電動ガン動画

2018年09月22日

【アキバ店】G&Gパーツ!ARPが戦隊モノに??MBRのETUもあるよ♪

こんばんわ。アキバ店カラスです。

G&Gからいくつかパーツ類が発売されましたので、ご紹介したいと思います。

ARP9 スーパー戦隊ドレスアップKIT


こちらはARP9用の外装のコンバージョンキットで、以前限定で発売されていた「ARP9 Black Orchid」のようなカッコイイスタイルに変身させる事が可能です!
しかも、5色発売されているので、アナタ好みの色にする事が可能なのです!

各パーツはメタル製で、更にメタリックな塗装がされています。
内容パーツについては以下13点!
・ハイダー
・アウターバレル
・チャージングハンドル
・ダストカバー
・ボルトフォアードアシストノブ
・セレクター
・グリップボトムカバー
・トリガーガード
・トリガー
・ボルトリリースボタン
・フレームロックピン
・ピポッドピン
・テイクダウンピン






ARP9以外の機種でも、G&G製であれば組込可能ですが、セレクターやグリップボトムカバー等、機種によっては取付不可のパーツも出てきますので、必要に応じて組み替えるようにしましょう。

「各パーツがバラで欲しいよ」
とお思いの方もいらっしゃると思いますが、残念ながらフルセットでの販売となります。
お友達とシェアして必要なものを分け合うというのもアリかもしれませんね。


MBRシリーズ用ETU(G2タイプ) MBR556用/MBR308用



MBR556用


MBR308用

G&Gの「新世代電動ガン」ことMBRシリーズに使われている新型ETUのキット販売が始まりました!

基板ASSYとハーネス、スイッチASSYがセットになっております。
こちらはトリガーやセレクタープレートは含まれていませんね。


G2ETU基板は、今までの基板と比較すると半分近くのサイズになっています。


スイッチ部の比較です。右の青いほうがG2用で、残弾ゼロストップ検知用のスイッチが突き出ているのがわかります。
それ以外には特に違いが無いようですね。


信号ハーネスは旧タイプとピン数等は同等で、互換性があります。

お気づきの方もいるかと思いますが、旧タイプETU搭載機に新型G2ETU基板を入れ替えて動作させることも実は可能です。
私も自分の旧タイプETUを組み込んだ電動ガンで試してみましたが、バースト切り替え時にビープ音が鳴ったり、5点バーストが使えたりと使い勝手が向上しました!
更に基板サイズも小さくなるので、バッテリーが収納しやすくなりますね♪

但しこの場合は全くもってメーカー想定外の作動方法になるため、あくまで自己責任でお願いします。
当店としても旧タイプETU機に組み込んだ際の動作保証は致しかねますのでご了承ください。


G2メカボックス用ベベルギア

MBRシリーズは箱出しでも、既存のG&G電動ガンと比較してギアノイズが静かですよね。
ベベルギアが新型になっており、これの影響による所大なのですが、そのギアの単品がとうとう発売されました!



左がG2用、右が既存。どちらも逆転ラッチ数は5枚となっております。


G2用の新型ベベル。ピニオン側の歯の頂点の高さが若干押さえられています。


こちらが既存のベベルです。新型と比較して頂点がちょっと高いのがわかります。


また、G2用スプリングガイドやシリンダーヘッド等も入荷しております♪


最後に、「創立記念福袋」ですがおかげさまで本店Web分は全て完売となりました!
m(_ _)m

アキバ店分ではまだご用意がございますので、

買いそびれてしまった方もまだワンチャンございますので、どうぞご利用ください♪

・2.5万袋
・3万袋
・4万袋
・5万袋


勿論、アキバ店では24日から福袋を店頭販売を予定しております!併せてよろしくお願いします!
  


2018年07月02日

G&G DEATH MACHINE Mk2 予約受付開始!

こんばんは! ライです:D

話題の限定商品、少数ながら当店でも予約受付開始しております!





【予約商品】G&G DEATH MACHINE Mk2

大人気ARP 556をベースとしたボスゲリラ・限定カスタムモデル!

沖縄店Webでは20本限定の予約受け付けとなり、予定数量に達し次第締切となります。

東京都・関東圏在住の方はアキバ店の店頭でも予約を承っておりますので、売り切れる前に急げっ!

本店への入荷は7月中旬に極少数が入荷後、月末以降に残りの十数本が入荷予定となっています。



=========================

ボスゲリラ×G&Gの500本限定カスタムモデル!

大人気機種「ARP 556」をベースとしバッファーチューブ、クレーンストックを装備し汎用性が大幅に向上!

M-LOKハンドガードに発射音を増大させるWildhogシリーズのフラッシュハイダーを装備。

モーターもイフリートモーターにアップグレードされており、動作性も格段にアップしております。

電子トリガーユニットETUを搭載し、セミ/フル/3点バースト射撃が可能。

トリガーをセミで10秒引き続けることで、フル/3バーストの切替が可能です。

電子トリガーによりキレのいいトリガーフィーリングを実現、スイッチ焼けの心配もありません。

上面には20mmレールとフリップアップ式のサイトを装備。

=========================

*推奨バッテリーについて


(格安モデルの場合)

11.1Vリポバッテリーでのご使用でメーカー保証対象となるのは、G&G純正のリポバッテリーで本体に純正で無理なく収納可能な範囲のものとなります。

広く流通している30C等ハイレートなリポバッテリーでは破損保証の対象外となりますので、必ず純正バッテリーをご使用ください。



(調整モデルの場合)

基本的には耐久性を重視し7.4Vリポバッテリーでの使用に最適化しますので、11.1Vリポバッテリーはご使用頂けません。(保証対象外)

但し、後日販売開始予定の11.1V対応カスタムメニューを別途ご購入頂くことで、ハイパワーな11.1Vリポバッテリーでの使用にも対応した対策カスタムを行いますので、その場合は純正バッテリーに限り11.1Vリポバッテリーをご使用頂けます。

詳細についてはメニューの決定後、HPやブログにて改めて公開致します。

先行して本体をご予約されるお客様で11.1V対応メニューをご検討されている方は、注文時に必ず備考欄にてお伝えください。



当店での入荷本数はかなり限られていますので、買い逃しの無いようご購入はお早めに!(`・ω・´)ゞ

以上デスマシーンMk2の入荷案内でした。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報G&G ARP 556

2017年10月22日

分解! G&G ARP556



こんばんは、Tacです。
今日はG&Gの新商品「ARP556」の分解レビューを行います。

このモデルはARP9の後継機となっており、レシーバーのフルメタル化とモーターの性能をアップさせたアップグレードモデル。
マガジンはM4/M16と共通なので、P-MAG等の様々な社外マガジンが使用可能となっております。



ARP9との見た目の変更点はハンドガードとレシーバー。
ストックのサイズやインナーバレル長はARP9と同じ仕様です。



基本構造はM4と同じなので、通常どおりテイクダウンを行います。



チャンバーは新型のバレル同軸式ダイヤル。
フルメタルレシーバーの上位モデルなので、インナーバレルの材質は真鍮に変更になっています。



ETUはストック内に収納されています。
基盤と配線を上手く配置すれば、Li-po7.4v 2000mAhミニタイプバッテリーが収納可能です。



ARP9ではオリジナル18000モーター(ノーマル)でしたが、このARP556では高性能なイフリート25000モーターが搭載されております。
これによりセミオートのキレが大幅に向上しているんですね~!



セレクターは同社PredatorやWILDHOGと同じアンビセレクターになっています。
左右のセレクターにとても小さなボールベアリングが入っているので紛失に注意しましょう。



次にマガジンキャッチと、レシーバーとメカボックスを固定している2本のピンを外します。
固定ピンのうち、赤丸で囲った細い方のピンは写真に写っている側からピンポンチで叩いて抜きます。





こちらがARP556のメカボックスです。
よく見るとトリガーもARP9と違いますね。

このストレートトリガーはダイレクトな操作感になるので、セミオート連射がやりやすくなりますよ。





ARP556のメカボックス内部です。
セクターギアは開放側3枚カットのショートストローク仕様。
インナーバレルの短さ的にショートストロークでも問題はないのですが、初速を出すにはそこそこ強めのスプリングが必要になります。

通常、セクターギアをカットするとピストンの開放タイミングが変わるので、間違ったカットをすると弾道が不安定になる事が多く、同じ開放側3枚カットの仕様でも吸排気パーツやインナーバレル長の違いでも影響が出たり出なかったりします。
今回作った命中精度UPカスタムではショートストローク仕様のままでも問題ありませんでした。



このモデルは標準でメタルティースピストンが入っています。
ピストンヘッドもベアリング付で嬉しいですね。

ピストンは一度分解して脱脂し、金属歯を接着して組み上げます。
その際、ピストンヘッド固定ネジにネジロック剤を塗布するのを忘れないようにしましょう。

ネジロック剤は低強度~中強度がオススメです。
高強度ネジロック剤を使うと二度とピストンヘッドを外せなくなったり・・・。



ベアリング軸受けが外れやすかったので脱脂して接着します。
当店では純正状態で軸受けは適正に圧入されて外れる心配が無い場合などはそのまま使用しますが、ほとんどの場合は一度外して接着をしています。



洗浄、シム調整、グリスアップ等を行い作動確認に移ります。
今回は追加オプションで初速微調整が入っていたのでスプリングを交換しました。

グリスは極圧性のものもチョイス。
G&Gのギアはグリスが乗りやすくていいですね。

モーターは純正のイフリートモーター、ETUモデルなので配線もそのままですが、箱出しとカスタム後では作動音をレスポンスも明らかに違います。
内部構成パーツを適正に配置してグリスアップ等を行うことで、フリクションが減り、レスポンスや静音性が向上、更に寿命も伸びますよ。

以上、G&G ARP556の分解レビューでした。
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)G&G ARP 556

2017年10月21日

コレ良いよ! G&G ARP 556入荷!

こんばんは! ライです:D

話題の新製品、ARP556が当店にもバッチリ入荷しています!

あまりの人気っぷりに入荷本数が発注数を下回ってしまい(汗)

初回入荷は注文分ギリギリでした(笑)





G&G ARP 556(電子トリガーETU搭載モデル)


販売価格(税込): 38,404~51,904 円
(調整メニューにより価格が異なります。)


ARP 556は爆発的にヒットした前作「ARP 9」のアップグレード版後継機で、スポーツラインのCM16系だったARP 9とは異なりGC16系のメタルレシーバーモデル!

外観で見てわかる通り、9mmマガジンを使用するARP 9とはマガジンが異なりM4系マガジンが使用可能になっています。

スペックは全長497mm、重量2.4kgととってもコンパクトで軽量!







ARP 9と同型のワイヤーストックは二段階に調節が可能。

動きはちょっと渋いので慣らしが必要かも。









バッテリーはバッファーチューブのエンドプレートを外して挿入。

バッテリー脱着の際はワイヤーストックを外す方がお勧めです。







タイトなバッテリースペースですが、なんとSPARKブランドの7.4V 2000mAhのMini-Sタイプ リポバッテリーが収納可能!

大容量リポバッテリーが収納できるのは嬉しい限りですね(*^^*)

とはいえETUユニットもあり結構ギリギリの収納なので、スムーズに収納したい方は7.4V 900mAhのコンパクトなスティックタイプなどがお勧めです^^;







レシーバーは金属製で、Wildhogシリーズと共通のもの。

アンビマガジンキャッチも装備しており操作性が向上しています!

セレクターはピクトグラム、トリガーはかなりスリムなストレートトリガーが付属しています。

電子トリガーユニットのETUを搭載しており、高トルクで比較的回転数も高いイフリートモーターが装備されていますのでセミオートのキレも良好!

引きやすい軽めのトリガーと相まって、セミの連射に向いたセッティングとなっています。

もちろんフルオートと3点バーストの切替も可能、スイッチ焼けの心配もありません。







マガジンは450連のロングタイプSTANAGが付属。

各社製スタンダードM4系のマガジンが使用可能です。







アルミ製のCNCメイドM-LOKハンドガードは加工精度も良好で、各社製M-LOK系オプションが難なく装着可能。

スロットは各面に2つしかないので、オプションをたくさん付けたい方は選定が必要かも~(笑)









前後サイトはKACタイプのMicro 600mフリップアップサイト。造形も良く単品でも人気が出そうな予感。

上面は全て20mmレールとなっており各種光学機器など搭載できます。







ハイダーは意外にも金属製。イモネジが外しにくい場所にありますので、取りにくい場合はM-LOKハンドガードを外して回したほうが無難そうです。

マズルは14mm逆ネジ仕様ですので各種マズルオプションが装着可能!

KX3系の太めのラッパハイダーで音を大きくするも良し、サプレッサーを付けて逆に音を抑えるもよし!

大きめのハイダーやサプレッサーなどを付けた方がよく似合うんじゃないかな~と思います(*´ェ`*)







インナーバレル長は128mmと激短なので、0.25g程度の重量弾での使用がお勧め。

調整モデルの場合もより安定した弾道を得られる、0.25gBB基準での性能保証となっています(^o^)

箱出しでの初速を測定してみたところ、79~84m/s前後と個体によりやや差があるようでした。

短いバレルで初速を出すためレートの高いスプリングが入っていることが想定されますので、高負荷に対応するためしっかりとシム調整など行いたいところ。

もちろん持込でのカスタマイズも承っておりますので、お気軽にHPよりお問い合わせ下さいね!







折角の純正ゲームウエポンですので、特徴を最大限に活かせるようセットアップしてみました!

軽量さを損なわないよう、ドットサイトはコンパクトなAimpoint T-2タイプをチョイス。

マガジンはセミ/フル共にバリバリ撃ちまくれる、P-MAGタイプのドラムマガジン

装弾数1500発ながらもワイヤー式のフラッシュマガジンとすることで軽量、大火力を両立しています。

ルックスもイケてるので民間AR系にもお勧めです!

フォアグリップは定番のBCM Gunfighterタイプ、M-LOK対応モデル

コンパクトでアングルが付いたデザインは握りやすく、また指に引っ掛けるのにも向いています。

ショートバレル機種はどうしても発射音が大きくなりがちですが、それを軽減してくれるのがサプレッサー

射手はメカノイズが聞こえる為やや効果を感じにくいパーツですが、相手側からは射撃音がかなり小さくなる為、その効果は絶大!

特に発射音が大きくなりがちなショートバレル機種で効果を発揮しますので、是非装着をお勧めしたいパーツです。

大火力と消音で、セミオートユーザーにもフルオートユーザーにも対応した究極のアタッカーウエポンかもしれません(笑)



現在2次ロットの予約を受付中! 以上ARP 556のご紹介でした~  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報G&G ARP 556

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 133人
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
FET (12)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (8)
HK416 (18)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (8)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (13)
LCT AK (54)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (13)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
KRYTAC (10)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (21)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (34)
映画 (11)
あそび (129)
NPO (2)
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ