電動ガン動画

2017年02月22日

APS Phantom EXR Mk1 分解レビュー


こんばんは、Tacです。

今日はAPSの新作「Phantom EXR Mk1 」の分解レビューを行います。

現在はまだ予約を承っておりませんが、近いうちにご案内出来るかと思います。

このPhantom EXR Mk1 はハンドガードやフレーム、ストック、グリップ等全てを新しく作ったAPSのニューモデル!

特に、グリップが細身でとても握りやすくなっています。

本体重量も軽い方で、全長も短めなのでサバイバルゲームにもってこいです。

また、このモデルはAPS初となるアンビセレクター搭載モデル!
もちろんマガジンキャッチやチャージングハンドルもアンビ仕様となっております。








フレームロックピンはAPS初となるネジ式の抜け防止ピン。
通常のM4と同様に上下分割します。







純正インナーバレル長は317.5mmで、先端部にはブレ防止のOリングが2つ入っています。
インナーバレルやチャンバー等は共通規格なので、社外品への交換が可能です。







このモデルはインナーバレルがアウターバレルよりも長いため、ハイダーを交換する際等にインナーバレルが見えてしまう可能性があります。

純正ハイダーでの使用の場合は問題ありませんが、気になる方は別途「インナーバレルショート加工」を同時注文頂ければ、アウターバレルと同じ長さでカット致します。
その場合のインナーバレル長は280mmです。







APS Phantom EXR Mk1の一番スゴイ所はココ!
バッファーチューブがねじ込み式!

これまでの電動ガンの固定方法とは異なり、ロアレシーバーにねじ込んでリングで固定します。






APSのバッファーリングは切り欠きが3つ。
なのでレンチの1点で引っ掛けるタイプの物を使用しましょう。






続いてグリップとモーターを取り外します。

このモデルに付いている新作のグリップはとても細身なので、中のスペースもギリギリ。

スイッチバリカタを付けるので精いっぱいです。








次にボルトキャッチを外します。
ボルトキャッチピンには2mmのピンポンチを使うと良いでしょう。

APSはチャージングハンドルを引いた状態でボルトキャッチボタンの下を押すと、ダミーボルトが後退したままロックされる仕組みです。

このPhantomからはその操作がやりやすいようなボルトキャッチボタンのデザインになっています。







マガジンキャッチボタンもワイドになっており、人差し指で押しやすいデザインになっています。
アンビ機能が付いているので、左右からマガジンリリースが可能。







APS初となるアンビセレクターは、左右それぞれネジで固定されており、分解にあたってその両方を外します。
両方のセレクターにボールベアリングとスプリングが入っており、カッチリ感は良好。
右面セレクターの剛性や位置精度、操作感もたいへん良好です。







コチラがAPS Phantom EXR Mk1のメカボックス。
APSのシルバーエッジメカボックスにアンビセレクターギアが付いています。
セレクタープレートも加工が入っているように見えます。







ブローバックダミーボルト、ボルトロックパーツを外し、残りのネジをすべて外します。
ボルトロックパーツは最初でネジロックしてしまえば、二回目からの分解の時には押し上げて下のネジを外すだけでOKです。

メカボックスのガワや内部パーツは他のAPSM4シリーズと同じなので、規格も共通。

ギアやピストン、ノズル、タペットプレート、スイッチ等ほぼ全てのパーツがマルイ系カスタムパーツと互換性があります。
逆に専用パーツはブローバックダミーボルトとそのスプリングくらいです。







ギアはノーマル比で、軸受けは8mmベアリング。
配線は耐熱性の高いテフロン被膜ですが、中身は錫メッキなのでハイレスポンスコードへ引き直すとレスポンスがグンとアップします。






ノズルは約21.6mmとM4系としては長め。
純正ノズルのままチャンバーを社外品に交換すると給弾しなくなったり、純正チャンバーのままノズルを交換するとエア漏れを起こします。

そのため、当店でノズルまたはチャンバーを交換する際は、両方同時に交換する事が多いです。



今回レビューしたプロトタイプのAPS Phantom EXR Mk1をカスタムしてみて、当店の全てのプランで施工できる事が分かったので、近いうちに予約のご案内が出来るかと思います!

予約がいつ開始されるかは店長次第でございますので、気になる方はドシドシお問い合わせ下さい!

以上、APS Phantom EXR Mk1 分解レビューでした。


  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)APS Phantom EXR Mk1

2017年01月05日

APS Phantom EXR Mk1 外観レビュー

こんばんは! ライです:D

新年早々、APS社の最新作のAR系カスタムライフルをご紹介!





APS Phantom EXR Mk1



MUR-1系の直線美とはまた異なり、機械的な直線とエルゴノミクスデザインで構成された、斬新なスタイリングが特徴の最新作!

少し前に発表されたモデルとなりますが、今回サンプルモデルが入荷してきましたので外装レビューをお届けしま~す( ´∀`)

商品名の『EXR』は、『Extremis Rifles』の略称となります。
ちょっと呼びにくいんだもん……(笑)







パッと外観を見た感じは「ゴツい!」という印象が先にきます。

大型のストック、角ばった形状のハンドガード共に直線が多用されており、尚且つ取扱易さを向上させるような曲線デザインも取り入れられており、実銃同様に扱いやすさを追求したデザインのように見えますね~

グリップはフィンガーチャンネル付きとなっており、MIADグリップのようにバックストラップなどが交換可能!

レシーバーはもちろん金属製、内部機構はAPSのお家芸であるブローバック機構を搭載したVer.2系互換メカボックス。







斬新なデザインのレシーバーはAPSの完全オリジナル!(*^_^*)
他社の追随を許さない、独自のエアガンを開発し続ける姿勢が凄いですね……!

マガジンはSTD-M4系互換マガジンのU-Mag(300連)が付属しており、もちろん各社製との互換性があるタイプになります。
グリップもAEG-M4系のものと互換性がありそうです。

レシーバーと一体型のトリガーガードにRAFタイプのストレートトリガーを装備しており、シューターズカスタムといったところでしょうか。

当初の画像ではレシーバーにデカデカと『危険』激シブフォントで漢字がプリントされていたのですが、どうやらボツになったようです。。。(泣)

攻○機動隊みたいな感じで格好良かったんだけどな~(笑)







メタルレシーバーはアンビ化されており、マグキャッチ、セレクターは左右両面より操作可能!

セミフル切替可能で、セレクターマーキングは『HOLD/PAIN/HELL』 ^^;

Extremis Riflesの名に恥じない表記です(笑)







交換用バックストラップなどが付属しており、グリップはサイズ調整が可能。
純正状態でカスタムパーツてんこ盛りなので、光学機器を載せるだけでフルカスタムARの完成!







角ばったデザインのハンドガードにはサイド/アンダーにKeyModホール、上面に20mmレールが搭載され、各種KeyModオプションや光学機器に対応。

マズルは14mm逆ネジ仕様で各社製のオプションやハイダーと交換可能!
純正のマズルブレーキは三叉に無数のポートを組み合わせた形で、比較的大型の金属製となります。

Fサイトはフリップアップ式で、高さも低めなので光学機器を邪魔しません。







レシーバーとハンドガードのトップレールは段差もなく、光学機器をスムーズにマウントできます。
もちろんホワイトプリントによるナンバリング入り。







実物だと放熱効果が高そうな肉抜きで、シューターズカスタムらしく軽量化も図られています。







リアサイトもフロントサイト同様に低背のフリップアップ式、チャージングハンドルはアンビタイプになっているのが特徴。







ストックはASR系のRX-Customシリーズにも装着されている、こちらもAPS社最新作のRS-1 バットストック。

VFC AvalonシリーズなどのQRSストックとも似ていますが、こちらはもう少し大きく、なんとMini-Sタイプのリポバッテリーが収納可能!







こんな感じですっぽり収まってしまうのですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー







もちろん伸縮調整可能。バッファーチューブ径は一般的なものなので、他種ストックへの交換も可能ですよ。







如何でしたでしょうか? これまでに類を見ないオリジナリティ溢れるデザインは、フィールドでの注目を集めること間違い無し!

内部パーツも汎用のVer.2系パーツが基本的に使用できますので、ゴリゴリにカスタムして更に注目されるもよし!
時代を先取りしたカスタムガン、入荷をお楽しみに♪
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)APS Phantom EXR Mk1

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (43)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ