電動ガン動画

2016年01月07日

ASP SVU メカボックス分解編



こんばんは、Tacです。
昨日の記事で外装の分解を行いましたので、今日はメカボックス内部を見ていきたいと思います。



SVUはかなり細長いレシーバーなので、通常のVer.3ではないオリジナル形状のメカボックスが入っています。
一番の特徴はギアが1つ多いこと!
セクターギア、スパーギア、ベベルギアに加え、トランジションギアが追加されています。

また、メカボックス形状に合わせてシリンダーも共通規格の物より長いことが分かります。
それによりピストンもロングタイプになっていますよ!




メカボックス左面には多くのギアが付いています。
ギア連動でメインスイッチを押すトリガーのシステムを採用しているのでメカボックスの外側にもこんなにギアが付いているんですね~。(OvO)
また、SVUにはフルオート機能が付いているので、カットオフレバーを押し上げるセレクターギアも搭載されています。

それでは、メカボックスを開けてみたいと思います!






先にモーターを見ておきましょう。
このメカボックスはトランジションギアが追加されたことにより、ギアが逆回転になります。
そのため、モーターには配線がプラスマイナス逆で付いているので注意が必要です!




メカボックス上部のプレートを外します。
小さめのマイナスドライバー等を当てて少しずつ叩きながら外します。








次にセレクターギアとトリガーのカバーを外します。
カバーの下にある特殊な形状のセレクターギアにはクリックピンとスプリングが入っています。
簡単に取れてしまうことはありませんが、紛失に注意しましょう。

ここでトリガーのリターンスプリングも外しておきます。






メカボックスを裏返し、トリガーのカバーを外します。
丸で囲った蝶歯のトリガー連動ギアを外せは、トリガーを取り外す事ができます。






赤丸で囲ったセレクターギアを外します。
あとは残りのネジを外せばメカボックスを開ける事ができます。




開ける前に逆転防止ラッチを開放しておきましょう!
このメカボックスは逆転防止ラッチが見えませんが、後部に穴が開いており、そこにピンポンチなどの細長い棒状の物を入れてグッと押すと開放できる仕組みになっています。(OvO)




そしてこちらがメカボックス内部です!
本中華らしい緑グリスが塗られています。
当店に入ってきたサンプル品は日本仕様スプリングが入っており、箱出しでも初速90m/sほどでした。
しかし、未調整だと連射サイクルが極端に遅く、集弾性も芳しくない状態だったので調整は必須ですね。(OvO)




逆転防止ラッチの向きとスプリング掛け方が通常のメカボックスとは異なるので、覚えておきましょう。




シリンダー、シリンダーヘッド、ピストンなども専用品となっております。
ピストンはハーフティースタイプなので、SHSの19枚歯ロングピストンは使用不可でした。




ノズル長は16.8mmと、こちらも専用品。
万が一の破損に備え、SVUの内部補修パーツも確保してあります。(OvO)p




内部パーツ洗浄、シム調整、グリスアップ、接点グリス塗布、Airsoft97オリジナル不等ピッチスプリング組込等を行います。
動作性向上のGaeBulg、最上位のUltimateプランではモーターを交換して連射サイクルやレスポンスを向上させます。

これからたくさん入荷しますので、SVUの様々な可能性を模索していきたいと思います。(OvO)
以上、ASP SVUのメカボックス分解レビューでした!

  
タグ :ASPSVU分解


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)SVD

2016年01月06日

ASP SVU 分解!(分解編)



こんばんは、Tacです。
今日はみなさんお待ちかねのASP SVUの分解レビューを行います!
外装編とメカボックス編の2本立てでお送りいたします!(OvO)

もうSVUは発売が遅れて遅れて・・・。 もう来ないんじゃないかと。(笑)
でも、もうそろそろですよ! 楽しみにしていて下さいね~!

それでは分解に移りたいと思います。





まずはハンドガードを分割します。
ハンドガードキャップのレバーを押し込みながら回し、外します。






バッテリーはハンドガード内に収納します。
収納スペースは意外と広く、対応バッテリーはAKタイプバッテリー、2pcタイプバッテリー、ストックインタイプバッテリーです。






ハンドガード内に配線が通っており、絶縁の甘いギボシ端子で中継されています。
太さも気になりますので、当店の調整モデル(GaeBulg/Ultimate)では通電効率の高い、2mmのヨーロピアンコネクターに変更しております。






次はバイポッドの取り外しです。
バイポッド基部の4本のトルクスネジを外します。
ここではT8トルクスドライバーを使用します。




バイポッド基部の中にクリックピン&スプリングが入っているので紛失に気をつけましょう!
このピンを無くしてしまうとセーフティボタンのクリック感が無くなってしまいます。(・_・;)








アウターバレルを取り外すために、まずリアサイトを取り外します。
小さなパーツが多いので、ここでも慎重に作業を行います。




リアサイトパーツを外せばアウターバレルを固定しているイモネジが現れますので、T10トルクスドライバーを使って緩めます。




イモネジを緩めればアウターバレルを前方に引き抜く事ができますが、そのままではチャンバーを固定しているネジが引っかかってしまうので、そちらを外します。






チャンバーはRS規格。
インナーバレルは驚異の650mm!
昨日のブログでもご紹介しましたが、集弾性や初速の向上や効率UP、サプレッサーの効果を活かす為に、当店の調整モデルでは全てインナーバレルを適切な長さにカットして納品いたします。




ホップアップの押しゴムは、通常の電動ガンと同じ横押しタイプ。
チャンバー上部のダイヤルでホップアップを調整します。 調整幅がかなり細かく、緻密なホップ調整が可能です!
チャンバーパッキンは共通規格なので、相性がありますが、様々な社外カスタムパッキンが使用可能です。






続いて、ニュッとした形のストックエンドを外します。
トルクスネジ1本で固定されているので簡単に取り外せますよ。(OvO)








トップカバーを外し、ボルトキャリアとスプリング&ガイドを取り外します。
このあたりはかなりタイトに作られており、内部に消音材を入れるのは中々難しそうですが、ご自身でやってみるのも面白そうですね!






次にレバー類を取り外します。
セレクターレバーと、トップカバーのロックレバーはネジ式ではなく、ある一定ポジションまで上げると外れます。






メカボックス下部、マガジンキャッチ裏のあたりにある隠しネジを外します。

そうするとメカボックスがフリーになりますので、最後にメカボックス少し浮かせ、マイナスドライバー等を使ってトリガーバーを外します。





これでメカボックスを取り出す事ができました!
オリジナルパーツてんこ盛りのRS規格の4枚ギアメカボックスです。(OvO)

明日はメカボックス内部をご紹介しますのでお楽しみに!!

  
タグ :ASPSVU


Posted by kuro&staff  at 17:45Comments(2)SVD

2016年01月05日

ついに来た! 「ASP SVU」最速レビュー!!

皆さま! 新年明けましておめでとうございます!! 当店は本日から仕事始めとなっておりましたが、なんと! 正月中に期待の、というより期待させたまま発売延期が続いていた ブルパップドラグノフ「ASP SVU」の製品版サンプルが届きましたよ~!!


製品版は今月末には届くそうなので今から楽しみですね! というわけで、早速日本最速レビューをかましていきたいと思います!!


実銃では「SVU」といえば、「SVDドラグノフ」のブルパップバージョンとして1990年代から特殊部隊を中心に配備されはじめました。その後、現場からの要請により、フルオート機能を付加した「SVU-A」、バイポットを取り付けた「SVU‐AS」などマイナーですが結構バリエーションもあり、細部の違いについて調べてみるのも面白いですよ! ASPのSVUは「フルオート」+「バイポット」付きなので、どちらかと言えば「SVU‐AS」と言えるかもしれません。


全体をみると、ドラグノフを本当にそのままブルパップにしたロシア的な不整合さと道具としての機能美が感じられる不思議なスタイルをしていますね~。



届いて早速持ってみましたが、意外と細い&軽い! 樹脂製ハンドガードとSVD譲りの細身レシーバーが重量軽減に一役買っているようです。


重量はマガジン込みで3.845グラム! 数字だけだと重く感じますが、グリップを中心としたバランスに仕上がっている為、片手でのエイムも(サバゲでは意外と重要)楽々!!


まずは特徴的なフロントから! この大型サプレッサーにより、実銃でも4割近い反動軽減がはかられております!

しかもエアガンでは、スポンジ入りのサイレンサー機能がしっかりと付加・・・・・・。のはずですが、画像のようにサプ先端までインナーバレルがきておりますので、箱出しでは機能しません。 ですが! 当店調整では弾道の改善も含めてインナーバレルをカット!ちゃんとサプレッサーに仕事させますよ!!


バイポットはシンプルですが実銃の形状を表現&実用充分な仕上がり! 脱着可能なので、フィールドに合わせて取り外しても良さそうです。



ハンドガードからニョキッと突き出したトリガーグリップは、「SVD‐S」のピストルグリップをそのまま移植したような形状! 実銃では、木製(黒塗装)と黒樹脂製が入り混じっているようです。このドラグノフハンドガードを無理やり加工した感が、逆に機能美を感じます!!

グリップ上にあるピンはトリガーロック用。右に出ているときはセーフティ、左に出すと発射可能になります! (本エアガンの構造上、セレクターにてセーフティに入っている場合でも、トリガーセーフティが解除されている場合、発射可能になっております)


ハンドガードは黒樹脂製! 他社製と同じくハンドガード内にバッテリーを納める構造です。バッテリーを交換するにはまず、ハンドガードリテイナーを軽く押しながら手前に外します。

後はそのままハンドガード基部を前方に移動させればパカッと内部が開きます。対応バッテリーは2PCの他に…

AKタイプバッテリーも楽々入ります! 普段からAKをご使用されている方ならバッテリーには困らないですね!!


レシーバーはSVD譲りの超スレンダーボディ!! はぁ美しい・・・。 元のトリガーがあったであろう部分は実銃同様金属板でふさがれて、しっかり再現してますね~! しかもコイツはフルオート仕様! 通常のAKと違い、上から順にSAFE→SEMI→AUTOと変化します。

セレクターを操作すると、大型シリンダーがチラリ! 細身のレシーバーに7.62×54R弾の大型マガジンが実にセクシーな対比を見せてくれます!

HOP調整ダイヤルはボルトハンドルを引いたこの位置! 大型ダイヤルは溝1つずつにロック感があり、微調整が可能! ここら辺スナイパーライフルって感じがしますね!


マガジンは200連の多弾マガジンが標準装備! これでセミだけでなくフルオートでも安心です。 本体入荷と同時に予備マガジンも入りますので、購入予定の方はもう1~2本持っていてもいいかもしれません。


そしてそしてぇ! やはりロシアンスナイパーといえば「PSO-1」スコープですよだんなぁ! 本体が来たからにはコイツを乗っけなきゃ気が済みませんぜぇ!!


やっぱりスコープがあると全体が引き締まりますね! ブルパップ用にサイドマウントの位置は、レシーバーからハンドガード(トリガー上)に移されております! おかげでSVUの洗練されたスマートなレシーバーがあられもなく観賞できるという!(鼻血)



若干オフセットして設置されるロシアンスコープの特性もあり、本体のフリップアップサイトもスコープを付けたまま可動&仕様が可能! ここら辺にもロシア的な実用性重視思想を感じることが出来ますね!
(展開時)

(格納時)


はい! というわけで駆け足でご紹介いたしました、どこよりも早い「ASP SVU」外装レビュー!いかがだったでしょうか! 近日中にご紹介動画の方もアップいたしますので、どうぞお楽しみに!! 以上! スタッフのKATSUがお送りいたしました~!!




  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(5)SVD

2015年07月26日

CYMA SVD ”Dragnov” リアルウッド 外装レビュー!

はいさーい!スタッフのKATSUです(^^)
沖縄をかすりもしないと思っていた台風12号がまさかの接近ということで、玄関先の鉢植えを慌てて片付けてから出勤してきました。県内の皆様だけでなく、県外の皆様も十分にお気をつけ下さい。

とまぁ前文と全く関係なくて恐縮ですが、期待のニューフェイス!「CYMA製 SVD ”Dragnov” リアルウッド」のご紹介を!



うーん!カッコイイ!!なんでこうドラグノフって外見から、名前からと男心を余すとこなくくすぐってくれるのでしょうか…。あぁ欲しい…。実銃は皆さんご存知ロシア(旧ソ連)製のセミオートスナイパーライフルです。第2次大戦中、スターリングラードを始めとした市街戦において中距離狙撃銃の有用性を経験したソ連が、エフゲニー・F・ドラグノフさんに製作させたのが名前の由来になっております。セミオートの狙撃銃となるとそれ以前に旧ドイツのGEW43があり、その後ドラグノフが誕生し、最近になってイラク等市街地戦に対応するアメリカ軍がSR-25系統を採用するなど銃の歴史を追っていくと、面白い発見などあるかと思います。ぐへへ、こういうの大好物なんです!

話が脱線したところで、まずは商品名にもなっている木製パーツを見て行きましょう!

やっぱりドラグノフと言ったらこの木製スケルトンストック!運用方法としてAK装備の隊員についていく必要があるため、可能な限り軽量化した結果がこのストックです!ちょっとグリップは太めですが、実銃同様合板で製作されており、肉抜き加工されていても剛性は十分にあります!

はじめからチークパッドも付いておりますので、スコープを付ける方も安心!っというか付けない選択肢はないですよね!当店では勿論「PSO-1 SVDスコープ」も販売しておりますので合わせてご購入されてはいかがでしょうか?また大型のフェイスマスクをされている方も、チークパッドは脱着式ですので外すことで快適にプレイできそうですね!

フロントのハンドガードも勿論合板製!!無垢の木を切削するのではなく、ちゃんと合板を曲げて作っている所にコダワリを感じます!

ハンドガードの分割はこのようにタテに2パーツ構成。この中にバッテリーを収納致します。狙撃銃ですが、しっかりアイアンサイトが付いているのも特徴的!ハードな環境下、例えスコープが作動不良を起こしてもSVDは最後までその役割を果たす!そんな男気ポイントですね。


バッテリー装着はこのように内部に収めます。バッテリーの種類は「【超高出力!】SPARK 7.4v 2pcタイプlipoバッテリー 1200mAh 30c」が余裕で収まるクリアランス。ただし細いのでミニバッテリーは収まりませんでした。ハンドガードの脱着はAKと同じくハンドガードリテイナー部のノブを回して前方に移動するだけです!よくSVDのハンドガード脱着が固いという噂を耳にしますが、CYMA製はするりと抜けてくれました(^^)v


お次はレシーバー!モシンナガン狙撃銃の後継らしく同じ7.92×54Rという大きな弾薬を使用しますので、排莢口も迫力のサイズ!細いレシーバーの約半分をボルトキャリアが占めるという、スリムなくせに凶悪な破壊力をひしひしと感じてしまいます!悔しいでも ビクンビクン\(^o^)/


マガジンもでかい!この機械的なリブがまたカッコイイんですよ!あーこれだけでご飯が食べられそうです。

チャージングハンドルを引くとHOP調整ダイヤルがこんにちは。フルメタルですので、離すとキーン!という気持ちいい金属音をたてて戻ります。

右側面、グリップ上のラッチを回転させると、アッパーレシーバーが取り外せます。AKではここがバッテリースペースになっていることも多いですが、細いSVDではギリギリまでメカボックスが来ていますね。

左側面にはスコープ取付用の基部が再現されています。AKとはまた違ったストレートな形ですね。

ガスチューブは細く、調整用のノブがあります。SVDは使用する弾薬が重量弾をはじめ数種類ありますのでそのためでしょうか?AKよりも大きな口径を発射するとは思えないほど細いガスチューブとバレルに、ロシアのSVDに対する軽量化の執念が見えますね!

そしてそして!超かっこいいドラグノフハイダー!長い!細い!鋭い!と三拍子(!?)揃ったCOOLな奴!しかも恐ろしいことに、皆さん、よく見て下さい、ハイダー先端が丸く絞られ、さらにフロントサイト基部にAKユーザーには見覚えのあるでっぱりが…。
そう!AVD実銃は着剣出来るんですよ…!?
私も実際に付けている写真を見たことはないのですが、記事を書きながら気付いて急いで調べました!こだわりのある方!是非再現してみてはいかがでしょうか!以上、「CYMA製 SVD ”Dragnov” リアルウッド」のご紹介でした~(゚∀゚)


  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)SVD

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (45)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (7)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (5)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (9)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ