電動ガン動画

2015年11月02日

【蝶歯】FIRE HAWK HC05 分解レビュー



こんばんは、Tacです。
今日はサンプルで1丁だけ入荷したG&G FIRE HAWK HC05の分解レビューを行います。
以前から当店で取り扱っていたFIRE HAWKですが、このモデルはハイサイクルバージョン!

お馴染みのギア比13:1等のハイスピードギアを組み込んだハイサイクルではなく、蝶歯セクターギア搭載のモデルとなっています。
メーカー公称値では11.1v使用で秒間29発だとか・・・。

では早速、内部を見てみましょう!



外装や分解方法はノーマルサイクルのFIRE HAWKと全く同じです。
レシーバー前方のロックピンを抜いて上下に分割します。






チャンバーはM4と共通規格。
まだ社外チャンバーに交換したことがないので相性は分かりませんが規格は同じもののようです。

インナーバレルは120mmと超ショートサイズ!
ハンドガン並の短さです。




モーターはG&G共通のオリジナル18000モーター。
このモデルにはハイトルクモーターを入れて欲しかったです。(・_・;)




分解手順は普通のM4と同じ!
ストックやグリップを外し、ピン類を抜けばすぐにメカボックスを取り出すことができます。







お気付きの方もいらっしゃると思いますが、ギアや軸受けが専用設計!
蝶歯セクターでのハイサイクルでは強力なスプリングを使う必要があるため、ギアのシャフトが強化されています。
また、このモデルはフルオートオンリーのためカットオフレバーは存在しません!
セレクターは通常通りセーフティ、セミ、フルと可動しますが、セミオートに入れてもフルオートに入れてもフルオートとなっています。






メカボックス内部です。
セクターギア、スパーギアはシャフトの太さが異なるため専用品。
タペットプレートは蝶歯セクター似あわせた形状になっており、スプリングはショートストローク用の強力で長いものが使われています。
ベベルギアやピストン、シリンダーなどは共通規格です。




ピストンは耐久性の高いフルメタルティースピストンが標準で入っています。




耐久性を考慮して二重構造の特殊な軸受けが搭載されています。






セクターギアとスパーギアはシャフト径が5mmなのでシムも専用のものが必要です。
シムの規格が異なるため、当店では調整モデルでの販売は行わない事となりました。
なので、今回1丁だけ入荷したFIRE HAWK HC05は格安モデルで1丁のみの販売いたします!
初速は国内基準なのでデチューンはされておりません。
ご自身で調整ができる方はドウゾ!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)FIRE HAWK

2015年10月16日

Firehawkカスタム!

こんばんは!店長のkuroです。

本日は私の大好物のコンパクトモデル・Firehawkをベースにしたカスタムご紹介いたします!

まずは本体の説明から。

■G&G M4 Firehawk CQB



このM4 Firehawk CQB、コンセプトが私が愛用しているAPSのAPS M4 PDWとカブっておりますので、出来るだけ違いを説明していきたいと思います。

APS M4 PDWがフルメタルに対してM4 Firehawk CQBは樹脂製。
重量は200gほど軽くなっております。
ここらへんは好みが分かれるところですね!


全長がかなり短いので、樹脂製といっても、キシむようすは全くありません!

フロントは超ショートのレールに大型のワニ口のハイダーを搭載!結構好みです!



そして、これは、APS M4 PDWに対して利点となるところでもあります!
ハイダーがあるということは、サイレンサー等が取り付け可能!!
それではハイダーの外し方を説明します。

レール上下にある六角ネジを2本外します。
(画像は上部、下部の同じ箇所にもネジがあります。)



ネジを外すとRASが前方に引き抜けます。
RASを引き抜くとハイダーの側部にイモネジがありますので、それを緩めるとハイダーが外れます。
先端は一般的な14mm逆ネジです。



サイトはフィリップアップ式。立ち上げるとこうなります。



グリップは滑り止め加工が施されたTDタイプ。



マガジンはラバー製の滑り止めが加工が施されており、フィンガーチャンネルもついており、とても握りやすいです。



ストックはG&GオリジナルのMOEタイプに似ている形状。
ただ、こちらの方がロック機能や小物収納機能など、MOEより優れております。
ストックパイプの付け根にはスリングプレート、後部にはスイベルホールを搭載!



それでは、このFirehawkをベースとしてカスタムしてみましょう!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

ドーーーン!

うーーん、カッコイイじぇ!


それでは、カスタムに使用したパーツをご紹介。

まずはじめに、ストックは現在当店スタッフの間で流行っている(?)
M4用 ライトウェイトバットストックをチョイス!
ただ、G&Gのストックパイプは配線逃がし用のスリットが入っていますので、見た目が気になるようであればストックパイプは交換したほうがイイですねぇ。



マグウェルにはSTRACタイプマグウェルをチョイス。このようなショートモデルは左手で握る部分がどうしても少なくなるので、このマグウェルをフォアグリップ代わりに握って、タイトな構えをサポートします。
このSTRACタイプマグウェルはマガジンを簡単に装着できるよう、マガジンハウジングガイドの役割も果たしております。



そしてフロントにはFMA 4.25inch ショートサイレンサーを搭載してみました!


RAS内部からサイレンサーがスタートするので、全長を抑え、かつ衝撃にも強くなっております!
バレルの短い銃は発射音がどうしても大きくなってしまいますので、APS M4 PDWとの違いを最大限に利用してみました!



光学機器はトリジコンREFLEXタイプ ドットサイトを使用してみました。


実は私、このトリジコンREFLEXタイプ ドットサイト、結構気に入っております。


オープンドットサイトは視認性に優れるのですが、レンズに射手側から光が当たると反射してみずらい!
それに比べ、このトリジコンREFLEXタイプ ドットサイトは一見オープンのようですが、レンズが筒に覆われておりますので、そんな反射が一切ありません。


また、ゼロインの調整もマイナスドライバーで出来るので、ラクチン。



スイッチは本体左下にあるので、左手でサッと簡単にオンオフできます。



さらにご親切な事に、レールアダブターと本体の間に
鉄板のスペーサー
円筒状のスペーサー
が搭載されているので、微妙な高さが調整出来るんです。


これが1番高い状態



これが2番目に高い状態。円筒スペーサーを外してあります。



これが一番低い状態。円筒スペーサーと鉄板のスペーサーを外した状態。


という感じに細かく高さ調整が可能。
今回は一番低くしてセットアップしました。

はい。ということでもう一度お披露目。


ひゃーーカッコイイですなあ!(自画自賛)


  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)FIRE HAWK

2015年05月19日

Firehawk CQB!!

こんばんは!店長のkuroです!

本日は、私の大好物のコンパクトモデルの新製品について説明させて頂きます!

その名も・・・・・
G&G M4 Firehawk CQB!!



って興奮していますが、2日前にTacが記事に上げてますね(汗)
ということで、今回は外装を中心に説明致します。


このモデルの最大の特徴は、汎用性の高いM4をベースとしながらも、非常にコンパクトにまとめ、軽量に仕上げているということです。
樹脂製のスポーツラインモデルですので、重量は驚愕の2.2kg!!



そして、全長も約55cm!!



それではいつものように前から説明していきます。
ハンドガードは樹脂製でDDを思わせるデザイン。
4面レール仕様となっており、光学機器はもちろん、ライトやフォアグリップの取り付けも可能。
ハイダーはオリジナルデザインの金属製の大型ハイダー!強度はかなりあります!
ワニ口がイカしたデザインだぜぇ~



マガジンは、フォアグリップがわりに握る事を意識したデザイン。
フェンガーチャンネルはラバー製で滑りにくい構造となっております。
300連のマルイスタンダード共通規格です。



サイトは折りたたみ式で、光学機器を載せた際に視界のじゃまになりません。



グリップはタンゴダウンタイプ。
ストックはMOEをオマージュしたタイプ(笑)



でも、このストック、機能はMOEさんより優秀です。
ポジションチェンジレバーのスプリングが柔らかいため、工具なしにストックを取り外せます。
しかも、ポジションロックもワンタッチ。



さらに、こうやってパカッとあけると・・・・



電池収納スペースもあります。
ライト等の予備電池はここに収納出来ますね!
きのこの山は5つぐらい入りますので、非常食入れとしても利用可能か!?笑

バッテリーはストックパイプ内収納なので、lipo専用機種となります。



ストックパイプ基部には左右に付け替え可能なスリングプレートを装備!



ブンブン振り回しても先端をぶつける事のない、超コンパクトサイズのCQB特化型M4、さっそく1丁は室内レンジ用のレンタルガンとして仕上げました!
レンジが完成した際は是非お試しくださいね!

  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)新製品入荷情報FIRE HAWK

2015年05月16日

G&G FIRE HAWK REVIEW!!!



こんばんは、Tacです。
今日は、新入荷のG&G FIRE HAWKのレビューを行います。

このモデルはM4のフロントを極限まで切り詰めたCQBカスタム!
レールハンドガードを搭載しているので拡張性も高く、M4ベースなので様々なカスタムパーツを使用することができます。

さて、究極のゲームウェポンをUltimateモデルに調整してみましょう!




レシーバーの上下分割は、フレームロックピンを抜くだけで簡単に行えます。

スポーツラインモデルなので樹脂製のレシーバーですが、高強度樹脂を使用しているのでギシギシ感はまったくありません。







チャンバー&インナーバレルを取り外しました。
インナーバレルは驚愕の120mm!!
こんなに短いインナーバレルでもしっかり使えるように調整しますヨ。(OvO)







今回はUltimateモデルで調整するのでホップアップパッキンを交換します。
かなり短いインナーバレルなので、流速カスタムで仕上げます。
パッキンはFIRE FLYの電気くらげ。0.25g以上の重量弾の使用が前提なので《辛口》をチョイスしました。(OvO)







ロアーの分解の移ります。
長いドライバーを使ってストックパイプを外します。

このモデルはスポーツラインモデルでありながら、バッファーリングが別体になっており、リアルな作りになっています。(OvO)





グリップとモーターを取り外します。
この部分も通常のM4系と同じ手順で行えます。
モーターはG&G共通のORIGINAL 18000モーターを搭載しています。







Ultimateモデルなのでモーターを交換します。
流速カスタムは強力なスプリングを使用するので、ピニオンギアを交換します。

ピニオンギアはSHSとLayLaxの2種類を用意。
GaeBulgモデルとUltimateモデルではピニオンギアも選択できるようにします。
通常はSHS製を使用し、ご希望があれば追加料金で精度の高いLayLax製を選択するという形になります。(OvO)







続いてマガジンキャッチ、トリガーピン、テイクダウンピンを外して、ロアレシーバーからメカボックスを取り出します。

メカボックスを開ける前にカギ爪状の工具を使って逆転防止ラッチを解除しましょう。(OvO)







FIRE HAWKのメカボックス内部です。
パーツはすべて共通規格になっているので、様々なカスタムパーツを組み込むことが出来ます。

ギアはG&G共通の強化ギアが入ってます。 このギアは耐久性が高く、クラッシュしたのを見たことがありません。(OvO)







シリンダーは外から見るとフルシリンダーに見えましたが、実際には加速シリンダーでした。
きれいなブルーのアルミ製シリンダーはとても軽量です。

純正のピストンOリングは外径が小さく、気密に難があったので交換します。(OvO)







スイッチに接点グリスを塗布し、シム調整とグリスアップを行います。
また、必要に応じて、軸受けの接着も行います。 タイトに圧入されている場合はそのまま使用します。(OvO)







組み上げて試射です。(OvO)
このモデルは流速カスタムなので、重量弾でチェックトします。
主に東京マルイ パーフェクトヒット バイオ0.25gBB弾を使用します。(OvO)





こちらがノンホップの初速。
流速カスタムなのでノンホップ状態では初速が低くなっています。






そしてこちらがホップ適正時の初速です。
0.25g弾で約83m/s。
ジュールで言うと0.87Jで、これは0.2gBB弾使用時の初速約93m/sに相当します。

ホップ適正時が最大初速になっていて、ホップのかけ具合でこれ以上パワーが上がることはありませんでした。(OvO)
同時にG&G バイオ0.28gBB弾でもチェックをして、問題なく使用できることを確認しました。(OvO)





今回モーターを交換したUltimateモデルと、モーターの交換を行わないBasicモデルの発射サイクルを比較してみます。
どちらも同じSPARK 7.4v Li-poバッテリーを使います。





こちらがBasicモデル。
発射サイクルは12.49発/秒です。





そしてこちらがモーター交換をしたUltimateモデル!
発射サイクルは16.85発/秒!

ノーマルモーターだと、Li-poバッテリーを使っても少し遅いかなといった印象でしたが、モーターを交換することによって、速すぎず、撃っていて気持ちのよいサイクルに仕上がりました!(OvO)

ショートバレルの流速カスタムなのでパン!パン!と大きな音を立てるステキなウェポンのG&G FIRE HAWK。
現在、商品ページを作っている途中です!
販売開始は5月18日からとなります。 今回は少数限定なのでご注文はお早めに!(OvO)


  
タグ :FIRE HAWK


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)FIRE HAWK

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 124人
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (17)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (7)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (14)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ