電動ガン動画

2016年07月31日

ARES Vz58 Long 外装編

こんばんは、Diです。

本日はARES製Vz58 Longの外装編をお届けします。
分解編については、ARES Vz58 分解編を参考にしてみてください^^

ARES製品といえば、電子制御のトリガーシステム搭載のゲームウエポン!
そんなハイテク装備を搭載してVz58というマイナー銃!? をモデルアップしたARESは素晴らしいと思います。
恐らく主にヨーロッパ市場向けのラインナップだと思われますが、国内ショップでも比較的容易に入手可能です。

ARES Vz58 Long

箱や説明書には実銃メーカー「CSA」のロゴ表記があり、恐らくライセンス品。

実銃では元々国営会社で製造などされていたようですが、現在は民営化されているらしいです。
ただCSAのHPを確認しましたが、どうやらARESが販売しているモノと同様なタイプはなさそうでした。

ちなみにエアガン、実銃ともに外観はAKと酷似しておりますが、互換パーツは殆どありません。
※エアガンの場合は、インナーバレルやパッキン、一部ギア、モーター、ピストンなどは互換アリ


フロント部分もかなりAKに酷似しておりますが、互換性は無し。


ハイダーはAK47タイプに似ております。
こちらは正ネジなので、ハイダーなど交換の場合は正ネジ対応のオプションを用意する必要があります。
フロントサイトもVz58オリジナルの形状を再現しております。


スリングはAK47系同様なレイアウトになります。
リングが予め付いており、様々なスリングに対応可能です。
ガスブロックとアウターバレルは一体成型となっており、造りが甘いです。


ハンドガードはバッテリー収納の為に工具無しでの取り外しが可能な設計です。
アッパーはピンを抜き、取り外しが可能。


次にガスブロックの大きいネジを緩めると、前方にガスブロックが移動出来ます。


そうすると、こんな感じになります。
バッテリー収納スペースは小さく、LiPoの2pc 7.4Vなどに限られると思われます。



レシーバー等には刻印が再現されております。
ただ口径の表記が5.56x45となっており、付属マガジンとは違う仕様になってしまいます。


ボルトは実銃同様に露出したタイプで、後退位置でロック可能です。


HOP調整も行い易く、大型のドラム式でグローブ装着でも操作可能かと思われます。


ボルトリリースボタンがあるためにマガジンキャッチがオフセットされております。
ボタン形状などは実銃通りにうまく再現されているかと思います。


セレクターは写真の状態で、セーフとなります。
親指で操作可能で、トリガーから指を離さずに何とか操作は可能。
しかし操作性は個人的にはイマイチといった感じがしますが、各ポジションのクリック感は良好。

ちなみにEFCS搭載なので、別売のコントロールユニットでバースト設定なども可能です!
また調整済みご購入の場合は、当店でバースト設定なども可能ですので是非ご活用ください^^


グリップも再現性は高く、握りやすい形状となっております。


レシーバー左側面にはマウントベース取り付け用のネジ穴があります。
残念ながら当店での取り扱いはありませんが、国内でも入手は可能かと思います。


トップカバーはサイドのピンを抜いて取り外し可能。
AKと比較するとだいぶ小さいのでかわいいです^^


ストックは折り畳み可能で、折り畳み状態でもセレクター操作可能です。




マガジン形状はなかなかの再現度です。
Vz58オリジナル形状で、AK系のマガジンは使用不可となります。

外装については以上となります!

ディティールは少し甘めですが、形状はVz58そのもの!!
Vz58が欲しい人にはぜひ購入をおすすめしたい商品となります!

以上、ARES Vz58 Long 外装編でした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)VZ58

2015年12月19日

ARES Vz58 Long 分解編

こんばんは、Diです!
本日はARES製Vz58分解編です!


ARES製品は電子制御を取り入れたモデルを最近は販売しており、
このVz58もその電子制御システム「EFCS」搭載となっております。
海外製ではこの電子トリガーが標準で付いてくるなんて、恐ろしい時代になりましたね…

分解はいたって簡単で、特にコツなどはないので思いのままにバラしていきます。
ただ外した部品の紛失や取り付け箇所は忘れないように!



先ずアッパーハンドガードの取り外し。
赤マルのピンを押し込み、ハンドガードを取り外します。
ピンは完全にハンドガードからは抜けないので、思いっきりポンチなどで叩かないように注意!


するとバッテリー収納スペースになっているハンドガード内が確認出来ます。
大きなマイナスネジがあるのでこれを取り外します。
するとガスバイパス部からアウターが前方に抜けます。



お次はコチラのアウターバレル基部になります。
赤マルのネジを取り外して下さい。
これでフロントの分解作業は終了です。



メカボックスを取りだすためには、先ずグリップから取り外します。
外観はAK系統ですが、グリップの取り付けなんかはAR系に近い感じです。
底蓋を取り外したら…



モーターを取り外して…
因みにDピニオンタイプのショートでした。
海外製のなかでは回転数高めで、個人的にはこのままでも良いと思いました。
あと、グリップ内でネジ4本でメカボに固定されているので、それも外します。


次はマガジンリリースとボルトリリースのレバー取り外しです。
固定ピンがメカボを貫通しているので、これを外さないとメカボが抜けません!
片方にローレット加工がされているので、抜く方向にはご注意!


取り外したレバー系はコチラ↑
それぞれバネのテンションが違うのでこちらも注意ですね。


あ!トップカバーも忘れずに取り外しましょう!
レシーバー後部のピンを抜けば取り外せます!
撮影の為にストックも外しましたが、外さなくてもメカボは抜けます。
因みにクイックリリースのスプリングガイドですが、
絶妙にレシーバーに干渉しているので、この状態では抜けません…笑




メカボックスはオリジナルのメカボで、内部パーツも一部独自です。



これが噂の電子制御のユニットですか!



メカボはバラす前にスプリングを外しておきましょう。


メカボシェルはネジ3本、基盤がネジ2本固定なので、
そのネジを取り外すとメカボを開くことが可能になります。


ノズルとシリンダーヘッド、タペットプレートはオリジナルなので
補修の場合はメーカーからの供給が必要になります。


ギア形状は通常の電動ガンと同様になりますが、
セクターギア内部に磁石が埋め込まれておりますので、
実質これもオリジナルになりそうです。


ピストンはフルメタルティースとなっております。
多少のバリがありますが、使用に問題のない箇所です。



セレクタープレートは金属製で、こちらにも磁石が埋めこめられております。
この磁力を感知することでカットオフなどを実現させているようで、
このメカボックスにはカットオフレバーは存在しません。
なので、正常な動作にはセクターギアとセレクタープレートの磁石は必須になると思います。


チャンバーは何かのSF映画とかに出てきそうな形状です。
おもしろい構造で、テイクダウンの為にノズル側は上部が開いてます。


HOPパッキンはシリコン製で、これがまた厄介です。
チャンバー内壁にパッキンが吸着して、最悪パッキンが破れます。
調整済みモデルの場合は破れてたりしたら交換してますのでご安心を。
ただご自身で調整される方は、注意したほうがいいかもしれません。


インナーバレル清掃など終えたらチャンバーをレシーバーにセット。


因みにHOP調整はボルトロックが可能なので、調整もラクラクです。
HOPダイヤルの操作感もベストな固さであります!

各所、問題なければ組み込んで終了です!

以上、ARES Vz58 Long 分解編でした!  
タグ :ARESVz58分解


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)VZ58

2015年09月09日

「ARES Vz58 Short」外装レビュー!

はいさーい!最近引っ越したんですが、クーラーがなくて寝汗のすごいスタッフのKATSUです。この勢いで痩せてくれればいいんですが、現実は非情!少しも体重は落ちません(:_;)
当店は本日まで社員旅行のためお休みを頂いておりましたが、明日より営業再開致します。

さて、出だしの文とは全く関係がございませんが、今回ご紹介する製品はコチラ!
「ARES Vz58 Short」


実は以前「ARES Vz58 Long」紹介記事を書いた際、うっかりショートモデルのご紹介を忘れてしまっておりまして…(^_^;)今回はそのリベンジも兼ねてより詳しく見ていきたいと思います。前回記事は「ARES Vz58 Short外装レビュー!」をご参考ください。


さっそく「Vz58」シリーズのショートモデルとロングモデルの比較画像から!

マガジンを抜いての比較なので、ショートモデルがよりサブマシンガンに近く感じますね!私がショートモデルを持って「やっぱり(実銃が)チェコ製だけあってスコーピオンに似てるね~」と話を振ると、あまり同意は得られませんでしたが…。

ロングモデルとショートモデルの大きな違いは、特徴的なフロントの長さもありますが、ロングでは下部ハンドガードにあったバッテリー収納がショートではおなじみのトップカバー内へと移動しています。



バッテリーの収納方法は、まず、レシーバー後端上方にあるピンを、左から右へと指で押します。(画像参考)

ピン抜け防止加工が施されていますので、ピンポンチ等で無理やり抜かないようお気を付け下さい。基本的に指の力だけで抜けるような固さですが、もし押しにくい場合はピンポンチでやさしく押して外しましょう。ピンが止まるまで抜いたら、少し硬めですがトップカバーを上へ外します。

ボルトキャリアーもレシーバー後端まで引くと上方に外せます。取り外すとこんな感じです。AKのようなデッキロックでの固定ではない為、トップカバーを外すとメカボの上はとっかかりもなくきれいですねぇ。

バッテリーは「Option No.1 AKスティックLiPoバッテリー 7.4V 1100mAh」が適合します。しかし、このバッテリー収納が難しい(>_<)

このようにバッテリー本体はすっぽり収納できるのですが…
チャンバー内への配線逃がしに少しコツが要ります!私は配線をHOP調整ダイヤルに巻くようにして、コネクタを上に配置して入れました。チャンバー周りがてんこもりになるので、HOP調整の際はトップカバーを外した状態で行ったほうが良さそうです。

もうすでに紹介してしまいましたが、HOP調整ダイヤルはこの位置!時計回りに回すことでHOPをかけることができます。

ショートモデルではフロントサイトなどもAKのショートモデルのように、ロングと同じサイトを幅を詰めるように配置していますね。私はこっちの方がゴツゴツして機械的で好物です!

ハンドガードはリアサイトブロックの下にちょこっと付いている程度の短さ。ストックを畳むとほとんどAKピストルといった雰囲気!ゲームでもかなり使いやすそうです!

刻印等もしっかり刻まれています!フルメタルですので光を当てるだけで刻印が浮かび上がって、ボルトキャリアの尖鋭的なシンプルさと相まってまるで刃のような攻撃性を感じます。

リアサイトも共通の800m!小ぶりなサイトはショートモデルの方が似合いますね(*^_^*)

ストックは基部下方のボタンを押しこんで、右側面に畳みます。

うっひょー!ストックを畳むと、よりショートモデルの小ささが実感できます!畳んだ方がカッコいいかも!?セレクターはAKと同じ右側面に配置されていますが、この状態でも快適に操作ができます!

セレクターは手前から「フルオート」→「セーフティ」→「セミオート」。実際に操作してみると、待機状態で「セーフティ」に入れていても瞬時にどちらかへ切り替えることができるので、暴発対策や実戦での安全管理など有利なのかもしれませんね。ゲーム等で、常にセーフティに入れておき、撃つときだけ切り替えていると、よりプロフェッショナルな雰囲気を出すことができそうです。切り替えもスムーズ!

マガジン挿入部はチャンバーまで深さがあり

実物マガジンのリムまで再現した長いマガジンをしっかり保持してくれます!マガジン前方のかみ合わせが、ひっかけるというより面で固定するような感じなので、より強固に装着出来ています。ガタもなく、長い挿入部のおかげでマガジンの装着も超楽々!レシーバーがマグウェルのような働きをしてくれるので、内部で別の場所にひっかける事もありません!いいなぁこのマガジン。他のAKもこの方式を採用してくれないかしら…。

グリップはフィンガーチャンネルの付いたエルゴノミックなタイプ!グリップ下部は放熱口まで開いてます。


ショートモデルになって、重量はというと…「2,915g!」小さな外見とはうらはらに、ずっしりとした重量感を楽しめます!フルメタルのだいご味ですねぇ(*^_^*)フロントが極短なのでバランスも良し!

そして全てのAKユーザー様!お待たせしました!!「ARES製Vz58」がすごいのは、外見や、マニアックな機種というだけではないのです!なんと「マイクロスイッチ内蔵!」なんです!!
マイクロスイッチの特性であるON⇔OFFの瞬時の切り替えによりセミの切れ感が素晴らしい上に、下の写真をご覧ください!トリガー移動量がとても少ないので、今までもっさりしたトリガープルとは無縁のレスポンスを体感できるのです!!

フルサイズAKのフロントの重さと、長いトリガープルにより、バリケードからひょこひょこっと飛び出す相手を撃ち損じる…。AKをお持ちの同士なら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか!?
そんな残念な思い出とも今日でおさらば!!最強のゲームAKウェポン!!「ARES Vz58 Short」をぜひチェックしてみてくださいね!以上!「ARES Vz58 Short」の外装レビューでした!


  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)VZ58

2015年07月22日

ARES VZ58L 外装レビュー!

沖縄では梅雨も明けてしばらく経ちますが、天気が不安定で残念ですね(;一_一) 皆様こんばんは!KATSUです。
今回の外装レビューは、珍しいアサルトライフルをご紹介!
『ARES製 VZ.58』

最近色々なブログでも取り上げられるようになり、AK好きの私としては気になっていた商品でした!(^^)!早速見ていきましょう!

第一印象は「とにかく細い!」

詳しくない人なら間違えてしまいそうなほどAKにそっくりな外見ですが、実際に手に取ってみると、同じチェコ製の「スコーピオン」を大きくしたような印象を受けました。実銃は7.62×39弾を使用する以外はほとんど別の銃と言えるほど内部構造が違うのは周知の事実ですが、命中精度も良く、信頼性の高いショートガスピストンにより現在もチェコ軍で使用されているという息の長い名銃でもあります!

そしてまず目を引くのが特徴的なストック!商品名はVZ.58となっておりますが、L字型フォールディングストックが付いたタイプですので、元となったデザインはVZ.58Vに分類されるのではないでしょうか?

ストックを畳んだ姿もレシーバーと一直線で美しい・・・。工業国チェコのこだわりを感じますね(*^_^*)重量も実銃の3.1㎏とほぼ同重量!AKと比べると1kg近く軽いんですね。それでいて高精度とかハイスペック!折りたたみは、ストック基部のボタンを押すことでロックが解除される仕組みです。



さらにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、とにかく細い!AKのフロントと比べるとよりはっきりと機種の違いがわかります。縦だけでなく全体がスマートなので、手の小さい私でもかなり握りやすいです!

フロントサイトの付き方も工業国らしい細かい作り!ガスブロックの形と合わせてとても機械感溢れています!こういったポイントもVZ.58魅力ではないでしょうか。


サイトはAKと似たタンジェントサイト。この写真では写っておりませんが、~800m表記でした。VZ.58だとホントに狙えそうでワクワクします。

HOP調整はチャージングハンドルを引いたこの部分に。ボルトを引くと全体のシルエットが変わって面白い!巨大なボルトキャリアが実銃のタフさを感じさせてくれます。また外装はアルミ合金のフルメタルですので、ボルトキャリアを閉じると、金属のいい音が響きます!

アッパーレシーバーはグリップ上のピンを抜くと外れますが、ここにはバッテリーを入れないので特に外す必要はないでしょう。

ではどこにバッテリーが入るかというと、ここ!

AKで言うところのハンドガードラッチにあるピンを抜き、下部ハンドガードを固定しているリテイナーにある大きなネジを緩め、なんと!バレルを前にずらすと下部ハンドガード部にコネクターが!ハンドガード内には2PCタイプのバッテリーがすっぽり入ります。

セレクターはAKや89式と同じく右側面についています。動きも軽く切り替えやすい!そいておもしろいのがその切り替え順!「Full→セーフティ→セミ」となっています。ここにもAkとの内部構造の違いとこだわりを感じます!(^^)!

左側面にはマウントを取り付ける穴が開けられていますね。同じARESさんから取付用のマウントが販売されていますので、光学機器を載せたい人も安心です!というかレイルハンドガードやM4ストックのつけられるキットも出ていますのでいきなりモダナイズども出来ちゃうんですね~。マイナーな銃かと思っていましたがアウターパーツも豊富そうです。

グリップもエルゴノミックタイプ。握りやすく、黒いハンドガードと相まってスマートですね~。
さらにさらに!今回嬉しかったのが、マガジンのリップ形状!しっかり弾丸の抑えまで再現されているんです!リップ全面も大きく取られているので剛性が高そうです。勿論実銃同様マガジンの外見だけでなく、リップやカムの形状も違いますので、そろえる際は専用マガジンをお買い求めくださいね!



さて期待の「VZ. 58」如何だったでしょうか!AKとは違った、スマートでカッコいいライフルをお探しの方!AKも好きだけど他の人と差をつけたいそこのあなた!ぜひ一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。実際にさわるとさらに個の銃の魅力に気づかれるのではないかと思います。以上!「VZ.58」外装レビューでした(^O^)/






  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)VZ58

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 118人

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (45)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ