電動ガン動画

2017年02月19日

G&G CM18 TITANインストール



こんばんは、Tacです。
今回は珍しいオーダーが入りましたのでご紹介!

G&G CM18 MOD1のBasicモデルに、最新鋭のハイスペックFETモジュール「TITAN」の組込です。

電動ガン本体より追加カスタムの方が圧倒的に値段が高いという、創業以来初めてのオーダー(;・∀・)

CM18は樹脂レシーバーのスポーツラインなのでとても軽く、TITANを組み込んで素晴らしいゲームウェポンとなることでしょう!






先ずは分解してチャンバー&インナーバレルを取り出します。
このモデルは安価なスポーツラインモデルなので、インナーバレルはアルミ製。

当店のGungnir(命中精度アップ)プランでは真鍮バレルなどを適宜用いる場合もありますが、今回はBasicプランなので、インナーバレルは純正品を使用。




G&G CM18のメカボックスとモーターです。
モーターはCM16シリーズ共通のオリジナル18000モーター。
(今回の調整では他の海外製モーターを使用しました。)

G&Gのメカボックスはネジの取り付け位置が逆になっている事が多いです。
現在のロットではメカボックスの首折れ対策として、首の下の方に強化リブが付いています。



CM18のメカボックス内部です。
このモデルではセクターギアはカットされていないフルストローク仕様でした。




標準装備のピストンは、最後端の1枚のみが金属歯のノーマルタイプ。
TITANやWARFETなどを組み込んでプリコッキングを使う際には負荷が大きいので、金属歯の多い物に交換したほうがいいですね。






G&Gの上位モデルではベアリング軸受けが多く使われていますが、スポーツラインは銅色のメタル軸受けです。
ギアノイズ対策やシャフトの焼付き防止の為、今回はベアリング軸受けに交換します。



TITANは光センサーでセクターギア、トリガー、セレクタープレートを検知しており、ギアグリスが飛散してセンサーを汚してしまうとエラーがでてしまうので、ギアグリスには飛散の極めて少ないドライグリスを使用します。

写真はドライグリスを吹き付けて直後の写真。
ここから30分程度時間を置いて、乾燥させてから組み付けて作動させましょう。





ドライグリスの乾燥待ちの間に、各光センサーのチェックを行います。
写真のようにTITANとセクターギア、トリガーを組み込みます。

G&Gのセレクタープレートは、そのままでは光センサーが検知しないので付属のシールを貼ります。





メカボックスを閉じ、フルセットに入っているUSBリンクを使ってTITANをコンピュータに接続します。
GATEのコントロールステーションを開き、USBリンクとTITANが正しく接続されていることを確認します。



コントロールステーションの2つめのタブで各種設定とセンサーのチェックを行います。
TITANとセクターギア、トリガー、セレクタープレートのみを組み込んだメカボックスをロアレシーバーに入れ、光センサーに蛍光灯などの外部からの光を当てないようにしながら、赤い四角で囲ったセンサーの項目でギアの回転、トリガー進度、セレクター切り替えをきちんと検知しているか確認します。

コントロールステーションで行ったこれらの作業はプログラミングカードでも行えますが、コンピュータに接続してやった方が圧倒的に楽!



コントロールステーション3つめのタブでは、接続したTITANにどの様なエラーが起きているかがひと目で分かります。
非常に繊細な電子部品なので、動かなくなった場合のトラブルシューティングにとても役立ちます。




センサーの確認&調整と、シム調整やグリスアップ等をして組み上げます。
今回はプリコッキングを使用しても耐久性を確保するため、ピストンを7メタルティースピストンに交換しました。



レシーバーに組み込んでモーター位置調整を行い、プリコッキングの設定を行います。
WARFETでは電流を流す時間を36段階で調節し、最適なピストン位置に設定しますが、TITANは光センサーで検知なのでプリコッキング位置は「LOW、MID、HIGH」の3段階。

HIGHで設定した方がレスポンスは良いのですが、あまりギリギリを攻めすぎると、セミフルの切り替え時やセミオート高速連射をした場合等にそのままピストンを開放してしまうことがあるので、当店ではある程度余裕を持ったセッティングで出荷しています。

電動ガンの機種や個体、セッティングよって効率が異なるので、プリコッキングHIGHでも全く問題なく作動するものもあれば、LOWでも十分なものもあります。
この個体はプリコッキングMIDが一番ちょうど良かったので、そのように設定しました。

作動確認と試射を行った後は、内部パーツ保護のためにプリコッキングを解除してから発送致しますので、お客様ご自身でプリコッキングをONに設定してお使い下さい。





TITANは配線やコネクターが全て付いているドロップインとなっているのですが、このCM18のストックパイプには配線の通る程度の穴が空いているだけで、コネクターを通すことが出来ません。
なので、純正配線のように中継コネクターを作りました。
G&G純正配線は普通の圧着端子で中継されていますが、今回は通電効率抜群のヨーロピアンコネクターで中継します。

TITANの配線はプラスとマイナスの両方が黒色なので間違えたら大変です!
中継コネクターを間違えて逆に取り付けてしまわないように、メカボックス側プラスをオス端子に、マイナスをメス端子にしてプラスマイナス逆には接続できないようにしています。
プラス端子には赤いマーカーで印を付け、作業の途中に何度もプラスマイナスを確認しながら中継コネクターを取り付けました。

最後に全てを組み上げて、バッチリ快調に作動しましたよ!
TITANには高性能電子ヒューズが基盤の中に組み込まれているので、外付けヒューズが必要ありません。
バッテリー収納スペースが確保できるので有り難いですね!

電子ヒューズはTITAN以外にもWARFETやMERF3.2、NanoHARDにも搭載されています。
Ver.2以外のメカボックスにもぜひGATEのFETシリーズを組み込んでみて下さい!

以上、G&G CM18 TITANインストールでした。
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Mk18G&G CM18TITAN

2017年02月05日

G&PメカボックスへTITANをインストール





こんばんは、Tacです。
今日は「EMG SAI GRY Jailbreak SBR」に、「GATE TITAN for Ver.2 」を組み込みます。

EMG製Jailbreakの製造はG&P社が行っているようで、海外製の電動ガンではトップクラスの精度だと思います。
特にメカボックスの精度がとても良く、標準装備のベアリング軸受けと相まって低抵抗で作動するので、消費電力もかなり低くなっております。





コチラがJailbreakのメカボックスです。
このモデルはショートストローク仕様となっており、カットされてセクターギアと、それに対応したショートストロークピストンが入っています。

TITANは光センサーでセクターギアの歯を1枚1枚数えて制御しているので、ハイスピードギアからハイトルクギア、ヘリカルギア、セクターカット、DSGなどに関わらずセクターギアを検知して、プリコッキングやバースト等のセッティングを行っています。

TITANの機能的にはショートストローク仕様でも問題なく作動しますが、今回は当店のUltimateモデルで施工するため、ピストンとセクターギアを交換してフルストローク仕様に変更してカスタムします。



メカボックスからメインスイッチ、配線、セーフティレバー、カットオフレバー、セレクタープレート等を全て取り外し、TITANをインストールします。
トリガーの進度も5つの光センサーで検知するので、これらのパーツは不要と言うことですね!

セーフティレバーも取り外すのでトリガーがロックされる物理セーフティはオミットになりますが、電子制御なので、セーフティポジションでトリガーを引いても作動することはなく安心!
ただしセレクタープレート動きも光センサーで検知するので、セレクタープレートの調整をしっかり行わないと、セーフティでも発射してしまったり、セミオートやフルオートが正しく作動しなかったりするので、技術に自信のある超上級者向けの商品となります!





TITANの基盤は黄色い四角で示したネジで固定します。
基盤の固定に際して、回路のショート防止の為に必ず基板側には樹脂ワッシャーを使用してください。
その際、ネジの締めすぎにも注意しましょう。

また、TITANは光センサーでセクターギアの歯を検知するため、基盤固定位置が最重要項目となります。
基盤の先端がセクターギアの軸受けの中心に来るようにし、基盤と軸受けの上下の隙間が均等に、1:1になるように調整します。




TITANの基盤をきちんと固定したら、各センサーのチェックに入ります。
トリガーとセクターギアを入れ、この様に上側の基盤を取り付けてメカボックスを閉じます。

そして、プログラミングカードまたはコントロールステーションに接続し、トリガーとセクターギア、セレクタープレートを正常に検知出来ているかどうかを確認します。




セレクターはこちらの3つの光センサーで検知します。
TITANでは、セレクターモードを通常のSAFE / SEMI / AUTO以外にも以下の通りに変更可能です。

・SAFE / SEMI / SEMI
・SAFE / SEMI/ BURST
・SAFE / BURST / AUTO
・SAFE / SEMI / BST・AUT
・SEMI / BURST / AUTO





TITANの光センサーは光の反射の有無で検知をしています。
このJailbreakのメカボックスに付いているセレクタープレートは、非接点式なので光が一切反射せず、そのままではセレクターの検知が出来ませんでした。
VFCなどのメカボックスに付いている金属製のセレクタープレートも同様で、そのままではセンサーが反応してくれません。

そういった場合に、付属のシールをセレクタープレートに貼り付けます。
真っ白、細い黒線、太い黒線のシールが各3枚ずつ付属しているので、メカボックスやセレクタープレートによって使い分けます。

写真では太い黒線のシールを貼っていますが、組み上げて作動確認をしたところ、セレクターをセミオートポジションから極わずかにセーフティ側に動かしただけで作動しなくなってしまったので、今回は細い黒線のシールに張り替えました。
ここは個体によって調整が必要になる部分ですので、銃に合わせてシールを選択してください。



TITANをインストールする際に、もう一つ気を付けなければならないのがギアグリスです。

何度も繰り返しにはなりますが、TITANは光センサーでセクターギアを検知しています。
そのため、通常のギアグリスを使用し、そのグリスが飛んで光センサーを汚してしまうと、途端に不調になってしまいます。

光センサーを汚さないようにするために、TITANを組み込んだメカボックスにはドライタイプのグリスを使用して下さい。

具体的には、バイク用品店で売っているバイク用チェーングリスがオススメです。
LAVENやWAKO'S等のメーカーから発売されておりますので、バイク用品店に足を運んでみてください。

そのドライグリスをギアに吹きかけ、乾くまで20分~30分程度待ってから組み上げてドライブさせてください。
そうすればほとんどグリスは飛び散らないので、センサーを汚すこと無く使用できます。

TITANの組み込み、調整、設定はかなり難易度の高いものですので、電動ガンの分解組み立てにかなりの自信のある人でなければ、ご自身での組み込み作業はオススメしません!
万が一、誤って光センサーや配線、基盤等をを破損させてしまったりすると買い替えになってしまいます。
かなり高額な商品ですので、TITANの組み込み作業はぜひ当店におまかせ下さい!

以上、TITAN組み込みレビューでした。
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)TITAN

2017年01月31日

カスタムメニュー紹介!~GATE次世代トリガーシステム編①~

こんばんは、Diです

本日は当店のカスタムメニューのご紹介になります!!

GATE 次世代トリガーシステム TITAN for Ver.2


GATE製の次世代トリガーユニットとなるTAITAN!!
当店は正規品取り扱い店となり、信頼性の高い日本国内仕様を実際に販売・組込などをおこなっております!

TAITANは簡単にいうと従来の物理接点のスイッチ等は一切使用しない構造で、光センサーでの検知によって動作をコントロールするというまさに次世代トリガーシステムの名に恥じないものとなっております!!

今回は少しだけ組込の様子もご紹介します!


今回はVFC製HK416Dへの組み込みとなりました!
TITAN自体結構高額なオプションの部類なので、こういったVFC製のようなモデルに是非お勧めしたいものであります!


VFCのV2型メカボに対応しておりますので、TITAN組込も小加工で行えます。


これからTITAN組込とアルティメットプランの施工になります。


メカボックスは必ず洗浄して調整に移ります。
海外製調整の基本中の基本ですね。


VFCは軸受をメカボシェルに接着している数少ないメーカーさんで好印象なのですが、軸受は今回ベアリングへ交換しました。
施工するプランによって軸受を交換したりしなかったりもありますので、あくまで一例という感じです。


ギアは流用しますが、シム調整可能なようにシャフトにちょいとパイプを被せたり手を加えます。
TITANは従来ギアをそのまま流用可能となっております。


もともとのメインスイッチユニットは全撤去となります。
カットオフレバーやセーフティレバーもオミット。


配線が少し嵩張ってそのままだとメカボが閉じられないので、メカボの配線抑えの突起を削りました。


因みにTITANは大まかに2枚の基板で構成されており、それぞれに光センサーが配置されております。


セレクタープレートの位置も光センサーで検知するという仕組みなので、ある程度調整が出来る技術が必要となります。


組み込んで正常に動作するようになると内部でセンサーが光ってる様子などが確認できますね

という感じで、かなり簡単な内容になりましたが…
別のスタッフがさらに詳しくブログで紹介してくれるでしょう(笑)

以上、カスタムメニュー紹介!~GATE次世代トリガーシステム編①~でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)インナーパーツTITAN

2016年12月26日

自分へのご褒美に

こんばんは!店長のkuroです。
今年も間もなく終了しますね!

皆さんのお休みは何時からでしょうか?
当店は明日まで営業し、28日~1/3までが休業となります。
たいへん申訳御座いませんが、本日の注文分より、年明けの1/4より順次発送となりますので、ご了承下さい。


さて、タイトルのお話に戻りますが、今年一年頑張った自分に、もしくは来年から頑張る自分へのプレゼントは決まりましたでしょうか?
そんな自分へのプレゼントに、最新の発射コントロールシステムTITANは如何でしょうか?



このTITAN、決して安い買い物ではありません。
ですが、その機能の多さからすると、値段以上の価値があると思います!

私もスタッフもみんな納得するほどの最新の機能を搭載した電子コントロールシステムで、間違いなく世界最高峰のシステムとなっております。

それでは、あまりにも多くの機能がありますので、世界中の電子トリガーシステムと比較し、TITANにしかない特別な機能のみをいくつか紹介致します。

1.すべてのセンサーが光センサー
トリガーの引き具合、セレクター、セクターギアの感知などすべてのセンサーが非接触型の光センサーとなっているため、スイッチ等の摩耗が一切なく、常に最高のレスポンスを発揮できます!

2.セクターギアの回転位置を感知する
いろいろな電子トリガーシステム、MOS-FETが世の中にはありますが、セクターギアの回転位置を感知しているのはTITANだけ!
しかもただ感知しているだけではなく・・・↓

3.自己学習機能がある
セクターギアを感知し、自己学習を行い、最適のプリコッキング状態にセッティングされます。
つまり、ハイサイのギアであろうが、セクターカットしたギアであろうが、ダブルセクターギアであろうが特殊な設定は不要で、最初に何回か空撃ちをすると自己学習し、最適のセッティングになるわけです!!!

4.トリガーの引きの深さも感知
光センサーにてトリガーの引きの深さを感知しているため、どこまで引けば発射されるかも設定できます。
例えば、ちょっとだけしか引かないでも発射されるフェザータッチにも設定できますし、浅く引いて3点バースト、深くとフルオートなどの設定も可能です。

その他にもたくさんの機能があり、すべてを説明するとかなりの長文になってりまいます・・・・(ここまででも十分長文ですが。笑)


さて、ここまで高機能のシステムですから、安っぽいエアガンにはあまり入れたくないですね。
ということで、世界最高峰の中身にもまけない外装が最高の機種をいくつかご紹介!

EMG SAI SBR GRY M4 Jailbreak

ハンドガードと一体感のあるハイダーが特徴的な最新モデル。
外観だけでもクールなのに、これにTITANが入っちゃったら・・・間違いなく最強です!



VFC H&K HK416D Ver.2 TAN 正規ライセンスモデル


外装は間違いなく世界最高峰のVFC製の正規ライセンスモデル。みんなとカブらないTANカラーもポイントです。


VFC Colt Mk12 Mod1 Fixed Stock 正規ライセンスモデル


こちらもVFCの正規ライセンス取得モデル。スナイパーっぽく一発必中を狙うアナタにおすすめ!




それでも高い!という方、少しだけ背中を押してあげましょう・・・・・
TITANにはプログラミングカードセットとモジュール本体のみの2種類の販売があります。

プログラミングカードは一つあればいいので、2台目はモジュールのみを買えばOK!
つまり、2台目からは約1万円お安く組み込むことが出来ます!
最初の一台は初期投資代が含まれていると思えば、少しは勇気が出ましたでしょうか?笑



当店はTITANのファーストロットをガッツリ仕入れてありますので、決心がつきましたら是非お待ちしております!
↓ ↓ ↓
GATE 次世代トリガーシステム TITAN for Ver.2 プログラミングカード付






  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)TITAN

2016年12月09日

GATE "TITAN" 販売価格決定!

こんばんは! Tacです。



遂に出ました! あのWARFETを超える世界最高の電動ガンコントロールシステムTITAN”!!

2016年12月末発売予定


・TITAN Ver.2用 フルセット
予定価格¥36,799-(税込)
(フロント配線 or リア配線)

・TITAN Ver.2用 モジュールのみ(設定用カード無し)
予定価格¥27,800-(税込)
(フロント配線 or リア配線)


現在、生産が間に合っておらず、初期ロットは極少数のみ入荷予定との事です。
当店でもいくつ確保出来るか分かりませんので、ご購入検討の方はお早めにご連絡下さい。



さて、TITAN(タイタン)とは!?

GATE社が製造し、その日本仕様をダーティワークスさんが販売する究極の高機能FET!
日本仕様は国内セッティング向けにプログラムなどが修正されており、個別にナンバー付となる予定です。

単にスイッチ焼けを防止するFETではなく、このTITANは、なんとこれまでのメインスイッチを使用せず、光センサーでトリガーの引き具合及びセクターギアの位置を検知し、制御する最新鋭のシステムです。

メインスイッチをTITANに置き換えるので、FET基盤も電子ヒューズも全てメカボックスの中!
外に出ているのは通常の配線だけなので、バッテリー収納スペースの問題もナシです。

このTITANに搭載されている機能はあまりにも多いため、正直、また私も100%は把握できておりません。。。(汗)
今回はそのTITANの主な機能のみご紹介します。






今回はダーティワークスさんよりTITANのプロトタイプをお借りしました!
なんでも、このプロトタイプは日本に2つしか無いそうで・・・。
かなり緊張します。

こちらはTITAN Ver.2用 フルセット リア配線モデルとなります。






そしてコチラがTITANの本体です!
極めて精巧な基盤で、ミルスペックコーティングが施されているそうです。
写真左側の基盤がメカボックスに固定する側で、配線なども全て取り付けられています。
右側の基盤は、トリガーやセクターギアを組んだ後にもう片方の基盤にピンではめ込む方式です。
左右の基盤に光センサーが搭載されております。







今回、テスト機としてTITANをインストールしたのは、「APS ASR120 FMR MOD1 紅龍」
APS製メカボックスとの相性も良く、大きな加工等無く組み込みが可能でした。






上側の基盤はメカボックスに固定するものではなく、この様にトリガーとセクターギアを組み込んた後に取り付けます。
上下の基盤にある光センサーで、セレクターポジションの検知トリガーの引き具合の検知セクターギアの歯数を数えてピストン位置の制御などを行い、これまでにない高度なセッティングが可能になりました!

TITANでは光センサーを使用しているので、電流を流す時間でピストン位置を設定する他の高機能FETとは違い、バッテリー電圧等の影響を受けずにピストン位置を制御することが可能です。

例えば、Li-po7.4vバッテリーで任意の位置にプリコッキングを設定した後に、ニッケル水素8.4v等の他のバッテリーを使っても、20発ほどセミオートを撃てばTITANが自動的に学習し、先に設定したプリコッキング位置に合わせます。






セレクタープレートは既存の物が使用できます。
こちらも光センサーを使って、SAFE/SEMI/AUTOのセレクターポジションを検知します。
また、2~10発の間で設定可能なバースト機能も搭載しているので、以下のような数多くのセレクターモードに設定することが可能です。

・SAFE/SEMI/AUTO
・SAFE/SEMI/SEMI
・SAFE/SEMI/BURST
・SAFE/BURST/AUTO
・SAFE/SEMI/BST・AUTO
・SEMI/BURST/AUTO

TITANではトリガーのセーフティレバーを取り外すので、物理的なセーフティ(=トリガーが引けなくなる状態)がありません。
しかし、セーフティポジションでは電流をカットするので、トリガーを引くことは出来ますが、絶対に発射はされません。






TITANにはトリガーセンシビリティアジャストメントという機能が搭載されております。
これは、5個のトリガーセンサーにより、トリガーの引き具合で射撃の位置を変更することが出来ます。
トリガーに触れた瞬間に射撃を行うか、それとも最後まで引ききった時に射撃を行うか等の設定が出来ます。

また、このトリガーセンサーを使用して、ステアーAUGの様なトリガーシステムを再現することも可能!
例えば、トリガーをちょっと引いてセミオート、更に最後まで引くとバーストやフルオートが撃てるような設定も可能になるわけです!

こんなシステム他にはありません!
時代はここまで進んでいます!間違いなく世界最高の電動ガンコントロールシステムと言えるでしょう。

ご予約はこちらからドウゾ!!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)FETTITAN

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 116人

< 2017年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリ
M4A1 (9)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (16)
g36 (17)
SL-8 (13)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (10)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (42)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (2)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (1)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ