.4Vでも安定してセミオート射撃ができるようになりました!!

この機種、元々ブローバック仕様でピストン動作の負担が重く、7.4Vリポで動作させると「慣性力不足」によってジャムるという、
「何もそんな所まで再現しなくても…」
という、マニアが狂喜乱舞してしまうような、大変闇深い素晴らしい製品なのですが、
PERUNにすれば大丈夫!快調ブローバック動作が楽しめます!

既存ユーザーには勿論、アキバ店での本体お買上げ時に同時に買われる方も多く、2019年での大ヒット商品となりました!!!


と、振り返ってみるとやはりG&G本体は強いな、という印象でした。
これは多くのユーザーに支持されている証でもあり、それはG&Gのたゆまぬ商品開発や品質向上、サポート体制等の「影の努力」があってこそだと思います。
イロモノ海外電動ガンばかりのAIRSOFT97アキバ店ですが、やはりG&G製品は品質が高くサポートも充実している為、初心者の方にもご提案しやすい、という所もポイントです。

なお、ここではご紹介しきれなかった注目の新商品等もあり、その辺りはまた後日振り返りたいと思います!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年12月31日

【アキバ店】年始の営業情報!

こんばんわ、アキバ店カラスです。

本日は大晦日!皆様はいかがお過ごしでしょうか。
(私は仕事明けで絶賛ぼっち飯中です…)

まず、明日からのアキバ店の気になる営業情報を!!

■お正月期間の営業情報

まずは営業時間情報です。

1/1、1/2は11:00~18:30迄の変則的な営業時間となります。
1/3以降は通常営業、1/7(火)、1/8(水)はメンテナンスの為「冬休み」とさせていただきます。
m(_ _)m

■お買い得情報♪

1/1~1/3の間、例のサイコロのやつやります!
お会計時に回して頂き、ゾロ目が出たら色々お得になります♪

※カスタム、修理代は対象外とさせていただきます。

欲しかったあの銃がお買い得になっちゃうかも??

■福袋について…

大変ご好評を頂いている「AIRSOFT97福袋」
今月は沖縄本店の運営するWeb上で販売させて頂きました!

アキバ店は…、、、

周辺や他店様への影響、様々な事情を鑑み、少なくとも三が日の期間は発売を行う予定はございません。。

しかし、できれば近日中にと検討を行っております!
お楽しみにされている方、大変恐縮ではございますが、「アキバ店福袋」に関してはもう少々お待ち下さい…。

■今年のあれこれ…
イベントも、商品も、色々あった2019年でした!!!

が、今回は尺や時間の都合上ご紹介しきれず、
後日のブログで振り返りたいと思います(^_^;)

今年も多くのお客様や関係者の方に支えていただき年を越すことができます。
来年もより「エアソフト的な楽しいこと」をご提供できるように邁進していきたいと思います!!

皆様、今年も誠にありがとうございました!良いお年を!  

Posted by kuro&staff  at 20:25Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年12月24日

【アキバ店】桜乱戦記に参戦しました!

こんばんはゴートです('ω')ノ

12月1日、オペレーションフリーダム様にて開催された

【第一章】桜乱戦記-20XX-【12月クーデター】

に参戦してきました!

...えー、ブログと写真のアップロードが遅くなってしまい申し訳ありませんでした...。


...

今回は出店ではなく、97スタッフも参加者としてプレイさせていただきましたので、軽くレポートさせていただきます。

その前に桜乱戦記って何ぞや?って方に軽く説明を!

桜乱戦記は、MADサバや世紀末装備で有名なSATOMIC様が中心となって考案された架空戦記でして、それを実体験するリエナクトというテイストのサバゲです!



世界観は、紛争が激化し、昭和65年(1990年)に核戦争が勃発、世界は崩壊への一途をたどった世界...。
日本も紛争地帯となってしまい、ソビエト連邦が日本国を侵略し、北側は日本人民共和国となってしまう。各々の中でも派閥に分かれ、主導権が続いている...
という架空戦記が好きな方なら間違いなく胸熱な世界観なんです!

第一章は、昭和94年12月1日に日本国内の政府軍や協力組織に対して国土奪還同盟と協力組織がクーデターを起こすという内容になります!

参加者は、各共同体(セクト)の一員としてクーデターの発生以降の流れをプレイする形になります!

詳細が気になる方はこちらのページをご覧ください!

【第一章】桜乱戦記-20XX-【12月クーデター】

我々AIRSOFT97スタッフは、第097小隊という部隊名で、日本国政府軍側の協力組織として参戦しました!

敵はクーデターを起こした国土奪還同盟になります!


かすみんはなんと頭の上にモソをのせて参戦!

...

ゲーム中は一般的なサバゲでは見られないような面白い展開が多く見受けられました!




大胆に前進し、大胆にデッドされる方や...


金塊争奪戦では落ちている金塊(画面中央)に気づかずにスルーする方が...


あれ...


だれも気付かずに行っちゃいました...


結局、金塊のあった場所が激戦区になり、最終的にゲーム終了秒読みでゲットされました(笑)


クレイモアを持って特攻する方も!...


ところがゲーム終了になってしまい、なんともいえぬ空気に...

...

お昼は「果た死合inDMZ」という1vs1の決闘大会が行われました!


夫婦で参戦されていたお二人、お互い日ごろの鬱憤を晴らし合っていました(笑)


奥様の勝利~


見るからにカタギじゃないパイソン柄スーツをお召しになられた方は、なんと刀を捨ててチャカで弾きました(笑)


しかも相手のナイフで首をちょんぱ...悪党の鏡ですね!




ジャパニーズブシドー!

ここまでの写真を見ていただくとわかると思いますが、皆さん装備が凝ってる(笑)

普通のサバゲじゃ見られないオリジナリティにあふれた方ばかりでした!

当日、AIRSOFT97スタッフが撮影させていただいた写真は、GoogleフォトとFaceBookにアップロードさせていただきますので、そちらからご覧になってください!(リンクは最後!)

最終的な結末は国土奪還同盟が勝利!

やったー!

...え?なんで喜んでるのかって?

実はわたくしゴート、金塊で買収されちゃいました(笑)

ですので最終戦の『決戦』では国土奪還同盟の一員として政府軍に立ち向かっておりました!

...

そんなこんなで閉会式!


主催のSATOMIC様、途中で感極まり、涙ぐむ場面も...

第二回の開催が待ち遠しいですね!

以上、AIRSOFT97もとい、第097小隊からのレポートでした!

告知です!

明後日12月26日木曜日に「シューティングレンジアルファ」様にてSATOMIC様主催のイベント

『SALON de 世紀末』

が開催されます!






ご興味のある方は下記URLからツイプラページをご覧ください!

【世紀末】第1回サロン・ド・世紀末【交流会】

また、2020年4月26日には「オペレーションフリーダム」様にて同じくSATOMIC様主催のイベント

『荒廃聖域 スクラサ 序』

が開催予定です!


こちらは続報を待て!とのことなので、ご興味がある方はMADサバ公式Tiwitterに張り付いておきましょう!

【第一章】桜乱戦記 の写真のURLはこちらから!

Googleフォト
※容量の関係上、公開から半年で削除させていただきますのでご注意ください。

Facebookアルバム

  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年12月13日

【アキバ店】オキサバさん一日店長やります!

こんばんは、ゴートです('ω')ノ

明日 12月14日 土曜日

サバゲyoutuberとして名を馳せている
オキサバさんがアキバ店の一日店長をされます!



RIOさんやアッキーの豊富なエアガンレビュー経験から、
アナタに合ったエアガンを探し出すヒントを聞き出せるかもしれませんね?

オキサバさんのyoutubeチャンネルはこちら!

なお、ただ単に一日店長をやって頂いても面白くないので、
やはりここは何かやっちゃいましょう!!!
ということで、

「運命のダイス・ロール」

を行います!

お会計時に回して頂き、サイコロのゾロ目が出たら割引になります!
詳しいご説明はもはや不要かと思いますが、今回は以下のような感じです!



なお、それ以外のハズレの方には沖縄県民のソウルフード、
「ちんすこう」
をプレゼント♪



また、当日限定販売で【お楽しみ袋】なるものをご用意します!



中身はご想像にお任せします(笑)

※当日は売り場の混雑等が予想され、ご来店いただくお客様にはご迷惑をおかけしますがご理解の程よろしくお願い致します。
  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年12月07日

【アキバ店】975やりました!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

去る11/24(日)に、
「AIRSOFT97アキバ店×JACKPOT7コラボサバゲー、975」
「BB-JUNGLE」にて開催しました!


当日朝までは悪天候でしたが、開催する頃にはすっかり天気も良くなりました!




といっても、前日から当日朝まで雨が降っていたので、大変ウェットな環境です。

今回のアキバ店主催サバゲーは、いつも97定例会でお世話になっているサバゲーフィールド「SPLASH」及び「BB-JUNGLE」で開催されている、
JACKPOT7という耐久サバゲーとのコラボ開催!
ゲーム内容としては、CoD等のFPSでお馴染みの「ドミネーション戦」形式となります。

フィールド中央部に2箇所設置された拠点=フラッグを制圧し続ける事が目的となります。
フラッグは30分毎にチェックされ、その都度制圧しているチームにポイントが入ります。
また、デッド数がマイナスポイントとしてカウントされますので、
「より死なずに(もしくは相手を多く倒し)拠点を抑える」事が重要となります。




スタートダッシュからフィールド中央部の要所となる街道を、PKPペチェネグで抑える黄チーム!



KRYTAC TRIDENT LMGも大活躍!

「975」ではアサルトライフルやSMGのようなメインアームでゼンマイマガジンを使う場合には「合計1本のマガジンまで」というルールがあり、
携行弾数が若干シビアに設定されています。
が、マシンガンなら携行弾数は無制限!
マシンガンナーの本領発揮です!!



フィールド内は台風15号、19号の影響の為、普段縦に生えている樹木が横方向に向いており、いつも通りの進軍ができず正にジャングルといった状況。



この辺りは雨水が流れるルートになっており、物凄く泥濘んでいました。
が、躊躇せずに匍匐する猛者の方が!
「そんな所には流石に居ないでしょう…」
と思いそうな場所に潜り込む事はとても重要です!






森林・ジャングルフィールドでは、ベトナム戦争の時に使われていたようなODカラーのファティーグが身を隠してくれます!
何の迷彩色でもないのですが、これが何故か凄く目立たないんですよね。



ASG SCORPION EVO3使いもチラホラ。
防水対策でラップを巻いていますね。
EVO3は電装系が壊れてしまうと修理が大変ですからね…。



BB-JUNGLEとの名は伊達ではなく、また台風などの影響でジャングル度合いが普段よりマシマシな状況。
うまく隠れている相手を補足するのは困難です。
味方と相談、連携しながらラインを構築していくことが重要です。






デッド後、自陣でカウンターを押し復活・再出撃。
その際味方と合流し、
「さっき何処でやられた!」
「敵がどの辺りまで来てた!」
等の情報をやり取りし、反撃に向かう図ですね(^_^;)




アキバ店のスペシャルスタッフ!!
アームズマガジンで長年ライターを行っているかすみんも参戦!
フィールド内は所々水没しており、その様子にびっくり!



こんな感じで制圧した拠点を守ります。
一度制圧できても、相手に奪還される場合もあります。
より長い時間抑えられるかが重要です。


かすみんの愛銃、「GE PP-19 BIZON」は軽くてコンパクト、マガジンの高さが抑えられ、標準のスタイルで1000発装填できるので、
正に今回のようなゲームでは最強銃となります!








一見遮蔽物の少ない場所でも、途中の障害物等を死角に使い匍匐前進する事で、相手の視界から隠れることができます。






この日本兵、強いぞ!!
使っている銃は、恐らく米兵から鹵獲したトンプソン。
M-LOKレイル等を備えた最新のAR15を用いるプレイヤーをばったばったとなぎ倒す!
しかもこのスタイル、意外と目立たなかったです。
約80年近く前、ジャングルを戦った旧日本軍。
有名な硫黄島の戦いでは圧倒的不利な条件・環境にも関わらず、
日本兵は米兵に対し一人あたり5倍以上のパフォーマンスを発揮したそうです。
そんな日本兵の軍服は、こういった過酷な環境下で戦う場合、理に適っていたのかもしれません。
オールドスタイルから学べることは、実はとても多いのかもしれません。







通路先をよく見ると…?





黒い服がDE系迷彩のようになっています。




不慣れな新兵プレイヤーに、敵の位置や適切な配置などをアドバイスするベテランプレイヤー。
頼もしいです!












隠れているプレイヤーを探せ!


消耗品系を大特価で販売!

詳しい様子等はかすみんがアームズマガジンでレポート予定!
次のアームズマガジンを是非買って読んで下さい(^o^)


今回は黄チームの勝利となり、勝利者にはSacom works製のオリジナルデザインのパッチをゲットして頂きました!!

今回は975、5時間耐久戦の表ゲームとなり、また次回は後半戦を行いたいと思いますので、今回ご参加された方も、そうでない方も、是非よろしくおねがいします!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年11月22日

【アキバ店】サバゲっぱなしコラボイベントに出店しました!

こんばんは、ゴートです('ω')ノ

11月17日に千葉県千葉市のサバゲフィールド”SPLASH様”にて開催されました

サバゲっぱなしコラボイベント

に出店させていただきました!



坂崎ふれでぃ先生が執筆されているサバゲ漫画のサバゲっぱなしの記念すべき初コラボイベント

参加者は100名とのことでしたが、実際の応募はそれをはるかに上回る数だったそうです。



主催で、サバゲっぱなし作者の坂崎ふれでぃ先生

司会進行役はフリーアナウンサーの千早洋子さん



ゲームマスターは、あのKRYTACオーナーズミーティングのゲームマスターを歴任されている
隊長”こと案部さん



参加者の方にはお好きなパッチ1枚とお好きなステッカー2枚、そして純粋に”いいね!”と思ったプレイヤーさんに贈るいいねパッチが渡されました!



いつも97定例会でお世話になっているSPLASHさんはいわゆる森林系フィールド!



写真の中に2人写ってますが、わかりますかね?

AIRSOFT97アキバ店は今回、オリジナル商品やBB弾をはじめとしたものを販売させていただきました。

他にも...



戦う眼鏡屋さんのキャッチコピーで知られるSMILE-EYE-TACTICAL様!

私も普段はコンタクトなのですが、メガネユーザーなので度付きシューティンググラスは気になりますね!



ブースを見学させていただいているとこんなところにモソが!!

ありがとうございます!



サバゲ玄人が欲しがるアイテムを中心に制作、販売されている戦民思想様!



今回は外部に委託されていない木製アイテムも販売されてました!

また、ミリタリー系Vtuberとして名を馳せている”彩 まよい様"も協賛されており、限定動画を公開されていました!



ななななんと!坂崎ふれでぃ先生に超素敵なイラストを描いていただきました!

ありがとうございます!!!

アキバ店店頭に展示しますので、ぜひご覧になってください!

...

ゲーム中の様子ですが、私と店長カラスで写真を撮らせていただきましたので、アップロードさせていただきます!(URLは最後)

当日はSPLASH様に初めて来るという方がほとんどの状況でしたが、参加者同士で連携して激しいせめぎ合いが繰り広げられていました!

ゲームの内容はサバゲっぱなしにあやかって「~っぱなし」に基づいた特殊ルールが課させる、センターフラッグ式無限復活戦でした!



SPLASH様の定例会や、97定例会でも取り入れられているセンターフラッグ式無限復活戦は、フィールド内に設置されたいくつかのフラッグ(いずれも交戦が予想される地点)にかかっているポールを自チームの色に変えることでフラッグを奪取するという流れになります。



お昼にはケータリングサービスがいらしておりました!ロコモコ丼が大人気で、お昼休憩には行列が!!

空いてから行ったら完売してました...(´・ω・`)



残っていた豚丼を頂きましたが、美味い!!

コショウが効いていてタレの味を引き立てていました!



参加者の中にはコスプレ(?)をされていた方がいらっしゃいましたが、その中でも群を抜いてタフガイだった方がいらっしゃいました!!

背中に背負っている木箱にBB弾を入れているそうです...!めちゃくちゃ重そうですね!(笑)



なんやかんやで閉会式!(端折りすぎてスミマセン)

坂崎ふれでぃ先生もかなり楽しかったようで、第二回の開催をご検討されているとか!?

今回のコラボイベントは、サバゲっぱなしの作中で描かれるそうです!楽しみですね。



閉会式後はSPLASH様恒例の差し入れ!紅茶と甘いお菓子が身に沁みました!



坂崎ふれでぃ先生のもとにBIGモソニャソが嫁入りしました!

作中に登場するかな~( *´艸`)

ざっくりとしてて申し訳ありませんが、以上となります!

次回開催が待ち遠しいですね!

ではではでは!

AIRSOFT97スタッフが撮影させていただいた写真のURLは以下になります!
また、SPLASH様のほうでも撮影された写真が掲載されておりますのでそちらもご覧になってください!

Google Photo (掲載日より半年で削除させていただきますのでご注意ください)

FaceBookアルバム (タグ付け、シェアなどご自由にどうぞ!)

  


2019年11月17日

【アキバ店】AIRSOFT97×JACKPOTサバゲー「975」

こんばんわ!アキバ店カラスです。

先日はSPLASHさんで行われた「サバゲっぱなしサバゲー」に出店させて頂き、現場は大盛りあがりでした!
こちらについては後日レポートさせていただきたいと思いますが、本日は「975」のご案内です!



Facebookやtwitterで以前に告知しておりましたが、細かい内容のご案内になります。

■場所:森林フィールド「BB-JUNGLE」
■日時:11/24()
■時間:8:30~受付開始、9:30~ルール説明、10:00~ゲーム開始
■料金:3500円
■お申し込み:コチラ

AIRSOFT97アキバ店スタッフも参加、一緒に戦う耐久ゲームとなります!
2.5時間を2セット、計5時間となります。

今回はSPLASH及びBB-JUNGLEさんにて行われている耐久ゲーム「JACKPOT7」とのコラボとなります!
本来であれば3.5時間2セットの7時間耐久となりますが、最近の日が落ちる早さを考慮し、計5時間の短期決戦となっております!

ゲーム内容としてはフィールド中央付近の陣地をめぐる、カウンター復活ありの耐久サバゲーとなります!

CoD等のFPS的に言うと、マルチプレイのドミネーション戦のような感覚でプレイできます。

不慣れですぐやられてしまっても、何度でもやり直せるので思う存分楽しめる他、サバゲー経験値を稼ぐこともできますよ♪



JACKPOTでは勝利者に「7」のパッチが配布されますが、今回は特別デザインのパッチをご用意しております!


基本的なレギュレーションについてはSPLASH / BB-JUNGLEのサイトをご確認頂きたいのですが、
97定例会及び「975」では銃種によって装弾数に制限が加わります。





■アサルトライフル・SMG・ショットガンについて
スプリング給弾式ノーマルマガジンを使う際は制限はございませんが、ゼンマイ式多弾数マガジンを使う場合、1本のみ所持可能でスプリング式との併用不可です。

ゼンマイマガジンについては、「その銃本来の標準的なサイズのもの」のみ可とし、
「長い」「太い」「箱型」等の「大容量を目的としたカスタムマガジン」は利用不可とします。
連結タイプの大容量ゼンマイマガジンも不可とします。

使用禁止例:AK/RPK用800連ロングマガジン、M4用900連FAT-MAG、2500連C-MAG

※例外として、東京マルイ純正のMP5K用連結タイプ、MP5用及びSCORPION用ドラムマガジンについては、そもそも容量が少ないため可とします。

■ハンドガンとの併用について
別途携行するハンドガンに関しては弾数制限を受けないものとします。
ハンドガンについてはストックやカービンキットの取り付けの際は「SMG」扱いとなります。

■女性プレイヤー、10禁銃について
弾数制限はございません。
従ってマガジン形状などの難しい制限も適用外となります。

■マシンガン、電動ショットガンについて
マシンガンでBOXマガジンを使う際は1つまでとします。

また、電動ショットガンはマシンガン扱いとします。

※マシンガンについては当日97スタッフが「マシンガン認定」を行います。認定されたマシンガンのみ、マシンガン運用が可能となります。

■グレネード弾について
持てる範囲で無制限とします。

■自陣内での複数種類のエアガン、マガジンの持ち込みについて
自陣内に関しては複数の長物エアガンやマガジン類等を持ち込んでも大丈夫です。
が、出撃時には上記各制限が適用されます。

※例として自陣内で複数の電動ガンを待機させておくことや、ゼンマイマガジンとノーマルマガジンを複数用意しておく事は可能ですが、
出撃時にはゼンマイや電動ガン・ショットガン等の長物エアガンは1本迄の所持となります。

※自陣内での所有物の盗難・紛失等に関してはフィールド及び当店では責任を負いかねますので、そういった事が無いように自己管理のほど宜しくお願い致します。


なお、このゲームに関してご不明点がございましたら、アキバ店までメールにてお問い合わせください。
akiba@airsoft97.jp  


2019年10月29日

【アキバ店】電動のこぎり再入荷!!G&G MG42外観れびゅ~

こんばんは!アキバ店ゴートです。

 以前、ショーケース内に鎮座していたG&G製のMG42のことを覚えている方はいますか?

 あちらはS&T製のMG42をお持ちのお客様がお買い上げになるというミラクルが発生し、嫁入りしました!

 それ以降はLCTのPKPやM60VNを陳列してましたが、ことごとく嫁入りしていったのでG&G製のMG42を(店長が)再発注しちゃいました(笑)

そこで、今日はG&G MG42の外観レビューをします!

まずは全体




 全長1230mm 重量10kg という機関銃らしい諸元からは想像もつかないスマートな見た目にギャップを感じる方は少なくないと思います!

 実銃は、プライベートライアンやバンドオブブラザーズなどの映像作品でおなじみ、ノルマンディー上陸作戦をはじめとした欧州戦線において連合国軍の数多くの将兵の命を奪った機関銃として名高いですよね。

 その発射レートは秒間20~25発ほど...サバゲーマーからすると意外なレートではありませんが、7.92mmの弾頭が800m/s前後で秒間20~25発ぶち込まれたら...と考えると恐ろしいですね(;'∀')

その発射音からヒトラーの電動のこぎりとも呼ばれていたそうです。



 G&G製のMG42はスチールを多用しており、実銃の重量感や重厚感を見事に再現しております。また、実銃のMG42はベークライト製ストックが一般的ですが、G&G製は木製ストック版を再現しております。



巨大なハイダーは、当時一般的だったラッパ状となっており、発射炎が射撃の邪魔にならないようにするだけの単純な役割を果たします。



フロントサイトは案外こじんまりとしており、シンプルな形状となってます。

...

ちなみに、このMG42...銃身交換ができるんです!!



トップカバーを開けて



チャンバー左横にあるボタンを押します。



するとチャンバーassyが銃口側にバシャン!と移動します。



銃身根本の取っ手を銃口側に押すと、銃身が外れます。



傷つけないようにそ~っと抜くと、銃身の取り外し完了です!!
銃身も別売りされていますので、銃身交換の練習をしたい方にはうってつけですね!

戻す際は銃身を挿して、銃身を保持しているレバー(?)を本体側に戻します。



コッキングレバーを最後まで引くと...



チャンバーassyが返ってきます!おかえりなさい!



付属のマガジンはバッテリー駆動式となっており、使用するのは7.4vのリポバッテリーです!



専用のサイズでないと入りませんのでご注意ください!(現在取り寄せ中です)




背面についているハンドルは折りたためます!運搬用ですかね?



鉄々しいボディにこのいかにもドイツ製っぽい木製グリップ...映えますね!エモいです!

クロスボルト式のセーフティが付いております!



ストックはワンタッチで外すことが出来まして、中にバッテリーを収納できるようになってます!



MG42といえばこれ!7.92x57mmモーゼル弾のダミー弾帯が付属しております!!



ちなみに、このベルトリンク...ソ連製機関銃や、ドイツ製機関銃によくみられる非分離式のベルトリンクなんです!
こんな細かいところまで再現しているG&Gさんのこだわり様に脱帽です!

ざっくりとしたレビューで申し訳ありませんが、以上となります!

 こちらのG&G製 MG42はAIRSOFT97アキバ店 店頭で実際にご覧になったり、触ったり、買っちゃったりできます!

 また、アキバ店では現在2階のマイトリーさんとコラボしてまして、2階のマイトリーさんでお買い物をしていただくと、長物エアガン本体が5%OFFになっちゃうお得なセールを行っております!そして、経済産業省主導のキャッシュレス還元キャンペーンの対象店なので、キャッシュレス決済であれば5%が返ってきます!

つまり消費税分ぐらいはお得になります!

価格が税込でおよそ250000円ほどですので、25000円ぐらいはお得です!

何が言いたいかといいますと...

買うなら...今でしょ!!!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年10月20日

【アキバ店】爆裂祭のG&G新製品群!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

先日は池袋サンシャインにて爆裂祭が開催されました!会場は大変な賑わいだったようですね!
\(^o^)/

その中で、G&G新製品が展示されておりましたので、
G&Gマニアを自称する私が、現段階でわかっている情報を踏まえてご紹介したいと思います!




■G&G SMC9 コンバージョンキット

こちらはG&Gガスブロハンドガンとして今夏デビューした「G&G GTP9」をSMG化するコンバージョンキット!


GTP9のスライドを取り外し、残ったロアー部分をそのままSMC9の「アッパー」に付け替える事でコンバージョンできるという、
今までアリそうで無かったカービンキット!
(強いていうと、Glockのアッパー(スライド)を載せ替えるFPGことFMG9等はありましたが。)


RAS部分はM-LOK、QDスイベルアダプターも取付可能!
ストックは右側に折りたたむことが出来ます。



排莢カバーは左右についており、切り替えることが出来ます!
エアガンの動作としては関係のない部分ですが、
G&Gオリジナルモデルと言えど、
ちゃんと「リアリティーを追求した」デザインである事が、
機能性やかっこよさに結びついていると思います!
…もしかしたらGTP9及びSMC9が将来実銃化され、
台湾その他各国で使われるかも??

発売時期や価格は未定とのこと。
ガスブロ製品の新発売は、
その作動性などから春~夏を狙ってくる事が多いですが、
SMC9に関しては「コンバージョンキット」であり母体のGTP9が既に発売されているので、
もしかしたら意外なタイミングで登場するかも???


■G&G製小型UVトレーサー


超小型なUV系トレーサーが登場!


装着時、GTP9のフロントサイト内に収まっているコンパクトさ!
後ろ側の穴が見える部分がUSB端子で、ケーブルを接続して充電します。
なお、ご覧いただけるとおわかりかと思いますが、
14mm逆ネジを本体側にねじ込む形状となっております。

(アダプター状に見えるものはGTP9用の14mm逆ネジアダプターですので、
トレーサー本体とは全く別のパーツです。)

競合他社製品ではアダプターを介するなど、
凸型に出っ張っている事が多いですが、
この形状ならコンパクトさを損なわずに済みますね!


ON / OFFは前面のパネルを回転させる事で切り替える方式。
視覚的にも今ONなのかどうかが分かりやすくて助かりますね!

コチラも時期、価格と更に名称も不明との事(;´∀`)
便宜上、「G&G UVT 106トレーサー」とでも称しておきましょうかね。
ワタクシ的に超欲しい一品です!!

■G&G ARP9 GOLD -Reiwa Limited Version-


みんな大好きサバゲー最適銃であるところのARP9のカラバリ!

今回はマグバンパーとストックワイヤー部分も金ピカになっておりますね。
ストックワイヤーのサビを気にしなくて良さそうなので、
これは凄くありがたい改良点だと思います!

実はワタクシ、ARP9 GOLDの存在そのものは以前から知っていたのですが、
世界限定1000丁!
日本国内には300丁!!
ということで…


何と!イジェクションポート部ダストカバーに、シリアルとともに「日の丸」が入ってるじゃないですか!!

これはもう手に入れるしかないですね!
(´;ω;`)

令和を抜きにしても、某ゴールドマッチのようなカッコよさがあり、
シュータースタイルはもちろん、
ミリタリースタイルやスーツ等のフォーマルなスタイルでのプレイにも似合うんじゃないかと思います!


色々と魅力的な新製品が目白押しのG&G!
その他にも色々と登場を待ちわびている製品があるようで。
中には、ワタクシも含め多くの銃マニアが待ち望んでいたような凄いヤツも今後登場しそうな予感です。

今後もG&Gから目が離せませんね!  


2019年10月15日

【アキバ店】飛鋭バレルって何が凄いの?

こんばんわ!アキバ店カラスです。

本日は、おかげさまで大好評を頂いております、
AIRSOFT97とLambdaAirsoft様とのコラボによって生まれたカスタムバレル、
「飛鋭」ステンレスバレルを改めてご紹介したいと思います。

■「飛鋭05」ステンレスインナーバレル電動ガン用各種

AIRSOFT97とLambda Airsoft様とのコラボによって生まれた究極のインナーバレル!

安定した弾道特性と命中精度を実現するために開発された、世界で最も高性能・高品質な電動ガン用ステンレス製インナーバレルです。

名の通り、「鋭く飛ぶ」事を実現する、主に以下3点の特徴があります。

■ベース材は「Lambda 5」


素材には冷間鍛造で製造された最高級の純国産ステンレス材を使用。
内径はバイオBB弾の使用を考慮、安定性と集団性のバランスを両立した6.05mmとしています。

■HOP回転の為の「磨き・削り」


安定した弾道には安定した「HOPのかかり」が重要です。
HOP窓周囲を含む内面部分を徹底的に磨き、BB弾に与える不確定要素を排除!
HOP窓周囲等のエッジ部分はテーパー加工の中でも手間のかかる「ラウンド加工を施し、
HOPパッキンにストレスを与えない構造となっています。

※直線的に角を削るのではなく、曲面的に角を削ります。当然ながら手間や難易度が上昇します。

■先端部分の「ロングテーパー」

バレル先端から奥側に向かい、15mm程のロングテーパー加工を実施!


マズル先端はテーパー加工によってかなり肉薄になっています。
内面の暗い三日月状の部分がテーパー加工部分、
その奥のキラキラした部分が内径6.05mmのバレル内面となります。

ステンレス材では特に加工が難しい、15mm程のロングテーパー加工によってバレル出口近辺での急激な抵抗の変化を抑制。
命中精度に影響を及ぼしやすい、バレル出口付近での局所的な乱流係数の増大を抑制!
銃本来の命中精度を極限まで引き出します。

特にステンレス材に対するテーパー加工は、その素材の硬度ゆえ、
切削によって肉薄になる部分に歪みや変形が発生しやすくなってしまいます。

深いテーパーとなると尚更の事。

こういった「超アナログな技術」が得意だった日本のモノづくり業界も、いまや後継者不足、産業構造の変化によって失われつつあります。。。


「Lambda Airsoft」様は日本のモノづくりを支える大阪にある、長年の経験と最先端の金属加工を有する日本でも有数のメーカーです。
そんなLambda Airsoft様に、AIRSOFT97の万単位でのステンレスバレル組込みカスタムの経験・ノウハウを実現してもらうべく、何度も試作・テストを行いついに完成したのがこの「飛鋭」バレルです。

精密な端部のラウンド加工、内面の磨き処理、マズル側のロングテーパー加工は言葉で表すのは簡単ですが、精密なバレル、かつ加工の難しいステンレス材に対して行う事は大変な技術を必要とし、
日本を含む世界中でもそれを量産レベルで製造・供給できるのは「Lambda Airsoft」様のみと言えるでしょう。

加工が難しいからこそ技術・精度が求められるステンレスバレル。
「飛鋭」バレルなら間違いありません!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年10月14日

【アキバ店】色々お得なキャンペーンの重ねがけ!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

最近97アキバ店では複数のキャンペーンを実施中!
色々わけがわからなくなってきましたので、ここでちょっとまとめてみたいと思います。

■その1:「マイトリーさんでお買い物をした後97来るとお得」キャンペーン


AIRSOFT97アキバ店が入居しているビル、「フロンティアサカイビル」


このビルに同じく入居している、
アキバエリア屈指の装備・パーツの専門店、
「ミリタリーショップマイトリー」さんにて、
お買い物をして頂きレシートをGET

その後、97アキバ店で2万円以上のエアガン本体をお買い上げの際、
そのレシートをご提示いただければ
本体価格を5%オフ

という大変オトクなキャンペーンです!


■その2:「ETUアップグレード祭」


アキバ店で対象本体をご購入時、
プラス7000円で「PERUN ETUアップグレードKIT」を取り付け交換!
というキャンペーンです♪

対象製品とはズバリ、G&G ETU登載製品になりますね♪

元々付属の純正ETU基板は下取りという扱いで、お値段を下げております!

こちら、アキバ店限定で、カスタムご注文の際はキャンペーン適用外となりますことをご了承ください。
アキバ店店頭でも、アキバ店WEB通販でもこのキャンペーンをご利用いただくことが出来ます!


■その3:「秋のクリアランスTシャツプレゼントキャンペーン」略して「Tシャツフェア」


はい、これはその名の通り、今のシーズンでよくあるクリアランス的なキャンペーンでございます。

対象のエアガン長物本体をご購入時、店内にあるお好きなTシャツをプレゼント♪

ちょっと個性的なものからサバゲーに着用しても使いやすいものまでございますので、
この際ゲットしてみてはいかがでしょうか?


■その4:「97ポイントカードマン」


これは以前から行っている、アキバ店店頭限定のポイント…、スタンプカードです。
現金なら3000円毎に、
キャッシュレス決済なら4000円毎に、
それぞれポイント(スタンプ)が付与されます。

各マークにスタンプが到達すると、それぞれ割引が使える、よくあるヤツですね♪

ちなみにどれ位お得なのかというと…

現金でキレイに貯めると実質4.1%
キャッシュレス決済でキレイに貯めると実質3.1%

の還元率になっております!


■その5:国が主催する「キャッシュレス還元キャンペーン」


これは現在国が行っている政策で、クレジットカード、電子マネー等で決済した際に、後から還元されるというお得なキャンペーンです。
AIRSOFT97は5%還元対象店舗となっております!



はい、とまあ、今現在でかなり色々とお得なキャンペーンがてんこ盛りとなっております!

具体的にどれくらいお得なのかを、アキバ店的な大人気商品、G&G ARP556を例に見てみましょう。

・マイトリーさんで事前にお買い物をして5%オフ
・クレカ側の国が行っている「キャッシュレス還元キャンペーン」で5%オフ
・クレカが楽天カードマンの場合1%分のポイントGET
・97ポイントカードマンで実質3.1%ポイント還元(クレカの場合)
・お好きなTシャツをGET
・プラス7000円でPERUN ETUアップグレードKIT化!!



つまり、この機会をお見逃し無く!!!
という状況です!

週末も、平日も、フロンティアサカイビルで97とマイトリーさんでお買い物を楽しみましょう♪  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年10月13日

【アキバ店】サムライサムライブシードゥ!

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日は、ようやく入荷しました「Avalon サムラ○エッジ Premium」のご紹介です!

■VFC / Avalon サム○イエッジ Premium
※カスタムのご依頼はコチラ




「その名称、大丈夫なのか??」
と、日本人、特にアキバ界隈の人間としては(某ゾンビなゲーム的な商標に関して)不安になってしまうネーミング。
そして、エッジの効いたデザインは和風、というよりは
「アメリカンジャパニーズ」
的なスタイリング!

そんな本銃なので、アキバ店スタッフの間では
「地獄のヒーロー ザ・プレジデント・マン」
を連想せずにはいられず、
かくして店内では「大統領専用電動ガン」と称されるに至ったわけです。
(実際のプレジデントマンは大統領では無いのですが…。大統領の裏で極秘任務を遂行する、影の大統領ということで)

というどうでもいい余談はさておき、本銃を細かく見ていきたいと思います!





レシーバーはかなりエッジの効いた、工業的というかハリウッド的なスタイルとなっております。
トリガーはAvalon Leopardに使われているRedタイプのストレートトリガー仕様!



ハンドガードは中央がシェイプされたM-LOKタイプで、かなり細身で持ちやすく、とても軽量!


QRSストックはバッテリーの脱着が行いやすくて便利♪
ヌンチャク型(2pc)のバッテリーを収納します。

外装の凝った作りと比較すると本体はかなり軽量で、実際の重量は2555gと、
ARP556とそんなに変わらないレベル!

ボディやハンドガードがアルミ素材であることと、ハンドガードがかなりシェイプされているからでしょうか。

また、剛性が高く細身なのでハンドリング性が抜群に良いです!

というか、持ち心地がとても素晴らしいのです。

そう、まるで研ぎ澄まされた日本刀のような感じです!

構えてみると、侍魂武士道精神を感じずにはいられない事でしょう。。



この製品、何と言っても光学センサー系の電子制御システムを登載しており、箱出しでもプリコッキング動作を楽しむことができるのです♪

その基板周りを確認すべく、分解しながらもう少し詳しく見てみましょう。



アッパーロアーを分離し、モーターとグリップを取り外します。


純正モーターは海外製の中では比較的スペックが良好で、
そこそこのスピードと比較的強めのトルクが特徴。
アキバ店のアウトレットガチャでも排出される、意外と狙い目のパーツです。


メカボックスを取り外したところ。
セレクタープレートの位置を基板側のスイッチで検知する機構になっています。


QDスプリングを取り外し、メカボックスを開けたところです。
本来トリガースイッチがある部分に基板があるのが分かります。


この基板は2枚を連結している構造になっており、上面(?)側を取り外します。




こんな感じで分離します。
2枚の基板がセクターギアやトリガーを挟み込むようになっており、
それぞれ光センサーの発光部、受光部が配置されています。

トリガーやセクターギアの歯がこのセンサーを遮光することで、動きを検知しています。

つまり!

このモデルはTITANやPERUN Opticalのように
「光センサーによる無抵抗のトリガーフィーリング」
と、
「ギア位置の正確な測定による高精度な制御」
を行うことができるのです!

しかも、ギアセンサーは2つも配置されていますね。

しかし、内蔵プログラミング等の制御方式に関してはやはりTITANの方が遥かに高度ではありますが、
このモデルに内蔵されている制御ユニットは、ほぼ似た構成の前モデル?PTS VIRGO VPSCよりも進化しており、
プリコッキング時の安定性がより高まっております。l

基板の動作制御の安定性が高まったことにより、本店エンジニアとしても、
「カスタム対応OK」
とのお墨付きを頂きました!
\(^o^)/

カスタム費用に関しまして、通常モデルよりやや追加工賃が発生します。
特にモーター交換プランの際はイナズマモーターよりトルクの強いIFRITモーターを用いるため、

BASIC、GUGNIR等のモーター交換を伴わないプランは
プラス2500円と税、

GAEBULG、ULTIMATE等のモーター交換を伴うプランは
プラス3500円と税

がそれぞれカスタム費用に追加される形となります。


箱出しでお買い求めの際、分解時の写真を見ておわかりと思いますが、通常のギアグリスが普通に塗られてますので、
それがセンサーに付着してしまった際には作動不良の原因となる場合がございます。
なのである程度のメンテナンススキルを求められる機種でもございます。

が、当店でカスタムのご注文をいただければ、TITANやPERUN Optical組込時のようにドライグリスを用いて組み上げますので、
センサートラブルを気にせず安心してご利用いただけます!



余談ですが、バッファーチューブはスタンダード電動M4タイプとは異なり、ガスブロタイプのようなチューブねじ込み式となっております。


VFC / Avalon SamuraiEdge Premiumを手に入れれば、アナタの極秘任務も成功間違いなし!

  


2019年10月12日

【アキバ店】G&Gのナイツ公式第2弾!「G&G SR25 E2 APC M-LOK」

こんばんわ、アキバ店カラスです。

先月発売されました「G&G SR15 E3 MOD2 Carbine M-LOK」、
リアルな外観と高性能なスペックでご好評を頂いております。
今回のG&GとKACとのコラボ製品ですが、このSR15の他、もう2機種が以前から発表されておりますが、
そのうちのSR25が今月10/25(金)に登場します!

■G&G SR25 E2 APC M-LOK
※カスタムのご注文はこちら




16インチモデルとなり、KAC URX-4のM-LOKバージョンとなります。
内部的にはG2H ETUシステムを登載!SR-15 E3 MOD2のように超高性能を期待できますね♪


個人的に気になっている部分ですが、セレクターは「SAFE」「FIRE」表記になっており、大変リアルです!
可動域も90°になっているようですね。


こちら、308WHの分解図面からの画像ですが、45°毎にセレクターのボール穴が設けられ、少ない操作角で射撃モードを切り替えられるのが分かります。


こちら、SR25の分解図面からの画像です。
セレクターのボール穴は2点しかなく、もしかしたらセミオート仕様の可能性も…?
海外の情報を見る限り、セミ/フルモードを備えると記述がありましたが、
いかんせん私は実機をまだ試射したことなどございませんので、
大いに気になるところです。
何れにせよ近日中にはその辺りはハッキリすると思いますが、
仮にセミオート仕様だったとしても、
実銃がセミオート仕様なのでそんなに問題はないかもです。
(;´∀`)

むしろその際は、めちゃくちゃリアルという事になりますからね。


そんなSR25ですが、カスタムメニューは命中精度強化のGUNGNIRがオススメ!
更にオプションとしては「飛鋭」バレルがオススメです!!

今年開催されました「G&G LOVERS 2019」にて、当バレルを搭載したTR16 MBR308が見事命中精度コンペティションで優勝を勝ち取りました!
MBR308といえば、このSR25のベースエンジン!ほぼ同型機とも言えますし、そのMBR308から更にブラッシュアップされているとも言えます!

つまり優秀なDMRとして、スナイパーライフルとして「G&G SR25 E2 APC M-LOK」と「飛鋭」バレルの組み合わせがまさにベストな訳であります!


さて、その他アキバ店情報となりますが、明日10/13(日)の営業に関しては、台風や交通機関の営業を見ながら随時調整させていただきたいと思います。
m(_ _)m

本日は急遽臨時休業となり、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、その代わりなのかどうなのか、只今アキバ店WEB及び明日以降のアキバ店店舗営業にて「ETUアップグレード祭」を行っております!

対象製品本体をお買い上げの際、プラス7000円+税で
元々付属の純正ETU基板と交換・下取り扱いで、
大人気のPERUN ETUアップグレードKITと交換、取り付けまで行うサービスです!

交換が簡単な同製品ですが、最初から取り付けまでされてしまうので即プリコッキングなどの上位の機能が楽しめます♪

なお、部品の関係や交換作業などで、通常の本体よりも若干ご納品までのお時間を頂く場合がございますのでご了承ください。  


Posted by kuro&staff  at 20:00Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年10月03日

【アキバ店】待望のプレミアムAR、G&G製KAC SR-15!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

最強軍用銃といえば、「M4カービン!」
と答えが出てくる世代の方的には嬉しい新製品、
「G&G SR15 E3 MOD2 Carbine M-LOK」

一年以上前から出るよ出るよと言われ、ようやく発売されました!!
\(^o^)/



本日は発売後、一息ついた所で改めてご紹介したいと思います。

■G&G SR15 E3 MOD2 Carbine M-LOK
※カスタムのご注文はこちら




KAC SR-15とは、ナイツアーマメント(Knight's Armament Company)が製造する、高級AR-15製品です。
ナイツアーマメントとは、M16の生みの親、故ユージン・ストーナーの愛弟子C・リード・ナイトJr氏が立ち上げました。
彼の師匠に敬意を表し、ストーナー・ライフルの頭文字をとってSRと命名されています。

そんなSRシリーズですがいくつかバリエーションがあり、大まかには
・軍用のフルオート機構を有するSR-16、
・民間用のセミオートオンリーのSR-15、
・.308NATO弾を用いるバトルライフルのSR-25
がございます。

実銃では設計レベルでAR-15の高度なノウハウが盛り込まれ、各パーツに関しては機械応力が考えられたデザインとなっており、超高精度CNC切削による製造、熟達したエンジニアによる組み立てが行われており、本場アメリカでは高い評価を得ているハイエンド・プレミアムARとなっております。



また、2ステージ・トリガーを採用し、トリガーが実際にシアーを開放する直前までは限りなく抵抗を排した遊び領域と、シアーが開放される(発射される)直前に抵抗が加わる領域とに別れており、射手に対し明確に射撃の瞬間を把握させられるようになっている点、次弾発射を僅かな指の動きで行える、いわゆる「キレの良いトリガーフィーリング」を実現しています。

さてさて、G&G製のエアソフト版SR-15について見ていきたいと思います。

■外観について



まずフロント周りから。
ハンドガードは13インチのURX4 M-LOK仕様RAS、
ハイダーはKAC QDCタイプ、
フロントサイトはKAC Microタイプのフリップアップサイトとなっております。

特に、G&GのCM16SR系モデル、GC16WildHog系モデル、TR16MBR系モデル等は、
元々KAC SRシリーズをモチーフとしたデザインになっており、各アクセサリーもそれに近い構造となっていました。
が、例えばフロントサイト等の各パーツにG&Gのロゴが入っていたりしていました。

今回付属するフロントサイトは刻印もバッチリKAC仕様のリアルタイプになっているのが嬉しいですね♪



レシーバーはKAC MOD2タイプレシーバーを再現!
ライセンス品でもメーカーロゴが入っていたりするのが良くある話ですが、
これに関しては外観上にG&Gのようなメーカー刻印は入っておりませんでした。
強いていうと、「MADE IN TIWAN 」というホワイトプリントが入っていますが、
気になる方はこちらをうまく処理していただければと思います。

また、欲を言うのであればSR-15ですから、セレクターは「SAFE / FIRE」の2つのみが理想ではありますが、
アメリカの民間市場では敢えて軍用モデルに似せて刻印を「SAFE / SEMI / AUTO」に打ち直したりするユーザーが多く居らっしゃるとか。
更に、実際にこのモデルはエアソフトガンとしてはセミオート・フルオートが撃てるのに、刻印がそうでないと世界中のユーザーが混乱してしまうという問題もあるでしょうから、まぁ致し方ない部分ではあると思います。
※リアル派の方は上記打ち直し想定でのマインドセットをお勧めします(;´∀`)



リアサイトは同じくKAC 600mタイプ。
G&G製のKACタイプアイアンサイトは精度がよくガタつきも大幅に少ないのが特徴です!
光学機器を載せたくなりますが、まずはこの高品質なアイアンサイトを充分に味わって頂きたいところです。

また、チャージングハンドルラッチはKAC製に見られる大型化されたタイプですが、非アンビ仕様となっています。


チャージングハンドルを引くとG2タイプではお馴染みのドラムダイヤルHOPチャンバーがお目見えし、
後退位置で保持されます。
ダミーボルトリリースボタンはアンビになっており、どちら側からでもリリース操作を行えます♪


ストックパイプにはナンバリングが入っており、ポジションを数値で確認できますね。


マガジンはG2システム対応の90連、スプリング給弾式のスチールマガジンが付属します。
こちらについては他のマガジンと比較して若干太いようで、装着感がかなりタイトになります。
こちらのMBRようのポリマーマガジンの方がスムーズに脱着できると思われますので、併せてお勧めしております。

■性能について
内部に関しては熟成されたG2メカボックス&G2ETUシステムにより高いレベルで完成されています。

このETUに関してはトリガーフィーリングが素晴らしく、
引き始めから暫くはほぼ抵抗がない「遊び」領域が、
発射直前にスイッチの抵抗が加わる領域とに別れており、
射手に対し明確に射撃の瞬間を把握させられるようになっている点、
次弾発射を僅かな指の動きで行える、いわゆる「キレの良いトリガーフィーリング」を実現しています。

…って、これはまさしく
「KACの2ステージ・トリガー」
じゃないですか!!
G&GとKACとのコラボレーションが、我々ユーザーに対しこれほど高い恩恵を与えてくれるとは…!!

また、G2ETUシステムならではの、残弾ゼロで撃ちきりストップ機構を備えておりますので、トレーニング用途などのよりリアリティーが追求されるシーンで活躍してくれる事でしょう。

メカニズム的にも熟成されており、箱出しでも命中精度が高く、国産電動ガンに引けを取らない素晴らしい出来となっています!!
初速に関しても(HOP状態によりますが)概ね90m/s少々出ておりますので、
アウトドアシーンでしたらそのままでもバリバリ活躍してくれること間違いなしです!!

箱出しでも高スペックの本銃ですが、G&G製電動ガンのメリットの一つ「潜在能力が高い」という部分もちゃんと健在です!
つまり、命中精度強化のGungnirカスタムをご注文いただくことで、
ただでさえ高い命中精度をより高めることができます!!

数ある電動ガンの中でも高次元での性能に仕上げることができる本銃は、実銃でのプレミアムARであるSRシリーズの名に恥じない、
「プレミアム・エアソフトAR」である事は間違いないでしょう!!
故ユージン・ストーナーの意思、意匠を是非エアソフトガンで体感してください!

現段階で超絶お勧めの一丁、それが「G&G SR15 E3 MOD2 Carbine M-LOK」なのでした~♪  


2019年09月28日

【アキバ店】リーズナブルなのにこのクオリティ!? E&C製電動ガン続々再入荷!

 こんばんは、アキバ店ゴートです('ω')ノ

 だんだんと涼しくなってきてアウトドアサバゲがし易い季節になってきましたね!

 リーズナブルな価格帯と、しっかりとした外観で定評のあるE&C製電動ガンが再入荷しました!

E&C Colt M16A1


 言わずと知れた名銃、M16A1。M16のベトナムでの教訓をフィードバックしたモデルで、ハイダーがバードゲージ型になっていたり、ボルトの強制閉鎖機構が搭載されていたりします。ロアレシーバーの刻印は、後述するMk12 Mod1と同じタイプのM16A1仕様になります!また、G&P製にはないダミーボルトキャッチもついております!


E&C Colt Mk12 Mod1 Fixed Stock


 米軍のセミオートスナイパーライフルといえばこれ!M16A1のロアレシーバーを再利用した倹約精神にあふれる小銃でして、映画「ローンサバイバー」においても登場することで記憶に新しいかと思います。フリーフロートバレルもしっかり再現されていますが、剛性は問題なさそうです!ロアレシーバーがちゃんとM16A1刻印のものになっている部分がポイント高いですね!


E&C Colt M4A1 SOPMOD BLOCK2 12.25" BK


 米軍で採用されているM4A1の改修企画であるSOPMOD計画の第二弾(厳密には第三弾とも?)のBLOCK2になります!ダニエルディフェンス社のRIS2 12インチが取り付けられています。現行装備であまり人と被りたくない人にはおすすめです!


E&C Colt Mk18 Mod1 DE


 言わずと知れた大人気軍用銃!こちらも米海軍が大量に保有していたM16A1のロアレシーバーを使用したMk18 Mod0の後継モデルでして、特殊部隊の小銃といえばこれ!という感じですよね。先日オープンベータ版が公開されたCoD MWでも同じRIS2が装着されたM4A1が登場するようです!今回再入荷したのはTANのみですが、BKバージョンは店頭在庫がまだございます!


E&C FN M16A4(FN刻印)


 米海兵隊を象徴するM16A4...最近はM27に更新されつつあるので近い将来見かけなくなるかもしれませんね...。こちらのM16A4はFNH-USA
がライセンス生産しているモデルが再現されています!刻印もしっかりとバーストになっていますので、PERUN V2 OPTICALやTITANと組み合わせて3点バーストを再現してみるのもおもしろいですね!


 以上ざっくりとした紹介で恐縮ですが、ぜひ実際にアキバ店店頭でお手に取ってご覧になってみてください!



 もちろん沖縄本店Web通販でも取り扱っておりますので、そちらもよろしくお願いいたします!  


2019年08月11日

【アキバ店】GTP9の気になる所、試してみました!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

本日はG&G待望の新製品!ガスブロハンドガンGTP9のご紹介と、
気になるアレを試してみました!

■G&G GTP9 GBB




Glockをモチーフにした?G&Gオリジナルデザインの9mmオートです。
外観的な特徴としては、トリガー周りはGlockから、マグキャッチはUSPからそれぞれいいとこ取りをしたようなデザインで、
グリップはとても握りやすいデザインになっています。

セーフティーはクロスボルト式となっておりますが、これは台湾の警察などで採用されている特別仕様のGlockにも見られる特徴です。


こんな感じですね。

つまり、GTP9は台湾のG&Gエンジニアが台湾のGlockをベースに、より理想的なハンドガンを目指して開発した、そんな銃と言えるでしょう。

さて、そんなGTP9の実射性能に関しては別の機会でご紹介したい所ですが、
マック堺さんの動画でかなり詳細にレビューされておりますので、そちらをご確認下さい。

今回は気になるアレ…、そう、トリガーの形がGlock風というわけで、
「マルイGlock用のトリガーに交換可能なのか?」
という疑問が湧いてくると思いますので、
分解がてら確認してみました!


まずスライドを外します。トリガー上部のレバーを下げると「とても簡単に」スライドが分解できます。
レバーがかなり軽いので、射撃時に誤って操作しないようにご注意下さい。


次にアンビ構造のスライドリリースレバーの右側下の小さいイモネジを外します。
写真では、0.89mmの六角レンチを使いました。


スライドリリースレバーの左側には、こんな感じでスプリングが入ります。
取り付けの際の参考に。


左スライドリリースレバーを外し、真鍮製のガイドパイプ?を外します。


前側フレームのベース部分を固定している+ネジを外します。


ベース部分を上に引き抜きます。
なお、トリガーバーリリーススプリングがこのようにベース部分に引っかかるようになっています。



ベース部分を取り外す際、スライドロックレバー下部に入っているスプリングが飛び出し、行方不明になってしまうリスクがあります。
(実際、私は2回発射してしまいました…)
作業の際は充分気をつけましょう。


ベース部分を外し、ようやくトリガー部分にアクセスできます。
トリガーにあるピン2本の内、上側のピンがトリガーバーを固定しているものになります。
このピンを外すと、トリガーを完全に取り外す事ができます。


左はGTP9純正の、右の赤いトリガーは
「C&C Tac Overwatch Precision TACスタイル カスタムフラットトリガー RED (東京マルイ/VFC/UMAREXグロックシリーズ対応)」
です。
トリガーシャフトが通る穴の経が違うのが確認できます。
シャフト軸からトリガーバーを固定するピン位置までの位置関係、距離はほぼ同じでした。


純正トリガーは真鍮製のガイドパイプ?が通りますが、
写真のマルイGlock用カスタムトリガーの場合は経が細くガイドパイプが通りません。
しかし、トリガーシャフトを兼ねているスライドリリースレバー軸はちょうど通りました。


このトリガーを組み込む際、若干の削り加工が必要でした。写真で銀色に削っている箇所になります。
これは、クロスボルトセーフティーと干渉する為です。


セーフティーONの状態。
赤い部分がカスタムトリガーですが、右下側にボルトが干渉し、トリガーが奥まで引ききれないようにストップさせます。


セーフティーOFFの状態。
クロスボルトが左側にスライドし、右下の干渉がクリアになりますが、マルイGlock用トリガーを組み込んだ場合、今度は左側が干渉し、やはりトリガーが奥まで引ききれなくなってしまいます。
その為、前述の説明のように干渉部分を少し削る必要があります。


トリガーバーに組込み、先程と逆の手順で組み上げていきます。
真鍮ガイドパイプはトリガーに通らない為、スライドリリースレバーを直接通す形になりますが、
そのままだとトリガーやレバーがちょっとガタついてしまいます。
そこで、ガイドパイプを少し加工してガイドに流用します。


フレーム側にスライドリリースレバーの軸のみを通した場合、ガイドパイプが無いとガタついてしまうので、
元のパイプを概ね3当分にカットし、うち2つをフレーム左右にはめ込み、ガタツキを防止します。




組み込んだらこんな感じになりました♪
ぶっちゃけ元のトリガーもかなり軽く引きやすいので、わざわざ交換するメリットは薄いかもしれませんが、
やはり見た目が大きく変わりますので、試してみる価値はあると思います!

分解ついでに補足情報です。
まず、HOP機構がオリジナルとなっております。
マズル側から専用の治具を差し込み、回転させることで調節できるようになっておりますが…

スライドを外し…


バレルユニットを取り外すと、簡単にインナーバレルアセンブリがアウターバレルから分離します。
バレル先端に、インナーハイダー的なパーツがねじ込まれているのがわかりますね。



HOP最小状態ではインナーハイダーがインナーバレル側に密着します。



HOP最大状態ではインナーハイダーが銃口側に移動し、インナーバレルアセンブリの全長が伸びます。
HOPパッキン側の突き出し形状をよく見ると、小さいV字というかU字になっており、これで左右の弾道のバラツキを抑制するようです。

構造を見てお分かりの通り、HOP調整治具を使わずともインナーハイダーを直接手で回転させることでもHOP強度を調整できます。
サプレッサーなどを取り付けて治具が使えない場合、
もしくは調整治具がサヨナラしてしまった場合、
この方法が使えます。

補足情報その2は、グリップパネルについてです。
GTP9は後部のグリップパネルを交換できるようになっており、
セットにはより太い交換用パネルが付属していますが…


交換用パネルにも、HOP調整治具がついてました!
\(^o^)/

これなら1機飛ばしても、もう1チャンありますね♪


パネルを外す場合、グリップ底部に収納されているHOP治具を外すと見える、付け根中央の丸いボッチ部分をピン的なもので押してあげると、ロックが外れ、パネルを下にスライドさせることができます。
なお、グリップパネルのラバー部分を無理やりめくる事でも取り外しができますが、何度もやると変形してしまう可能性があり、
このボッチ部分押し込み方式での脱着をオススメします。



グリップアングルや手のサイズ、好みに応じて交換してみましょう。


以上、本日の分解レビューはこの辺りとさせていただきます。
このGTP9は大人気につきアキバ店では既に売り切れてしまいました。
が、近日再入荷の予定ですので、是非この暑い夏のうちに手に入れて使っていただきたい所です。


GTP9はARP9のサイドアームにピッタリ♪
ARP9ユーザーの方は特に、是非GTP9もゲットしてみて下さい!


  
タグ :GTPGTP9GTP 9


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年07月15日

【アキバ店】貼るだけでステータス向上できる便利アイテム!

こんばんわ!アキバ店カラスです。

本日は新製品のご紹介です。

■サコムワークス×97アキバ店 ステータスパッチ





こちらはアキバ店がSacom Worksさんに依頼、作成してもらった、
「ステータスパッチ」
通称、
「ステ振りパッチ」

です!

アビリティ、スキル、ステータス、補正値、Lv等の種類を用意!
組み合わせて空きベルクロスペースに貼るだけで、
何とお手軽に、
装着者にステータス・アビリティを付与することができる超便利アイテム!

しかも、Sacom Works製なので、
文字だけのパッチなのに高品質!!


例えば、こんな風に組み合わせます。



こんな感じで、自分のプレイスタイルを表現したり、
自分に欲しい能力を付与したりする事が出来ます。

※効果の体感には個人差があります。個人によっては効果を感じられない場合もございます。

自分で貼るもよし、戦友の為に「これだ!」というパッチをお土産として買ってみるのもよし、
使い方・楽しさは無限大!

■その他新作パッチ



アキバ店特注の新作パッチも続々入荷!
LCT新製品で大人気のAK-12ユーザーのためにパッチを制作!

また、こちらも大人気ですぐ無くなってしまう、RedDragonKOMODO!
そう、そのパッチバージョン!

「紅龍買い逃してしまった!」
という不運な方も、とりあえずパッチを手にしてみれば、そう、貴方も紅龍ユーザーに♪

そして!

カラス画伯が勝手にデザイン、そして一方的にコラボ作成を依頼した所、
たいへん快くSacom Worksさんが対応してくださいましたという、
「Sacom × 97アキバ店無理やりコラボモデル モソニャソパッチ」

あの可愛らしいモソニャソの、不可能と言われていた2D化に成功しました!!!
\(^o^)/

迷彩生地ベースに作成されていますので、2Dになってもそれぞれ個性がございます。
貴方だけの無理コラモソパッチを見つけてください!

余談ですが、デザイン作成の段階で、イラストレーターで迷彩柄を設定するのが面倒だった私が、
変な色でベタ塗りにしてしまった所まで再現していただいた、
大変レアなベタ塗りバージョンもございます!
買ってください!

最後に、沖縄県民食とも言える、
メタル○アソリッドのスネークの格好で有名な沖縄サバゲーでお馴染みのアッキー氏も、
潜入ミッション時にスタミナ回復の為、カロリーメイトと並び携帯しているという、
あの「ちんすこう」のパッチ化にも成功しました!

沖縄が好きな方、ちんすこうが好きな方、お待たせしました!!


とまぁ、こんな感じでアキバ店は営業を行っておりますので、是非お立ち寄りの際に御覧ください。  



読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 159人
< 2020年05月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
FET (15)
SBD (1)
M4A1 (15)
SR-25 (11)
HK416 (22)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (20)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (5)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (15)
F2000 (8)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (17)
LCT AK (59)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (8)
AK (18)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
KRYTAC (13)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (23)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (35)
映画 (11)
あそび (129)
NPO (2)
Mk18 (2)
PERUN (3)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
アクセスカウンタ