電動ガン動画

2017年07月10日

リアル系SGシリーズ販売開始!

こんばんは! ライです:D

リアル系SGシリーズの決定版が入荷しております!





G&G SIG SG550


販売価格(税込): 44,830~63,730 円

レシーバーやハイダーなどにスチールパーツ多用でリアルな仕上がり!
G&G製SGシリーズはスイスの名銃、SIG系アサルトライフルの決定版だと思います( ・`ω・´)

SG550はバイポッドの造りも良く、安心して使用できそうです!







厚手のグローブ装着時に便利なトリガーガードを動かせるギミックも再現。
以前のロットはセレクターが重めでしたが、今回入荷している分は比較的スムーズな気がします。







リアサイトの後ろにはSIGマーキング







ストックを折り畳むことでコンパクトに運搬可能。
元が1m超えの大型選手なので、畳んでもカービンとは大きな差が有りますが……(笑)







スチールハイダーを外すと14mm逆ネジ仕様のマズルが登場。
各社製サプレッサーを装着したり、好みのハイダーに交換可能です。





G&G SIG SG553


販売価格(税込): 44,830~63,730 円

SG552のみしばらく販売しておりましたが、SG553もラインナップに復活しております~

付属マガジンは30連リアルカウント。デザインは20連タイプのショートマガジン。
フォロワーが上がるので最終弾まで撃ちきれるタイプ。

かなりタイトですが、マルイ系互換のJG製SIG用350連マガジンが装着出来たので、大抵のマガジンは小加工で装着できそうです。







流石にこのサイズだとフォールディングストックの本領発揮といったところでしょうか。

ちなみにG&GのSGシリーズはボルトキャッチギミックがライブで、左手でボルトキャッチを押し下げながらチャージングハンドルを引けば後退位置でロック可能。
HOP調整が楽に行なえます。







SG553は20mmトップレールを標準装備しており、リアサイトはフリップアップ式でレールの中に埋め込んであるユニークなデザイン。
こちらはあくまでも補助的なものと割り切って、男らしく光学機器を載せましょう(*´ェ`*)


G&G SIGシリーズはアキバ店でも展示中!

沖縄本店も順次G&G製品のラインナップを拡充致しますので、お楽しみに~!

来週頃にはユニークなモデル達が入荷予定です(笑)  


Posted by kuro&staff  at 19:54Comments(0)SGシリーズ

2014年06月24日

G&G SG553 分解



こんばんは、Tacです。

本日は、G&G SG553の内部レビューを行います。
G&Gがフルメタルで再現したSG553は外装のクオリティが高く、従来の樹脂フレームのモデルとは桁違いの剛性を誇ります。

実射性能も申し分なく、マガジンはリアルカウントの20連。
最後の1発まで撃ち切る事が出来ます。
フルメタルですが、重過ぎず軽過ぎないベストなバランスとなっています。






レシーバー前方のピンを外してハンドガードを外します。

このモデルはG&Gの最上位グレード(ADVANCED)なので配線は銀コードになっています。








なんと、バッテリーコネクターは本体から生えています!
コネクター形状はラージタイプになります。







左側の大きめの2本のネジを外すと、アウターバレルが抜けます。

残りの3本も外しておきます。








インチサイズの六角レンチでセレクターを外します。

赤マルで囲ったストック固定ネジはグリップを外した後でもokです。







左面のセレクターにはクリック感を出すための小さなベアリング球が入っているので慎重に作業します。
ベアリング球にテンションを掛けるための小さなスプリングも入っています。

赤マルで囲った部分のネジも慎重に外します。








右面のセレクターにはベアリング球もスプリングも入っていません。
左側と同様にネジを外します。








ストックを折りたたみ、ネジを外しておきます。









グリップを外し、レシーバーからメカボックスを取り出します。

セレクターギアは合わせる位置がちゃんと分かるようになっているので安心です。








配線の取り回しや部品の配置などは分からなくならないように写真を撮っておくといいでしょう。










品質の高い台湾製でも大量生産なのでシム調整は大まかにしかされていませんので、しっかり調整します。

日本向けモデルでは初速が低すぎる場合もありますので、その場合は適切なスプリングへ交換して初速を合わせます。

G&GのSGシリーズはモーターがショートタイプなのでEG1000モーターの組み込みが出来そうです。
後日テストして、メニューに加えようと思います!

  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)SGシリーズ

2014年06月13日

G&G SG553 外装編

こんばんは、Diです

本日はG&G新入荷商品のご紹介です!


※画像はSG552です

当店では初の取り扱いとなる、G&GのSGシリーズ!
台湾のG&G本社へ訪問した際に目にしてから、
一度は入荷して欲しいと思ってきましたが・・・!

外装の出来は素晴らしいです!

内部は分解レビューまでのお楽しみ・・・!

それでは、外装を写真で紹介します。
本日はSG553をご紹介。

G&G SG553

実銃では、SG552の改良型らしく細かいとこに改良点が見られます。


銃身は延長され、インナーバレルも長くなっていると思います。
実銃ではバレル長のバリエーションも存在するのでしょうか。


ハンドハードは、RGのような灰色がかった緑という感じでしょうか?
バッテリーはハンドガード内部に内蔵しますが、コネクターはラージサイズです



ハンドガードは取り外すには、他社SGシリーズ同様にピンを抜きます。
このピン、見た目は普通ですがピン反対側のボタンを押すことで脱落防止の爪が解除されて
抜けるような仕組みになっており、G&Gの芸の細かさを感じることが出来ます。



すごいのがフルストロークでハンドル引けちゃいます!
しかもボルトロックのギミックまで搭載して…素晴らしい!
HOP調整もボルトロックのギミックのお陰で操作し易いですね



トリガーガードは、おそらくグローブ使用に合わせて稼働するのでしょうか


グリップはSAWタイプ付属で、他社より細身な感じがします。
ただ前後幅がありますので手が小さい人は握りにくいかもしれませんね


ストックは折りたたみが可能で、運搬時などにも助かります。
気になるガタなどはないので安心感が持てます。


セレクターは、バースト表記などはありません。
クリック感もあり、操作性も大陸性などと比較すると格段に良好です!



フロントサイトも可倒式となり、光学機器使用時の妨げになりにくいです。



トップレイルは標準装備で、付属のフリップアップサイトは簡素な造り。
光学機器搭載する人には助かるんではないでしょうか。


チャンバー付近は、JG製などとは違うようですね。
内部構造が非常に楽しみであります。



マガジンはスプリング式マガジン付属となっております。
カラーは飴色?ダミーカートがかっこいいです。
他社マガジンと比較し明るめなカラーとなってます。

ジャングルスタイルで連結が可能となっております。
昔、所有していたSG552で7連結をしたことがあります…

因みにマガジンの撃ち残しが無いように、
このフォロアーがかなりマガジンから飛び出ますので折ったりしないように注意が必要です

という感じで外装編は以上になります!

内部編については後日また紹介したいと思います。
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)SGシリーズ

2014年02月20日

JG SG552RAS 分解編

こんばんは、Diです

本日はJGから発売されているSG552ブローバックの分解編です
特徴的なのは、フルメタルレシーバー仕様で更にブローバック機構を搭載したモデル!!

従来では高価なメタルレシーバーを購入しないといけなかったりしましたが、
JG製ということもあり安価な価格でフルメタルSG552を入手することが可能になりました!

分解工程はいままでのSGシリーズと変わりはありませんので簡単に説明します。


まずはレイルの取り外しから行います。
レシーバーにピンで固定されているので、ピンを抜きます。


ピンを抜くと、レイルがマズル方向に動かせますので、
ずらしてレイルを外します。
バッテリーはレイル内に収納することになるので、
バッテリーの取り外しも同じ流れで行います。


レイルを外すと配線がタイラップで固定されているので、
タイラップをニッパー等で切断しましょう。


マガジンハウジング内とその前にネジが2本ありますので、
それを取り外しましょう。


チャンバー固定のプレートがありますので、
ネジを外したらプレートを起こしておきます。
戻すときは、プレートの裏表を間違えないように。


ストックを折りたたむとネジがありますので、
そのネジを外しておきます。


ここまでするとアッパーとロアで分割が可能です
コツはチャージングハンドルを引きながらテイクダウンです


メカボには、ブローバック対応のスリットがあります
ここにアッパーのダミーボルトが一部入り込み、
ピストンと連動して擬似ブローバックを生み出す仕組みです。


これがダミーボルトに連動した、ブローバックパーツです
赤マルの部分がピストンに引っ掛かり連動します。


このブローバックパーツがあるので、
他社メカボを使用する場合は、このパーツを切断する必要があります


それでは、ロアからメカボを取り出しましょう。
先ずセレクターの取り外しです。
芋ネジでの固定となっておりますので、左右両方のセレクターを外します


セレクターを外したら、セレクターの操作をメカボに伝える為の部品もあります。
これも左右両方にありますので、赤マルのネジを外して保管しておきます。


片方には、小さなバネなども含まれているので無くさないように。


ストック固定ネジも左右両方にありますので、外します。


グリップも外します。
グリップでストックも固定している役割があるので、
グリップを外して初めてストックが取り外せませす。


レシーバーからメカボを抜き取ります。
セレクター回りがレシーバーによく引っ掛かりますので、
ちょっとレシーバーを広げながらやると抜きやすいです。


複雑に見えますが、仕組みを覚えておけば簡単です。
ギアに赤いラインでマークしてありますが、ギアのかみ合わせ位置が決まってます。
戻すときは、赤いマークの線にギア同士のかみ合わせを合わせて組み込みます。
※赤マークは画像加工で行いましたので、商品には実際赤いペイントはありません。


セレクター連動のパーツです
赤マルのネジを外しまし、保管しましょう。


取り外したパーツですが、小さなネジやバネが含まれます。


反対側にも、セレクター回りのギアがあります。
とりあえず分解のために外す必要がありますが、ギアの位置などは覚えておきましょう。
複雑な箇所は分解前に写真で取りながら行うといいでしょう。
メカボのネジは赤マル箇所を外します。



赤マークのパーツに連動して、セーフティなどかけるパーツです。
形こそは違いますが、理論的にはAKと一緒の方法でトリガーを引けなくします。


赤マルのピンも抜きますが、抜く方向を間違えないように。
片方はローレット加工がしてあります。


箱出し状態のメカボは、このような状態です。
ここから洗浄などを行い、再度グリスアップも行います。


7mmベアリング仕様ですが、この個体はベアリングが欠けてました。
中華製は箱出しで破損が普通にあります・・・・・
このような異常なパーツを発見した場合は、交換して調整しております。


ノズル長は、22.4mmでした。

これで、分解編は以上となります。

初期ロットは調整が大変でしたが、
最近は比較的調整もし易くなっているオススメ商品です!


  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)SGシリーズ

2013年08月06日

名銃SG550

こんばんは!Diです

本日はスイスの名銃?を再現した、JG製品のご紹介!



スイス軍などで主に使用されているライフルで、
スイス軍装備には必須といえるでしょう!

実銃では、AKの機構を取り入れたと言われているらしく
なんとなく外観がAKに見えなくも・・・

個人的には、SIG556Rというバリエーションを
エアガン化してくれないかな~と期待しておりますっ!!!!



さて、JG SG550の外装レビューといきます!

JG SIG550 Rifle


JG製SG550は、レシーバーなどは樹脂製でバレルなどは金属製となります。
しかし、樹脂製パーツを使用しておりますがしっかりとした造りだと思います。

それでは早速、細部を見ていきましょう!



まずは銃口部分ですが、ハイダーは14mm逆ネジ対応
【訂正】ネジは正ネジでした
芋ネジで回転止めがされておりますので、取り外す際には
ハイダーを固定している芋ネジを外してから取り外しを行います。



ガスレギュレーターはクルクル回せますが、
エアガンの機能自体にはまったく変化はありません。



ハンドガード下部には、簡易的なバイポッドが標準装備!
狙撃も行えるような仕様となっております。
因みにハンドガードも樹脂製となっており、内部にはバッテリーを収納します



レシーバー上部です
これは・・・スイス軍とかの紋章ですかね?
ここに専用のトップレイルをスライドさせて固定します



リアサイトは、HKタイプのように回転式となっております



セレクターは、クリック感があり操作してて安心感があります
因みに本製品では、バースト機能は搭載しておりません!
セレクターに隠れて見えませんが、「20」という刻印も入ってます
あと反対側にもセレクターがあるアンビタイプなので、利き手を選びません



トリガーガードは、グローブなどの干渉を考慮してなのでしょうか?
横によけることが出来ますが、戻すときは若干のコツが必要でした。
力任せに、戻そうとすると破損の原因となりますのでご注意を・・・



ピストルグリップは個人的にとても握りやすいグリップです!




フルストロークではありませんが、ちゃんと開閉します
オープン時だと、HOP調整ダイヤルが見えると思います。
調整はダイヤル式なので、調整がしやすいと思います!!



ストックは折りたたみが可能で、持ち運び便利!!
固定もハンドガードにがっちり固定されますので、
プラプラ遊ぶこともありません!



本商品には、SIG専用のレイルが付属いたします!!
なので、スコープやドットサイトなどを搭載可能です!





とりあえず、ACOGレプリカを乗せてみました~



付属マガジンは多弾マガジンで、ジャングルスタイルを楽しむことも可能です
昔、僕が所有していたSG552で7本マガジンを連結させた覚えがあります・・・笑



気になる重量は、3130g
思ったより、重かったですね(笑)

と、外装レビューは以上となります。
ご購入の際の参考になれば幸いで御座います!!



■商品の詳細・ご購入はコチラから
電動ガン調整販売のAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(4)SGシリーズ

2011年10月20日

WELL製SIG552 Seals分解



WELL製SIG552 Sealsの分解を行います。
SIG552はコンパクトで非常に軽量なのでゲームウェポンに最適な銃です。
本体は基本的にプラスチック製ですが、アウターバレルやストック基部などの力の掛かる部分は金属製です。

ロングマガジンが付いているのでバリバリ打てますよ!


では早速分解して行きます。


まずはフレームロックピンを抜き、ハンドガードを外します。
そしてこの2本のネジを抜きます。



ネジを抜いたら、チャンバーを固定している金属のプレートを持ち上げるようにして外します。



マイナスドライバーでフレームロックピンを外します。
反対側も同様に外れます。



ストックを折りたたみ、上のネジを抜きます。



アッパーレシーバーとロアレシーバーをスライドさせて外れるようになります。



続いてグリップエンドのネジを2本抜き、グリップエンドを外します。
長い方のネジが右側で、短いネジが左側です。



ちゃんと位置調整プレートも入っていました。



モーターは中華ガン定番の「机モーター」のようです。
ミディアムタイプで、ピニオンギアはDタイプです。



グリップ内のネジを2本抜くとグリップが外れます。
グリップを外すとストックも外れる仕組みになっています。



次にセレクターを外します。
小さなイモネジを緩めるとセレクターが外れます。 裏側も同じように外します。



セレクターを外すとネジが現れるのでそのネジを外します。 裏側も同様に。



非常に小さなパーツが入っていますので紛失に注意しましょう。 これが無いとセレクターのクリック感が失われてしまいます。



ロアフレームの後方を少しだけ広げながらメカボックスを取り出します。
セレクターギアの位置を記憶しておきましょう。



続いて小さなギアのネジを抜きます。



プラスチックのプレートを外します。



このパーツの上下の向きを覚えておきましょう。



メカボックスの6本のネジを抜きます。



メカボックスご開帳です!!
ギアはD-BOYSなどと同じXYTギア。 中華グリスがべったりです。



CYMAやD-BOYSなどとは違った汚いグリスが使用されていますね~ これはいかん



ギアやメカボックス、ピストン、シリンダーに付いている中華グリスを洗浄し、ピッカピカになりました!
ここからグリスアップとシム調整を行います。



グリスアップ、シム調整が完了しました!
トリガーがよく飛び出てくる悪い子なので押さえています。



あとはメカボックスを閉じて、組み上げて調整完了です。
あ、そうそう ちゃんとバレルクリーニングも行なっていますよ♪

■商品の詳細・ご購入はコチラから
海外製電動ガンのAIRSOFT97
*PC,携帯、スマートフォンすべてに対応しております。



  
タグ :WELLSIG552


Posted by kuro&staff  at 23:14Comments(0)SGシリーズ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 121人

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (5)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (4)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (40)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (47)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ