電動ガン動画

2016年03月02日

KRYTAC LVOA-C分解レビュー





こんばんは、Tacです。
今日はKRYTAC LVOA-Cの分解レビューを行います。
今回は持込の調整依頼です。





外装は基本的にM4系です。
まずは丸で囲ったロックピンを抜き、テイクダウンを行います。





チャンバーはオリジナル形状で、他のチャンバーとの互換性は分かりませんが、性能は申し分ないので交換する必要は無さそうです。

インナーバレルの先端にはブレ止めのOリングが取り付けられています。
命中精度にもこだわっているのが分かりますね。






チャンバーダイヤルには数字が記されており、HOP調整の目安とすることが出来ます。

チャンバーパッキンは純正で2点保持タイプのものが入っています。
そのままでも実射性能は良い方ですが、チューニングするとより良い性能に引き上げることができます。






インナーバレルのホップ窓はとても綺麗に加工されており、先端のテーパーも深くてとても綺麗です。






ロアレシーバー側に移ります。
ストックパイプもグリップも通常の電動ガンと同じ固定方法で取り付けられています。

配線にメッシュでカバーされているのはとても珍しいですね。
これなら配線を傷つけてしまう心配が少ないので安心です。

モーターはKRYTACオリジナル 20K。
トルクは少し弱めなようです。




ボルトキャッチはそのまま取り外すことが出来ます。
細かいバネで構成されるので慎重に扱いましょう。





ロックピン、マガジンキャッチ、右面セレクターを外し、メカボックスを取り出します。






KRYTACオリジナルメカボックスです。
メカボックスの左右にアンビセレクターギアが取り付けられているので、向きを覚えておきます。

このメカボックスはFETが標準装備で、メカボックスにネジで固定されています。
メカボックス内にFETユニットを収納することで、ストックパイプのスペースを有効活用することが出来ますね!






このメカボックスはQDスプリング機能が搭載されています。
逆転防止ラッチを解除してから、メカボックス後方からスプリングとスプリングガイドを取り出しておきましょう。






ダミーボルトを取り外します。
精密ドライバーを使って固定ネジを外しますが、強めに締められているので、ネジの頭を潰してしまわないように注意しましょう。








次に、メカボックス右側のアンビセレクターギアのネジを外し、ギアを片側だけ外します。

二枚目、三枚目のパーツはボルトキャッチです。
このモデルはダミーボルトとボルトキャッチがメカボックス側に付いている珍しいタイプですね!



コチラがメカボックス内部です。
多くのパーツが通常のVer.2メカボックス用パーツと互換性があるのでカスタムし易いのが嬉しいポイントですね。



逆転防止ラッチは専用パーツで、シャフトはメカボックスに固定されています。




ベベルギア下の配線にはカバーがされており、ピニオンで配線を傷つけてしまう心配がありません。
このカバーはぜひ他のメーカーでも採用して欲しいですね。



スパーギアのみシム調整不要のスプリング式となっておりますが、スプリングの先端からベアリング軸受けに巻き込まれてしまうのを防ぐために、シムが1枚入っています。




シリンダーヘッドには厚めの衝撃吸収ゴムが付いています。
これで僅かにシリンダー容量が減ってしまい、純正の加速ホール付きシリンダーではインナーバレル長に対してエアー量が足りず、HOPを掛けた時の初速の低下が大きくなってしまうので、シリンダーの交換が必要です。



純正ノズルは21.15mmで、他のメーカーのノズルと互換性があります。



純正のピストンの樹脂部分がかなりのダメージを受けていたので、金属歯ピストンに交換しました。
ピストンも互換性があります。



当店オリジナルのスプリングを使い、初速を調整します。
ホップゼロで約92m/s~93m/s、ホップ適正で約93m/sでした。

調整前の状態ではホップゼロと適正で初速の差が5m/s~7m/sもありましたが、エアー量の適正化やパーツの交換などを行い、かなりの高性能に仕上がりました。

現在のところ、KRYTACの取り扱い予定はありませんが、持込調整が受け付けておりますので、お問い合わせ下さい!
以上、KRYTAC LVOA-Cの分解レビューでした。






同じカテゴリー(KRYTAC)の記事画像
KRYTAC TRIDENT PDW 分解レビュー
KRYTAC TRIDENT LMG 分解
KRYTAC LVOA-C 取り扱い開始!
同じカテゴリー(KRYTAC)の記事
 KRYTAC TRIDENT PDW 分解レビュー (2017-03-28 19:45)
 KRYTAC TRIDENT LMG 分解 (2017-03-19 19:45)
 KRYTAC LVOA-C 取り扱い開始! (2016-08-29 19:45)

Posted by kuro&staff  at 19:45 │Comments(0)KRYTAC

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 117人

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
M4A1 (10)
SR-25 (5)
HK416 (16)
SCAR (9)
MP7 (3)
AK-47 (17)
g36 (17)
SL-8 (14)
L85A1 (7)
p90 (4)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (8)
ppsh (1)
M14 (12)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (12)
MP5A5 (5)
RPK (3)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (38)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (44)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (6)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (1)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (2)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (5)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE

プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ