電動ガン動画

2016年11月29日

APS ASR12x FMR MOD1 外装編

こんばんは、Diです!

本日は久々にAPS製品の外装レビューをお届けしたいと思います!
ご紹介する商品はコチラ!!

APS ASR121 FMR MOD1 金龍
APS ASR120 FMR MOD1 紅龍


ド派手な外装で私たちも度肝を抜いたそのデザイン!
これでゲームに参加すれば目立つこと間違いなしです!
逆を言えば、アンブッシュしても即バレてしまうかもしれないくらいの目立ちたがり屋ライフル!

そんなAPS最新エアガンASR12x FMR MOD1シリーズをご紹介します^^
内部などについてはAPS ASR121 FMR MOD1 金龍 分解!をご参考下さい!

また当店YouTubeチャンネルでも紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧下さい!!




やはり先に目が行ってしまう、このカラーリングと軽量化の為の肉抜きのされたレシーバ!
民間ARでも軽量化ブーム?となり、このようなレシーバーも存在しております。


※実銃参考画像
実銃で一番似ているのがこのF-1 Firearms製BDR-15ですかね?
このBDR-15は、マッチ系に特化しており、APSも恐らくサバゲというよりはマッチ系のゲームでの使用を想定しているのではないかと思われます。


APS製ダイナミックトリガー採用となっております。
通常のAR系トリガーのようなアールのついたトリガーではないので、素早くトリガーを引くための手助けとなっていそうですね。
電動ガンではどうしてもトリガーを引いてから発射までのラグが大きいので、トリガーだけ交換してもなかなか効果は実感できないと思われます。
しかし当店調整プランのGaeBulg(ゲイボルグ)やUltimate(アルティメット)、もしくはGaebulg HC(ゲイボルグ・ハイサイクル)、Ultimate HC(アルティメット・ハイサイクル)などのレスポンス・サイクルアップ系プランに、オプションのGATE WARFET MOS-FETなど電子トリガー化することにより、最強クラスのレスポンス実現となります!
また民間ARでよく見かけるアンチローテーションピンも標準装備となっております。
実銃ではハンマーピンやトリガーピンの回転を抑えることで摩耗制御と脱落防止を兼ね備えておりますが、電動ガンでは脱落防止のみですね。



マガジンハウジングは軽量化の為に大きく肉抜きがされております。
この大きな軽量化がマッチ向けカスタムの大きな特徴でもあると思います。
ハードな使用よりも、いかに素早く正確に射撃が出来るかという点を突き詰めた結果かもしれないですね!



アッパーレシーバーは通常のAPS製AR用レシーバーをCNCにて切削し肉抜きが施されております。
スリットはキレイに切削しており、バリなども見当たらないのでグッドです!
但し、ゲーム使用でのゴミ混入など懸念されますので、定期的にテイクダウンして掃除など推奨です。


斜めからのカットが美しいレシーバーですね^^



ダミーボルトは2種類ともゴールドのチタンコーティングされたものとなります!
標準ではブローバックギミック付きでノーマルモーター仕様のサイクルではブローバックを楽しむことができます!
※サイクルアッププランではブローバックはオミットとなります
ダストカバーはあまり意味を成してない為に元からなくても良かった気がしますね(笑)


ASRシリーズではお馴染みボルトのロック機能も付いております。
HOP調整時には助かる機構となっております!


レシーバーにはAPSのQRコードがプリントされております。
APS専用のMatch Style Cocking Handle採用。


APSオリジナルのトリガーガード一体のグリップ付属。
後部にはQDホール付きとなります。


元ネタは、Stark Rifle GripsのSE-2スイベルマウントグリップですかね。


ストックはテレスコピックストックではありません。
元ネタはACE製ウルトラライトストックですかね?


同社のクレーンストックモデルを最小まで縮めた長さ(バッファーリングからストックエンドまで計測)が約200㎜となります。
こちらのストックはそれよりも約50㎜長く、小柄な体系の人やストックを最小まで縮めて利用する方には不向きかもしれません。
一応、ストックの交換は可能なので体格などに合わない場合は変えてしまったもいいかもしれませんね^^


バッテリーはチューブ内に収めるのですが、エンドのロックボタンを押して回転させますと…


取り外すことが可能、ワンタッチ!


お次はフロント部分の紹介!!
金龍、紅龍はレシーバーカラーに合わせてハンドガードのカラーも異なりますね!
KeyModの割には軽いハンドガードとは言えないのが残念ですね…


因みにハンドガード自体はUTG PRO SuperSlim Free Float Keymod AR Railを参考にしていると思われます。


ハンドガードはKeyMod規格となり、必要最低限のオプション取り付けが可能!
レイルパネルも3枚付属しており、レイル規格のオプションにも対応しております!
ハンドガードは、なかなか肉厚でKeyModのオプションによっては取り付け不可の場合があります…


ハンドガード自体にもQDホール付き。


ハイダーはASR115採用のタイプと同様となります。



マガジンも機種によりカラーリングが異なります。


マガジンを挿入すると入ってるとこが見えちゃう…


こうしてみると美しいデザインですね~^^
マッチ系カスタムを突き詰めて、こういうARも一丁もってても面白いですよね!
東京マルイのハイキャパゴールドマッチと併せるのもいいかもしれません…!!

内部チューンも当店ではいろいろご用意しておりますので、ご購入を検討されているお客様は是非一度HPをご覧くださいませ^^

以上、APS ASR12x FMR MOD1 外装編 でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)実銃とエアガンASR120/ASR121金龍紅龍

2016年10月07日

APS ASR121 FMR MOD1 金龍 分解!



こんばんは、Tacです。
本日は、APSから発売されている「APS ASR121 FMR MOD1 金龍」の分解を行います。

奇抜なカラーリングと、大胆な肉抜きで軽量化されたレシーバーはエアガン業界初!
こんなに肉抜きしても、フルメタルなので強度は保たれています。
また、メカボックスやチャンバーまでもレシーバーと同じ色に塗装されているので、違和感もありません!





このASR121はマガジンハウジングもスッカスカ!
マガジンハウジングに指が通るなんて、新鮮ですね。

分解手順は通常どおり、フロントのロックピンを外してテイクダウンをします。





フロント部分はASR115と共通の12.5インチで、インナーバレル長は390mmです。
(チャンバーは調整プランによっては変更となる場合が御座います。)



次にストックパイプを外します。
特徴的なロングストックパイプには以下のバッテリーが収納可能です。
・SPARK 2pcタイプLiPoバッテリー 7.4V 1200mAh 30C
・Option No.1 ストックインタイプLiPoバッテリー 7.4V 1100mAh
・Option No.1 ストックパイプインLiPoバッテリー 7.4V 900mAh

ただし、このモデルはガラス管ヒューズ搭載モデルなので、そのままではバッテリーの収納が少々キツめです。
楽にバッテリーを収納するために、「マイクロヒューズ取り付け加工」をオススメします!





ASR120/121はトリガーガード一体型グリップを装備しているので、グリップを外す際にはトリガーガード前方の芋ネジを外します。

モーターはASP共通の「EVOLUTION EDGE」です。







トリガーピンのアンチローテーションリンク、ボルトキャッチ、マガジンキャッチ等を全て外します。
レシーバーに傷を付けないように、慎重に作業を行います。

工場出荷段階ですでにピン周り等の塗装が剥げていることが御座いますが、海外製ということでご容赦下さいますようお願い致します。m(_ _)m





コチラがASR121のメカボックスです。
ガワからダミーボルトからトリガーまで全てゴールド!
どうせならボルトロックパーツまで塗ったら良かったのに!(OvO)



分解にあたり、ダミーボルトを取り外します。
組み立てる際は、ダミーボルト固定ネジにネジロック剤を塗りましょう。

ボルトロックパーツの下にネジが隠れていますが、ボルトロックパーツを外す必要はありません。
押し上げながらメカボックスのネジを外しましょう。



ASR121のメカボックス内部です。
今ロットはグリス多めですね。
サービス精神旺盛な従業員の方が組み立てたようです。

特に内部パーツに変更はありませんので、通常どおりのカスタムが可能です!

以上、APS ASR121 FMR MOD1 金龍に分解レビューでした!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)ASR120/ASR121金龍紅龍

2016年09月21日

APS FMR MOD1

こんばんは!店長のkuroです。

本日は超ド派手な商品のご紹介!

【予約特価!】APS ASR121 FMR MOD1 金龍



このASR121 FMR MOD1 金龍、アイアンマンのようなど派手なカラーリングが目を引きますが、細部を見てみると最新のシューターカスタムがてんこ盛り!



ハンドガードは最近ではお馴染みのKEYMODシステムをチョイス!
レールガード不要で細身なため、全体を握りこむようなホールドが可能。
なおかつオプションを装着したい場合は、その部分だけレールを装着するので不要な重量増加を抑え、拡張性もバツグン!



レシーバーはエアガンのコンプリートモデルでは初となる肉抜き加工が施されたタイプ。
ここまで肉抜きして強度を保つためには、もちろん金属製であることが必須。
肉抜きされた隙間から見えるメカボやチャンバーまでしっかりと塗装されており、なかなか手が込んでますね~
また、マガジンハウジング後部にはレディーポジションで人差し指をかけるためのへこみもついております。
グリップはSTARK ARMSタイプのトリガーガード一体型。スイベルも後部中心についており左右へのスイッチングを意識したデザイン。



ストックはバッファーチューブのみの形状でちょこんとストックパットが後部に取り付けられたトロンストックを採用。
軽量化に貢献するだけでなく、CQBなどの閉所ではサッと肩の上方にストックをずらすことで取り回しの確保に役立ちます。





【予約特価!】APS ASR120 FMR MOD1 紅龍



こちらは金龍の色違いバージョンの紅龍。
カラーリングの違いのみですが、黒色の部分も多いため、受け入れやすいのでは?



こちらも隙間から見えるメカボも外装に合わせてしっかりと塗装されております。



バッテリーはストックパイプ内に収納します。
残念ながらニッケル水素は収納できず、lipo専用となります。




【予約特価!】APS ASR115x Froged Match Rifle MOD1 BR



こちらは紅龍と似てはいますが、黒が基調でワンポイントでアルマイトレッドカラーとなっているFroged Match Rifle MOD1 BR。



レシーバーの肉抜き加工は施されておりませんが、かわりにマガジンキャッチがアンビタイプとなっております。
グリップもA2タイプになってます。



ストックパイプは黒基調です。



ということで、銃器としてはなかなか奇抜なカラーリングの商品のご紹介でしたが、実銃のシューター系カスタムとしてはアメリカのほうではこのようなカラーリングカスタムもメジャーになってきています。

ほんの5年前までは銃器は黒!ってイメージでしたが、その後DEカラーなども普通に見かけるようになりましたね~

海兵隊装備など、実際に軍で使用されている装備にこだわっている方には受け入れにくいカラーリングかもしれませんが、シューター系でしたらこのようなカラーリングの銃が一つコレクションとしてあってもいいのではないでしょうか?

今は中々ないカラーリングなので手を出しにくいと思うかもしれませんが大丈夫!
日本の流行は米国の数年後にしか来ないので、のちのちはこれもまたフツーになる時代が来ると思いますよ!

にしてもKEYMODの取入れに関しても、米国のカスタムの取入れに関してはAPSさんは早すぎてビビってしまいます。
社長さんがシューティングが趣味だから敏感なのかもしれませんね!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)ASR119ASR120/ASR121金龍紅龍

2016年07月08日

APS ASR120 赤龍/ASR121金龍 魅惑の新製品!?

こんばんは! ライです:D

本日はAPSの次期新商品!? をご紹介!
APS社よりアナウンスが発表されております、斬新すぎる電動ガン……!









APS ASR120 Red Dragon









APS ASR121 Gold Dragon



個人的にはチョーカッチョイイ!Σ(゚∀゚ノ)ノ

ぶっ飛んだ 独創的な商品をリリースするAPS社の方向性、良いと思います(笑)

先ずはASR120の方から詳細をチェック!









マガジンキャッチはアルマイト風レッド塗装となり、ハウジング部分は大きな肉抜き加工が施されたレシーバー!
マガジン丸見えです(笑)

マグウェルグリップ的な役割をもたせる為か、前面には削り加工が施されており構えやすそうです!
フィンガーレストも設けられており、スポーツシューティングを意識した仕様になっているようですね~







グリップは同社ASR112/ASR116などで装備されていた、Stark Equipment風グリップ。







レシーバーロックピンもレッド塗装が施されているようです!







レシーバーにもスラッシュカットの肉抜きが施され、かなりの軽量化が期待できますね~!
肉抜きでメカボックスが丸見えなのは新しすぎるデザイン……^^;
シリンダーのみが見えていることからメカボックスも同色で塗装されているようですね!







チャージングハンドルはASR114/ASR115系から装備されたMatch Style Handleの色違いでしょうか。
大型ラッチ採用で操作性が向上しています。







ダミーボルトはASR116系のゴールドカラー。
恐らくチタンコーティングタイプで、従来品の強化バージョンではないかなーと。















マガジンキャッチ、アンチローテーションリンク、セレクター、ボルトキャッチ、トリガーは全てアルマイト風レッド塗装。
ASR114/ASR115に搭載されているタクティカルダイナミックトリガーのレッドバージョンのようですが、単品売りでも是非販売したいところです!







前後サイトはASR116に搭載されている、R Type Dynamic Back Up Sight
電動ガンではホップアップの関係上近距離専用のアイテムとなりますが、見た目のおしゃれ度は抜群です!







ストックはバットストックタイプ?
一回り太くなったバッファーチューブに、チークピースのスポンジのようなものが装着されているようです。







続いてはASR121!
Golden Dragonの名前らしく、アッパーレシーバーがゴールドの豪華塗装となっています・ω・







ハンドガードはアルマイト風レッド、トップレールは全てゴールドカラー!
ASR120ではBKハンドガードにアルマイト風レッドのトップレールとなっているようです。











マガジンハウジングはASR120同様の肉抜きが施され、金属パーツはゴールドに塗装されています。
マガジンハウジングからチャンバーまでちょっと見えちゃうんですね~











グリップはASR120/ASR112同様、QDスリングスイベルを取付可能なStark Equipmentタイプ。
トリガーももちろんゴールドに塗装されています。











チャージングハンドルはアッパーレシーバーと一体感があるように見えますね!
肉抜きがよく映えるのはゴールドカラーのASR121の方ではないでしょうか……!







ハンドガードは見た感じ、ASR115に装備されている12.5インチのKeyModハンドガードでしょうか。
フロントはASR115をベースとして、新規フレームとストックを装備したモデルのようですね。

アウターバレルまでゴールドということで、かなりのオシャレモデルさんで御座います!









マガジンは300連U-Magのようですが、バンパーのカラーがASR121ではゴールドのようです。



ASR120/121、見た目のインパクトは近年リリースされたM4系では最もあるのではないでしょうか?(゜o゜;
シ○ア専用と思しきASR119も入荷分は完売となりまして、APSのカラーM4シリーズ、かなりの人気となりそうな予感です……!

入荷の際にはまた改めて告知致します( ・`ω・´)

以上、ASR120/121のアナウンスでした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(8)ASR120/ASR121金龍紅龍

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (43)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ