電動ガン動画

2016年07月06日

E&L Colt M4 SOPMOD Block2 カスタム参考例

こんばんは! ライです:D

本日は最近発売されました E&L M4シリーズより、
Colt M4 SOPMOD Block2をご紹介!







*画像は75th Ranger




実銃はSOPMOD計画に基づいて策定されたBLOCK2のアクセサリーを装着したM4A1となっており、Daniel Defense社のRIS2ハンドガードを装備しているのが最大の特徴。
画像の75thレンジャーなどで広く使用例が有り、Mk18 Mod1と共に米軍特殊部隊ファンにはマストなモデルではないでしょうか!

E&Lはそのマストな2機種をリアルな仕上げでリリースしており、Block2のコンプリートが容易に入手できるようになったのは嬉しいですね\(^o^)/


過去記事↓





本体は14.5インチバレルのM4A1準拠サイズとなっており、E&L製品らしいソリッドな仕上げが特徴的。
レシーバー、ハンドガードは全て金属製で、もちろん首周りはガッチガチ!
剛性感はさすがE&Lといった素晴らしい仕上がりです。

レシーバーの塗装はミルスペックを謳っているようで、確かに質感はこれまでの電動ガンの塗装とはかなり違う感じです……!
ロアレシーバーには彫り刻印のColtマーキングが施され、スチールマガジンキャッチや左右連動のライブセレクターなど、意欲作らしい出来となっています。







F/RサイトはKACタイプで、リアサイトは300mタイプ。
ハイダーはKAC QDタイプとなっており、14mm逆ネジ仕様ですので各種マズルオプションが装着可能。







レールハンドガードはDaniel Defense社製RIS2タイプで、レールへのナンバリング、DDマーキング入のフルマーキングモデル!
青みのかかったメタルは重厚感があり、ミリタリーな雰囲気を引き立たせます……!
標準でBKカラーのラバーレールカバー×3が付属しているのも嬉しいですね(*^_^*)







チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退し、後退位置でロック可能。
チャンバーは純正ではバレル同軸式チャンバーが採用されており、振動などでダイヤルがブレにくく、調整も簡単に行なえます。
*調整モデルでは適宜変更される場合があります。

レシーバー左面のボルトキャッチをピンポーンと押してやると、ダミーボルトのロックが解除可能。







リアサイトはかなり固めですがちゃんと立ち上がります。
トップレールは20mmフラットレールで、レシーバーはナンバリング無し。







グリップはスタンダードなA2タイプグリップで、マガジンはスチール製のSTANAGタイプ120連マガジン。
各社製STD-M4系マガジン使用可能となっております。







ストックはB5 Systems社製Bravoタイプ。
単品で買うと結構良いお値段しますので、お買い得ポイントの一つです。







バッテリーはバッファーチューブ内に収納しますので、900mAhのストックパイプインタイプが最適。
バッファーチューブのエンドにはキャップが有りますので、あまり長いバッテリーだと収納不可かと思います。
ヒューズレス仕様なので、調整モデルのご注文時にはマイクロヒューズ取付オプションの追加がお勧めです!







折角のBlock2なので、デコっちゃいましょ~(*´艸`*)
ミリタリーモデルの再現ということで、当店にある商品を盛り付けてみました……!







サプレッサーはKACタイプのM4用QDサプレッサー
レバーを操作することでハイダーから容易にサプレッサーが脱着可能となっています。
スポンジも入っていますので、消音効果も期待できるかと思います!







ライトはSureFire SureFire M600Cタイプ、トップレールにはPEQ-15 LA-5タイプバッテリーケース
M3タイプがあれば嬉しいのですが、現在在庫切れですね(*_*)







レールカバーはERGOタイプの18スロットを左右に、ロアに8スロット×2を装着。
RISに手を添えても痛くないのでお勧めのアイテムです!
ミリフォトでも装着例の多いアイテムですね~







AFG-2もアンダーに装着例の多いオプションなので、合わせてみるとオシャレではないでしょうか!







マガジンはP-MAGタイプの300連
小窓からBB弾の残量が見られる便利機能付きです(笑)

トップレールにはELCANタイプスコープを搭載!
こちらは1-4倍切替レバーがオミットされた4倍固定モデルですが、トップにDoctorタイプのマイクロドットサイトがマウントされていますので、近距離エイムも問題ないぜー!

しかも搭載されているのは自動集光モデルなのですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー







ストックはLMTタイプクレーンストック。バッテリー収納も可能ですので、
Bravoタイプから交換するとバッテリーの選択幅が大きく広がります!









意外にも在庫品でそれっぽくなっちゃいました!(笑)
当店としても様々なコンセプトモデルが提案できるよう、今後ともオプションの在庫増強に励みたいところです……!

米軍装備を始めるなら先ずはコイツだっ!
E&L M4 SOPMOD Block2、お宅の武器庫にお一つ如何でしょうか♪  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)E&L M4

2016年06月20日

注目の2丁! E&L/E&C Mk18 Mod1 比較レビュー

こんばんは! ライです:D
本日は最新入荷製品の中から、人気のMk18 Mod1の電動ガン2種をご紹介!







E&L Colt Mk18 Mod1 Elite
E&C Colt Mk18 Mod1(コルト刻印)

両者共に、米軍特殊部隊装備にはマストアイテムともいえるMk.18 Mod1モデルの電動ガンとなります!
実銃はDanielDefense社製RIS2ハンドガードを装備したショートカービンモデルで、メディアでの露出も多く人気のモデルですね(`・ω・´)
コンプリート電動ガンではVFCやBOLTからリリースされていましたが、新たにE&LとE&Cがモデルアップしております!

まずはそれぞれを比較しながら各部をチェック!







ストックは両者共に6段階調整式のスライドストックとなり、E&L製の方はB5 Systems Bravoタイプを装備!
単品ではCRUSADER社などからリリースされていますね~
しっかりとB5マーキング入ですのでお得なアイテムではないでしょうか!
QDホールがありますのでQDスリングスイベルが装着可能となっています。

E&C製の方はオーソドックスなLMTタイプですが、こちらはバッテリー収納が可能ですのでバッテリーの選択幅が広く、メリット多しです。
両者共にバッテリーはバッファーチューブ内収納が基本形となり、900mAhのストックパイプインタイプリポバッテリーがぴったりです。







バッファーチューブ根本に装備されているスリングマウントは、両者とも同形状のようです。
左右両面からアクセスできるのは便利ですね!







E&L製レシーバーはさすがE&L! といった素晴らしい質感!
塗装にも拘りがあるようで、表面塗装はミルスペックとかなんとか……^^;

彫り刻印は細身で、シャープな印象の刻印となっています。
スチール製マグキャッチ等も嬉しいポイントですね!
マガジンはどちらも、基本的に各社製STANAG系マガジンに対応。







E&C製は一般的な中華電動ガンの塗装といったところで、刻印のフォントはやや太め。
シャープさには欠けますがしっかりと彫られていますので、見た目の質感は悪く無いです!
両者共フルマーキングとなっているのは高評価ポイントです……!

トリガーガード、グリップなどはどちらも一般的な仕様となっています。







どちらのメーカーもボルトキャッチ機構を装備!
HOP調整が楽ちんな他、こうしたギミックはリアルさがあって楽しいポイントですね(^o^)

純正状態では、E&L製はHOPの微細な調整が可能なバレル同軸式、E&C製は一般的なロータリー式ダイヤルのチャンバーを装備しています。
*調整モデルでは適宜交換される場合があります。

もちろんボルトキャッチボタンを押すとリリースされますよ~









前者のE&C、後者のE&L共に前後サイトはフリップアップ式のKACタイプ。
リアはE&L製には300mタイプ、E&C製には600mタイプが装着されています。







E&L製のみのポイントとして、セレクターのギミックが左右ライブになっています!
地味ですがリアリティの為には嬉しいポイント……!
E&C製の右面セレクターは一般的なダミーのカバーとなっています。







アッパーレシーバーのトップレールはE&L製が刻印なし、E&C製はプリント刻印有りとなっています。







RIS2タイプハンドガードはどちらもナンバリング有りとなっていますが、E&L製にはDanielDefenseマーキング入!
質感も比較的よく、これは大きなポイントです!
もちろん各社製20mmレール対応オプションが取付可能です。







RIS2のディテールに関してはE&Cの方がお勧めかな? というのも、E&L製はボルトが一本オミットされちゃってます^^;







上面のホールサイズはE&C製の方がいい感じですが、塗装の質感、マーキングの有無を考えるとE&Lも捨てがたい……!
E&C製は六角ネジ仕様なのが残念ですが、ディテールは良いので塗装ベースならこちらが良いのではないでしょうか!
そのままのソリッドな感じを楽しみたい方はE&Lがお勧めです(^o^)







ハイダーは14mm逆ネジ仕様で、各種オプションが装着可能。
インナーバレルはE&Cが280/E&L290mmとなっており、アウターバレルからはみ出しちゃっております。
ハイダーを付ければ見えないのですが、ハイダーやマズルオプションを交換したい方は275mm辺りのバレルへの交換がお勧めです。





価格差は僅か2,000円ほど! 安価ながらも甲乙付け難い2つのMk18、皆様はどちらがお好みでしょうか?
夏のサバゲ大会に向けて是非、ご検討下さいませ!(`・ω・´)  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)Mk18E&L M4

2016年06月14日

E&L Colt M4 SOPMOD Block2 "14.5" 外装レビュー



こんばんは、Tacです。
今日はE&L Colt M4 SOPMOD Block2 "14.5" Eliteの外装レビューを行います。

米軍特殊部隊御用達のSOPMOD M4 Block2は様々な装備に対応可能。
電動ガンの中でも随一の剛性を誇ります。





フロント部分はロングサイズのRIS2を装備。
14.5インチアウターバレルにはNATOの刻印が入っているのがポイントです!



また、ダニエルディフェンス社の刻印やレールナンバーも全て入っており、リアリティは抜群ですよ!
ハンドガードのズレやゆがみ、ガタつき等は一切無く、とても綺麗に取り付けられています。



レシーバーのにも彫り刻印が入っております。
安価な海外製でよく見るプリントの刻印ではなく、しっかり掘られており、その品質の高さが伺えます。



このモデルもボルトロック機能を搭載しております。
反対側のボルトキャッチを押せばチャキーン!とダミーボルトが前進します。(OvO)




グリップエンドは放熱性に優れたタイプで、位置調整もプレートの要らない大型ネジタイプとなっております。
標準装備された定番のA2グリップはとても握りやすく、使い勝手も抜群です。



マガジンを含めた重量は2,910gで、Mk18との重量差はわずか115gでした。
フロント部分が長いので、重心はやや前の方になりますが、3kgを切っているので気にはならないと思いますよ!

以上、E&L Colt M4 SOPMOD Block2 "14.5" 外装レビューでした!
  
タグ :ELColtM4SOPMOD


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)E&L M4

2016年06月12日

E&L Colt Mk18 Mod1外装レビュー



こんばんは、Tacです。
今日は最新入荷のE&L Colt Mk18 Mod1の外装レビューを行います。

リアル志向AKでお馴染みのE&Lから発売されたMk18は、荒々しく、それでいて綺麗な外装の質感を持っています。
ボディはフルメタルで高い剛性を誇り、レシーバーにはしっかりとしたColtマーキングの彫り刻印入。
リアルタイプマガジンキャッチやトリガー、セレクターはスチール製。
また、アルミ製1ピース式アウターバレルを採用し、高い強度と軽量さ、外観を実現しております。







綺麗に切削加工されたマーキング入りRIS2タイプハンドガードを装備しており、堅牢性は抜群!
取り付けのゆがみやズレ等も無く、しっかりと取り付けられています!



メタルレシーバーには綺麗なColtの彫り刻印が入っています。



ストックはB5 Systems社製クレーンタイプを装備。





バッテリーは、ストックパイプのエンドキャップを外し、スティックタイプのLi-poバッテリーをパイプ内に収納します。
Option No.1の1100mAhがすっぽりと収まる収納スペースです!
(写真のバッテリーはTacの私物のため、Tコネクターになっています。)




ボルトロック機能も備えており、HOP調整時に役立ちます。
チャンバーは操作のしやすいProwin系のバレル同軸式ダイヤル。
無段階式なので細やかな調整が可能となっております。



セレクターのインジケーターがライブなので、実銃のような雰囲気を楽しむことができます。
ただ、あまり精度は良くないようです・・・。



前後フリップアップサイトはナイツタイプ。
リアは少々硬いです。



本体とスチール製ノーマルマガジンで、重量2,795g
アウターバレルの重量があるので他と比べると若干重めですが、このE&LのMk18はケタ違いの剛性を誇っているので、安心して振り回せるのではないでしょうか!

以上、E&L Colt Mk18 Mod1外装レビューでした!
次回は内部もレビューします!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)E&L M4

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (43)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ