電動ガン動画

2018年09月25日

マルイのパトリオットも大変身!

こんばんは! ライです:D

本日はコンプリートカスタムでも人気の高い、サバイバルゲームでの実用性に振り切ったモデルをご紹介!



【GATE TITAN】東京マルイ パトリオットHC Ultimate Custom Mk2


箱出しでも十分な性能を持つ東京マルイ謹製のハイサイクルカスタムに、世界最高峰のFCU「TITAN」をインストール。

勝利に特化した究極のサバイバルゲーム用電動ガン!

バッテリー収納スペースは純正同様にハンドガード内となっており、2000mAhの大容量リポバッテリーが収納可能です。

より安定した射撃と取り回しの良さを両立すべく、APS製のワイヤーストック「QRSストック」を組み込み!

本体は樹脂製で非常に軽量、ストックを装備したことでストックレスの純正と比較し安定したエイミングが可能で、ポジションも4段階に調整可能。

フロントには保持を安定させるMAGPUL AFG-2レプリカを装着しておりホールド感が向上しています。





前後サイトはフリップアップ式となり、アイアンサイト派はそのまま使用でき、光学機器を搭載する際には折り畳むことで視界が干渉することもありません。

グリップは細身のTangoDownタイプが標準装備となり、手の小さな方でも比較的握りやすいようになっています。

モーターはハイスピード型のEG-30000モーターがインストールされ、箱出しの状態でも22r/s~の高い発射レートを実現!

しかしこちらのコンプリートカスタムでは世界最高峰のFCU「TITAN」のインストールにより、スイッチや配線での抵抗値が大幅に減少していますので、7.4Vリポバッテリーでも約25-28r/s前後と更に発射レートがアップ!

使用するバッテリーにより多少前後しますが、純正以上の優れたレスポンスと制圧力を両立しています。






ストックは4段階の伸縮調整が可能な他、QDスリングスイベルホールが設けられておりスリングの接続も簡単。

コンパクトスティックタイプのリポバッテリーが収納可能なスペースも備えていますが、前方配線の方がより大容量の2000mAh(Mini-Sタイプ)の7.4Vリポバッテリーを収納できるため、TITANも前方配線を採用しています。

GATE社のTITANは光センサーを用いて駆動を制御する、最新鋭のトリガーシステム!
物理スイッチを廃し、プリコッキング、バースト、サイクルコントロールなどあらゆる設定が可能な、究極のFETモジュール。

カットオフも全て光センサーを用いてセクターギアの歯を検知して行うため、電流量で回転数を制御していた従来のFETモジュールとは異なり、異次元の正確な制御を実現!

接続したバッテリーを検知する学習機能を搭載しており、電圧や容量の異なるバッテリーを接続しても、セミオートで20発ほど撃つだけで自動的に補正します。
そのため、バッテリー変更時のバーストの弾数やプリコッキング位置などの微調整は不要となります。



内部チューンも純正状態から各部をしっかりとアップグレードしており、パワーアップによって射程を伸ばすだけでなく、給排気系やチャンバー周りも最適化カスタムを行うことで、よりコントローラブルでまとまりのある弾道を実現します。

箱出し状態では初速80-81m/s(0.2gBB/適正HOP)だったのに対し、カスタム後は90m/s前後までアップさせています。

また、通常シリンダー内部にはシリコングリスを使用しますが、当カスタムでは極めて潤滑性に優れ、連射時の熱ダレが起こりにくい特殊配合グリスを使用。
それぞれのパーツの相性等を考え、バランスの取れたセッティングを行っています。

給排気系やHOP周りもカスタムを加え、熱ダレの起きやすい超高速連射でもしっかりとHOPを掛け確実に飛ばします。

さらなる耐久性向上のため、高耐久メタルティースピストン、ベアリングスプリングガイド、SHS製13:1強化ハイスピードギア(セクター/スパーのみ)を組み込みます。

メカボックスには割れ対策加工を施し、カスタムシリンダーヘッドを使用。

ピストンヘッドはメカボックスへの衝撃を抑えるライラクス製POMピストンヘッドを採用し、総合的な性能と耐久性の向上を図っています。






SUREFIREっぽいハイダーは14mm逆ネジ仕様となっていますので、お好みのハイダーやサプレッサーと交換することが可能。

トレーサーなど取り付けても面白そうですね。






サバイバルゲームで使用するなら、このようにサプレッサーとオープンドットサイトを取り付けて、軽快に走り回るアタッカーウエポンはいかがでしょうか?

サプレッサーによる高い静音性でセミオートの鬼となるも良し、300連マガジンやドラムマガジンで支援火器とするも良し!

様々なシチュエーションでお使い頂ける、サバイバルゲーム特化型の軽量銃となっております(`・ω・´)ゞ



こちらは定番商品として在庫予定ですので、究極のゲームウエポンをお探しの方は是非ご検討ください!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)コンプリートカスタム

2018年09月23日

【アキバ店】GHK製SIG553分解

こんばんわ。アキバ店カラスです。

先日GHK製のガスブローバックSIG 553が入荷しました!

GHK SIG SG553 GBB (Short Barrel/Picatinny Rail)



強烈かつシャープなリコイルが堪りません!
機械式3点バースト機構を備え、ハンマー、ボルト、ピストン等リアルな作りになっております。
スチールパーツが多様されており、CERAKOTE H-210 Sig Dark Greyの表面処理が施されています。

GHKのAKシリーズではマガジンに空撃ちモード切り替えレバーがありますが、
SIG 553ではボルトリリースレバーがあるため、必要ありません。


ボルトをコッキングするとHOP調整ダイヤルを操作できます。
ダストカバーはリアルなラバー製になっています。


ピボットピン及びテイクダウンピンは共通で、ボタン側を押すと爪が引っ込み、本体から取り外す事が可能です。


このようにテイクダウンをすることが可能です。


ハンドガードはピボットピンで固定されており、ピンを外しロアーハンドガードをレシーバー側にスライドすることで取り外し可能です。


ハンマー周り。機械的構造が美しいです。


後ろ側にはリコイルバッファーが装着されており、後ろに引き抜くことで取り外し可能です。



ピストンもリアルに再現されており、写真では判りにくいですがガスチューブ部の穴からピストンがチラ見えします。


ボルト周りを外すにはコッキングハンドルを取り外す必要があり、その場合ボルト部分のレバーを下に下げてハンドルを引き抜きます。


ハンドルを外すとこのようにボルトキャリアーを取り外し可能です。


GHK製は箱出しでは少々実用面で厳しい場合があり、手入れが必要になります。
真っ先に手を入れたいのはHOPパッキンやバレル周りとなります。

すぐにHOPパッキン等を交換したい場合は以下の手順です。
①テイクダウンをする
②リコイルバッファーを外す
③コッキングハンドルを外す
④ボルトを外す
⑤ハイダーを外す
⑥アウターバレル基部の押しピンを外す

…上記の状態で、バレル先端部で露出したインナーバレルを押し込む事でチャンバーパーツ及びインナーバレルを後方に引き抜くことが可能です。
この場合、HOPダイヤルと押しゴムパーツ等が分離して転がってしまう可能性があるので、注意して取り外しましょう。


上記の手順⑥の押しピンがコチラです。左側が銃口側になります。
ピンポンチで取り外します。
ここでは、せっかくなのでアウターバレル周りも分解してみます。


フロント側の2つの押しピンを同様に取り外します。(かなり硬いです)


アウターバレル基部辺りの部品がネジになっており、回して取り外します。


アウターバレルを後方にスライドさせます。


アウターバレル取り外し完了です。
続いてHOPパッキン周りにアクセスする為、インナーバレルを前から押して部品をスライドさせます。


HOPパッキンや押しゴム、インナーバレルは電動ガンと同様の規格になっています。
グレーのパッキンがとにかく固く、バリもある状態なので、最低でも何らかのパッキンに交換することをおすすめします。



続いてマガジンはボトム部のプレートをスライドすることで、ボトム側のガスタンクにアクセス可能です。


ガス注入バルブはGHK VFCでお馴染みの大口径のものになっております。
放出バルブはGHK専用のサイズで、既存のガスバルブレンチで取り外すことも可能ですが、
「SAMOON スチール放出バルブレンチ」を使うと脱着に便利です。


以上、少々玄人向けのエアガンとなりますが、所有欲を満たすこと間違いなし!
使いやすいエアガンでは少々物足りなくなってきた方等にオススメです♪  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2018年09月22日

【アキバ店】G&Gパーツ!ARPが戦隊モノに??MBRのETUもあるよ♪

こんばんわ。アキバ店カラスです。

G&Gからいくつかパーツ類が発売されましたので、ご紹介したいと思います。

ARP9 スーパー戦隊ドレスアップKIT


こちらはARP9用の外装のコンバージョンキットで、以前限定で発売されていた「ARP9 Black Orchid」のようなカッコイイスタイルに変身させる事が可能です!
しかも、5色発売されているので、アナタ好みの色にする事が可能なのです!

各パーツはメタル製で、更にメタリックな塗装がされています。
内容パーツについては以下13点!
・ハイダー
・アウターバレル
・チャージングハンドル
・ダストカバー
・ボルトフォアードアシストノブ
・セレクター
・グリップボトムカバー
・トリガーガード
・トリガー
・ボルトリリースボタン
・フレームロックピン
・ピポッドピン
・テイクダウンピン






ARP9以外の機種でも、G&G製であれば組込可能ですが、セレクターやグリップボトムカバー等、機種によっては取付不可のパーツも出てきますので、必要に応じて組み替えるようにしましょう。

「各パーツがバラで欲しいよ」
とお思いの方もいらっしゃると思いますが、残念ながらフルセットでの販売となります。
お友達とシェアして必要なものを分け合うというのもアリかもしれませんね。


MBRシリーズ用ETU(G2タイプ) MBR556用/MBR308用



MBR556用


MBR308用

G&Gの「新世代電動ガン」ことMBRシリーズに使われている新型ETUのキット販売が始まりました!

基板ASSYとハーネス、スイッチASSYがセットになっております。
こちらはトリガーやセレクタープレートは含まれていませんね。


G2ETU基板は、今までの基板と比較すると半分近くのサイズになっています。


スイッチ部の比較です。右の青いほうがG2用で、残弾ゼロストップ検知用のスイッチが突き出ているのがわかります。
それ以外には特に違いが無いようですね。


信号ハーネスは旧タイプとピン数等は同等で、互換性があります。

お気づきの方もいるかと思いますが、旧タイプETU搭載機に新型G2ETU基板を入れ替えて動作させることも実は可能です。
私も自分の旧タイプETUを組み込んだ電動ガンで試してみましたが、バースト切り替え時にビープ音が鳴ったり、5点バーストが使えたりと使い勝手が向上しました!
更に基板サイズも小さくなるので、バッテリーが収納しやすくなりますね♪

但しこの場合は全くもってメーカー想定外の作動方法になるため、あくまで自己責任でお願いします。
当店としても旧タイプETU機に組み込んだ際の動作保証は致しかねますのでご了承ください。


G2メカボックス用ベベルギア

MBRシリーズは箱出しでも、既存のG&G電動ガンと比較してギアノイズが静かですよね。
ベベルギアが新型になっており、これの影響による所大なのですが、そのギアの単品がとうとう発売されました!



左がG2用、右が既存。どちらも逆転ラッチ数は5枚となっております。


G2用の新型ベベル。ピニオン側の歯の頂点の高さが若干押さえられています。


こちらが既存のベベルです。新型と比較して頂点がちょっと高いのがわかります。


また、G2用スプリングガイドやシリンダーヘッド等も入荷しております♪


最後に、「創立記念福袋」ですがおかげさまで本店Web分は全て完売となりました!
m(_ _)m

アキバ店分ではまだご用意がございますので、

買いそびれてしまった方もまだワンチャンございますので、どうぞご利用ください♪

・2.5万袋
・3万袋
・4万袋
・5万袋


勿論、アキバ店では24日から福袋を店頭販売を予定しております!併せてよろしくお願いします!
  


2018年09月21日

NPO AK-12をカスタマイズ!

こんばんは! ライです:D

本日は最近持込でのカスタム依頼が爆増中の、NPO AK-12のカスタムをご紹介!

サクサクと分解していきましょう~







先ずはハンドガード前方の六角ネジを取り外すと、ハンドガードが外れバッテリースペースにアクセスできます。





フラッシュハイダーを取り外すとインナーバレルがこんにちわ!
かなり飛び出しているので、社外ハイダーに交換したい場合はインナーバレルのカットが必要となります。

インナーバレルの面合わせ加工は1,000円(税抜)にて承っております。





次にリアサイトを外し、






トップレール固定している3本のネジを外すとトップレールが分離可能になります。





トップカバーはその状態から簡単に分離できます。






デッキロックやダミーボルトも簡単に取り外しでき、中々いいデザインしてます。







チャンバーの位置を固定するパーツは3Dプリンターで成形されており、こちらはフロント側からネジを外すことで取り外せます。






チャンバーを取り外すとアウターバレルの取り外しへ。

アウターバレルはイモネジ2本のみで固定されていますが、アウターバレル側にも溝が設けられており簡単に外れることは無さそうです。





続いてストックの分解。

ネジ1本を基部に入れているだけのシンプルな固定方法ですが、意外と強度が高く不安感はありません。






メカボックスを取り出すため、チャンバーと繋いでいるパーツを取り外してチャンバーを移動させます。

そのまま前方からチャンバーを抜き取ることはできませんので、前進させた状態にしてメカボックスを取り出します。

この時ノズルが前進していると邪魔になりますので、適度なところにノズルが後退するよう射撃を行いノズルをバックさせます。






グリップとモーターホルダーを取り外します。






続いて左右のセレクターを取り外しますが、構造上クリック感が無いのがもったいない部分ですね~

セレクターの構造的にセレクタープレートが存在しないので、GATE TITANはインストール不可となります。




かなりタイトに詰まっているため、メカボックスの軸受がレシーバーと一部干渉する場合があります。

一先ず取り出した後に、レシーバー側の干渉部分を少し削っておくと組み立てや再調整の際に楽になりますよ。






メカボックスの外装はかなりきれいめの仕上がりとなっています。

基本的に汎用パーツが使用可能なのですが、独自部分も多く専用メカボと思ったほうが良さそうです。





QDスプリングガイドとなっていますので、メカボックス開封時の爆発事故が防げます(^^ゞ





メカボックス内部には赤、青、緑とカラフルなパーツが多用されており、ちょっと心が踊ります(笑)

ギアやタペットプレートは汎用品と互換性がありそう?






一般的なVer.3系メカボックスと比較しても判る通り、スイッチ周りは専用品となりますので破損等には注意が必要です。

スイッチ焼けなどで不動となってしまうと部品の調達で難儀しそうですので、「スイッチハリガネ」などのハイスペックなSBDやFETでのスイッチ保護対策が推奨されます。





インナーバレル長は509mmとかなり長めのものが入っています。






チャンバーはLCT製と概ね同じように見受けられます。

なので、一般的なAK系社外チャンバーともほぼ互換性がありそうですね。






ピストンには全スチール歯が採用されていたりと、全体的に強化パーツで固められており実銃同様に耐久性も高そう!

ただし純正ギアはヘリカルギアとなっており、高トルク型ですが低サイクル&ギアノイズなど大きめですので、通常の18:1ギアなどに交換するほうが扱いやすそうです。





今回はサマリウムコバルトモーターのオーダーを頂いていますので、そちらを組み込みます!

一般的なショートモーターが組み込み可能です。





本体はヒューズレス仕様となりますので、別途マイクロヒューズ取付などを行うか、電子ヒューズ付きのFCUとの併用が推奨されます。





今回のオーダーではサマリウムコバルトモーター×WARFETで、キレッキレのセミオートが撃てる仕様にて製作!

WARFETは既存のスイッチを使用するFCUでは最高峰のスペックを持ち、アクティブブレーキ、バースト設定、プリコック設定など求められるほとんどの機能を網羅しています。

高耐久な保護回路と電子ヒューズも搭載していますので、安心して運用できるハイスペックモデルです。

付属のプログラミングカードで設定変更も自由自在ですので、是非AK-12カスタムと組み合わせてお楽しみください!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)NPO

2018年09月20日

SCARにもM-LOKを!

こんばんは! ライです:D

本日はハイクオリティなSCARシリーズ用のハンドガードをご紹介!



PTS Kinetec SCAR MREX M-LOKハンドガード 4.9inch



主にVFC/CyberGunブランドのSCAR-L/Hに対応したPTS製のM-LOKハンドガード!

製品情報ではマルイやWEにも取付可能とのことですが、加工など必要になる場合がありますのでご了承くださいm(_ _)m

当店ではVFC製SCAR-Lに装着してみたところ、少しスペーサーで嵩増しする部分はありましたが加工らしい加工もなく装着可能でした。

無骨なデザインを大きく変貌させることができ、軽量かつ耐久性の高い一体型構造を採用し、重量バランスを大幅に改善。

MAGPULタイプのハンドストップは当店でも販売しておりますので合わせてみるのも良さそうです!



その他にも色々なパーツや装備品が入荷しています。



BCM Gunfighterタイプ M4ストック



民間系AR15カスタムにお勧め!
BCM Gunfighterタイプのレプリカストック。

各社製M4系のバッファーチューブに装着可能です。

細身なハンドガードと組み合わせると対比がユニークになりますよ!





EMERSON インナーウエストベルト Multicam Sサイズ

高耐久1000Dナイロンを使用したBDUベルト!

捩れにくくホルスターなどを吊り下げてもしっかりと対応します。

また普段着のファッションアイテムとしてもお勧めです。





ブーニーハット タイガーストライプ

米軍タイプのブーニーハット。

ベトナム戦争などで特殊部隊に使用されたタイガーストライプのデザイン。

迷彩効果に優れる他ファッション性も高く、デイリーユースにもお勧めです。





【実物】G&G×Mechanix Wear Impactグローブ BK

G&G×Mechanix Wearのコラボレーショングローブ!

Mechanix Wearのグローブはその高い品質から軍や警察機関での使用例も多く、サバイバルゲームにも最適なグローブの一つです。

G&Gコラボレーションの限定モデルでG&Gロゴがあしらわれており、ファン必携アイテムとなっています。





ノーベルアームズ COMBAT T1 レッドドットサイト High/Lowマウント付属


T-1レプリカでは最高クラスの完成度を誇る、ノーベルアームズのドットサイト!

高精度で滲みの少ない繊細なドットで正確なエイムをアシスト!

耐衝撃・防水性能を備えておりGBBや次世代電動ガンへの搭載にもお勧めです。

マウントは20mmレールに対応しており、銃に合わせてHigh/Lowを選択可能。

更にレンズを保護するシールド、併用可能なキルフラッシュが付属。





オープンタイプ マイクロドットサイト BK

ドットカラーが二色に変更可能なコンパクトドットサイト。

20mmレールに対応しており、ハンドガンからライフルまで取り付ける銃を選びません。





3-9x40 コンパクトQDライフルスコープ イルミネーションレティクル BK

イルミネーションレティクル、可変倍率を搭載したコンパクトスコープ。

3-9倍と使い勝手の良い設定となっており、20mmレールに簡単にマウントすることができます。

イルミネーションカラーは赤/緑から選択可能。



この他にも続々新商品が入荷しております!

以上最新入荷商品のお知らせでした~  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)アウターパーツ新製品入荷情報

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 130人
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
FET (9)
SBD (1)
M4A1 (12)
SR-25 (8)
HK416 (18)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (16)
L85A1 (10)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (14)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (13)
LCT AK (53)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (9)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (5)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (13)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (17)
FAL (2)
L1A1 (3)
珍商品 (34)
映画 (11)
あそび (129)
NPO (1)
QRコード
QRCODE
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ