電動ガン動画

2019年01月29日

【予約商品】PTS CAR-15 N-23 PDW Legacy

こんばんは! ライです:D

本日は当店では珍しい、オールドスタイルARの新商品をご紹介!



【予約商品】PTS CAR-15 N-23 PDW Legacy


こちらは予約商品となり2月リリース予定、マニア垂涎のCAR-15コンパクトモデル!

電子トリガーユニットを備え、セミ/バースト/フルオート射撃が可能。

ハイダーやグリップはM16A1タイプを装備し、ベトナム戦争時に使用されたCAR-15をベースとしつつも、更に全長を大幅に切り詰めたPDWウエポンとなっています。




現代的なレールシステムなどの拡張性こそありませんが、金属製レシーバーに樹脂製ハンドガードの組み合わせは取り回しの良さに秀でており、サバイバルゲームで非常に有効なウエポンです。





ロアレシーバー左面の彫り刻印はPTSオリジナルとなり、右面はセレクターマークも無しのツルッツル! 試作品っぽさがプンプンして渋いですね~

ケースリフレクターやボルトフォワードアシストノブも装備されておらず、初期型感がたまりません。

ドットサイトなどを装備したい場合は、おそらく別売りのキャリングハンドル用20mmレールを使用することで対応可能と思われます。




バッテリーはバッファーチューブ内にコンパクトスティックタイプを収納可能。

コネクタは画像のように通電効率に優れたTコネクタ仕様となっており、電子トリガーシステムとの併用でキレの良い撃ち味が期待できます!

バッテリーにもTコネクタの取り付けが必要となりますので、購入の際はご注意くださいね!

最初はコネクタの変更も億劫に感じますが、Tコネクタの良さを知ると戻れなくなります笑




メカボックスはVer.2をベースとしたカスタム版となっており、チャンバーもM4系ではなくAUG規格となるようです。

電子トリガーはEFCS系のマグネット検知式でしょうか、こちらは内部を早く確認してみたいところです!

メカボックス上部も大きく切り取られており、やり方次第ではブローバックなんかできちゃうんでしょうか……?

今後のアフターパーツにも期待が広がりますね(^o^)



以上予約商品のご案内でした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報CAR-15

2019年01月28日

【アキバ店】VECTOR通常版・ツートンカラー版再入荷♪

こんばんわ、アキバ店カラスです。

ゲームやアニメで大活躍のKRISS VECTORの、本家本元電動ガン、KRYTAC KRISS VECTOR通常版及びツートンカラー版が再入荷しております!



KRYTAC KRISS VECTOR通常版BK



KRYTAC KRISS VECTOR通常版ツートンカラー
※カスタムはコチラ

ベクターは昨年限定版が登場しましたが、
「ベクターはやっぱり短い方がベクターかな」
とお思いの方もいらっしゃると思います。



レジーバー左面のメカニカルな造形がたまりませんね。
セレクターはグリップ部分のセーフティー/ファイヤー用と、
レシーバー部にセミ/バースト/フルオートの射撃モード用が
それぞれ分かれています。


ストックを畳むとこんなにコンパクト!
というか電動工具みたいな外観です。
それっぽい塗装にしてみても面白いかもしれませんね。


コッキングハンドルを操作するとイジェクションポートカバーが展開し、HOPダイヤルにアクセスできます。
他のKRYTAC製品と同様のナンバリングされたドラム式チャンバーです。

さて、箱出しでも命中精度が高く、スイッチングもしやすいベクターですが、
唯一の難点はモータースピードが控えめの為、
もう少しレスポンスを求めたい所です。

勿論、モーター交換を伴うカスタム(GaebulgやUltimate)を行って頂ければバッチリなのですが、
ミニSタイプのリポバッテリーを使うことである程度改善させることもできます。


そして、(お気づきの方もいらっしゃると思いますが)実はギリギリmini-Sタイプのリポバッテリーが入るのです。
(ホントギリギリですが)

配線やコネクターの引き回しがかなりカツカツになるので、コツが要ると言いますか、大手を振るってオススメできる方法ではないのですが、ご参考までにご案内します。


わかりにくい写真で恐縮ですが、写真左上方向がマズル側となります。
グリップ内部の配線は向かって右側から伸びています。
バッテリー収納時の配線の影響を緩和する為に、
バッテリーを収納する際は、配線が向かって左側を通るように気をつけます。
(これによって本体側の配線長を少し短縮化することができます)


そして次にミニSリポバッテリーを入れた状態です。
奥まで入れると、高さにして3センチ前後の空間的余裕が生まれます。


端子を接続して縦にすると入らず、横にしても入りません。

なので、ナナメに入れます!
本体側端子を写真で左側奥に、バッテリー側端子を右側手前側に持っていくような感じです。
バッテリー配線は空間に充分押し込む余裕があります。
このとき、特にバッテリー端子付け根の配線を傷めないように気をつけてください。

覚悟を決めたら蓋をしましょう。


こんな感じで最終的に収まります。
前後長が短くなる端子に交換したりすることで、より収納しやすくなると思います。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月27日

LCT H&K G3 リアルウッド&A4シリーズ!

こんばんは! ライです:D

本日はHOTな新商品のご案内です!



【予約商品】LCT H&K G3 リアルウッド

遂に登場! スチールレシーバーの決定版G3!
ハンドガードとストックにリアルウッドを採用した初期モデルを再現!

このブログを書いている時点で残り1本となっております……!(汗)

ドイツ連邦軍で採用された他、各国の戦線で多数使用された傑作アサルトライフル。
台湾LCT社より満を持して、フルスチール仕様で登場!








スチールレシーバーは強度と質感に優れ、実銃のような雰囲気が楽しめます。
チャージングハンドルを引くとエジェクションポートが開くギミックも再現。

マガジンはノーマルタイプの140連が付属、バッテリーはストック内に収納可能。
ハンドガードとストックにリアルウッドを採用した初期モデルを再現した、貴重なモデルです。





【予約商品】LCT H&K G3A4 OD




【予約商品】LCT H&K G3A4 BK

その他、バリエーションとしてスライドストックを装備したA4モデルも追加されました!

こちらはウッドモデルよりもひと足早く、2月に入荷予定となっています。

G3A4といえば昔に東京マルイからも発売されていましたが、首の長さと樹脂故の弱さがネックとなっておりました……が!

フルスチールモデルにそのような不安感は一切ございません!(`・ω・´)

携行性がちょっとだけ高められていますので、アンブッシュ時にも使いやすくなった……かも?^^;





【予約商品】LCT LC-3 AR



この形を待っていた方も意外といるのではないでしょうか!

RASハンドガードにARストックアダプターを装備した、モダナイズドG3ともいうべきゲーム仕様!

RASの分重量が増加していることが容易に想像できますが^^;

バイポッドとフォアグリップを簡単に取り付けられるようになったのは嬉しいですね~

バッテリーはLTSストック内にMini-Sタイプのリポバッテリーが収納できます。



というわけで、LCT G3シリーズのバリエーションは4種類が新たに入荷予定となっています。

特にウッドモデルは、噂では実銃用ストックをかき集めて作ったとか……?(新品の木では無いのはほぼ確定のようです)

以上、予約商品のご案内でした~

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報LCT G3A3

2019年01月26日

【アキバ店】M27IARはマガジン22本と一緒に携行するそうですね。

こんばんわ、アキバ店カラスです。

もうすぐVFCからHK416A5の電動が発売されますね♪

本日ご紹介するのはコチラも忘れないで頂きたい商品、VFC/Umarex M27IARです。


※カスタムはコチラ

M27IARはHK416-16.5"をベースとし、ヘビーバレル仕様、11インチに延長されたRAS、アメリカ軍規格の着剣装置等を備えます。


「主に市街地での小規模かつ不規則戦」
という現代の戦争形態の推移に伴い、従来の軽機関銃のいくつかをより軽量なInfantry Automatic Rifle(歩兵自動火器)に置き換える為に開発されたのがM27IARです。


M249 Minimiと比較してベルトリンク給弾による継続射撃能力に劣るものの、命中精度は良好のため「M27IAR(+ACOG)で正確に狙う1発はM249の3,4発に匹敵する」と言われ、M249から機種転換した射手からも好意的に捉えられています。

また最近ではM27IARを分隊支援火器としてではなく、主力小銃の置き換えとして配備する計画も進んでいます。


電動ガンM27IARの細部を見てみましょう。


正規ライセンスの刻印は説明の必要もないでしょう。
グリップはVariant1タイプのバトルグリップの、約17°の垂直に近いアングルが正しく再現されています。


セレクターは非アンビ仕様となっています。


チャージングハンドルはM27独特の大型のラッチが付いています。


ストックはHK416でもお馴染みのタイプ。クッション性が高いです。
バッテリーはヌンチャク型を収納可能です。



RASはこのモデルだけの11インチ仕様になっています。



「長年MINIMIを愛用してきたけど、たまには機種転換してみようかな?」
という方、
「HK416が欲しいけど416Dは人と被るからちょっと…」
という方、
M27IARがオススメです♪


なお、アメリカ海兵隊のM27オペレーターは660発の弾薬を携行するとのことで、マガジンに換算して何と22本も用意するそうです。
凄い本数ですが、ちょっと再現してみても面白いかもしれませんね。

ということで、このアイテムがオススメです!


G&G 30R Standard Magazine for GR16 (Gray)

…なんだ、マガジンやし、とお思いの方、仰る通りでございます。
(^_^;)


が、コチラ、あのG&Gが出しているリアカン仕様のノマグなのです!

そして…

BB弾フォロアーが付いているので、キレイにキッチリ30発撃ちきれる便利アイテムなのです♪

装弾数も本当にリアカンなのか、1発1発手で装填して確認してみましたが、30.4発位まで入る感じでした!
故にちゃんとリアカンですのでご安心ください。

今までリアカンマガジンを使っていた方、最後の4発が撃ちきれず、微妙な思いをされていたかもしれません。
「まぁ、実際のアメリカ軍では30発フルに装填するとジャムの確立が上がるから、27発位で装填をやめてると言うし、そんな感じか」
と割り切っていたかもしれませんが、このG&Gのリアカンマガジンなら気持ちよく運用できます!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月25日

東京マルイ 次世代Mk18 Mod1 予約受付中!

こんばんは! ライです:D

いよいよ発売日が決定した話題の商品、当店でも予約受付中です!



【予約商品】東京マルイ 次世代電動ガン Colt Mk18 Mod1 TAN

「もう自分で組んじゃった!」という方もそうでない方も必見のMk18 Mod1!

最も気になるDaniel Defense RIS2ハンドガードは画像では結構良さげな出来に見えますが、実物が楽しみですね~!

もちろんDD社正規ライセンス品とのことですので、外観には期待できそうです。電動ガンではピカイチの外装クオリティ、VFCの牙城を崩せるか!?




ハイダーはSUREFIREの4プロングタイプとなりツボを抑えてますね~ SUREFIRE SOCOM556 RC1サプレッサーも取り扱っておりますので、合わせてお買い求め頂くとよりGood!

前後サイトは定番のKACタイプ。





マルイさんのMk18にはスリングアダプターが標準装備されるようです……!





レシーバー等は従来と共通のようですが、初期の頃よりも光沢が抑えられたりと質感もだんだん良くなっていますので、今回も期待したいですね!

満足できない方、セラコートなど施工するとバッチリな外装になりますよ……笑





ストックはSOPMODバッテリー対応ということでクレーンストックに。

リコイルオミット+配線引き直し等を行うと、バッファーチューブ内にバッテリーが収納可能になりますのでその場合はストックは自由に交換することができるようになります!

もちろん、最新FCUのGATE TITANの組み込みにもバッチリ対応していますよ~!

次世代M4なので、ロングレンジカスタムも施工できますよ~!(たぶん)

ご予約お待ちしております!!!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報Mk18

2019年01月23日

Arcturus電動ガン 本店でも販売開始しております

こんばんは! ライです:D

お問い合わせの多かったArcturusの電動ガンですが、本店在庫分を少しずつですが先週よりHPにアップしております。

それではご紹介~



【SBD付】Arcturus AKM Custom


現代風のカスタムAKを多数リリースするArcturusより、AKMのモダナイズドバージョンが登場!

フロントはTROYやSLR Rifleworks等のパーツをイメージした構成となっており、M-LOK対応のロアハンドガードと20mmレールを搭載したガスチューブを備え、各種オプションや光学機器の取付に対応。

セレクターは人差し指で素早く降ろすことができるカスタムタイプ、ストック、グリップはMAGPUL MOE風のスタイリッシュなデザイン。

P-MAGタイプのマガジンは130/30連切替可能なノーマルマガジンに加え、500連マガジンも付属!

もちろんレシーバーはフルスチールで圧倒的な強度とリアリティを両立しています。

こちらはカスタム済即納モデルとなり、スイッチ焼けを防止する高性能SBD「バリカタ」装着済み。





Arcturus AK104 Custom


こちらは取り回しのよいカービンサイズのAK104をベースとしたカスタムモデル!

未調整モデルの在庫となりますので、カスタムも自由にご選択頂けますよ。

この製品に限らないのですが、ArcturusのAKは外装はスタイリッシュなのですが、マガジンロックが渋くかなり押し込まないとロックしない場合や、マガジンのツメを少し削ってやらないとロックが機能しない場合があります。

もちろん、調整モデルではロックが掛かるように修正しますのでご安心ください~!





Arcturus REX AKB-15


スロベニアのAREX社が製造する、REX AKB-15を再現した貴重なモデル!

注目度が高いようで、記事を書いている間に売れてしまいましたが(汗)

実銃はスロベニア軍の発注により、M70ツァスタバをベースに改良が施されたAKシリーズの派生。

グリップはエルゴノミクスデザインのMAGPUL MOEタイプを採用、ストックは伸縮調整が可能なMASADAタイプ。
トリガー前には逆転防止ラッチの解除ギミックを備え、スプリングのへたりを防止します。

マガジンはP-MAGタイプが付属、30発/130発に切替可能なノーマルマガジンと大容量500連マガジンの2本が標準装備!

バッテリー収納時はレシーバー後部とトップカバー付近のピンを外し、アッパーレシーバーを外すことで脱着可能となります。





Arcturus ARAK-21


AR15のロアレシーバーに、AKのロングストロークピストンを採用したアッパーレシーバーを組み合わせた革新的なカスタムAR!

取り回しの良いショートバレルライフルとなり、ハンドガードには拡張性と軽量さを兼ね備えたM-LOKスロットを装備。
ハンドガード上左面のチャージングハンドルを引くと、エジェクションポート内よりHOP調整が可能。

マズルは14mm逆ネジ仕様、グリップはエルゴノミクスデザインのMAGPUL MIAD風、ストックはMOE風のものが装備されています。
トップカバーが通常のAR系よりも高さがある為、ローマウントの光学サイトでも比較的覗きやすくなっています。

バッファーチューブはリアル構造のねじ込み式となり、QDスプリングガイドにて整備性が向上しています。
マガジンはSTANAGタイプのノーマルマガジンと大容量300連マガジンの2本が標準装備!





Arcturus AR15 E3 M-LOK Custom 18"





Arcturus AR15 E3 M-LOK Custom 14.5"


KAC SR15E3 Mod1タイプのレシーバーをベースに、民間カスタムARをイメージしM-LOKハンドガードなどを装備したオリジナルデザインの電動ガン!

重量増加を抑えた金属製M-LOKハンドガードを採用し、長い全長ながらも前後重量のバランスがよく取り回しやすいのが特徴。
マガジンキャッチ、ボルトキャッチはアンビ対応となり、左右両面からスムーズに操作可能な他、レシーバーエンドにはQDスリングホールを備えておりスリングの装着も容易です。

チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退位置でロックされるギミック付き、ハイダーは14mm逆ネジ仕様。
マガジンは30連/130連に切替可能なP-MAG Gen3タイプのノーマルマガジンに加え、大容量300連マガジンも付属。

グリップはエルゴノミクスデザインのMAGPUL MIAD風、ストックはMFT BMSをベースとしたオリジナルデザインとなっています。
QDメカボックスを装備しメンテナンスが容易な他、トリガースイッチにマイクロスイッチを採用しており、小気味よいクリック感のあるキレの良いトリガーフィーリングとなっています。





Arcturus AR15 URX4 M-LOK PDW


全長を切り詰め、伸縮式のワイヤーストックを装備したPDWタイプのARピストル!

チャージングハンドルを引くとダミーボルトが後退位置でロックされるギミック付き、ハイダーはNOVESKE KX3タイプの14mm逆ネジ仕様。
マガジンは30連/130連に切替可能なP-MAG Gen3タイプのノーマルマガジンに加え、大容量300連マガジンも付属。

グリップはエルゴノミクスデザインのMAGPUL MIAD風で握りやすくなっており、ハンドガードはKAC URX4をイメージしたM-LOKハンドガードとなっています。

QDメカボックスを装備しメンテナンスが容易な他、トリガースイッチにマイクロスイッチを採用しており、小気味よいクリック感のあるキレの良いトリガーフィーリングとなっています。



なお、今回のArcturus製品初回入荷分は全て1-2本のみの少数入荷となっておりますので、品切れの際は何卒ご了承くださいm(_ _)m

以上、最新入荷商品のご案内でした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)Arcturus

2019年01月22日

【アキバ店】ちょっと古めが良い感じ♪

こんばんわ。アキバ店カラスです。

本日はちょっと古めが良い感じの、Mk18 Mod0のご紹介です。

■BELL製Mk18 Mod0


BELLは、知る人ぞ知るサードパーティー牛丼チェーン系のような、そんな感じのブランドで、
「中身はどうせ弄っちゃうから大丈夫だよ~」
という猛者の方・チャレンジャーな方向けと言えばご理解できるでしょうか。
(勿論、箱出しで全く使えないことは無いですが。)

こういった牛丼チェーン、たまに無性に食べたくなるんですよね。

与太話はさておき、細部を見てみましょう。



レシーバー右側にはCRANEの刻印がバッチリ入っています!
ダミーボルトカバーは付属していないので、この辺りは何か対策をしたい所。



レシーバー左側はM4刻印となっています。


アッパーは当然CQBRです。


リアサイトはLMTタイプが付属。


LMTタイプのCRANEストックとなります。
QDスリングスイベルアダプターが付いていますね。


RASハンドガード下部にはヒートシールドが付いています。

Mk18 Mod0はアメリカ海軍がデットストックとして大量に保有していたM16A1をベースに、CQBRアッパーと組み合わせることで近代化改修したモデルとなります。
が、M4ロアーをベースにしたバージョンも見受けられ、現在ではその仕様が一定では無いようです。
初期の頃はM4A1のアッパーからバレルを短縮化、それに応じてガスポート開口部を広げる等の加工を行いCQBRモジュールを製造していたようで(CQBR Type1)、
以後は新規もしくはオーバーホールから再製造されたCQBR Type2、3となっています。

Mk18 Mod0は主にアメリカ海軍艦船の海上船舶臨検(VBSS)チームを中心に利用されています。


■VFC Mk18 Mod0


※カスタムはコチラ

こちらが本命の、VFC製Mk18 Mod0です。





流石VFC、表面仕上げが美しい…。
レシーバー右側のCRANE刻印は勿論、左側は(写真では分かりづらいですが)M16A1刻印となっています。
細かい部分ですがテイクダウンピン周囲の造形もちゃんとM16A1仕様となっておりますので、
「これぞMk18 Mod0!」
という感じになっております。



10.3インチアウターとRISはとても高精度な作りになっています。



リアサイトはLMTタイプ、ストックもLMTタイプのCRANEとなっています。
BELLのと比較するとストックにQDスリングスイベルアダプターは付いていません。


Mk18 Mod0を始め、古今東西のM16、M4等のAR系ライフルがアキバ店に揃っておりますので、是非ご覧にお越しください。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Mk18

2019年01月19日

【アキバ店】コチラの限定品もいかがですか?

こんばんわ、アキバ店カラスです。

さて、先日はG&Gの世界限定生産モデル、PCC9をご紹介しました。

本日は、同じくG&Gの期間限定生産モデルのコチラをご紹介します。



CM16 SRS バトルシップグレーです。
・カスタムのご注文はコチラ
・箱買いはコチラ

電子制御トリガーETUを搭載しテンポの良いクリック感のあるトリガーフィーリングが特徴の、
エンジニアリングプラスチックを利用した軽量かつ堅牢なCM16 SR系の期間限定モデル、バトルシップグレーバージョンです。

登場は去年になりますが、生産期間が終了したため現在流通している在庫のみとなっております。

各部を見てみましょう。


ハンドガードはKAC URX4風のKeymodレイルで、肉薄なアルミ製なのでこれだけでも軽量化に寄与しています。
取り外す際は付け根部分の六角ネジ3本を外してください。
このRASはガスブロックが内面に干渉することでセンター出しを行っているので、もしガタつく場合などはガスブロックとRASの僅かな隙間に薄手のゴムシート的なものをセットすると、よりガッチリとハマります。

バレルナット部分は本来のURX系が凹状の部分を専用工具で回す形になるのに対し、
コチラのバレルナットは凸状の部分を(恐らくG&G工場にあるだろう)専用工具で回します。
が、一般的なバッファーチューブ(ストックパイプ)レンチを用いて回すことも可能ですので、
SR系はRASの交換難易度は低いと言えるでしょう。


レシーバーはKAC E3系のレシーバーっぽいインターフェースを意識した作りとなっています。
マグキャッチがアンビなのが嬉しいですね。
後付でアンビマグキャッチを組み込んだ場合、C-MAG等が干渉して使えない場合があるのですが、
この構造であれば余計な張り出しが無いため、そういった心配もありませんね。


レシーバー右側。
ボルトリリースボタンやセレクターは非アンビですね。


因みにKACとMAGPULの間の子のようなトリガーガードは(当然ですが)このように展開することもでき…

こんな風に握る事で、グリップアングルを垂直っぽくする事ができます。
ストックを短くし、コンパクトに構えた際に持ちやすくなりますので、
興味がある方はお試しください。

…但し、あまり強く握り込むと割れてしまうかもしれませんので気をつけてください。
(^_^;)


ストックはGOS-V3で当然ながらグレーカラー。
この配色のパーツは単品で市販されてませんので、そういった意味でもお買い得なのでは?
なお、ストックのフレーム部分はこのように展開でき、CR123Aなら2本収納可能です。
メントス等も入りそうなので、戦闘の合間に食べる事も可能ですね。


なお、グレーカラーのエアガンは最近チラホラ出回るようになってきました。
グレーと言ってもG&Gが何故「バトルシップ」というグレーを選択したかと言いますと、
それはズバリ「低視認性(Low Visibility)」の為だと思われます。

…海軍の戦いは計算と言われており、主砲を何十キロも先へ正確に飛ばす事が求められていました。
弾道計算には弾頭重量や初速、角度等は勿論のこと、空気抵抗や地球の回転までを考慮しなければなりません。

そして、正確に当てる為には「相手との距離」を正確に捉える事が絶対条件となります。
レーダーが発達する前は遠くの敵艦を光学的に「視認」し、三角測量の原理によって距離を測っていました。



戦艦大和は46センチ砲弾を約40キロ飛ばす事ができ、その観測の為に高い艦橋と大型の測距儀を備えていました。

しかし数十キロ先となるとはっきりとした艦影を視認するのは困難で、ほんの僅かな測定ズレでも着弾点が数百メートル以上離れてしまうのです。

そこで、相手から正確な距離を捉えにくくなるように、視認性を低下させる工夫が凝らされてきました。



そうした中で、現在軍艦に使われているグレー色は
「低視認性(Low Visibility)」に特化した色、
グレー中のグレーとも言える配色に進化していきました。

サバイバルゲームにおいても
「プレイヤーは上手く迷彩で隠れているものの」
「銃が目立つので発見できた」
というシーンが多いのではないのでしょうか?

元々グレーカラーは周囲の色を溶け込ませるという特徴があります。
このスペシャルバージョン「BattleShip Grey」なら森林でも市街地でも、インドアでも、周囲の環境に上手く溶け込むこと間違いなし!

もうじき無くなってしまいますので、ETU搭載電動ガンをご検討されている方は是非コチラをオススメしております!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月17日

【アキバ店】PCC9ご予約受付中!

こんばんわ。カラスです。


さて、2/15(金)と言えば…



G&G PCC9の発売日ですね!!!




RASは細身のM-LOKで7インチ。


LMTタイプクレーンストックなので、ベースのARP9と比較して物凄く使いやすくなっていますね♪

全世界で3000本の限定商品となり、国内では数百本出回るか…というところで、中々のレア銃となりそうです。
手に入れられる確立としては世界規模で見ると全人口の僅か0.000043%、
日本国民の中では0.00067%となっておりますので、一部の限られた人にしか手にすることが許されておりません(笑)

販売予定価格は税込み35710円で、沖縄本店及びアキバ店にてご予約受付中です!

中身に関してはARP9と同等の予定となっておりますので、ETUによる良好なトリガーレスポンスは勿論、使い勝手も良さそうです。

なお、カスタムに関してBASIC~ULTIMATEまで対応可能ですが、セミオート特化カスタム「Quick Concept」については「恐らく対応可能と思われるがエンジニアの調査待ち」となりますので、今の所ご了承ください。
(^_^;)  
タグ :PCC9ARP9PCC


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報G&G ARP 9

2019年01月16日

お待たせしました!ハードリコイルカスタム受注再開!

こんばんは! kuroです。

マック堺様のレビューでも高評価を頂いておりましたハードリコイルカスタムですが、強力なリコイルを支えるためにもいろいろなパーツを変更しないといけません。
パーツがたくさん必要という事は、一つでも欠品すると製作出来ません・・・

今回もパーツが揃わず、一度受注を停止しておりましたが、ようやくすべてのパーツが揃いました!
ということで、ハードリコイルカスタム受付再開致します!!





マック堺様LCT AKM ハードリコイルカスタム ビンテージエディションと同じモデルを作るには、調整メニューはベーシックかグングニルを選択し、以下のカスタムをチョイスしてください。
(商品ページのオススメ関連商品にも記載してあります。)

・調整モデルGungnir(命中精度UP)もしくはBasic
・ウッドパーツ・ビンテージ加工(バトルダメージ加工)
・ハードウェザリング加工
・ハードリコイルカスタム(リアルダミーボルト使用)
高性能SBD「ハリガネ」


外装仕上げは人気の高いビンテージ加工+バトルダメージ+ハードウェザリングをふんだんに盛り込み、まるで戦場から帰ってきたかのような迫力のある仕上がりとなります。

リアルなダミーボルトがブローバックすると同時に強烈なリコイルショックが生まれ、迫力ある射撃をお楽しみいただけます。









動画レビューのモデルには含まれていませんが、リアルなベークライト調のプリントが施された、当店オリジナルグリップを追加するとさらに雰囲気アップ!
エアソフトガンでは唯一決定版の無かった部分ですが、職人の強いこだわりにより実現したアイテムです(^o^)

内部チューンは命中精度を高めたGungnirチューンが施され、無風状態であれば30mヘッドショットが狙える高い命中精度を実現。

ハードリコイルカスタムはメインスイッチへの負荷が高くなってしまいますが、スイッチ焼けを抑える高性能・高耐久な電動ガン専用SBD「ハリガネ」の取付もオススメします。
これによりセミオートでもフルオートでも、安心してスイッチの摩耗を気にせずバリバリ撃てますよ~

なお即納品ではありませんので、ビンテージ加工+ハードリコイル施工にはお時間を頂きますm(_ _)m


  


Posted by kuro&staff  at 19:26Comments(0)カスタムメニュー

2019年01月13日

【アキバ店】ダブルバレルAR、DT4

こんばんわ、カラスです。

本日はClassic Army製DT4のご紹介です。





こちらは電動ガンで、2本のバレルから2発動時発射される、大変ステキすぎる銃なのです。
ベースとなる実銃も存在しますが、…こんなので撃たれたくないですね。

細かいスペック・仕様等ありますが、この銃に関してはそんな細かい部分はどうでもいいでしょう。


ダブルバレルは漢のロマンそのもの。

エアガンに求められる重要なスペック、それはカッコよさ!
ダブルバレルM4は、まさに究極のエアガンと言えます。


レシーバー右側は見慣れた感じと言えなくもないですが…


レシーバー左側にもこの通り、イジェクションポートがございます。


マガジンハウジングも勿論ダブルで、2本のマガジンをそれぞれ装填します。
チャンバーも2箇所見えますね。


アッパーを外し、ノズル側を見たところ。2本のノズルを1つのタペットプレートで動かしているようですね。
それにしてもワイドなタペットです。


一組のモーターとギアで、2つのシリンダーを駆動させています。
なのでメカボックスは上部が大きい独特の構造です。

内部は2本のピストンとスプリングがそれぞれ入っています。
が、ピストンは両側連動しているので、BB弾を片側だけ装填して射撃した場合、両側装填2発発射時と比較してピストン前進抵抗が減るため、片側単発射撃の方が初速が上がってしまうようです。


アッパーのレイルハンドガードを外したところ。
ガスト式機関砲のような素晴らしいビジュアルになります♪


この様にドラム式HOPチャンバーとバレルが2本入る構造です。
アウターバレルは一般的なAEGの規格ではなく、恐らく専用のアウターがレシーバー部分にねじ込まれているようになっておりますので、もし短くしたい方がいらっしゃったらそれなりに苦労すると思います。


ストックは大型で、バッテリーはMini-Sタイプでも余裕に収納可能です。


なお、こちらの製品のカスタムについては後日エンジニアの執筆する(であろう)記事をお待ちくださいませ。
(^_^;)  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(5)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月12日

【アキバ店】サバゲーやりませんか?

こんばんわ、アキバ店カラスです。

さて、アキバ店が絡むサバゲー情報を、本日は2件ほどご案内致します。

■その1、「アキバ店スタッフも戦うAIRSOFT97定例会」
…サバゲーやりたい!

という事で、定例会を行いたいと思います。



2/17(日)、場所は千葉県のパイオニア的サバゲーフィールド「SPLASH」にて、アウトドア定例会となります。

アキバ店スタッフも(全員ではないですが)参加しますので、皆様是非ご一緒にサバゲーをしませんか?
参加費は3500円の予定です。
お申込みはコチラ

SPLASHはブッシュを中心としたフィールドですが、適度にバリケや小屋があり、ちょっとした市街地エリアもあったりと、
バリエーション豊かなフィールドです。

そして、何よりも千葉都市モノレールでのアクセスが可能ですので、
車が無い方でも行くことが出来ます!

しかし、その場合駅から徒歩15分位かかりますので、軽めの装備をオススメします。
(^_^;)

基本的に定例会ゲームですが、詳細は随時アップしていきたいと思いますので、宜しくおねがいします!


■その2、「三原佐木島サバイバルゲーム大会」
…広島の、島で、サバゲーです!


こちらは5/11(土)に前夜祭、5/12(日)にゲーム大会という感じになっております。
詳細はコチラ。

どんなゲームになるのか、現段階では全く予測出来ませんが、多分凄いことになるのは間違いないでしょう!
そして、AIRSOFT97も出展予定??となっておりますので、こちらも併せて宜しくお願いいたします!  
タグ :サバゲー


2019年01月11日

【アキバ店】SLR風、TROY風?カスタムAK

こんばんわ!アキバ店カラスです。

本店工房のメカニカルな記事を待ち望んでいる小生でありますが、そちらは色々とバタバタしているようでして…、もう少々お待ち下さい。
(;´Д`)

というわけで本日はArcturus製のカスタムAKをご紹介したいと思います!

Arcturus AK-104カスタム


スチールレシーバーとアルミ製RASを備えたカスタムAKカービンです。




アッパーハンドガードはUltimAKタイプのレールタイプ、
ロアーはSLR風というか、TROY風というか、アルミ製のM-LOKハンドガードになっています。
ロアーのM-LOKは4スロットですが、AKの構造上一部利用できない位置もあります。



レシーバーは1.5mm厚の鋼板から作られており、重厚感があります。
左サイドにはスコープマウントベースを備え、右サイドのセレクターは人差し指がかけられるタクティカルタイプになっております。
…お気づきの方もいるかもしれませんが、こちらは同社AKB-15のAKレシーバーをベースにしたバリエーションモデルとなっています。


トリガー付け根部分を見ると、◯イ製PSG-1のような逆転防止ラッチ解除ボタンがあります。


ストック付け根にスリングベースがあります。
いかにもAR用のストックリングプレートから曲げ加工して作りましたという感じが良いアクセントになっています。


メカボックスはブローバック化にも対応できそうな形状となっています。
チャンバー前方にはガタツキ防止のブロックが入っており、マガジン相性による初速や給弾性のばらつきを抑制できる構造になっていますね。


内部としては先にご紹介したAKB-15と同様、マイクロスイッチによるカリッとした動作が楽しめます。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Arcturus

2019年01月04日

【アキバ店】Vショー記念、週末サイコロキャンペーン

こんばんわ。カラスです。

さて、明日から明後日まで、1/5(土)、1/6(日)は東京都立産業貿易センターでVショーが開催されますね♪

残念ながらAIRSOFT97は出展致しませんが、関東界隈で最大のミリタリーショー開催を記念して、アキバ店では例のアレ、サイコロキャンペーンを行いたいと思います!


今回はゾロ目のやつでいっちゃいます!

サービス対象はアキバ店で取り扱っている商品が対象になりますので、カスタム代等は含まれませんのでご注意ください。

お会計時、以下のゾロ目が出たらお得になります♪

■1x1
…対象商品のお会計50%オフ

■2x2
…対象商品のお会計30%オフ

■それ以外のゾロ目
…対象商品のお会計10%オフ




Vショーに合わせ、1/5、1/6の土日のみのキャンペーンとなります!
この機会に是非お越しください!




  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月03日

【アキバ店】AKB-15等のArcturus製電動ガン!

こんばんわ。カラスです。

先日ご紹介した「ARAK-21」のエアガンを製造するArcturusですが、その他も面白い製品が登場しております!

今回は、皆さんが最も気になるAKB-15と、もう一丁をご紹介したいと思います。
※内部については後日本店エンジニアのレポートをご期待下さい♪

■Arcturus AKB-15


スロベニアAREX社が製造するMOD-AKで、AKを少しレミントンACR(MASADA)風にしたような、独特の外観が特徴的です。
旧ユーゴスラビア連邦に所属していた事もあり、ロアレシーバー部分はツァスタバがベースとなっております。

使用弾薬は7.62x39mm弾で、AKMやツァスタバM70シリーズと共通です。
(初回入荷分がすぐに売れてしまったため、マガジンを装着した状態で写真を撮らなかった事を後悔しております。。)

Arcturus製の電動AKB-15はロアーはスチール、アッパーはアルミと実銃の質感さながらに作られております。


アッパーはフロントからリアまで一体型のアルミ製レシーバーとなっており、軽量でかつ光学機器の搭載性が飛躍的に向上しています。




ストックはレミントンACRタイプのものが装着され、伸縮・チークパッド高さ調整は勿論折りたたむ事も可能です。
但し、ACRのように畳んだ際の操作性までは煮詰められていないようですが。
(^_^;)



RAS部分は側面がM-LOK規格となっており、このようにフルサイズのAKM(実銃ではM70B3?)がそのまま包み込まれているような形となります。


レシーバー付け根部分に、メーカーの工夫が見られますね。
(^_^;)

インジェクションポートは独特で、ACR…というよりはMASADA的なデザインが斬新でかっこいいですね。

セレクターはタクティカルタイプとなっており、グリップしたまま右手人差し指で操作する事も可能ですがちょっと硬いです。


バッテリーはレシーバー内に収納し、その為にはレシーバーピンを2本引き抜きます。


紛らわしいのはリア側のピンで、写真のピンをスライドさせます。ロックがかかっており完全には外れません。


ピンを2本抜いた後、ロアレシーバーを少し前方にスライドさせると、
写真のようにロアーとアッパーの噛み合いが解除され、分離することが可能です。

■Arcturus PDW


AKの他、AR系の電動ガンもいくつかラインナップされていますが、その中からコンパクトARタイプをご紹介!


まず、PDWストックは6段階調整可能で、この手のクラスでは使い勝手が良いですね。


バッテリーはバッファーチューブ的なカバー内に収納します。
Arcturus製AR電動ガンは、リアルタイプのバッファーチューブが取り付けられている構造なので、
一般的なAR電動ガンよりもバッファーチューブ内の空間が大きく確保されます。
が、やはりPDW。バッテリーは900mA/hクラスの小型リポバッテリーを収納すると良いでしょう。


ハイダーはNOVESKEタイプで、RAS内部にインストールされています。
サプレッサー等と交換してみても良いかもしれませんね。


ハイダーを外す際、写真では左側のイモネジを緩めることをお忘れなく。


HOPはドラム式で、今回のロットではダイキャスト製のチャンバーが入っています。
ダミーボルトは後方でキャッチされ、ボルトリリースボタンを操作することでパシッと閉じることが出来ます。


Arcturus製電動ガンは2本のマガジンが付属し、ノーマルタイプと連射タイプの組み合わせとなります。
このPDWでは130/30R切替式のノーマルタイプと、300Rのフラッシュタイプ、どちらもP-MAGスタイルとなります。


Arcturus製電動ガンに共通しているのはメカボックス周りの設計が凝っていることで、以下の特徴があります。
・QDスプリング機構
…スプリング交換がしやすいチューナーに嬉しい構造。

・マイクロスイッチトリガー採用
…機械式ながらクリック感があり、カリッとした撃ち味が特徴です。

・強化ピストン搭載
…14枚・全金属歯の強化ピストンが搭載されています。
また、スプリングガイドもベアリング付きなど、予めある程度のカスタムパーツで構成されております。


特に強調したいのはトリガーフィーリングで、
セミオート等で一度トリガーを引いた後に再発射する際、
通常の電動ガンのようにゼロポジションまでトリガーを戻さなくとも、
少し戻すだけで次弾発射が可能です。
ETU等の電子制御トリガーに近いフィーリングとなり、
機械式ながら良好なレスポンス感を得ることができるのがポイントです♪

「電子式は信頼性の観点からあまり使いたくないけど、機械式でもレスポンスの良い電動ガンが欲しい!」
という方には有力な選択肢になるのではないでしょうか?

チューニングベースに良し、新規カスタムとしてご注文頂ければ、この特徴的な設計のもつポテンシャルを十二分に発揮できると思います。
その他にも魅力的なラインナップがありますので、後日またご紹介したいと思います!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報Arcturus

2019年01月02日

【アキバ店】ARAK-21

こんばんわ。カラスです。

さて、AIRSOFT97では新ブランド「Arcturus」電動ガンを取扱開始しました!
AR系、AK系のラインナップ展開となりますがその中でも一段とキワモノなのがこれ、
CentaurAショーティーカスタムこと「ARAK-21」です!



実銃ではARプラットフォームに組み合わせるカスタムアッパーレシーバーで、AKの作動機構、ロングストローク・ガスピストン方式を取り入れたタフな構造が売りなのです。


こちらはショートバージョンとなりM-LOKハンドガード仕様となっています。


コッキングハンドルはこの様に起こした状態にすることも可能です。
なお、ハンドルそのものは左右に組み替えれそうな構造になっています。



コッキングハンドルがレシーバー側に無いため、なんとなく不思議な見た目のレシーバーです。
ストックの基部から45°の角度で上がっていくアッパーレシーバーは、どことなくAKっぽさを漂わせます。



こんな感じでガスピストンもよく再現されております。


HOPはドラム式になっています。

こちらの銃はバッファーチューブが一般的な電動M4の規格ではなく、ガスブロM4と同様のリアルな作りになっています。
また、QDスプリングガイド採用というのもポイントですね。

レシーバー全体を通して余計な出っ張りが少ない為、取り回しがとても高いのもポイントですね。
特に草葉の多い場所、ブッシュフィールド等で使いやすそうです。

より詳細な内容は後日沖縄本店スタッフがブログ等にてご紹介すると思いますので、宜しくお願いいたします。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2019年01月01日

明けましておめでとうございます。

謹賀新年

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は沖縄本店は1月4日から営業とさせて頂きます。

キバ店は本日より新春セールを開催しております。
近隣にお住まいでお時間のある方は是非遊びに来てください!

■アキバ店年始営業情報
・1/1(火)から営業します!
・1、2、3日は11:00~18:00迄の特別営業時間になります。
・9、10(水、木)は特別定休日とさせていただきます。
・11(金)から通常営業となります。

平成31年 元旦 






有限会社SPARK
代表取締役 喜友名 盛貴
スタッフ一同  

Posted by kuro&staff  at 09:00Comments(0)

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 136人
< 2019年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
FET (13)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (9)
HK416 (19)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (5)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (8)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (15)
LCT AK (56)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (14)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
KRYTAC (10)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (22)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (35)
映画 (11)
あそび (129)
NPO (2)
Mk18 (1)
QRコード
QRCODE
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ