電動ガン動画

2017年04月07日

VFC Colt Mk12 Mod1 にサプレッサー付のDXバージョンが登場!

はいさーい! 最近暖かくなって、布団から出るのが楽になりました! 寄る年波には勝てません、スタッフKATSUです!
今回はVFCが新たに送り出したColt MK12のDXバージョンが入荷しました!

VFC Colt Mk12 Mod1 Fixed Stock DXver.サプレッサー付




VFC Colt Mk12 Mod1 LMT Stock DXve.サプレッサー付





DXバージョンも、以前紹介致しました「VFC SPR Mk12 Mod1 (スタンダード)」同様、正規ライセンスモデルということで、しっかりと各部への刻印が入っております。前回の紹介記事「VFC SPR Mk12 Mod1 外装編」はコチラのリンクから。※2年以上前の記事ですので、各部の生産ロットによる違いがあるかもしれません。


DXバージョンの最大の魅力は、何と言っても純正で付くようになった「OPSサプレッサー」! 以前は同社のサプレッサー単品での購入をしないといけない上に、中々市場に出回っていなかった為、入手に手間が掛かりましたが! 今回は最初から付属しております! ヤッター!!




形状も刻印もちゃ~んと入った純正品! 内部にはしっかりスポンジが封入されており、消音効果も期待できるスグレモノです!




レイルハンドガードのホワイトマーキングもキレイに入ってます!




さらにDXバージョンからは、セレクターに合わせて右側面のインジケーターがライブで稼働! 素材もスチール製へと更新され、リアルさと強度をさらに増した仕様に変更されていますね~!


また、セレクターだけでなく、ボルトリリース、マグキャッチもスチール製へ材質変更が行われています!


DXバージョン2機種の違いは、以前のMK12と同様ストックの仕様のみとなっています。



残念なことにDXバージョン以前のMK12は手に入りづらくなっているようで、当店からも再三お願いをしているのですが再生産は再延期(泣)
高級メーカーVFCによる高品質MK12をお求めの方は、ぜひこの機会にVFC Colt Mk12 Mod1 DXバージョン! をチェックしてみてはいかがでしょうか!

以上、スタッフKATSUでした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)VFC Mk12

2017年02月03日

VFC Mk12にPicoSSR3とサマリウムコバルトモーター組み込み



こんばんは、Tacです。
今日は「VFC Colt Mk12 Mod1 正規ライセンスモデル」に、GATE PicoSSR3サマリウムコバルトモーターを組み込みます。

今回調整するMk12は新型メカボックスの最新ロットでした。
VFC当店で取り扱っているVFCのVer.2メカボックス搭載機種は続々と新型に切り替わってきています。
Avalonシリーズは元々新型メカボックスが搭載されていますが、従来からのラインナップのMk12やMk18、SR-15等にも新型メカボックスが入ってきています。





新型メカボックスはQDスプリングガイドを搭載し、軸受けが標準でボールベアリングになっています。

ピストンやタペットプレートの材質も、従来品のポリカーボネートとは異なりますね。






メカボックスの新型旧型問わず、セクターギアとスパーギアはスプリング式の自動シム調整機能付きとなっています。
このスプリングがかなり柔らかく、そのままだとギアノイズも出やすいので、当店の調整モデルではスプリングを取り外してシム調整を行います。





今回はGATE PicoSSR3 MOS-FETの組み込みメニューで、ハイレスポンスコード同時組込をご注文いただいておりますので、高効率レイアウトで配線を引き直します。
メインスイッチから純正の配線を外し、プラス配線を2本まとめて片側の端子にはんだ付けします。
もう片方の端子には信号線を1本はんだ付けし、セーフティレバーを上げた状態でも配線が干渉しないように取り回します。



プラス配線と信号線の合計2本がモーターの下を通ります。
これらのは配線が浮いてきて、モーターのピニオンギアで削ってしまうと大変なので、2本まとめて熱収縮チューブを被せ、メカボックスに接着します。
接着剤をどっぷり付けると外す時に大変なので、接着剤は軽くちょんでOKです。





配線の引き直しやシム調整、グリスアップが終わったら、メカボックスを組み立てます。
ハイレスポンスコードはクリアな被膜なので、プラスマイナスが分からなくなってしまわないように印を付けておきます。




PicoSSR3をどこに配置するかを決め、マイナスの配線に割り込ませ、信号線もはんだ付けします。

GATEのPicoSSR3はMk12のノズルよりも小さいサイズなので、ストックパイプ内にバッテリーを収納するM4系や、トップカバー内に収納するAK系でもバッテリースペースを確保出来ます。



PicoSSR3には、TITANやWARFETなどの上位グレードのFETに付いているような「電子ヒューズ機能」は搭載されていませんので、別でヒューズを取り付ける必要があります。

当店のPicoSSR3組込メニューでは、同時にヒューズの取り付けも行います!
バッテリーコネクターは、特にご指定がなければ一律ミニコネクターで施工致しますが、今回は「ミニTコネクター取付」をご注文頂いておりますのでそのように施工致します。

ミニTコネクター取付は最近追加したメニューで、非常に小型なコネクターなので、ストックパイプ内にバッテリーを収納する銃と組み合わせると便利です。



最後に、サマリウムコバルトモーターを組み込みます。
当店で組み込む際には、純正のピニオンよりも強度の高い「SPARK 高精度オリジナルピニオンギア」に交換しております。

FETとハイレスポンスコードに加え、サマリウムコバルトモーターを組み込むことで、セミオートレスポンスが格段にアップします。
お値段は張りますが、結果は素晴らしいものですよ!
ぜひご検討下さい。

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)FETVFC Mk12

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 123人
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (5)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (4)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (41)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ