電動ガン動画

2017年11月24日

【持込カスタム依頼】実物マガジン&実物ハンドガード組込

こんばんは、Diです

本日は実物パーツ組込の依頼がありましたので、ブログでご紹介させていただきます。


実物ベークライトマガジンに、電動ガン用の内部を移植したものでした。
7.62x39用のマガジンで、AK74系のマガジンとは異なりますね。
エアガンでは、ほとんどのユーザーがスチールプレスタイプを使用しているかと思いますが、個人的にはAKMなどにはこっちのほうが好みですね!

依頼内容はE&L製AKへのフィッティング加工となります。
実物マガジンは、なかなかの高額商品でオークションサイトやAK取扱のあるエアガンショップなどで販売されております。


こんな感じで、電動用に加工されておりました。


ただ、この状態だとマガジンがしっかりロックされず更に加工しないといけない状況です。
フィッティング加工は、基本的にはマガジン自体に加工を行う加工になります。


マガジンがロックされない原因は、この飛び出たマガジンのインナーでした(黒い電動用マガジンの中身)
マガジンのリップよりも中身が飛び出ている位置にあるので、チャンバーやマグウェルスペーサーなどと干渉してしまい、ロック位置まで差し込めないという訳です。
ベークライト本体をベルトサンダーなどで削って、インナーの位置をもう少し下げれるようにします。
この時、マガジンリップの部分は削らないように注意が必要です。


加工後のマガジンの様子です。
接写の画像を撮り忘れたので、詳細な画像付きで説明出来ないのが残念ですが…


加工後は、正常な位置でロックするようになりました。
実物マガジンはいいですね~「カチンッ」と、いい音が鳴ります。


ちなみに今回はトゥーラ製とイズマッシュ製のベークライトマガジンで、微妙に細部が異なります。
トゥーラマガジンは、中身がタイトで外すのが難儀でしたね…


あと実物ハンドガードの組込依頼も行いました。
E&L製はリアサイトブロックが太ってるので、実物規格やLCT対応のパーツは、干渉部分を切削しないといけないですね。
全体的には、純正ハンドガードの形状に併せて削れば取り付け可能です。

と、簡単にはなりますが、実物マガジン&実物ハンドガード組込例でした。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)E&L AK

2017年11月23日

アキバ店のガチャが熱い!

こんばんは!kuroです。

本日からアキバ店ガチャの一等がG&G ARP9にチェンジ!





たくさんの方に回して頂いたので、一等も二等も出ました!




明日からも一等ARP9、二等はXR5です!
また、店内長もの全品3000円オフセールも開催しておりますので、ブラック·フライデーは是非ブラックな銃器をお得にゲットして下さいね(^o^)  

Posted by kuro&staff  at 20:28Comments(0)激安セール

2017年11月22日

例のP90

こんばんわ!カラスです。


さて、先日ご紹介しました「TITAN組込KRYTAC LVOA-S Ultimateカスタム」ですが、こちらも本当に光の速さで旅立っていきました。
TITANのトリガーフィーリングは本当に素晴らしいですからね。是非手に取って体感していただきたいと思います。
ちなみに、このTITANデモ機はアキバ店にもございますので、気になる人はアキバ店に遊びに来てくださいね♪


さてさて、本日のご紹介も久々の再入荷品となります!

JG P90 STANAG Custom


販売価格(税込): 23,436~42,876 円


はい、こちらはJG製のP90ですが、なんとも不思議なフォルムをしています。特徴的なP90のマガジンの部分が大変なことになっていますね。


これは「P90の問題であったマガジンリロードのし難さを改善するため、給弾機構をSTANAG規格のマガジンを利用する方式に改めた改良型モデル」という設定になるのでしょうか。

…実際の電動ガンの機能としては、大容量BOXマガジン仕様でついでに弱点だった連射マグ使用時の給弾不良が改められたモデル、となります。
このモデル、私個人的には大好きな漫画「機動戦士ガンダム サンダーボルト」を描いていらっしゃる太田垣康男先生の前作となる、(これもまた大好きなのですが)「MOONLIGHT MILE」で、月面都市上での革命軍の戦士が手にしていたのが印象的です。

※MOONLIGHT MILEの連載再開を心から待ち望んでいます。


ちょっと脱線してしまいましたので話を戻します。
この独特の給弾機構のポイントは以下2つです!

<①給弾はBOX本体の上の蓋から>


思わずM4マガジンの方を着脱したくなるところですが、給弾はあくまでBOXマグ本体上部から行います。
M4マガジンはあくまでも「BB弾の給弾の為に利用している」存在となります。

<②M4マガジン取付の際は、M4マガジンの蓋を開けること>


BOXマグ本体に蓄えられたBB弾が、このマガジンに流れ込み、そこからP90本体に給弾されていく形となります。
この蓋が閉まった状態でM4マガジンを取り付けると、最悪破損の原因となりますので気を付けてください。

…標準でついているM4マガジンは通常のゼンマイタイプですが、フラッシュタイプのマガジンに取り換えることで利便性を高められるかもしれませんね。また、電動給弾式や音感式など(形状的に合えば)組み込むことで最大装弾数1500発をバリバリ撃ち切れるかもしれませんね。


このモデル、Webの他にアキバ店にも置いてありますので、気になる方はCheckしてください♪  


Posted by kuro&staff  at 19:44Comments(0)p90

2017年11月21日

【TITAN/1丁限定】KRYTAC LVOA-S Ultimate TITANカスタム

こんばんわ!カラスです。


つい先日、TITAN組込済即納カスタムガン「BLACK DRAGON MI SSK-12" Red Eyes」をご紹介しましたが、光の速さでオーナーの元へ旅立っていきました。

ですがもう一丁、TITAN組込済みの即納カスタムガンがあるんです!

【TITAN組込】KRYTAC LVOA-S BK Ultimateカスタム
販売価格(税込): 120,823 円

人気のKRYTAC電動ガンから、「LVOA-S」をベースに当店最高峰のカスタム「Ultimate」を実施本体の高い剛性と品質からくるポテンシャルをエンジニアが十二分に引き出した上話題の最先端電子制御システム「TITAN」をインストール




TITANについては今更説明の必要もないかもしれませんが、
やはり強調したいのは以下2点のメリットです。

<メリットその① 動作の正確さ>
光センサーを用いたギア位置の検出を含めた高精度な制御によって、1射1射の応答性を均一にする事ができ、安定した射撃を行うことができます
既製品では1射1射でのギア位置が若干ズレる場合があり、毎回の「引いてから弾が出る」までの時間=応答性にバラつきが出てしまいますが、
TITANではギアの歯が今どの位置にあるのか、と内部の電気的な負荷を組み合わせて判断しているので、非常に高精度な制御が可能となっています。結果として、応答性の均一化を実現することが可能です。

<メリットその② ストレスフリーのトリガー>
同じく光センサーを用いたトリガー位置検出によって、物理抵抗を限界まで排除したトリガーフィーリングを実現。「撃つ」という意思を遮る物理的障害を取り除く事が可能です。
また、ストレスフリーのトリガーフィーリングは余計な力を銃本体に伝える心配もございません。


銃の持つ絶対的な性能と射手の感性を、「TITAN」によってダイレクトに結びつけることが可能になっております。

「撃つ」事をストイックに追及するシューターに使っていただきたい一品です。  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)KRYTACTITAN

2017年11月20日

APS製ステアーAUG久々の再入荷です!

こんばんわ。カラスです。

本日はAPS製ステアーAUGのご紹介です。




こちらは久々の入荷となっています。

APS AUG A2 Shorty

販売価格(税込): 20,412~39,852 円

APS AUG A1 Shorty スコープモデル

販売価格(税込): 21,492~40,932 円

APS AUG Tactical BK

販売価格(税込): 28,620~48,060 円

ステアーAUGはオーストリアのSteyr Mannlicher社が開発したブルパップタイプのアサルトライフルです。
設計は1970年代と比較的古い時代ですが、ポリマー製フレームやブルパップでありながらもアンビ仕様のインターフェースを備えるなど、現在にも通じる先進的なデザインとなっています。
また、最近でこそMASADA及びレミントンACRやSIG MCXといったモジュラーウェポンシステムが普及しつつありますが、このステアーAUGもモジュラー構造となっており、アウターバレルアセンブリを交換する事でカービンモデルや分隊支援火器に素早く変身させる事ができます。
つまり現代のアサルトライフルに大きな影響を与え、今もなお進化し続けている名銃なのです!

さて、APS製のAUGのご紹介に戻りますが、この製品の特徴は何といってもレールが多い事でしょうか。



ショーティーモデルでは左側に2面、右側に3面のレールを備えます。A2モデルではトップもレール仕様なので6面レールとなります。



更に、Tacticalモデルでは何と9面レール仕様!各レール面にアクセサリーを限界まで載せてみたりするのも楽しいかもしれません。

アウターバレルの取り外しは簡単で、まずはコッキングハンドルを後退位置に固定します。

次に、このレバーを下にスライドします。


なお、レシーバー中央のこのボタンをスライドすることで、アッパーレシーバーアセンブリを取り外すことが可能です。


ガスピストン周りも再現されていて、カッコいいですね!


なお、付属のマガジンは330連のゼンマイ式多段数タイプで、東京マルイ製品との互換性があります。
E-MAG的な意匠が施され、カッコいいですね!


これらの製品はWeb販売と沖縄本店の他、アキバ店でも取り扱っておりますよ!

以上、APS AUGのご紹介でした~♪
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AUG

2017年11月19日

バッテリーオブザデットの御礼と 東京マルイ0.12gBIOBB弾使用感!

はいさーい! 10/22(日)はガスガン・エアコッキングガンオンリーイベント「バッテリーオブ・ザ・デッド」にお越しいただきありがとうございました! 台風21号の影響により、時折スコールが降るような空模様でございましたが、60人近い参加者の皆様とサバゲを楽しむことが出来て幸せです!


沖縄サバゲーでおなじみRIO監督の当イベント動画も前・後編アップされておりますので、悪天候の中はしゃぎまくる大人たちを御覧ください!





そしてそして! 実はそのイベント時に、こっそり当店新入荷商品である「東京マルイ製0.12gBIOBB弾」を実地で試してきたんですよ~! ※自費

「東京マルイ製0.12gBIOBB弾」


0.12gということで、使用先として真っ先に思い浮かぶのは「ガス式グレネード!」 理論上、BB弾が軽ければ、同じ発射エネルギーでも早い弾速になります。軽いためのデメリットは、「風の影響を受けやすい」事と「失速しやすい」事ですが、近距離での使用がメインであるハンドグレネードならメリットのほうがデカイですよね!

「Airsoft Innovations Cyclone インパクトグレネード」


早速BB弾を充填! BB弾の表面が斑に見えるのは、エコなウッドパウダー配合だからでしょうか?


勿論ゲーム中に使用したため、使用時の画像はございませんが、いつもの0.20gよりも全体に広がる感じでかなり良さげ! ドア付きのバリケードにて、内部に放り込んだ際は、小部屋全体にBB弾が行き渡り、0.20gで時たま起こった、BB弾散布域の偏り(コレはBB弾の重量よりも転がした場所の問題かも?)も起こらず、気持ちよく爆発してくれました!


軽量BB弾は、上記にあげた「ハンドグレネード」以外にも、発射エネルギーの低い10禁エアガンにも最適です! 10禁エアガンに0.20g等のスタンダードな重さのBB弾を使ってしまうと、HOPがある場合でも極端に射程が短くなってしまう場合があります。そのような場合はやはり軽量BB弾を使うのがベストではないでしょうか! (※18歳以上用のエアガンの場合は、軽量弾を使用するとHOPが掛かりすぎてしまったり、速度の低下率が早すぎて逆に射程が短くなってしまったりとデメリットが多くなりますので、スタンダードな0.20~0.25gを使用しましょう)

BB弾のお話なら、過去記事「MIDORI」「BB弾あれこれ」等もご参考ください!


以上スタッフKATSUでした! 「ノーバッテリーオブ・ザ・デット」のイベント内容の報告に関しましては、全ての写真が出揃い次第改めて報告させていただきます! イベントにご参加いただきました皆様、並びにフィールドをご提供くださいましたOAP様、また、サコムワークス様、OAP様、当店AIRSOFT97では今回のイベントに際して協賛いただきましてありがとうございました。

「ジャハナン会facebook」  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)総合カテゴリー

2017年11月18日

【速報!】アキバ店長物セール!

こんばんは!kuroです。

突然ですが、明日11/19よりアキバ店では電動ガン、ガスガンの長物を全品3000円引きのセールを開催致します!!!




アキバ店はご存じの方も多いと思いますが、電動ガン、ガスガンの長物が常時200機種以上展示されております。
この機会に実際に見て、手にとってみていただければと思います!





また、世界最高峰の電子トリガーシステムTITANもスマホアプリリリース記念セールを開催しており、TITAN本体3000円引き、組み込み工賃2000引きのの合計5000円引きにて組み込み可能です!




本体の割引と併せて合計8000円引きの大チャンス!
この機会に一足先に今年頑張った自分にご褒美を予約してはいかがでしょうか?

セール期間は11/30まで!たくさんのご来店お待ちしております!

  

Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)激安セール

2017年11月17日

世界最高峰FCU,TITAN大幅値下げ!

こんばんは。kuroです。

昨日の記事でTITANのスマホアプリリリースの記事をTacが書きましたが、そのスマホアプリのリリースを記念して、

GATE製品大幅値下げセール!
やっちゃいます!!



どの側面から見ても世界最高峰の技術が詰まったFCU(ファイヤーコントロールユニット)のTITAN。
多彩な機能、細かいセッティングが可能ですが、細かな設定はパソコンにつながないと難しい。という問題がありました。パソコンで設定したほうが楽です。

パソコンはかなり普及していると思うのですが、近年ではスマホやタブレットが進化し、パソコンと似たような機能を有してきたことから、実はご家庭にパソコンが無い家庭も多くなっているとか・・・・

そんな人にとってパソコンでの設定というのは敷居が高かったのではないでしょうか?



なので、スマホで詳細設定出来るのは非常にありがたい!!!
という事で、詳細設定が皆様のお手元で簡単に出来るようになったので、その良さを是非体感して頂きたい!
と思い、セールを開催致します!




先日行われた第二回KRYTACオーナーズミーティングでは、ショップカスタムコンテストというのがあり、当店は総合2位になりました。

その中で成績が良かったのがスピードシューティング部門。
1日目は1位。
2日目は2位。(しかも一位とは0.数秒差)
という好成績でした。
当店はもちろんTITAN組み込みのプリコックモードでした。

ご来場頂いたお客様もTITANのデモ機でトライするとご自身の銃でのトライに比べ、かなりタイムが縮まりました。


本日はそのワケを理論的にご説明いたします!



スピードシューティングやサバゲでの打ち合いの時、「素早く」と思うほどトリガーに力が入ってしまいます。
その余分な力はトリガーを引いた後、終点(トリガーが引けなくなる最後)で本体に伝わってしまい、銃をブラしてしまう原因になります。(もちろんトレーニングで取り除くことは可能だと思いますが。)

なので、トリガーを発射点まで引いて、その後、終点まで十分に余白があればその余分な力を銃本体にかける可能性がなくなります。

一般的なショートストローク加工というのは、発射点までの遊びを詰め、素早く発射することを目的としますが、発射点後の余白を長くすることが出来ません。
TITANは発射点を設定できるため、発射点の前後の余白を自由に設定出来るんです。

なので、ムダなブレを無くし、命中精度を高め、なおかつプリコック機能でレスポンスを高めることで2重の効果で素早く正確な射撃が出来るんです。
それが、初めてTITANをインストールされた銃を扱ってもスピードシューティングの成績が良くなる理由だと思います。



この発射点の設定は5段階で設定可能です。
また、バーストモードの細かい設定では、一瞬引いてバースト、引き続けてフルオートという設定も可能です。
これはトリガーセンサーが5つもついているTITANならではの特殊機能です。
トリガーを引いていくと、光センサーを一つずつ遮って行き、トリガーが現在どの位置にあるか認識するという事です。



その他にもトリガーを1回引くとコッキング(装填とピストン後退停止)、2回目で発射というボルトアクションライフルのような機能もあります。
光センサーでセクターギアの歯を一枚一枚読み取って制御していて、毎回必ず同じ位置までコッキングされるので、遠距離の精密射撃にもバツグンの効果を発揮すると思います。


ということで、スピードシューティング、遠距離のスナイピングにも絶大な効果を発揮するTITANですが、本日より本体3000円OFF、組み込み工賃2,000円OFFで最大5,000円もお得になりますので、その最先端の技術を是非お確かめ下さい!

また、当店は年末年始はカスタムオーダーがたいへん混み合いますので、ご注文は今のうちにお早めにお願い致します!




  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)TITAN

2017年11月16日

【TITAN/1丁限定】BLACK DRAGON MI SSK-12" Red Eyes

こんばんは! ライです:D

本日はハイエンドクラスのコンプリートカスタムのご案内です!




【TITAN/1丁限定】BLACK DRAGON MI SSK-12" Red Eyes


販売価格(税込): 151,200 円

軽量化を徹底的に追求した肉抜きレシーバーを使用した、最新鋭の民間AR風カスタム!
命中精度とレスポンスを高めた最上位Ultimateチューン済!

更に究極のトリガーレスポンスを実現するFCU「TITAN」をインストールした、内外共に注目度の高いハイエンドモデルとなっています。

名前の由来はもちろん遊◯王……ではなく、紅点鏡(ドットサイト)(笑)







全長は約800mm、重量はたったの約2.5kg!

大胆に肉抜きが施された弊社オリジナルのBlack Dragonレシーバーのお陰で非常に軽量に仕上がっており、付属のT-2タイプドットサイトを搭載しても、その重量はたったの約2.8kg。

マッチシューター系のカスタムをイメージし、最新の民間AR風にまとめて黒×赤のカラーリングで仕上げられた1丁限定のライフルです。

ハンドガードには握りやすいようにKeyModハンドガードパネルとB5タイプハンドストップが装着され、ハンドガードパネルは実銃用のBCM Gunfighterパネルをチョイス!

実物商品だけあって手に吸い付くようなフィット感がたまりません……!






マズルは14mm逆ネジ仕様、マズルブレーキはリアルなスチール製のLANTAC DRAGON556タイプをチョイス。

アウターバレルはアルミ製で、ASR115Xに使用されているものと同形状。派手なカラーリングが目を引きます!

ハンドガードはバレルに影響を与えないフリーフロート構造、MI SSK-12"タイプのKeyModハンドガード

リアルなホワイトマーキングも施され、大胆な肉抜きのお陰で非常に軽量なレプリカハンドガードです。

もちろんガスブロックとガスチューブもしっかり再現しており、ガスブロックにはNOVESKEマーキング入り(^_^)v

前後サイトは金属製のMAGPUL MBUS Proタイプバックアップサイトとなり、ロープロファイル設計のため光学機器に干渉しません。






マガジンはP-MAG Gen3タイプの300連マガジン、ARカスタムには欠かせないマガジンです。

大胆に肉抜きが施されたレシーバーからはメカボックスが覗き、ピストン位置の確認も可能!

このカスタムガンにインストールされたGATE社製FCU「TITAN」世界最高峰の電子トリガーモジュールで、光センサーを用いた正確無比な制御が可能なのが特徴!

回転するギアの歯、トリガーの進度を高性能光センサーで検知し、電子制御で回転をコントロールすることで誤差のない、正確なブレーキ/カットオフが可能!

セミオートのレスポンスを極限まで高めるプリコッキング機能使用時には、レシーバーの穴から覗くメカボックス後方の切り欠きより定位置で停止するピストンを見ることが出来ますよ(`・ω・´)

チャージングハンドルのラッチやボルトキャッチ、アンチローテーションリンク、トリガー、セレクター、マガジンキャッチといった金属製のパーツはアルマイト風レッドの塗装が施されており、ミリタリーとは違ったドレスアップをされたライフルとなっています。






大胆なレシーバーの肉抜きはロアレシーバーにも施されており、マガジンハウジングを大きく抉ったことでかなりの軽量化を実現。

挿さっているマガジンを直接視認できるのは超斬新!(笑)

リアルなMIマーキングが施されているハンドガードの基部付近にはQDホールが設けられており、QDスリングスイベルが装着できます。

トップレールにはリアルなマーキングのAimpoint T-2タイプドットサイトを搭載、現在流通している中では恐らくトップクラスでリアルなレプリカではないでしょうか。






トリガーはTITANでの速射と相性のいいストレートタイプ、こちらにも肉抜きが施され軽快なトリガープルに貢献します。

グリップはハイクオリティな本家レプリカ、PTS製のMAGPUL MOEグリップを使用!

MOEタイプのグリップは多くの種類が流通していますが、本家公認のPTS製レプリカはグリップが比較的薄く造られており、握り心地が段違い。

ここの加工精度の良さはギアノイズや負荷の軽減にも直結しますので、グリップは拘っておきたい部分ですね~

ストックもハイクオリティなものを……ということで、民間ARカスタムで使用例の多いMAGPUL MOE SL-Kタイプ

ハイクオリティなIron Airsoft製なので質感の良さはもちろんのこと、MAGPULマークもありますのでお勧めですよ!

なおバッテリーはバッファーチューブ内に収納しますので、7.4Vのコンパクトスティックタイプ リポバッテリーが適合します。



内部チューンはレスポンスを極限まで高め、命中精度もUPさせたUltimate+TITANのハイエンドコンプリートカスタム!

無風状態で30mヘッドショットが狙える高い命中精度にTITANの超ハイレスポンスなセミオート、切れの良い軽快なフルオートが楽しめます。

1丁限定ですのでお見逃しなく!  


2017年11月15日

GATE TITANスマホアプリ登場!



こんばんは、Tacです。

皆さんお待ちかね!
ついに! スマホアプリ版GATE コントロールステーションがリリースされました!!


このアプリを使用することで、スマートフォンでGATE TITANのセッティングやファームウェアのアップデート等の全ての設定変更が可能となります。
PC版のGATEコントロールステーションの機能がそのままスマホ版に移植されたような感じですね!



現在はAndroid用アプリがリリースされています。
僕のスマホがAndroidで良かった!

TITANをスマートフォンに繋ぐには、まずTITANのTコネクターをUSBリンクに接続します。
そのあと、micro-B↔micro-Bのケーブルがあるとベストなのですが、あまりに需要が無いため家電量販店に置いてませんでした。
ですので今回はA→Bの変換コネクターを使用してUSBリンクとスマートフォンをつなぎます。



GCSアプリを起動し、TITANを接続するとこのような画面[ダッシュボード]になり、TITANが認識されている事がわかります。



GCSアプリはTITANのバージョン2.0以降の対応となります。
TITANのバージョンが2.0よりも古い場合は、このアプリ上でアップデートも可能です。

TITANのバージョンはリリース時が1.8で、その後1.9→2.0→2.1bata→2.1になります。
無償アップデートで日々進化し、様々な機能が追加されていますよ!




2.0以降のバージョンであれば左上のダブからセッティング等が変更、確認が出来るようになります。





こちらがセッティング画面です。
このようにスマートフォンに接続するだけでTITANの全てのセッティングを確認、変更が可能です。

バージョン2.1からはアクティブブレーキの強度が選べるようになっています。
アクティブブレーキ:オートであれば、TITANが自動的に最適なブレーキを掛けてくれるので、通常はオートのままでOKです。
あえてアクティブブレーキの強度を変更して、プリコッキングになるような設定も可能ですよ!



こちらはセンサーチェックの画面です。
この画面でトリガーセンサーが正しく反応しているかの確認と、トリガーセンシティビティ(発射位置)の変更が出来ます。



こちらは統計の画面です。
TITANの使用履歴のようなものですね。
新品状態では全てがクリアで、使っていくとここにデータが表示されるようになります。
トリガーの反応速度や消費電力値、発射弾数等がここで確認できます。



最後はエラー報告の画面です。
接続したTITANにどのようなエラーが起きているのかをひと目で確認できるので、何か不具合が発生した場合にその不具合がどこで起きているのかを確認できます。

GCSアプリの紹介はこんな感じです!
最先端の技術が使われているGATE TITANは日々進化し、より便利に、高性能になっていきますよ!

Ver.3メカボックス用のTITANもあと少しで発売になるのでそちらも楽しみですね!
もちろん、Ver.3用TITANもアプリ対応となります。

以上、TITANスマホアプリの紹介でした!

  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)FETTITAN

2017年11月14日

エアガンだけじゃない!アキバ店紹介 No4

こんばんは!kuroです。


沖縄店スタッフ:AKのファンタジスタ・KATSU

4回目を迎えるアキバ店店舗紹介。
今回は装備品の紹介となります!!


アキバ店は装備品もたくさんありますよ~
こちらの棚は現在セール中のTMCのポーチなどです。


結構お安く提供しております!




こちらは最近では主流になりつつあるファストマグポーチ。
いろんな大きさ、カラーバリエーションを取りそろえております。



こちらは比較的新しいスコーピオンタイプファストマグ。
つや消しな感じが俺好みっす!



グローブコーナーです。
今よく売れているのはメカニックスとG&Gのコラボグローブ。
個人的に気に入っているのがコンドルのグローブ。
実物対応ながらもリーズナブルです。
実物なので縫製がめちゃめちゃしっかりしております。私はバイク用に一つゲットしました!



こちらはゴーグルやフェイスマスクなどです。



無線機器系、ダミーラジオなども実は充実しております。笑



こちらもコンドルのポーチ等です。やっぱり縫製がしっかりしてて安物とは大違いです!





そのうしろの列はチェストリグ、BDU,タクティカルウェアなどです。
このコーナーで一番の人気はプレキャリTシャツです!
でも時期的にもうなかなか外ではつけられませんね~w


以上、装備品コーナーの紹介でした!
アキバ店は約45坪あり、アキバ、上野界隈でも割と広めの店舗となっており、サバゲを始めるために必要なアイテムはほとんど網羅している総合ショップとなっております!
AIRSOFT97といえば海外製電動ガンのカスタムショップというイメージが大きいと思いますが、アキバ店だけは結構なんでもそろう品揃えとなっておりますので、お近くによった際は是非遊びに来てくださいね~

個性的なスタッフがお待ちしております!!



エアガンだけじゃない!サバゲ用品なら何でもそろう
AIRSOFT97アキバ店
東京都台東区上野3-19-4
営業時間:12:00-20:00
定休日:水曜日






  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)AIRSOFT97アキバ店情報

2017年11月13日

KRYTAC KRISS VECTOR他、電動ガン大量再入荷!

こんばんは! ライです:D

本日は欠品していた電動ガンが大量に再入荷しておりますのでそちらをご紹介!





KRYTAC KRISS VECTOR

販売価格(税込): 67,824~88,884 円

FPSゲームなどに登場し大人気のVector、決定版ともいえる本家Kriss社監修のKRYTAC製が再入荷!

今回は前回入荷よりも若干数に余裕はありますが、まだまだ人気の高い商品&年末シーズンでの売り切れが想定されますので、カスタムをお考えの方はお見逃しなく!

キレッキレのレスポンスを実現するトリガーショートストローク加工なども含め、持込カスタムも多く承っておりますので、KRISS VECTORのカスタムはお任せ下さい(^o^)





LCT AKM Real Assembly

販売価格(税込): 44,280~63,720 円

美しい合板の木目が魅力のLCT AKシリーズの一番人気、AKMも大量再入荷!

当店のAKMカスタムといえば激しいリコイルショックを生み出す「ハードリコイルカスタム」が大人気!



更に! 特製のリアルベークライト調グリップも材料が揃いましたので、近日中に順次製作開始予定です!



【予約商品】電動AK用 リアルベークライト調グリップ

販売価格(税込): 7,560 円

外装の雰囲気をぐんとグレードアップする重要なパーツですのでこちらもお見逃しなく!





LCT RPK

販売価格(税込): 48,816~68,256 円





LCT RPK-74M

販売価格(税込): 44,280~63,720 円

迫力あるRPK系も再入荷! 特にRPK-74Mは品薄で在庫も少ない商品ですのでお早めに……!





【HC対応】ICS CXP APE Rifle ブローバック FDE

販売価格(税込): 54,540~75,924 円





【HC対応】ICS CXP APE Rifle ブローバック BK

販売価格(税込): 54,540~75,924 円





【HC対応】ICS CXP APE CQB ブローバック BK

販売価格(税込): 53,568~74,952 円

MASADA風に纏められたスタイリッシュな電動ガン、ICS CXP-APEシリーズも3種類が再入荷!

アンビ化されたAR系の操作系統にKeyModハンドガードを備え、小気味よいブローバック機構も搭載した個性派のモデルです。

再入荷の要望が多いモデルでしたが、ようやく再入荷を果たしましたヽ(´エ`)ノ

価格はお高めですが剛性感、実用性共に高くサバイバルゲームでの使い勝手も良い銃ですので、スタイルに惚れ込んでしまったアナタ! 買いですよ(笑)



以上再入荷商品のお知らせでした!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報

2017年11月12日

Raptor PKP Pecheneg 内部編

こんばんは、Diです

本日は先日に続き、Raptor PKP Pecheneg関連となります!

前回は外装のみの紹介でしたが、今回は内部も少しだけ紹介したいと思います!


内部はクラシックアーミー製となっておりました。外装はA&Kっぽかったのですが…
比較的品質の良いパーツが使われていそうですね~


ギアはシム調整を行うことで箱出し状態よりもだいぶノイズが無くなりました。
当店のINAZUMAモーターもイケそうですね~


タペットプレートは海外製では珍しい形状となっておりました。
材質的には通常のタペットプレートよりも、柔らかい印象でした。


ピストンは樹脂製、ヘッドはアルミピストンヘッドとなっております。
15枚目の歯が、少しだけ削られていましたので、当店にて後ほど完全に削り落としました。


ノズルはご覧の通りの長さになっております。

気になる実射性能は、なかなか良好でした。
ノズルやパッキンなどの交換で更に性能アップが見込めるかもしれません。
純正モーターでのサイクルは7.4VのLiPoで約14~15発といったところでした。

その他には…

・サイクルコントローラーはオミット(基盤回路自体は入ってました)
・マガジンはトリガー連動無し

もうちょっと詳しい内部紹介については、機会があればブログネタにしたいと思います(笑)

以上、Raptor PKP Pecheneg 分解編でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報Raptor PKP Pecheneg

2017年11月11日

実物商品! CONDOR製ハイクオリティバッグ!

こんばんは! ライです:D

本日はサバイバルゲームに便利な高品質バッグのご紹介です!





CONDOR 111094 センチュリオンダッフルバッグ

販売価格(税込): 11,988 円

大手装備品メーカーのCONDOR製、実際に軍や警察機関などに納入実績もあるブランドでそのクオリティは中々のもの。

手に取りやすい価格帯ながらも数多のレプリカとは一線を画する完成度で、実物系装備入門にはもってこいの当店イチオシブランドです!

本日ご紹介致しますのは中型クラスのダッフルバッグ。

サイズは約26cm*51cm*23cmと中々の大きさで、サバイバルゲームで使用する用具の殆どを収納できる便利なサイズです。






このバッグの素晴らしいポイントの一つが背負えるということ!

大型のバッグは手提げと肩掛けが選べる場合が殆どですが、このバッグはリュックサックとしても使用できるのです。

これはフィールドまで電車などで移動する方には最適な機能ですね(^o^)

車で運ぶ時もこうした四角いカバンに纏めて運搬できるので、トランクスペースに悩むこともありません。

背面側はバッグの底面になっており、耐久性を持たせるためラバー加工が施されていて荒れた土地でも生地や内容物を傷めない工夫がされています。







上面は大型のジッパーで簡単に荷物にアクセスできるので、物を詰め込んだ状態でも目当ての物が探しやすくなっています。

しかも側面にはブーツを収納できるスペースを確保! 仕切りがあるので汚れた靴でも荷物を汚すこともありません。

ブーツを収納しない場合はサイドジッパーを開放するとメインスペースの拡張が出来るようになっており、ちょっとしたライフル程度ならカバンで運ぶこともできちゃいます。

その他にも様々なポケットが配置されていて、小物を分けて収納することもOK。

もちろんハードユースにも耐えうる高強度コーデュラナイロンを使用していますので、サバイバルゲームのみならずアウトドアレジャーでの使用もバッチリ!

カラーはTANとODの2色が入荷しています。実際に手にとって見ると、意外と安価な割には造りも良く、すごく便利だと思いますΣ(゚∀゚ノ)ノ





CONDOR 111099 Elite 16L フェイルセーフパック Graphite

販売価格(税込): 20,628 円

16Lの大容量を備えた多機能バックパック……とだけ書くと「高っ!」となること間違い無しなのですが(汗)

このリュックサック、実際に手にとって見ると凄くイイ!(≧∇≦)b

先ずは色。レンジャーグリーンを少し渋くしたようなグレーカラーはデイリーユースでも合わせやすいカラーリングで、見た目にもスタイリッシュ。






背面には大型のクッションと2個所のベルトハーネスが設けられており、背負った時のフィット感がとにかくイイ!

メッシュ加工された背面クッションはパッドが厚く、ハーネスと併用することで重量負担を大きく軽減することができます。

大容量リュックに物を詰め込んでも疲れにくいので、ハイキングなどのシチュエーションでも大活躍すること請け合いです。






トップのベルトハンドルもガッチリと付いており、持ち運びの際にも安心。

三角形のベルクロにはパッチの貼付けが可能です。






メインスペースは大きな仕切りで2層に分けられており、それぞれ別のジッパーからアクセスします。

画像のスペースが真ん中のジッパーからアクセス出来る部分で、中には小物を分けられる小ポケットが多数装備されています。

背中側のスペースは大きな一つの空間になっており、ノートパソコンなども楽々収納できそうなサイズ。クッションが効いているはずなので背中も痛くなりにくいのではないでしょうか。






サイドにはジッパーだったりハイパロンだったりの小ポケットが複数装備されていて、とにかく小物を分けて収納可能。

ちなみにハーネスの余ったベルトは付属のマジックテープで簡単に纏められるようになっていて、地味に感動する部分です(笑)






何よりも嬉しいのは下部の隠しポケットにレインカバーを装備していること!

突然の雨にも対応できますし、ポケットによっては防水機能が付いてそうなナイロンで仕切られたスペースもありますので、アウトドアで電子機器を持ち運ぶ際にも安心ではないでしょうか。

本体のナイロンはミルスペックの500Dで軽量且つ高耐久を実現しています。

当店に今回入荷した分はグラファイトグレーのみですが、もしかすると参考画像のTANも入るかも?



CONDOR製品の中ではお高めの部類の商品ですが、お手に取って頂ければ、必ずそのクオリティに御満足頂けると思います!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報装備品

2017年11月10日

Raptor PKP Pecheneg 予約受付開始!

こんばんは! ライです:D

本日はペチェネグ販売開始のお知らせです!!!ヽ(=´▽`=)ノ





【予約商品】Raptor PKP ペチェネグ

販売価格(税込): 77,220~97,740 円

ロシア特殊部隊で使用される、PKM機関銃の改良モデル!
銃身をヘビーバレル化して連射性能を向上させたものとなります。

ゲームではバトルフィールドシリーズで登場していますので、FPSプレーヤーの方にはお馴染みのLMGですね(^o^)


↓詳細な外装レビューは過去記事を参照!↓








全長約112㎝と迫力のサイズ! 重量は約7.8kgですが、見た目の割にはちょっと軽くてゲーム向きかも?

レシーバーなど外装はほぼフルスチール! バイポッド、バイポッド基部も強度に優れたスチール製なのでサバイバルゲームでバリバリ使うのには向いているかと思います。






マガジンは装弾数約5000発のボックスマガジンで、Mini-Sタイプリポバッテリーもこのマガジンに収納します。







無骨なデザインの樹脂製ストック、格好良いですね~

スチールバットプレートが装備されており、こちらを展開して安定した射撃を行うことが可能です。






ぶっといバレルにはドでかいキャリングハンドルが溶接されています。



入荷時期は12月下旬頃を予定しています!

ただこのPKP、当店に先行入荷した画像の1丁は箱出しでは給弾せず、全く弾が出ませんでした(汗)

もちろん当店の調整モデル、カスタムモデルではこうした不具合も全て修正して出荷致します!

格安モデルでは分解整備を行いませんので、給弾不良などは保証対象外となりますのでご了承下さいm(_ _)m



内部の様子などは近日アップ致しますのでお楽しみに(^o^)  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報Raptor PKP Pecheneg

2017年11月09日

いよいよ今週日曜日! アームズマガジン主催サバゲ祭2017、出店します!!

はいさーい! 先週は「クライタックオーナーズミーティング2」へ出店致しましたが、今週日曜日は千葉UNIONフィールドにて「アームズマガジン主催サバゲ祭2017」にも出陣いたします!! 今回は沖縄店スタッフからはわたくしKATSUとKURO社長も参戦予定でございます! 



画像は2015年アームズマガジン主催サバゲ祭より。




アームズマガジン主催のサバゲ祭りは、KATSUにとって初めての県外出張イベント。 沖縄のサバゲーフィールドしかしらない私にとって、UNIONフィールドの巨大さと設備に感動したものです。 写真は2年前のものですが、その時の出会いが現在も続いていると思うと感慨深いですねぇ




当店でもお世話になっているG&Gさんのブース! 初エアガンレポートも、新作の「G&G GC16 Predator ハンターグリーン」
の紹介でした! 今ではG&Gさんの電子トリガーシステムは大盛況!! 海外製電動ガンの中で近年一番の大ヒット商品シリーズではないでしょうか!!


という訳で、今回の「アームズマガジン主催のサバゲ祭」では、どのような新作&発売間近な商品がお披露目されるか楽しみですね! 前回のサバゲ祭り時は、当店はイベント見学のみでしたので、今回の出店が楽しみでなりません!! 



こういうオリジナル電動ガンも大変刺激を受けますねぇ! コンパクト電動ガンのメカボックスにG3マガジンの組合せという外観以上に中身も興味深いものでした!


当日は物販以外にも、当店カスタムデモ機を複数持ち込む予定でございますので、是非バシバシ撃って、カスタムのご依頼の参考にして頂けたら幸いです!



【イベント詳細】

開催日程:2017年11月12日(日)

開催地:サバイバルゲームフィールドUNION(千葉県印西市平賀)

定員:500名(※応募者多数の場合は抽選)※定員に達したため、受付は終了しております。

参加費:5,000円(食事なし・税込)

参加申込み締切り:10月16日(月)17:00

公式サイトリンクはコチラから

なつかしい前回サバゲ祭りでのエアガンレビュー動画! 今週日曜日の「アームズマガジン主催サバゲ祭2017」、皆様どうぞよろしくお願いいたします!!
  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)イベント出店情報

2017年11月08日

即納電動ガン大量入荷しました!

こんばんは! ライです:D

本日は即納可能なカスタム済電動ガンが大量入荷しております!

定番のAR系をはじめAK系もババンとラインナップ!





【SBD付】EMG SAI GRY Jailbreak

販売価格(税込): 77,004 円

特徴的なマズルデバイスで人気の高いデザインのSAI GRYも、在庫数がいよいよ本当に少しだけとなってしまいました……!

再入荷は今のところ未定ですので、もしかすると売切れ次第再入荷無しかも?^^;

画像は初期のプリントマーキングモデルですが、当店の現在のストックは全て彫り刻印モデルになります。

内部は安心の基本、Basic調整済みでサバイバルゲームでバリバリ使用可能!

スイッチ焼けを大幅に軽減する高性能SBD「バリカタ」も装着済みですので、セミオート戦でも安心してご使用頂けます。





【SBD付】APS Phantom Extremis Rifles MK2 BK

販売価格(税込): 59,616 円

BAD風のAPSオリジナルデザインAR、Phantom Extremisシリーズ。

現代風な直線的デザインがシャープなシューター風ライフルで、メタルレシーバーにスリムなKeyModハンドガードを装備。

内部は命中精度とサイクル、レスポンスを大幅に高めたUltimateチューンで、無風であれば30mヘッドショットが狙える高い命中精度と軽快な動作が楽しめるカスタム済モデルです。

ストック内にMini-Sタイプリポバッテリーが収納できますので電池切れの心配も無し! バリバリ撃ちまくる方にも向いています。





【SBD付】LCT RPKS-74

販売価格(税込): 56,268 円

こちらはBasic調整済みのリアルウッド・フルスチールRPKS-74!

外装仕上げの美しいLCT製で、剛性の高さを活かしてバリバリサバゲで使用するも良し、部屋に飾って楽しむも良し。

ドラムマガジンを付けて分隊支援火器として運用するのがやはり楽しそうですね~

防衛戦の心強い味方となってくれることでしょう!





【SBD付】E&L AKS-74N DXバージョン

販売価格(税込): 56,808 円

まるで実銃のような圧倒的剛性感! 堅牢なAKをお探しならE&Lで決まり!

CNCスチールギアや9mmベアリング軸受などアップグレードパーツが使用されたDXバージョンで、内部カスタムにはサイクル/レスポンスをアップさせるGaebulg(ゲイボルグ)カスタムが施されています!

弊社オリジナルの高性能国産モーター「INAZUMA」を組み込み、軽快なレスポンスを実現。セミフル問わず快調な動きをお楽しみ頂けます。

E&L製品は現在軒並み入荷待ち状態ですので、お探しの方は是非ご検討下さいませ!





【SBD付】CSI STAR XR5 BASIC SAND

販売価格(税込): 35,424 円

ザ・未来銃の外装ですが、SANDカラーはカモフラージュ効果も高く、XR5はボディも軽量ですので意外と実用性の高い電動ガン!

20mmレールもちゃんと付いていて案外使える子なのです(笑)

内部はサイクル/レスポンスUPのGaebulgカスタムが施され、軽快な動作を実現。

スポーツラインらしく比較的低価格な部類ですので、ゲームウエポンとしていかがでしょうか?

なおフロント部分のみMILITARYモデルとのニコイチとなっておりますので、より無骨さが増したデザインになっています!





【SBD付】JG SL-8 +low mount rail JP Ver.(スコープ付属)

販売価格(税込): 53,244 円

大人気SL-8にも即納モデルが登場!

3-9*32の可変倍率スコープとバイポッドが標準装備されており、SBDバリカタも取付済みですのですぐにスナイパーが初められるセット。

内部はレスポンスも命中精度も高めたUltimateチューンですのでまさにうってつけ!

G36系マガジンが使用可能ですので470連マガジンなども使用でき、火力にも不足なし。





G&G CM16 SRS 7" (電子トリガー『ETU』搭載モデル)

販売価格(税込): 34,992 円

安心の基本調整、Basic調整済みのG&G製電子トリガーシリーズ!

SRS 7"はシリーズ最短モデル、樹脂レシーバーのCM16シリーズに電子トリガーユニット「ETU」がインストールされ、3点バースト射撃も可能なモデルです。

現在のETUは7.4Vの低電圧でも問題なく作動しますので、弊社カスタムモデルは必ず推奨の7.4Vバッテリーを使用してくださいね!

電子トリガーモデルならではの小気味よいトリガーフィーリングが楽しめ、マガジンもSTD-M4系が使用可能ですので汎用性にも富んだモデルです。





【SBD付】VFC XCR-L Micro UrbanGray FAST Stock ver.

販売価格(税込): 77,473 円

個人的に一押しのコンプリートモデルがコチラ!

大人気VFC製のRA XCR-L Micro UrbanGrayをベースにMadbull製FASTストックを組み込んだもので、FAST=Fully Adjustable Stockの名が示す通り、伸縮調整に加えて折畳まで可能な優れたストックを装備。

伸縮調整のみであればM4ストックアダプターでも対応可能なのですが、FASTの利点はフォールディング機能があること。

これによりアンブッシュ時等折り畳めますので非常にコンパクトになり、カバンに収める時もかなり楽になりますよ。




ドットサイトを載せるだけで雰囲気もぐっと良くなりますので、個性的なXCR-Lを作ってみてはいかがでしょうか?

内部は当店自慢のUltimateチューンですのでサバイバルゲームでもバッチリ、取り回しが良くて命中精度、サイクル共に良い銃……かなりお勧めのカスタムです!


即納電動ガンはそれぞれ1本ずつの在庫となりますので、気になっている方はお早めに!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報

2017年11月07日

Raptor PKP Pecheneg 外装編

こんばんは、Diです

今回は台湾より新製品が到着致しましたので早速ご紹介です!!

Raptor PKP Pecheneg

※写真のダミーカート、ベルトリンクは付属致しません

スチールパーツも多く使われており、なかなかの剛性感と重量があるエアガンとなっております。
ロシアンゲーマーには大変うれしい商品の発売だと思います!

実銃ではPKMの発展型として、近年配備が進んでいるようです。
使用弾薬は、7.62x54Rとなっており、同じ弾薬を使用する銃ではドラグノフSVDの方が圧倒的に有名だと思われます。
今回、Raptorが発売したのが「6P41」モデルとなっており、後発で発売がされるLCT製はサイドマウントベース付きの「6P41N」となるようですね。


全長約1100mm、本体重量約6365gとなっております。


フロント部分はほとんどがスチールパーツで、PKPの特徴的なポイントが再現されております。


PKMとは形状の異なるハイダーは大型で、ネジのタイプは不明です。
加工精度はかなり良好です。
フロントサイトも上下左右の調整が可能となっておりますが、専用の工具が必要になります。
バイポッドが付くので、形状も大型化されております。


各パーツはモールドでは無く、別パーツとしてしっかり再現されているところが好感触です。


PKMとは異なり、バイポッドは銃口付近に配置が変更となりました。
バイポッドは基部もしっかりスチール製となっております。
実銃ではバレルのクイックチェンジが廃止されたことで、バイポッドは銃身に取り付けになったのでしょうか。


バレルジャケットの楕円形の穴からは冷却リブが確認出来ます。


バレル下部にはガスブロックとレギュレーターが配置されております。
レギュレーターは恐らく可動するギミックは無いかと思います(硬いだけかも?)
バレルジャケットには大型のキャリングハンドルが溶接されております。


ガスチューブ基部付近には、見覚えのあるボタンが…
ちなみにこの個体では、サイクルコントロールは使用出来ませんでした。
こちらは内部分解の際に要検証ですね。


キャリングハンドルは、かなり大型なので運搬時にはかなり助かるかと思います。
造りもスチールなので、がっしりとしており安心感がありますね。


レシーバーはプレスタイプで、実銃同様に黒塗装仕上げとなっております。
箱出しで塗布されていたオイルの影響もあり、いい感じの艶具合がたまりません…。



トップカバーもスチールプレスにて再現。


AKではお馴染みのタンジェントサイトは、大型で1500mタイプが付属しております。
AKとは逆に取り付けあれているのが面白いですね。


デッキロックボタンもAKと類似しており、操作性も一緒ですね。


トップカバーをオープンするとメカボックスが確認出来ます。
A&K製PKMと同じ造りとなっており、分解方法などは同一となります。


エジェクションポートカバーは開きますが、コッキングハンドルと連動はしておりません。
指で開けることは可能となっており、収納されているメカボックスの一部を覗くことが可能です。


セレクターはAKと異なり、左側の配置となります。
セレクター形状は某使徒の顔に見えませんか…?


グリップはGBBや実物に近い薄さだと思われ、実物のグリップにも対応しているんじゃないでしょうか?


実銃のPK系統は、西側火器と異なり右から左へベルトが流れるようになっております。
ベルトは非分離式となっており、そのままの再利用が可能になっていると思います。
こちらのベルトやダミーカートは商品には含まれていないのでご了承下さい。



FPSっぽい視点で見るとこんな感じとなっております。




ストックは樹脂製にスチールのプレート付きです。
大まかな形状はPKM時代から大きな変更はありません。


実銃では恐らくクリーニング用のブラシだと思われますが…



フロントサイト調整工具になっておりました(多分)
これでフロントサイトの上下調節は可能になりますね(笑)


続いてマガジンですが、ご覧のとおりの大容量!!
こちらには約5000発のBB弾が入るそうで、なかなかの弾幕が張れそうですね…
一日に5000発とか使ったことないので、一度はやってみたいプレイスタイルでもあります(笑)


A&KタイプのPKMマガジンは、手動とトリガー連動、スイッチオフに切り替え可能なタイプですが…
本商品は手動巻き上げとスイッチオフになっており、トリガー連動はありません!!
※操作はマガジン下部のスイッチにて行います↑


マガジンリリースレバーはマガジン側にあります。
しっかりとマガジンにBB弾のストッパーがあるので、マガジン単体でも巻き上げ操作が可能。
LCT製のRPDではこの機構が無く、毎回本体側にマガジンを取り付けてからの巻き上げで大変難儀をしました。
というか、ストッパーがあるのが普通なんですけどね!(笑)


ちなみにバッテリーもマガジン内に収納となっております。
BB弾は本体に取り付けたまま、追加が可能となっておりゲームでの使用なども考えられている設計。

という感じで、外装の紹介は以上になります!!

あくまで予想ですが、LCT製よりも価格は安価でお買い求めし易いと思われます。
ゲームで使うのであれば重量的にもRaptor製をオススメですね^^
また市販のA&K製PKMマガジンなども流用可能かと思いますので、パーツの入手のし易さもオススメポイントでしょう。

同メーカーはバリエーションとして限定ストックモデルも販売しているようです!
限定モデルは当店での入荷は不明ですが、入荷したらレビューしたいと思います。
個人的にはPKPのブルパップモデルを発売してほしいと思ってます!


以上、Raptor PKP Pecheneg 外装編でした!!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(2)新製品入荷情報Raptor PKP Pecheneg

2017年11月06日

渋いぜ! VFC VR16 SABER SD

こんばんは! ライです:D

本日はVFCの最新ラインナップの一つをご紹介~!




VFC VR16 SABER SD UrbanGray


販売価格(税込): 33,048~52,488 円

Avalon Gladiusと同時発売となった本モデルは実銃界でも注目のグレーカラー、サプレッサーをハンドガードに入れ込んだCQBスタイル!

ハニーバジャーのようなデザインでサバイバルゲームに最適なこと間違い無し!

サプレッサーはダミーですが取り外すと14mm逆ネジのアウターバレルとなっていますので、社外のサプレッサーを使用したい場合はインナーバレルのカット加工を併用して下さいね~!

先端でインナーバレルを保持するスタイルなので、インナーバレルは320mmと意外と長めのものが入っています。









スペックは全長:612/720mm、重量:2430gとコンパクト&軽量モデル。

メタルレシーバーでもこの軽量さ、剛性感はさすがVFC。

グレーカラーはUCPのように周囲に溶け込み易い色ですのでアンブッシュ時、インドアフィールド内問わずカモフラージュ効果も期待できます。







ストックは大人気QRSストック、3段階に伸縮調整が可能な金属製ワイヤーストック。

グリップ、マガジンもQRSで統一されており、マガジンの装弾数は120発。

前後サイトはフリップアップ式のKAC Microタイプで、光学機器を遮らないロープロファイル設計。







ストック内にはPEQタイプの7.4Vリポバッテリーが収納可能。スリムな1100mAhタイプがお勧めです。

コネクターはタミヤミニタイプ。

ヒューズレスなので調整モデルでは、別途マイクロヒューズ取付加工をお勧め致します。







ハンドガードはグレーカラーが渋いKeyModホール付き。

必要最低限のオプションのみを追加可能なスタイルとすることで20mmレールハンドガードよりも軽量となり、拡張性も十分に確保。

トップレールは全て20mmレールとなっていますが、サイドやアンダーにも一部20mmレールが配置されており、フラッシュライトやハンドストップなどをそのまま装着することも可能になっています。

またハンドガードの側面にはQDスリングスイベルを設置可能なQDホールも設けられているので、スリングを取り付ける際にもワンタッチ。

サプレッサーにはスポンジなどは入っておらず、バレル先端を保持する設計ですのでインナーバレルを短くする場合は、社外ハイダーやサプレッサーなどに変更する必要があります。


軽量、コンパクトとまさに箱出しゲームウエポン、見た目も今風に纏められていて外装もハイクオリティ!

激渋なカラーリングをまとったVR16シリーズ最新作、お見逃しなく!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報VFC VR16シリーズ

2017年11月05日

1本限定! CYMA RPKS-74

こんばんは! ライです:D

本日は1本限定特売商品のご案内です~





【訳有特価!】CYMA RPKS-74


販売価格(税込): 34,020~53,460 円

AKMを発展させた軽機関銃のリアルウッド:フルメタルモデル!

RPKS-74はRPKから弾薬を小口径化し、更にストックを折りたためるようにして携行性を高めたモデルです。



訳有特価の理由としては……



ダミーボルトが破損していた為、LCT製リアルダミーボルトキット組込済!

リアサイトブロック変形の為、純正サイトが保持できません。

そのためStrike Industriesタイプのリアサイトレールに交換済み!
(ガタ取りやセンタリング、位置調整は行っていません。お客様ご自身での微調整をお願いします。)







こんな感じでリアサイトレールが取付済みとなります。

もちろん金属製レールなので強度はバッチリ! 何気にプリントマーキング入り。







ダミーボルトはリアルな形状のLCT製をインストール! これを別で買うとかなり高いのでお得だと思います……!

スチール製なのでボルトハンドルをウェザリングなどしても面白そうですね~



ご自身でカスタムを楽しまれるもよし、本体が安くなった分調整モデルでチューニングするも良し!

1丁限定ですのでお見逃しなく!  


Posted by kuro&staff  at 19:45Comments(0)新製品入荷情報RPK

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 124人
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
M4A1 (11)
SR-25 (7)
HK416 (16)
SCAR (12)
MP7 (5)
AK-47 (18)
g36 (17)
SL-8 (15)
L85A1 (7)
p90 (6)
G18C (10)
usp (4)
M93R (4)
映画 (11)
AUG (9)
ppsh (1)
M14 (13)
F2000 (6)
M92 (2)
100Y (5)
UAR501 (13)
MP5A5 (6)
RPK (5)
M733 (2)
SA58 (6)
FNC (6)
AK74M (5)
E&L AK (42)
MP5SD (2)
Mk18 (9)
LCT AK (51)
M240 (4)
LCT M4 (10)
MG42 (2)
SVU (8)
MET (15)
VZ58 (4)
SVD (4)
ZB26 (2)
PKM (1)
M82A1 (1)
Zenit (6)
AK (8)
AR-57 (3)
MP5A3 (1)
MP5A4 (2)
MC51 (1)
M60 (1)
FET (6)
XM177 (1)
RPD (3)
M249 (3)
RK74 (1)
TITAN (12)
FAL (2)
L1A1 (3)
SBD (1)
QRコード
QRCODE
プロフィール
kuro&staff
kuro&staff
中華エアガン調整販売・ミリタリー装備品の専門店-AIRSOFT97
WEB:海外製エアガンのAIRSOFT97
Military shop AIRSOFT97
沖縄県宜野湾市普天間1-34-1-1F
店舗所在地はコチラ
TEL098-943-8943
営業時間:11:00~19:00
運営会社:(有)SPARK
にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ






スマホでも聞ける
サバゲラジオ番組!

アクセスカウンタ